はじめの一歩から。

一歩を踏み出すには、チョッと勇気が必要。でも、一歩一歩が積み重なって結果になる。今日も一歩を踏み出そう!

980g表示の中華カーボンホイールの重量測定! ~ KUOTA KEBEL サードステージへ《4》 ~

2014-01-06 | 02 自転車パーツ

24mmのカーボンホイールの購入を決心した。
購入先は”軽量炭素”のタイトル表示がある”LWC wheels”。




注文はホームページから。
”ご注文は24時間365日受付!”とある。
購入を考えている期間は長いが、注文するのはアッという間。
 パソコンから”クリック”するだけ。




注文して、3日後に商品が届いた。
自転車パーツでこんなに早く届くとは、amazon並で驚いた。
届いた箱を持ってビックリ。
余りにも軽い。
中に何も入っていないと思ってしまう。



蓋を開けてみると、ホイール2本とシマノ10速対応のスペーサーが入っていた。
梱包は段ボールを加工して、干渉しないように工夫されていた。




箱からホイールを出した。
ホイールは1つひとつ梱包材で保護されていた。
以前にもホイールを購入したことがあるが、今回の梱包が一番丁寧だった。






■フロントホイール
持ち上げてみて「軽い」と、自然に言葉が出てしまった。
久々の自転車パーツでの感動。




表面のマットカーボン仕上げはキレイ。
そして高級感がある。




ブレーキ面も丁寧な仕上げがされている。
フラットな面は制動力の心配を少なくしてくれる。




ハブ周辺はシンプル。
ただ、スポークとの接合部分のゴールド色が気になる。




ネットを見ていると”中華カーボンホイール購入でヨレがある”投稿もあったが、そんなことは無く、真直なラインを描いている。
そして、タイヤ接地面もキレイに処理されている。




フロントホイールのスポーク数は20本。
そのためのホールも20個。
ホールもキレイ。




一番気になる重量測定。
フロントホイール:432.5g




測定用にカバーを使用したので、そのカバー重量を測定。
カバー重量:7.5g
差し引くと、フロントホイール単体の重量は、425.0g
とてつもない軽さ。
普段飲んでいる500mlのペットボトル飲料より軽い。






■リアホイール
フロントホイール同様にマットカーボン仕上げはキレイで、高級感がある。




ゴールド色したハブ。
厳選を重ねた超軽量かつ回転性良好のBitex社のハブ。
有名ブランドへのOEMも請け負っている実績のあるブランドという。




リアホイールのスポーク数は24本。
そのためのホールも24個。




そして、重量計測。
リアホイール:594.0g



こちらもカバーを測定
カバー重量:7.0g
差し引くと、リアホイール単体の重量は、587.0g
こちらも軽い。
毎晩飲む500ml缶の発泡酒より、少し重いだけ。




■ホイールセット重量
フロントホイール:425.0g
リアホイール:587.0g
トータル重量:1,012.0g




 お か し い  980gでない。 
 うれしさが半減してしまった。




 ホームページを確認した。
ロードバイク用24mm超軽量カーボンチューブラーホイールセット(980g)
重量1,010g+-30g(チューブラー)
 と、ある。

つまり「基本の1,010gに対して前後に30gの誤差があります」ということなのだろう。
最低重量が980gで、最大重量が1,040g。
その範囲内なら商品解説どおりとなる。

1,012.0gは問題がない。
まあ、納得するしかない。




もう一度ホイールを持ってみると、手に感じる軽さの前に、そんなことはどうでもよくなった。
ホームページのトップに書かれていたフレーズを思い出した。
~ZIPP,FFWD,MAVICに迫る。中華カーボンホイールとは一線を画す高品質カーボンホイールを低価格で~
届いた商品を手にしてそのフレーズを納得した。

 早くチューブラータイヤを履いてケベル乗ってみたいと思う。 


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   ランキング参加しています。 
  クリックして頂けると、更新のモチベーションが上がります。
 お手数ですが
”ポチッっ”とクリックをお願いします。  


  KUOTA KEBEL レベルアップ記事 
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《7:完結》~ Visionメトロン40 クリンチャーホイール装着の”2016仕様”が完成!~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《6》~ Rエアーチューブ60mmでタイヤ組み込み完成へ ~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《5》~ 25Cタイヤは、SCHWALBE ONE 700×25C を選択!~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《4》~ 11-30T でも、SRAM RED XG1190 Cassette なら驚異の181g! ~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《3》~ カーボンクリンチャーホイール”Visionメトロン40”が届いた!~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《2》~ 理想のカーボンクリンチャーホイール選択!~
■2016 KUOTA KEBEL 2016仕様へ《1》~ 出先でのパンクを考え”クリンチャーホイール”へ~

■2015 アルテグラ6770Di2の11速化《2》 ~11速用ホイール最大の問題は~
■2015 アルテグラ6770Di2の11速化《1》 ~モチベーションアップにはレベルアップ!~ 

■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《番外編》~レベルアップという目標達成の“影”では~
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《7:完結》~“軽量化”より“快適性”という選択!~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《6》~ZIPP202ホイール装着の”2015仕様”が完成!~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《5》~シュワルベ・ワン 24Cサイズチューブラータイヤへ~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《4》~ZIPP202”2014”ホイールへ!~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《3》~32mmでも50mmを上回る空力性能ホイールへ~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《2》~空力性能の高いカーボンホイールへ~ 
■2015 KUOTA KEBEL 2015仕様へ《1》~来シーズンへ向けて、レベルアップを考える~ 

■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《番外編》 ~中華カーボンホイールなら、ブレーキのトーイン調整~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《9》 ~中華カーボンホイールをZIPPホイールに!~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《8》 ~中華カーボンホイールで軽量ヒルクライムマシンへ~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《7》 ~スプロケットは、BBB12-28Tクロスへ~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《6》 ~チューブラータイヤをカーボンホイールへ組込み~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《5》~チューブラーはスタンダードなヴィトリアコルサCXに!~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《4》~980g表示の中華カーボンホイールの重量測定!~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《3》~中華カーボンホイールという選択!~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《2》~24mmフルカーボンホイールに決定!~
■2014 KUOTA KEBEL サードステージへ《1》~来シーズンに向けて次のレベルアップを考える~

■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《7:完結》~ 電動Di2はとってもキケン !? ~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《6》~ 完成! 6キロ台のロードレーサーへ ~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《5》~ デュラエースとDi2の組み付け作業進行中!~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《4》~ デュラエースが、キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!! ~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《3》~ デュラエースとDi2購入決定! ~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《2》~ レベルアップへの、3つのプラン! ~
■2013 KUOTA KEBEL セカンドステージへ《1》~ KEBELのレベルアップを考える ~

■2012 KUOTA KEBEL 納車《5:完結》~NEWフレーム完全版 !?~
■2012 KUOTA KEBEL 納車《4》~NEWフレームは乗りづらい !?~
■2012 KUOTA KEBEL 納車《3》~NEWフレームで7キロ台に !!~
■2012 KUOTA KEBEL 納車《2》~NEWフレームで仕上がった !!~
■2012 KUOTA KEBEL 納車《1》~NEWフレームが来たぁ~!!

■2012 次のフレームを考える《4》~KEBELのサイズと購入先を決めた~
■2012 次のフレームを考える《3》~KUOTA KEBEL に決めた!~
■2012 次のフレームを考える《2》~20万円前後のフレーム選び~
■2012 次のフレームを考える《1》~自転車ハマッタら、次を目指す!~


1月6日(月)のアクセス数は、4,613件 、gooブログ順位:133位(1,972,490ブログ中)でした。また、にほんブログ村のロードバイク部門では15位(週間IN 790ポイント)、注目記事ランキングでは、堂々の 4位 でした。ご覧いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。



1月7日(火)には、にほんブログ村のロードバイク部門、注目記事ランキングで、堂々の 1位 になりました。前作に引き続き2連覇となりました。
ご覧いただきましたみなさま、本当に、本当にありがとうございました。
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2014ツインリンクもてぎ100Km... | トップ | 2014ツインリンクもてぎ100Km... »
最近の画像もっと見る

02 自転車パーツ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事