毎日の朝市

今日もいい日で、野菜も新鮮!!鮮度が一番!市場内で人気の朝市食品より・・・最新情報を送ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暑いですね・・・汗

2009-08-18 10:42:51 | Weblog
皆様 お盆休みはいかがでしたか?
ちなみに私は人生初の甲子園球場の高校野球を観戦しに行って来ました^^
とにかく『暑い』の一言でしたが あの灼熱の中で一生懸命な高校球児には関心させられる事がいっぱいでした。

高校生と私では比べ物にならないほどの体力ですけどね(汗)


さて・・・

年齢を経るごとに「時間の密度」って薄くなっていくと思うんですよね。
(これを人は「時間が過ぎるのが早い!」という表現もします)

例えば10代の高校生のころ1年間という時間がそれなりに
長かったような気がします。

一方3?歳になってしまった現在、1年間という時間が過ぎるのが
あっという間という気がするんですね。(もっとも私より先輩方はもっと早く感じる事と思いますが・・・笑)

(以前ある方がTVで話されていた“説”を私はとっても支持している
ものですから、以後のこの説を中心に話を進めます)


例えば17歳の時の1年と40歳の1年では、その時間の密度に
違いがあるんですよね。

1年/17年=5.8%(つまり一生の5.8%に値する1年ということ)

一方・・・

1年/40年=2.3%(あきらかに割合が減ります)

大して差がないように見えますが、少なくても40歳の人とでは17歳の子とは
1年間という時間が人生に占める割合(密度)は単純に倍以上ということ
なんですよね。


確かに密度が低いからどーでもいい1年間ということはなくて、それなりに
これからの将来を紡いでいく「1年間」という意味では変らないんですけどね。
ただその年齢においての「全人生」を振り返った時に1年間の密度の違いは
やはり大きいですよ。

よく三つ子の魂は百まで・・・なんて言い方もありますが、それは人の親と
しても納得できる話です。

もう17歳の自分には戻れませんが(というか戻る気もないけど)、せめて意識
だけでも1年間という時間の密度を濃くする努力は必要かもしれませんね。


以前この文面を読んで、妙に感動したのでここで掲載しておきますね。
(出典元は定かではありませんが、この内容は確か迷惑メールの一文
にあったような記憶をしています)(笑)
時間って大切だよね!とこんなメールでも勉強になりました。

「時間の価値を知るためには」

1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に聞いてみなさい

1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに聞いてみなさい

1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に聞いてみなさい

1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に聞いてみなさい

1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に聞いてみなさい

1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に聞いてみなさい

千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に聞いてみなさい

時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい

なるほどねぇ・・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 類は友を呼ぶ?? | トップ | 身の丈・身の程・・・とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事