恋染紅葉

映画のこと、本のこと、日々の些細なことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「配達されたい私たち」一色伸幸(角川文庫)

2013-05-29 | 本(あ~さ行の作家)
うつ病の澤野は、自殺しようとして入った廃墟の映画館で古い手紙の束を見つける。それは配達されずに捨てられた手紙だった。
澤野は、そのうちのかろうじて原型を保っていた7通の手紙を宛先に届けることを思いつく。
それらすべてを配達し終えたら、今度こそ死のうという決意のもと・・・。
7年前に配達されるはずだった手紙を届けるうち、受取人の人生の悲喜こもごもを目の当たりにした澤野にも、少しずつ変化が見え始めるが・・・。

WOWOWのドラマで放映されると知り、原作を読んでみました。

手紙を配達し終えたら死ぬというカウントダウンを始めた主人公。
各章は「-7章」から始まり、カウントダウンされていきます。

7年前、おそらく当時の郵便配達員の怠慢により捨てられた手紙は、毎日をただ無気力に過ごしていた澤野にある種の使命感のようなものをもたらす。
人は誰かに何かを必要とされていると感じるときに、その生きる意味を実感する。
「ガソリン生活」でもあった人間の三大欲求と同じだ。
せめて最後に何かを成し遂げようと気力をふりしぼる澤野。
そんな彼が出会う人たち(手紙の受取人)は、7年前に手紙を受け取っていたら人生変わっていただろうという人ばかり。
でもそれがよかったか、悪かったかは、どうだろう?
人生っていうものは、違う道を選んだとして、それが成りたかった自分ではなかったとしても、最後に納得できれば結果オーライ。
時間がかかっても結果オーライであればいい。


ドラマ、1話だけ視聴終わりましたが、人物の関わり方が原作と若干違ってますね。
どこにどの俳優さんを振り分けるかでエピソードの深さが違ってきますね。

「夢を売る男」百田尚樹(太田出版)

2013-05-22 | 本(た~は行の作家)
敏腕編集者・牛河原勘治の働く丸栄社には、本の出版を夢見る人間が集まってくる。自らの輝かしい人生の記録を残したい団塊世代の男、スティーブ・ジョブズのような大物になりたいフリーター、ベストセラー作家になってママ友たちを見返してやりたい主婦…。牛河原が彼らに持ちかけるジョイント・プレス方式とは―。現代人のふくれあがった自意識といびつな欲望を鋭く切り取った問題作。

どうも胡散くさいジョイント・プレス。
でも牛河原の話術に嵌れば「自分の夢を叶えるため」と納得できてしまうから人の心とはいかに~
詐欺のように見えるのですが、彼にも彼なりのポリシーはあって、そこが「他」とは違うところ。
思わず肯いてしまう。

こうしてブログを書いている人の多くは、「匿名」ながらだいたいは「自分を主張」したい人。
主張するために、堂々と演台に立って弁論するのはちょっとムリ。
「書く」ならなんとなく出来そう。
写真も、コンテストとかに出すのはちょっとムリ。
でもブログに載せるくらいなら出来そう。
そんな「ちょっと自己主張」できるブログ・SNSって便利。
その「ちょっとゴコロ」をくすぐる自費出版。

作家(=本を出すこと)の裏事情が見えたり、今の大衆の興味をついた面白い題材でした。



藁の楯(2013年日本)

2013-05-20 | 映画(ま~わ行のタイトル)
7歳の少女が暴行され殺される。
孫を殺された祖父は、犯人の首に10億円もの懸賞金を出すと宣言する。
その後、福岡で逮捕された犯人を東京の警視庁に移送すべく、警備部SPたちは命がけで犯人を守ることになる。

大沢たかおさんと松嶋菜々子さんが正義感溢れるSP、藤原竜也さんが最低な犯人役です。
10億という額に目が眩んだ人たちが容疑者をしとめようと、あちこちからやってくる。
それを次々に排除していくSP。
誰が狙っているのか、誰がその意思がないのか、はっきりとした確証がないまま時間が過ぎていく。
手に汗握るお話です。
引き込まれて、目が離せませんでしたが、
あまりにもバッサバッサと排除されていき、「そして誰もいなくなった」にならないかと危惧しました。
それにしても、上の者は現場を見捨てるというか、手を汚さずに自分を守っているだけ。
容疑者は本当に最低な男ですが、結局のところみんな似たようなもの。
そして、悪の芽は早めに摘むほうがやっぱり正解だったんじゃないか・・・と思ってしまう。
ラストはその「お詫び」かしら?
でもたっぷり楽しめました(楽しいという表現もヘンですが)
シネマポイントを利用しての鑑賞でしたし。

ただ、個人的な好みですが、エンディングの曲は少々うるさかったです。
静かめでちょっと重厚なインスルツルメンタルのほうが余韻に浸れたような気がします。

「冬の旅」辻原登(集英社)

2013-05-18 | 本(た~は行の作家)
刑期を終え滋賀刑務所から出所した緒方。
彼がどんな人生を歩み、なぜ罪を犯すような運命になったのかを辿る。
ごく普通に仕事をしていた彼が、些細なことで解雇される。ハローワークで職を探していたときに見つけた新しい職場は新興宗教団体。その後、阪神淡路大震災に遭遇し、救援活動中にある女性と知り合い結婚。幸せに暮らしていたのもつかの間、彼にはその後転落の人生が待ち受けていた・・・。


読みすすめるほど心にどんよりと黒い雲が覆いかぶさってくる感じ。
自分が招いた不運でないにしろ、どうして他の方法を選ばなかったのかとはがゆい。
人間にっちもさっちもいかなくなると、理性を失ってしまうものか。
ラストの行動は全く納得できないが、それもしょうがないことなんだろうか。
舞台が関西で、実際の出来事の描写がリアルすぎてよけいに作り話とは思えなくなってしまう。

「ガソリン生活」伊坂幸太郎(朝日新聞出版)

2013-05-11 | 本(あ~さ行の作家)
朝日新聞で連載されていた小説。
最初は毎日読んでましたが、そのうち面倒になり「どうせ単行本出るからそのとき読もう」と挫折していました。

単行本になり読了し、文句なしに面白かった!



今回は、緑のデミオが主人公。
デミオの持ち主である望月家が巻き込まれる様々な出来事を、車目線(!)で語ります。


細かい伏線をちゃんと拾っていて、「なんでこんなエピが?」と思っていたことがすっきり繋がっていて感心します。
最後のエピローグには思わず笑みがこぼれ、ウルッときたり、とてもニクイ心遣い(笑)


私も運転しますが、マイカーにもっと愛着を持って声をかけていこうか~なんて思ったりしました。
それに、運転しながらいつも思っているのと同じことをデミオ君たちが言ってくれ、そうだそうだと共感したり、マイカーに愛着を持つのと同時にこれからも大事に運転していこうと改めて感じました。


そして、書き留めておきたい言葉は:
人間のやることの99%は失敗である。だから失敗するのは普通の状態なんだ。失敗するのを死ぬほど恐れているのは、自分を最高に恰好いいと思っている自惚れた人間なんだ。(概略)

人間の三大欲求は、認められたい、役に立ちたい、褒められたい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ