だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンケルク

2017-09-10 02:04:57 | 映画(た行)

イギリス/アメリカ/フランス
戦争/ドラマ/アクション

    * * * * * * * *

第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の
前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。
これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨットや漁船など多くの民間船も
参加し、結果的として兵士の犠牲を最小限に抑えることに成功した。
この史上最大の撤退作戦と呼ばれる史実を、「ダークナイト」「インターステ
ラー」のクリストファー・ノーラン監督が、圧倒的臨場感で描き出した緊迫の
戦争アクション・ドラマ。
出演はフィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、
マーク・ライランス、トム・ハーディ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1940年、フランス北端の港町ダンケルク。
ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を
迎えていた。
若き英国兵トミーが街中を必死で逃げ回り、ようやく辿り着いた海岸には、
おびただしい数の兵士たちが救助の船を待っていた。
しかし彼らに残された時間は限られていた。
そこでドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、民間の船までをも総動員
した救出作戦が決行される。
民間船の船長ミスター・ドーソンもそれに呼応し、息子とともに危険を顧みず
同胞が待つダンケルクへ向け船を走らせる。
そして最新鋭戦闘機スピットファイアのパイロット、ファリアーもまた、
危険を承知の上で味方の撤退を援護すべくイギリスから飛び立つのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像が見応えありそうな感じだったし、林先生もお薦めしてるし観たい
なぁと思ってたのもあって、孫悟空がホアン・ボーじゃないことに納得できない
まま『西遊記2』を見終わった後、なんばパークスシネマへ移動して鑑賞。

迫力ある空戦は見応えあり。

V6岡田君主演の『関ヶ原』みたいに、ココに至った背景とかを知らないと
話の内容が分かりづらくてイマイチ面白味に欠けるかも。

劇中、脱出するために必死な英国兵のトミー、救出を待っている英兵を一人でも
救うために海軍に協力すべくダンケルクに向かう民間船の船長ドーソン、同じく
ダンケルクにいる英兵達をドイツ軍の戦闘機・爆撃機からの襲撃から守るべく
スピットファイアで駆け付けるファリアーの3人の英国側からの視点で描かれて
いて、ドイツ側やフランス側の視点がないので群像劇としてはちょっとイマイチ
な印象。

とは言え、やっとこさ救出しに来た船に乗り込めたと思ったら、Uボートや
爆撃機の攻撃で船が沈没して、海に放り出されてまた浜辺に逆戻りと、一寸先は
どうなるのか分からない展開は見応えあったし、同じ状況をファリアー視点で
見せてから、次はドーソン視点で見せたりする演出はよかったし、スピット
ファイアとメッサーシュミットBf109とのドッグファイトは迫力あってイイ。

敵であるナチスドイツ側の軍人が1人も出てこないし、さらに襲撃してくる
ハインケルHe111爆撃機とメッサーシュミットBf109戦闘機、Ju87スツーカ急降下
爆撃機が散発的に攻撃してくるだけなので、イマイチ戦争してるのかな?
本当にドイツ軍に包囲されてるのかな?って感じがする。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 西遊記2~妖怪の逆襲~ | トップ | あしたは最高のはじまり »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2017-09-10 09:31:09
面白くないわけじゃないんですが
序盤はあれこれつまら…オットと言う感じで
後半時間軸がひとつになるところは胸熱という風に
感じました
たしかに、戦史を知っていないと
あまり楽しめないのかもしれません
一緒にいった父は不満爆発しておりました
ドイツ兵がひとりも姿をみせないので、
緊迫感に少々欠ける部分もありました
>makiさん (はくじ)
2017-09-12 22:16:55
こんばんは。
コメントありがとうございます。

淡々としていて、いまいち盛り上がりに欠ける感じでしたね。
戦史知ってると、裏でこういう事情があったとかで楽しめたりしたかもですね。
脱出劇 (もののはじめのiina)
2017-09-21 09:48:11
生き延びようと逃げに逃げ、すこしのチャンスに滑り込み、拒絶されたと思いきや、救われたはずの舟が撃沈され命長らえるのですから、ささいな選択が命運を分けます。

そんな逃亡劇としてみれば、あるいは戦場の背景などは不要かもしれません。

>もののはじめのiinaさん (はくじ)
2017-09-22 22:27:58
こんばんは。
コメントありがとうございます。

逃亡劇として観ればそうかもですね。
でもあんまり空襲もないし、ドイツ軍が迫ってる感が
感じられないので、何だか緊迫感がイマイチだった
ような気がしましたね。

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事