振り向けばカジュアルウォーターII

某ゴルフサイトで連載していたコラムの続編です。

No.9 引退表明

2004-11-28 | ゴルフ
冬桜


【今週の1枚】冬桜
春のソメイヨシノに比べ、あまり注目されることのない冬桜。東京ではちょうど今頃が見頃です。この時期にすべてが咲いてしまうのではなく、つぼみのまま冬を越し、春に咲くつぼみもあるとか。どちらが遅咲きの桜なんでしょう。 → 壁紙
----------------------------------

盛り上がらない男子ツアーに比べ、ホットな話題をふりまく女子ツアー。最終戦は賞金女王の座をかけて、不動裕理プロと宮里藍プロが激突。初日から二人が首位争いを演じる、願ってもない展開となっています。

宮里プロが賞金女王になるには、優勝が必須なことに加え、不動プロが8位以下という条件が加わるので、かなり不動プロが有利ではありますが、その可能性がまったくないわけではなく、最終日、がぜん盛り上がることでしょう。どちらが賞金女王になるにせよ、これだけ盛り上がったことはこれまでの女子ツアーにはなかったわけで、とてもいいシーズンだったと思います。

その陰で、村口史子プロの引退が表明されました。賞金女王に輝いたこともあり、今季もシード権をきちんと獲得しているトッププロの引退。これはかなり衝撃的でした。プロゴルファーというのは、協会への会費を払っている間はプロゴルファーであり、引退という言葉はあまり使われません。それをあえて引退するというのはいろいろな葛藤があったのではないかと想像します。

個人的な意見としては、まだ早いという気がしてなりません。シード権を持っていながら引退するということは、第一線で活躍できる実力があるということですし。ただ、こればかりは本人の人生ですし、周りがとやかく言うことではないとも思います。が、残念だなという気持ちはやはりありますね。若手が台頭してきて、いろいろ思うところがあったのではないかとも思います。

いま言えることは「村口プロ、いままでご苦労さまでした」というひと言だけですね。盛り上がってきた女子ツアーで、もう少しがんばってほしかったという気持ちもありますが、ほんとうにご苦労さまでした。


 from Manabu **Springwater** Shimizu
 Home:エリアSW
 Wallpaper:壁紙コーナー
 Column:続・SW Club編集後記
 Ranking:ゴルフブログのランキング

コメント

No.8 横綱相撲

2004-11-22 | ゴルフ
日光山輪王寺


【今週の1枚】日光山輪王寺
半月ほど前に撮影に訪れた日光山輪王寺の紅葉。あいにくの空模様だったが、逆に葉が濡れていい感じの写真となった。撮影してみてわかったが、紅葉を紅く撮影するのはなかなか難しい。 → 壁紙
----------------------------------

今週の振りカジIIは1日遅れ。なんといってもタイガー・ウッズの試合を見てからでないと書けないなぁと。結果的にはさすがという結果に終わりました。

ワールドランキングのトップの座を奪われたとはいえ、世界のトッププレーヤーであることには変わりはないわけで、スランプだのなんだのと騒ぎ立てること自体がおかしいのではないかと思います。今年は確かにアクセンチュア以外の優勝はなかった。しかし、予選落ちを繰り返していたわけでもありませんし、メジャーでも上位に顔を出していた。

その状態でスランプと言われたらたいへんですよね。他の選手はどうなってしまうのか。トッププレーヤーと言われるプロで、毎年優勝しているほうがめずらしいわけで、少なくともワールドツアーで1勝しているのだから、それで十分だと思います。

それにしても、今週のダンロップフェニックスを見て、やはり日本のツアーのレベルはアメリカに比べて低いのではないかと感じました。別に2位との差が大量についたからということではなく、スポット参戦の選手に楽々優勝させてしまうということにたいしてそう感じます。先週もダレン・クラークが優勝でしたし、逆に日本からアメリカにスポット参戦した選手が優勝したことはありませんし。

今週の試合のクライマックスは最終日のピン直撃というショットと、バンカーからカップをかすめるアプローチの2つ。御殿場で開催されたワールドカップのチップインを思い出してゾクゾクっとしました。ああいうスーパーショットは、集中力のすごさからくるんですかね。

あのワールドカップのときも声援がすごかったですが、今回もすごかったなと思います。しかし、外国人選手相手だからなんでしょうか。歓声のほか、口笛のような音が聞こえたり、どよめきなども通常の試合とはまったく違うように感じました。別に悪いとは思わないのですが、なぜ日本人ばかりの試合ではあそこまでの声援にならないのか。あれが毎試合だったら、プレーしている選手もやりがいがあるんじゃないかなぁ。

そういえばテレビ中継を観ていて、携帯電話の発信音が聞こえたのはがっかりでした。いまだに電源切らない人がいるんですね。ゴルフ観戦のときぐらい電源切れないものでしょうか。せっかく世界からトッププレーヤーが来ているというのに非常に恥ずかしいと思います。携帯電話の電源は必ず切りましょう。


 from Manabu **Springwater** Shimizu
 Home:エリアSW
 Wallpaper:壁紙コーナー
 Column:続・SW Club編集後記
 Ranking:ゴルフブログのランキング

コメント

No.7 睡眠時間

2004-11-14 | ゴルフ
イクスピアリ クリスマスツリー


【今週の1枚】イクスピアリ クリスマスツリー
東京はまだ紅葉していないというのに、もうイルミネーションの季節。写真は千葉県イクスピアリのクリスマスツリー。闇夜に浮かび上がる光の束が、冷たい空気を心なしか暖めてくれる。いよいよ今年も残りわずか……。
----------------------------------

当ブログデフォルトサイズ320×240では、今週のような写真はなかなかディテールが出てきません。なので、急遽、私のホームページ壁紙コーナーを設置しました。毎週、【今週の1枚】で使った写真の壁紙を置くことにします。

イルミネーションの季節が訪れると今年もあとわずか。あっという間に過ぎていきました。昨年までは春から秋までで十数ラウンドしていたというのに、今年はなんと1.5ラウンドしかしていません。ゴルフを始めてから最低のラウンド数。せっかくハンデも少なくなってきたのに、またやり直しだなぁ。

ラウンド数が減った原因は、なんといっても忙しいということにつきるのですが、土日に体を休めないと保たないという感じでしょうか。平日の睡眠時間を土日で補っている感じ。やっぱり年をとったということですかねぇ、さすがに平均睡眠時間3時間がきつくなってきました。

他の方々は、ゴルフの前はきちんと睡眠を取るようにするんでしょうか。私の場合、普段と変わらない生活時間でゴルフに行ったりするため、ヘタすると完徹状態でラウンドすることがあります。いやむしろ、きちんと睡眠を取ったほうがスコアが悪かったりする。きちんと寝ていると体が動きすぎるのではないかと分析しているのですが……。

しかし、睡眠時間をあまり取らずにラウンドするのは、体に悪いですよね。本人もそれは重々承知しているんですが、なかなか時間のやりくりができず、このようになってしまいます。圧倒的にやらなければならないことが多すぎるんでしょうね。

これがまた性分というか、忙しいのに新しいことを始めてしまったり……。あまり大きな変化ではないのでわからないかも知れませんが、ホームページも微妙に中身が変わっていたりします。ヘタすると見た目にはわからないようなことをやってるので気づかないでしょうね。

来年はもう少しゆとりをもった生活を送り、ゴルフ生活も復活させたいと考えています。まだまだ回りたいゴルフ場もたくさんありますし!!


 from Manabu **Springwater** Shimizu
 Home:エリアSW
 Wallpaper:壁紙コーナー
 Column:続・SW Club編集後記
 Ranking:ゴルフブログのランキング

コメント

No.6 海外進出

2004-11-07 | ゴルフ
浅草 酉の市 イチロー熊手


【今週の1枚】浅草 酉の市 イチロー熊手
毎年11月の酉の日に、関東の神社を中心に開かれる酉の市。中でも浅草鷲神社はその元祖として知られ、江戸時代から250年も続けられている。俗に、三の酉まである年は火事が多いと言われる。今年はまさに三の酉まで開かれる年。火の用心、火の用心。
----------------------------------

酉の市や羽子板市で話題となるのが、その年の世相を表した商品。今年は、ペ・ヨンジュンをあしらった『冬のソナタ』熊手と、イチロー選手の世界記録をモチーフにした熊手。写真はそのうちのイチロー選手の熊手。何十年も破られず、不滅と言われた記録を打ち破ったイチロー選手の功績は、今年の話題の中でも最大級と言えますね。

その新記録が日本人だから気持ちいいですよねぇ。オリンピックにしても、プロスポーツにしても、やはりナショナリズムというか、日本人選手を応援したくなります。ゴルフでも、海外ツアーに挑戦しているプロはやっぱり応援してしまいます。

今年は丸山茂樹プロ田中秀道プロに加え、宮瀬博文プロがアメリカツアーに参戦。他にも欧州ツアーに佐藤信人プロ、アメリカ女子ツアーに東尾理子プロが出場していました。残念ながら、優勝者は出ませんでしたが、それぞれの成績を残したと思います。中でも田中秀道プロは、アメリカ人の応援団ができるほどの人気を獲得。賞金ランキングこそ104位と今一つふるいませんでしたが、来年が楽しみになってきました。

すでに来季のQスクールが始まっていて、今年は宮里優作プロと貞方章男プロが来季の出場権を目指して挑戦中。優作プロは、妹の宮里藍プロに負けないぐらい話題を作ってくれるといいなぁと思います。まだ2次予選会へ進出しただけなので、先は長いですが、ぜひ通過して、来年はアメリカで活躍してほしいなと思います。

来季といえば、丸山プロ、秀道プロ以外にもう1人、出場権を獲得しているプロがいます。今田竜二プロ。ここまで2部ツアーであるネーションワイドツアーで戦っていて、今年は優勝を含め、堂々たる活躍。見事、賞金ランキングによるレギュラーツアー出場権を獲得。こちらも楽しみです。

日本で活躍してアメリカに挑戦するのもいいのですが、やはり風土の違い、食生活の違いなど、試合以外の部分も含めて、大きく環境が変わりますから、それに慣れることもたいへんだと思います。その点、今田プロはずっとアメリカを主戦場にしてきてますから、そういった心配もなく、レギュラーツアーでも活躍してくれるのではないかという気がします。

来年は、大リーグだけでなく、プロゴルフの世界でも、日本人選手による、大きなニュースが流れてくるんじゃないですかね。青木功プロの世界殿堂入りという話題が今年ありましたが、それ以上の大きなニュースが流れることを期待しています。


 from Manabu **Springwater** Shimizu
 Home:エリアSW
 Wallpaper:壁紙コーナー
 Column:続・SW Club編集後記
 Ranking:ゴルフブログのランキング

コメント