電撃ブックハンター

本の話題、もしくは関連すること関係ない事を書きたい放題です。

陰極まれば陽と成す

2019-05-05 02:34:47 | 日記
東洋医学では人の体質を大きく4つに分けています。
すなわち「肝虚(かんきょ)・肺虚(はいきょ)・脾虚(ひきょ)・腎虚(じんきょ)」です。

「虚」というのは「欠けている」「足りない」という意味で、人間は必ずどこか足りない部分がある、特に足りない部分を「経絡」の考えで表したのがこの4つの分類です。
そして、その足りない部分を補おうとする行為が「生きる」という事です。
あちらを満たせばこちらが足らず、こちらを満たせばあちらが足らず、とエネルギーを動かしている状態こそ生命活動なのです。

どこもかしこも満たされて動きが止まった時が「死」です。
実際死ぬ前の人の脈を取ると平坦で乱れのないきれいな拍だそうで、昔の名医はこの「死脈」から余命を正確に当てたのだとか。
健康法の大家が割と早死するのは、健康になりすぎて「虚」が無くなってしまうからなのかも知れません。
調子が悪くなるのも、病気になるのも、欠けている所を補おうとする動きの現れで、生きている証拠と言えます。
「虚」があるからこそ生きていけるのです。


さて、本が増えすぎてしばらく購入を控えていた私ですが、ある時、
「ずいぶん本屋に行ってないから、買わないけどちょっとだけのぞいてみるかな」
と書店に立ち寄ってみました。

・・・この「ちょっとだけ」がよくありませんでした。

本屋に足を踏み入れた途端、何かがスパークしたのです。

久々に嗅ぐ新書の香り。
棚に並べられた瑞々しい果実たち。
に、本能を押さえることが出来ませんでした。
気がついたらお金を払って本を抱えていました。

買っちまったもんは仕方がねえ!
1冊も10冊も変わりねえ!
と逆上し、古本屋にも足を運んだら、しばし見てないうちに欲しかった本が山のように在庫されているではありませんか!

ダムの壁に入った小さな亀裂が一気に広がり、決壊するのにわずか数秒でした。

で・・・









とまあ・・・やっちまった訳で・・・その・・・。


そもそも狭い部屋にドドッと新たな書がなだれ込んで、冗談抜きで埋まりそうです。






蔵書管理の回でご紹介した様に1冊1冊にこの緑の付箋を張っているんですが、2500枚入のパックが底をつきかけています。






我ながら本当に恐ろしい。
人間の欲望は果てしないです。

あまりに大きな「虚」は、反転した時に猛烈な「実」を生み出します。
「陰極まれば陽と成す」
「災い転じて福となす」
のです。

「虚」を大きくし過ぎてはいけません。
我慢しているとその反動も大きくなります。
食べたくなったら食べるべき。
シたくなったらスるべきです。

という訳で、今後は欲望のままに本を買って「虚」を埋める事にしたのです。

(たぶん戦争って、こうやって起きるんだろうな)






古本まつりを浜松で

2019-03-03 01:17:36 | 日記
去年の話ですが、東京は神田・神保町の「古本まつり」に行ってきました。
通りに本を並べて古書ファンをおびき寄せ、ケツの毛までむしり取ろうというイベントですが、その意図が分かっていながら乗らざるを得ません。

リーマンショックが起こるまではよく足を運んでいましたけど、年収が半減して未だ回復しない近年は参加を控えていました。
なんせ行ってしまったらケツの毛をむしられるというより、自分でむしって差し出してしまいますからね。
金回りが良かった時なんか泊まり込んで手当たりしだい買いまくり、リュックから溢れた分は両手で抱え、それでも持ちきれない分はダンボールに詰めて宅配便で家に送っていました。

「バカじゃね?」と思う方、私なんかカワイイほうです。
本当にヤバイ人達の買い方はこんなものじゃありませんから。


さて、当日は別の用事もあって、そちらを軽く片付けてから神保町にハマり込むつもり・・・だったんですが。
その日ちょうどJR東海道線が工事か何かでブツ切れになっていました。
それを知らないでいつも通り在来線で上京してしまい、途中から横須賀線とかで迂回しながらようやく東京駅に辿り着いたのが正午。
のっけから予定狂いまくりでした。

結局、用事が済んだのが16時ごろ。
鈍行で帰らなければなりませんので、移動時間から逆算して神保町に滞在できるのは30分程度です。
何しに来たんだ・・・orz

それでも!
ブックハンターの意地にかけて、向かわざるを得ません。
荷物をコインロッカーに放り込み、地下鉄の最短経路を算出し、通路は風のように歩きます。

そしてついにやってきました。
ブックファンの聖地・東京神田神保町にっっっつ!!!

ここへ来たかったんだ。
俺は!
帰ってきたぞーーーっっつ!!!

カメラ持っていくのを忘れたので写真ありませんが、古書店街沿いに屋台みたいな書棚がズラッと並び、宵闇を提灯が照らして導きます。
まさに灯りに誘われる蛾の如く、古書ファンが吸い寄せられて行くのです。
私もやや自失気味にこの通りをフラフラと歩いていきました。

周りを見ると、どいつもこいつも本に釘付けになっています。
路地裏に据えられた大きな棚にビッシリ詰められた古書を、端から端まで舐めるように見ていく人の群れ。
そこには男も女も老いも若きも関係ありません。
野獣と化しています。
全国からやってきた古本を狩るケダモノたちです。
むろん私もその一匹だった事は言うまでもありません。

しかし30分で隅々まで見て回るのは無理があります。
結局ビニール袋一つ分ぐらい、目についた本を購入するのが精一杯でした・・・。

「うわーん!帰りたくないよー!!やだやだやだーーっ!!」」

と道に転がってダダをこねたかった。
もし私と同じ立場のブックファンだったら、絶対そう思ったはずです。
心の中で泣きながら古書店街を後にしたのでした。


いやーやっぱりいいわー神保町。
首都圏に住んでいたら毎週通いますね。

しかし静岡県に住んでいる以上、それは叶わない現実。
ならば!
こちらに作ってしまえばいいのです。
浜松駅の南側には寂れてシャッター街になったアーケードがあります。
ここを中部地区最大の古書店街にしてしまったらどうか、と勝手に考えています。

活字離れが進む日本ですが、それでもブックファンは根強く存在します。
どんなに電子化が進んでも紙の本は無くならないでしょう。
それを愛する人達も決していなくなりません。
なぜなら「本」は思い出のツールであり、未知の世界への入り口だからです。

紙の匂い、めくる時の感触、読んだ日の天気、その時の境遇、そしてそれらと内容の重なり。
書籍はその時々の自分を振り返らせてくれます。
それに、電子データと違って実物を手にするとワクワクします。
自分が体験出来ない事、知らない世界がギュギュッと押し込められている情報の爆弾ですから当然です。

そんな本がギッシリ詰まった町って、まさにワンダーランドではないでしょうか。

そういう場所を地元浜松にぜひとも作りたい。
寂れて久しい商店街を本の力で蘇らせたい。
本好きの聖地にしたい。
古本まつりを浜松で開きたい!

ブックファンの皆様、夢の国を私達の手で築いてみませんか?




マイ図書館

2018-07-13 00:41:02 | 日記
こないだ工務店に家のメンテナンスについて相談した時、
「これ以上本を増やしたら家が保ちませんので減らしてください」
と言われてしまいました。

えー・・・。
そんなこと言われてもまだ欲しい本いっぱいあるんですが。
最近も結構買っちゃったし。







たかだか1万冊ぐらいの本で家が傾くとは思いませんでした。
ロシアのインテリなんか天井まで本積んでいるのに床が抜けたという話は聞きませんし。


こうなったら家そのものを鉄筋コンクリートの要塞みたいなのに建て替えるしかありません。
そこで、どのくらいの強度が必要なのか調べてみました。


こないだ静岡県立中央図書館の蔵書が増えすぎて床にヒビが入ってしまったそうなんですが、ちょうどいいのでこれを参考にさせて頂きます。
「デイリー新潮」の記事によると、県立図書館は当初、床荷重300kg/平方メートルの設計で作られた様です。
ところが、床にヒビが入った時にはおよそ560kg/平方メートルと2倍近い荷重がかかっていたみたいです。

そりゃ割れるでしょう(笑。

現在図書館を建てる時には開架フロアで床荷重を500~800kg/平方メートル、書庫で1200kg/平方メートルぐらいで設定するそうです。
ということは、床荷重1.2トン/平米ぐらいで考えておけば十分じゃないかと思います。


ちなみに普通の住宅は180kg/平方メートル以上と建築基準法で定められているんですが、書籍や資料の保管には全く足りません。
昔から本に囲まれた生活を夢見てきた割にはこういう現実的な話を知らなかったのでお恥ずかしい限りです。


それで床荷重1.2tの頑丈な家を現在と同じ大きさと間取りで建てると一体いくら掛かるのか、自分なりにザッと計算してみたら大体5000万から6000万ぐらいになりました


新刊に手が出なくて古本ばっかり買ってる貧乏人には身に余る光栄です。
つーか、そんな金があったら本を買う方に回したい。
しかし本にしてしまうと今度は保管する場所がありません。
ここは冷静に考えて入れ物を準備する方が先です。

安く見積もっても5000万。
どうやって工面したらいいんだろう。
日経平均先物で・・・。
(破滅の道に向かっている気がする)


その昔、古代ギリシアの哲学者・タレスは「哲学なんかやっても金にならない」と笑われたのに腹を立て、持てる知識を活かして莫大な富を築き、
「金になりましたが何か?w」
とやり返したそうです。


ここは我が師・タレスの教えに従い、勉強の成果を持って金を稼ぐのが痛快というものです。
「大量の本を収める頑丈なマイ図書館を建てるために、大量の本を読んで金を稼ぐ」
ブックハンター冥利に尽きるでしょう。







英語の勉強

2018-05-13 12:39:47 | 日記
本が増えて狭い部屋がますます狭くなってしまった為、今年の連休はブックハントを控えめにしました。








95冊ゲット。
遠征しなかったし、まあこんなもんでしょう。


例年ゴールデンウイークは引き籠って本を読んでいるんですが、今年は土日含めて4日間と短かった上、怪獣の襲撃を受けて家から逃げ出したため、あまり消化出来ませんでした。
さらに、読書する場所を探してさまよったら、どこもかしこも渋滞、満員、人人人・・・。
山奥の秘密公園ですら謎の集団がバーベキューやって騒いでいる有様です。

頼むから私に読書のスペースをください。


まあそれはいいとして、連休中に読んだ中で大いに触発されたのはこの1冊。

●「勉強法」 佐藤優・著 角川新書




私の勉強術の師匠、佐藤優師の本です。
(会ったことも話した事もないが勝手に師匠にしている)
佐藤師はこれまでにも何冊か勉強の仕方に関する書を世に問うておられますが、どれも具体的なテキストが紹介されていて指針が明確です。


個人的にインパクトがあったのは英語学習のくだり。
師は元・外交官でロシア語のスペシャリストですが、外務省ではどこで働くにしても高い英語のスキルが必要だったそうで、英語もかなり勉強された様です。
その為、習得の要訣にも説得力があります。

昔から「英語の本をスラスラ読みたい!」という願望があったにも関わらず、具体的に何をどのくらい勉強したらいいか分からなくて無駄な努力をしていた私にとって、佐藤師の導きは正に福音でした。


その英語学習のポイントとはズバリ「単語と文法」。
まず単語は最低でも6000語覚える必要があるそうです。
英字新聞や洋書を読みこなせる様になるにはどうしてもこのぐらい要るみたいで、高校を卒業した時点で覚えているべき単語数3000語では全然足りません。
大学に進学してもプラス3000語覚える人がどれくらいいるかと考えると、日本人が英語苦手な理由が分かるような気がします。

ちなみに欧米の大学に留学して現地の学生と一緒に勉強しようとするなら1万語の習得が必須だそうです。
あちらでは事前に何冊かテキストを読ませ、その内容が頭に入っている事を前提に講義やディスカッションをするので、専門書が読めて議論出来るだけの英語力が必要になるのです。

さらに大学院まで進むと300~500ページぐらいある専門書(もちろん英語で書かれている)を毎日50冊ぐらい読み込んだ上で議論に参加しなければならないので、ネイティブでない学生の苦労は並大抵ではないと思います。
こういう話を聞くと東大出たぐらいで威張ってる奴が滑稽に見えてきます。


それから文法。
中学校・高校で学ぶ文法をしっかり身につける必要があるとの事。
この本の中では中学レベルなら大学書林の「英語四週間」、高校までの範囲をカバーするなら旺文社の「よくわかる英文法」などのテキストが推薦されていました。


私の場合、とりあえずホコリをかぶっていた蔵書を活用する事にしました。
まず単語はこれで高校までの分を総ざらいです。


●「中学・高校 6年分の英単語を総復習する」 平山篤・著 ペレ出版



CD付きで発音もバッチリです。

この次は定評あるTOEFL用のテキストも用意してあります。

●「TOEFLテスト英単語3800」 神部孝・著 旺文社




これらを昔ながらの地味な方法で読んで書いて覚えます。
私達は毎日夢を見ていますが、朝になると忘れてしまいます。
それは体を通さず脳だけで見ているからです。

目で見て、声に出して読んで、手で書いて、という様にあらゆる部分を使う事で体で記憶するのです。


古臭い様ですが、コレを使うのが一番効果的という体験談が多いので、私も倣ってみます。

●情報カード 100枚入り  ダイソー 108円



昔はこれで単語カードを作るのが定番だった様で、小さい単語帳と違って例文も書けるのがいいです。



本家の情報カード(400円ぐらい)と遜色ない仕様のが100均ダイソーで買えるのがありがたい。


あと、これも利用します。

●基礎英語3 2012年4月~2013年3月号  NHK出版




「NHKの語学講座なんかつまらん」
という先入観を吹き飛ばしてくれたシリーズです。
女子高生でアイドルの主人公・白鳥千夏とその仲間たちの愉快な日常、みたいな弾けたストーリーで、NHKも一皮剥けたなー、と驚きの目を持って学習に励んでいたんですが、夏休みに再放送になった時にサボってしまい、それ以降が続かなかった無念の教材です

会話の楽しさに加え、中学3年までの単語・文法をしっかりカバー、毎回15分の放送ではネイティブの正しい発音が学べるという逸材なのです。
いい機会なのでリベンジしてみようと思います。


文法の総補完は、定評のあるコレを使用。

●「総合英語 フォレスト」 石黒昭博・監修  桐原書店



文法書ならコレだ、という学習案内を頼りに購入したテキストですが、買ってから1ページも読んでいなくて勿体無いので使うことにしました。


我が国は先進国とかいいながら、英語が障害になって知的断絶ができているように感じられます。
海外で話題の本が日本語訳されるのは1~2年後、名著でも売れそうにないと翻訳されません。
特にマイナーな書は永遠に日本語化されないので、原書が読めなければその分野の知識は穴が空いたままになってしまいます。

また、インターネットが普及した現在、海外の情報に簡単にアクセス出来るのに、指をくわえて見ているだけ、というのはあまりもったいない。
日本語のように英語を読めるようになったら、世界はどんどん広がっていくはずです。

私の場合、ブックハントが洋書に及んだら文字通り本に埋没する事になりましょうが、走り出したら止まらない暴走列車は終点の標識を突き破って空を舞い、銀河鉄道となって宇宙の彼方へと旅立つのです
(って、死んどるやん)






汽車の旅読

2018-04-08 22:34:16 | 日記
私は本を買いまくってはいますが、読む方はまったく追いついていません。
登録済み5000冊以上、未整理分合わせて1万冊ぐらいの蔵書の1/3ぐらいしか読めていないのが現状です。
しかもなお増加中・・・。

もし1万冊全部読んで理解していたらちょっとは自慢出来るのかも知れませんが、持っているだけじゃ何の意味もないのです。
本は読んで、理解して、身につけて、初めてモノにしたと言えます。

ブックハントは続けるにしろ(やめるとは言わない)、今後は読む方・理解する方にウエイトを置くようにしたいです。


しかし、家にいると雑用を言いつけられたり、艦これに没頭してしまったりするので、もっと本に集中する環境に自分を追い込む必要があります。
こないだからキャンプしに行くとか何とか言っているのはそのためです。

4月に入っても寒いゆえ、公園読書はもうちょっと後に始めるとして、アレコレ思案した結果、
「電車の中で読めばいいんじゃね?」
というアイデアが思い浮かびました。

普通、電車の中で本を読むのは目的地に着くまでの暇つぶしなんですが、逆に本を読むために電車に乗ってしまおう、ということです。

電車の中なら寒くないし、何より
「本を読む以外にする事がない」
のです。


という訳で「汽車読書」やってみました。
今回チョイスしたのは天竜浜名湖鉄道
こないだ「ゆるキャン」を巡る旅に出た時、一回は乗っておきたいと思った昭和レトロな路線です。
(なんで「汽車」かというと、ディーゼル車両だから)

実は浜名湖の辺に住んでいて、天浜線に乗ったことがありませんでした。
そういう点でも興味津々であります。


さて、ご存じない方のためにご説明しますと、天竜浜名湖鉄道は東海道線・JR掛川駅から新所原駅の間を山間・奥浜名湖の方を経由して絆いだ第3セクターの鉄道です。
地元の方の足であると共に、周遊、駅間ウォーキングなど、観光やイベントにも利用されています。

西の始発駅・新所原から乗り込み。
ほぼ1時間に1本、というのどかなダイヤなので、駅員さんがきっぷの買い方からおトクな乗り方まで一人一人丁寧に説明してくださいます。



今回は1日乗り放題で途中下車自由という「1日フリーきっぷ」(1700円)を購入。



おまけにグルメガイド冊子がついてきます。



出発。
ディーゼルエンジンが唸りを上げます。



さてさて。
汽車に乗りに来たのではなく、本を読みに来た訳ですから、どんどん読んで行きましょう。




持ち込みし5冊のうち、最初はコレ。

●「情報隠蔽国家」 青木理・著 河出書房新社




さすらいのジャーナリスト・青木理氏による情報漏えいの冤罪をかけられた現役自衛官へのロングインタービューをメインに、公文書・国家情報についてのルポをまとめた1冊。
これを読むと、政府・役所が自分たちの保身のためならどんなメチャクチャでもやらかすという事が分かります。

国有地売却の資料は捨てちゃいました。
官邸に入るゲストの情報は残ってません。
自衛隊の日報は存在しません。

都合が悪いことは全部隠す。
あっても無いと嘘をつく。
日本国民はこんな政府と役所に重要な業務を委託しているのです。


言うまでもありませんが、公務員が税金を使って得た情報と、それを元に作成された文書は国民の共通財産です。
それを一部の人間が権限を守るために好き勝手に使って良い訳がありません。


普通の会社で重要な契約書や設計図を不正隠蔽で燃やしたりしたら警察に突き出されます。
業務に支障をきたして損害を被るからです。
スケールは遥かに大きいですが、これと同じことが日本という国でも起こっているのです。

この本の中でも述べられていますが、情報を管理し、しっかり公文書に残させれば、いい加減な仕事が出来なくなります。
逆に言えば今の政府や役所が公文書を雑に扱っているのは、いい加減すぎてバレるとマズイ仕事をしているから、という事になるでしょう。

国民はこうした事実に目を向け、情報・公文書の重要性に気づくべきだ、と、今更ながら身につまされた次第です。

内容もさることながら、青木氏の視点に「なるほど」と頷く事の多い力作でした。


・・・・と。
レビューは1冊だけです。

なぜなら、窓から見える景色に心を奪われっぱなしだったから(笑。

天浜線のキャッチコピーは「日本の原風景に出会う旅」。
窓の外には、まさしく原風景が広がっていました。

草と木のトンネルの中をレールは走り、



山中を通り抜け、



懐かしさ漂うホームに停車します。




お菓子を買いに降りた原谷(はらのや)は昭和10年に建てられたという年季の入った駅舎ですが、キレイに整えられて、地域の人たちに愛されているのが分かりました。










某JR●海などは待合室を取っ払ってしまい、安い運賃しか払わないお客様は風にでも吹かれていてください、という営業スタイルですが、ここは昔ながらの人をいたわる優しさが感じられます。






なんて、寄り道したり、写真撮ったり、風景に心奪われたりしてたら1冊しか読めなかったのですよ(笑。


掛川まで行って帰って5時間ぐらい。
天浜線は下車して見たり食べたり遊んだり、がセットの鉄道ですから、本を読むのに乗るにはちょっと不向きだったかな。
一番読書に向いているのは、山手線ですかね。


新所原まで戻ってきました。



という事で、昭和の薫り漂う汽車の読書ツアーでした。