恋染紅葉

映画のこと、本のこと、日々の些細なことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「翔ぶ少女」原田マハ

2014-03-25 | 本(た~は行の作家)
阪神淡路大震災のその朝、3人の兄妹は両親を失った。
子どもたちを助け、養子として彼らを引き取ったのが、ゼロ先生と呼ばれる心療内科医だった。
過酷な現実を背負いながらも健気に前を向いて育っていく子どもたちと、ゼロ先生とのお話。

東日本大震災からの完全復興もままならない今、あえて神戸を舞台に震災からその後を描いてます。

冒頭から、震災の恐怖の生々しさや、吐き出し場のない悲しみ、辛さ、苦しさなどで、何度も涙ぐみそうになります。
そんな中で、いつも強く笑っていようと努める少女の姿には勇気を貰える。
タイトルにもある「翔ぶ」は、物理的な捕らえ方でなく、気持ちとして見たなら納得がいく。
一番大切な人を思うとき、「翔んでいきたい」気持ちに溢れるのだ。

「君のいた日々」藤野千夜

2014-03-22 | 本(た~は行の作家)
あれ? 
この前に読んだ「鏡の花」と同じような設定ではないか。


50歳を迎える夫婦のお話。
妻に先立たれた夫は、在りし日の妻のことを思い出しては泣き暮らす。
高校生の一人息子に「ウザイ」と言われながらも、妻はまだ側にいるような気持ちは変わらない。

・・・と、
章が変わって、
今度は突然夫を亡くした妻の話になる。

夫、妻の側から、
それぞれ最愛の人を亡くしてからどう日常を生きていくかが描かれている。

どちらかというと、妻が残ったほうが気丈なようだ。


実際、高齢で、(何も出来ない)夫のほうが残った場合、
三年もたない例が多いとか・・・

「旅屋おかえり」原田マハ

2014-03-05 | 本(た~は行の作家)
売れない元アイドルのおかえりの旅物語。

唯一のテレビ出演の旅番組が中止となり、仕事がなくなった「おかえり」。
ひょんなことから始めた「旅屋」・・依頼人に代わって旅をする仕事・・が順調な滑り出しとなる。

依頼人の人生模様、旅で出会う人との触れ合い、
おかえりの回りの人たちの温かさ、
読んでいてとても心がほっこりしました。

映像化したものを見てみたいと思える作品。


疲れて、ちょっとひと休みしたいときに読むといいでしょう。

「総理の夫」原田マハ

2014-01-17 | 本(た~は行の作家)
美人で聡明な妻が総理大臣に就任した。女性初の女性総理。
鳥の研究一筋の夫は、初代ファースト・ジェントルマンとなる。
政界のあれこれに巻き込まれながらも、日々奮闘する姿を泣き笑いを交えて描く。

「ほんとにこんなに素敵な総理大臣が誕生すればいいのになあ~」

と、
現実に一縷の望みでもかけたくなります。


最後の「一大事」にどう立ち向かったのか、
もう少し具体的に知りたかったな。
でもそれを書いてしまうとアリキタリになってしまうかもね。




「島はぼくらと」辻村深月

2013-10-21 | 本(た~は行の作家)
瀬戸内海の小さな島で暮らす高校生4人組が中心になって繰り広げられる心温まるお話。

よかったです。

彼ら4人の「青春」もよいけれど、
大人たちの島で生きる思いが、昔からの習慣に縛られているようでもあるけれど、今を元気に生きているその姿勢に尊敬の念を抱きます。
老若男女、「ここ」で暮らすなら、「ここ」が浄土。
素晴らしい土地になるかどうかは、その人の気持ち次第。
小さな島に限らず、日本中今やどこでも若者の故郷離れが進んでいる。
でも、一度出てみれば、故郷の良さを再発見できることも。
地元は地元だけの問題にせず、外からの若い柔軟な発想もありで、新しい「地元」を作っていけたら、UターンIターン現象が起こり、全国つつがなく繁栄できるのになあ・・・

赤羽環が登場したときには歓喜の声をあげてしまいました(笑)
懐かしい~