毎日の朝市

今日もいい日で、野菜も新鮮!!鮮度が一番!市場内で人気の朝市食品より・・・最新情報を送ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今朝の新聞報道から……

2009-07-17 12:52:50 | Weblog
こんにちは 半年以上もブログをサボリ?つつありましたが・・・


今朝の新聞を読んでいてあまりにも ??って気持ちなので書かせて頂きました。

これを読んで遺憾に感じる方も居るかと思われますが 日本人として 日本で生かされて居る事を今一度考えて下さい。

“国旗国歌訴訟で教員の主張退ける。”

記事より抜粋。
>原告団は「『起立斉唱は儀礼的行為』などと一方的に断じた判決で、原告の思いを受け止めた部分が一行も無い。国民の“常識”に著しく反しており、教職員への悪意を感じる」と声を荒げた。

この方達は、“公務員”ですよね?
国から“お給料”もらって生活させてもらっている……

そんなに国旗掲揚、国歌斉唱が嫌なら、そういう思想の学校や団体の職員になればいいんです。

誰も引き留めはしませんよね。

“思想信条の自由”は保証されています。www

ニュース・ソースhttp://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjul0907399/

にしても 君が代はアメリカ国歌とかに比べると抵抗がありましたよね^^;

しかし他所の国の国歌、殆どが“行進曲”風なのは理由があります。
軍隊を鼓舞し、士気を高める為。
対して日本の“君が代”は荘厳なメロディに優美な歌詞。
これ、私達の年代でも知らない人が多いと思いますが、“君が代”は「天皇崇拝」の意味は殆どないんです。
元々は古今和歌集に収められていた“詠み人知らず”の和歌にメロディをつけたもの。
しかもその内容はラブレターだったりします。www
「貴方と私は波に晒される岩のように固く結びつき、その身に苔が生えるまで共に永く寄り添いたい」って意味。
ちなみに、実はこれ“返歌”があって、それもまた甘ぁ~い甘ぁ~いラブレター
「君が代は、千尋の底のさざれいしの、鵜のいる磯とあらはるるまで、御世の栄をほぎ奉る」
(貴方と私は、深い海の底の岩がやがて鳥が遊べるほど浅瀬に押し上げられるような永い期間、幸せでいられますよ。)
こんなロマンチックな国歌を持つ国は世界中どこにもありません。

これを“かっこよくない”とか“暗いからキライ”とか、教育機関が機能していない証拠ではないでしょうか?


長々生意気な事あかり書かせて貰いましたが わたくし故の思想ですのでご了承下さいね

では、お店にも是非、足を運んで頂き旬の果物・野菜を手に取って日本で出来た美味しい物に出会って下さい。




コメント

梅雨明け 

2009-07-16 08:34:33 | Weblog
相変わらずですが ご無沙汰してます 汗
お正月から一気に梅雨明けの更新だなんて困ったものです。(自分の事)

久しぶりにここを覗いた方 始めてご覧になった方 諦めず 呆れず 暖かく見守りくださいね

さて 暑い季節に嫌な話で申し訳ありませんが、最近の自分なりの気になる記事を書こうと思います。


世界最大級の自動車メーカーGMが破綻しました。
100年に一度の不況と叫ばれる中のこの破綻は、更に不況感を煽る出来事だそうです。

多くの企業はこの不況下に対策を講じ、あるいは講じる術さえも見つからずに先行き不透明な状況を脱却出来ずにおり、その煽りで派遣社員カット、給料減額、新卒就職難とここぞとばかり便乗している感も否めないほど、連日の様に関連のニュースが世間を賑わしていますね。

だが、少なくとも肌で感じる限りは若者の消費動向は未だ元気であり、バブル崩壊から数年経った今でもブランド信仰の流れはとどまる事もなく、街にはブランド品に身をを包まれた女性陣が闊歩していて驚くばかりです。

ゲーム機大手の任天堂は過去最高の売上げ、利益をたたき出したと言う。ゲーム市場は大人も含めその主流は若者の購買意欲に裏打ちされたものであることは想像に難くない。(ドラゴンクエスト現象やドラクエ休暇なんて話もあるそうです)

任天堂の例はともかく、まだまだ貪欲に市場を検証すれば、必ずしも100年に一度の不況という諦めの泥沼に甘んじる必要はないんではないでしょうか。

どんなに不況でも金は天下を回る物?。

GMは大きくなりすぎんでしょうね。
さしずめそれは、ジュラ紀に地上を征服していた恐竜の様。
向かうところ敵無しのティラノザウルス・・・。
その巨体ゆえ、摂取する餌の量も大きく、力のある物が弱者を食い物にする。
しかし、その絶大なパワーを持ったTレックスでさえ白亜紀末期には時代の変化、地上の変化に対応出来ず絶滅を余儀なくされる。

そして生き残ったのは、ほ乳類を始めとした当時で言えば小さな弱者だった。

小回りが利き、大量の食料を必要とせず、自分たちの身の丈にあった生態系を維持してきた者達が生き残った。

今の時代もまさに資本主義体制の氷河期といえるかも知れません。
しばらくはまだこの氷河期の中で死に絶える巨大なTレックスも現れるだろうと思います。

今生き残るためには、多角化を介する巨大な図体でも、力の拡大でもなく、技術や経験という今までに培った本業という身の丈に合った商売の中で生き残るための生態系を確立する事が重要ではないでしょうか。

小さな小さな弱者ゆえ目を大きく、耳を大きく開き、かすかな匂いもかぎ分ける能力を身につけ、自分の餌がどこにあるのか、それを天敵に捕まらずに得るための俊敏な動き、あるいは環境に則した体つきに進化しなければなりません。



         【弱者ゆえに生き残れる道は必ずある】


                      そう信じて 日々精進します。

                   
コメント