オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


自然塗料が人気ですが、実際はマダマダです/オスモカラー塗装仕上げ

2019年11月10日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

先日、関東のフローリング輸入商社の方が営業に来られました。
私の商売方法を理解しているようで、彼は「本当にご自身で塗装されているのですね、大変でしょう、
弊社は国内の塗装業者にオスモ塗装させていますから、一度取引を考えて下さい」

私は「おたくの製品はオスモの何と言う塗料を使っているのですか?」
彼は「オスモのオイル塗料です」と胸張って答えました。

またかよ、オスモのオイルって何なんだ!
こんな程度なんです、所詮売るだけですから。


今週はJAPAN HOME SHOW 出展の為に日曜日返上でオスモカラー塗装しています。

【商品情報】
レッドパインパネリング/オスモカラー塗装仕上げ
サイズ/1950mm×8mm×98mm
形状/エンドマッチ加工無し、節付
着色塗装/オスモカラーウッドワックス#3166チーク




コメント

気候が良いのでオスモカラー塗装が捗ります。

2019年11月09日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

13日から始まる東京ビックサイト・JAPAN HOME SHOW の出展準備をあーでも無いこーでも無いと
しているうちに今週も終わりかけています。
なんとかJIT-BOXに詰め込みましたので、ヤマトさんに回収してもらいました。

これで一安心ですがショーが終わり15日の夜まで私は戻れないのでギリギリまで
オスモカラー塗装化粧を行います。

いつものキャクピングカー屋さんより注文が入っています。
その都度、塗装仕上げを行なっていますので、お客さんは喜んでおられると思います。

ありがたい事です。

・オスモカラー塗装フローリング
・ペットに優しい滑止めオイル塗装フローリング
・特殊液体ガラス塗装フローリング
・DEESAWATモザイクフローリング
コメント

イメージに近い色作り/オスモカラー塗装仕上げフローリング

2019年11月07日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

古民家を購入されリニューアル工事をされるお施主さんから相談電話がありました。
話を聞くと、施工業者さんが提案するフローリングがイマイチ気に入らなくてインテリア業の知り合いに
相談したところ、どうも私を紹介されたようです。

ほとんどのフローリング販売業者は輸入商社が仕入れた商品を販売しています(自社輸入の業者もいます)
言ってしまえば「どこでも一緒」なんで既製品しか提案できないのです。


色々話を聞いて、私は「くり」「東北かば」の2樹種で、思いをイメージして3色を選びました。
さて、お客さんの心とマッチするでしょうか。

下地塗装が乾燥しましたら、フロアークリアーエキスプレス#3362視野消しで仕上げ塗装


コメント

バンコクの夜

2019年10月28日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

今回のバンコク出張の大きな一つ「迫田氏」との再会です。
彼は私の友人である熊本県の清嶋くんの同級生で一緒にインテリア業界で働こうと学んだ仲間らしく
現在はバンコクのM'S DESIGNと言う設計事務所に席を置き
住宅から商業施設まで幅広く手がけている様です。
クイーン・シリキット・ナショナルコンベンションセンター駅で待ち合わせして向かった先は
Mr,Jirachaiに教えてもらったイタリアンレストランです。まず日本人は行かない地域で
夜は暗くて迷う様な場所にひっそりとありました。

入り口は狭くて ここ? って感じですが、中に入るとワイン、料理、英語が飛び交う
行った事ないけどヨーヨッパのリストランテの様です。


迫田氏に日本人が見て感じて実際に行なっているタイの建築とインテリアについて
色々教えてもらいました。




コメント

バンコクはやっぱり熱かった!! その1

2019年10月26日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
20日から25日の間、DEESAWAT社とインテリアショー等々でバンコクにいました。
バンコクに行きだしてかれこれ12年になるのかな、回数で行くと30回は超えたような感じです。
観光地はほとんど行ってませんが、大概の事は知っていますし、お客さんや友人を
連れて行ったこともなんどもあります。普段は一人ですので仕DEESAWAT社との
打ち合わせがが終わればする事が無くなり、あちこち徒歩で行きまくるので
自然と地理が頭に入ります。

今回の目的はこれで、4月の開催にも訪問しました。
          

当然知り合いもいます

Moonler Collection社のバンキー(ニックネーム)です。モンキーポットのオリジナルファニチャーをデザイン、製作、販売を行っていますチェンマイの会社です。

ペット用のインテリアをデザイン、製造、販売を行うBarketek社のビック(ニックネーム)で
日本で販売代理店を持ちすでに販売されています。

チェンマイで木製インテリア製造販売を行っているV.S.T Wood社です
7月に博多で開催された「T-STYLE2019福岡商談会」で出会ってから彼らの
商品が気になってしょうがなかったのです。
チェンマイの工房以外での販売店が無く、会えないと購入できない事が魅力です。
ここの製品はよく見かけるチークウッドの商品では無く、全てにカービングなどの
加工が施されています。全て社長のハンドメイドなので他メーカーのような
大量生産ができません。






コメント

おやじ3人組 おのぼりさんになる

2019年10月16日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
先週の8,9,10日と二泊三日で東京観光に行ってきました、フローリング娘の納品では無く「おやじ3人の修学旅行」です。

横浜中華街からスタート おやじ3人組はコトス重視の安い店なんて見向きもせずに
重慶飯店に向かって進むのみ。ちょこちょことオーダーして会計は18000円なり
金額に合った満足度でした。

三日間飲む食べる歩くで
  
あちこち行ったのに写真はありません。

来年5月にもう一度行こうとなりました。
コメント

売り上げは伸びないのに木は伸びる

2019年09月18日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリングとDEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
JR駅から徒歩2分位のところに小さな三角形な不動産を持っているのですが、使うあてもないので向かいのマンションを管理している
不動産業者にガレージとして貸しています。その不動産は問題ないのですが、三角形の先に木が生えていまして
夏になるとやたらと育ち秋頃には葉っぱが通行人に邪魔するらしく、毎年のように役所から伐採するように指導されていました。
(誰か知らんけど役所にチクる奴がいるんですね)

3年前の夏に根元からバッサリと切ったのに、ほっておいたら育つ育つでゆうに3メートルは伸びています。

たまたま前を通ったので、午後から切りに行きました。

スッキリしましたね、これで2,3年は指導されないでしょぅね。
切った枝でボンゴトラックが山盛りになってしまいました、どう処分するか悩みます。

・オスモカラー塗装フローリング
・ペットに優しい滑り止めオイル塗装フローリング
・特殊液体ガラス塗装フローリング

コメント

一週間ブログをサボりました。

2019年07月22日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、ペットに優しいオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
かれこれアルブルインクでブログを始めて3892日たちました。前の名前を足すと5000日を超えます。
そりゃ面倒になる日もありますよって一週間サボりましたが、毎日300人位の方が私のブログを観てくれていますから
自分の都合だけでサボッてる訳には行きませんね。

この一週間に大きな事が二つ起こりました。
一つは先週の火曜日に脇腹がとんでもなく痛くなり、病院で診察してもらった結果「尿路結石で腎臓が腫れている」との事
痛くて痛くてたまらなかったのに座薬一個で何もなかった様になりましたが、冷や汗ダクダクだったからか
しれませんが、グッタリとなりその日1日休みました。

もう一つは、お客さんが「SSGコート塗装」を希望されたのでメーカーであるニットーボーメディカル社の
担当者さんにしっかりと指導して頂きました。
早速SSGコート剤のMOKUTO-GとSSG-Mを組み合わせて艶消し剤を作成して塗装仕上げを行いました。

基材は「ウォルナット150S挽き板フローリング」です。
ナノガラス剤だと聞いていたのでWPC塗装の様な感じを持っていましたが、ガラスとは全く異なり
オスモカラーフロアークリアーエキスプレス塗装仕上げと同じ様な感じに仕上がりました。
色々悩みましたが、GripOil塗装に続いてSSGコート塗装もアルブルインクのレギュラー塗装仕上げに加えました。
コメント

梅雨の合間に仕事仕事

2019年07月09日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、ペットに優しい滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

ほぼ毎日現場納品がありありがたい今日この頃です。
3日は大阪梅田で飲み会があり、4日+5日は8日に納品しますフローリング娘のオスモカラー化粧と
近くの納品1現場。5日の夜は「山下達郎パフォーマンス2019」大阪フェスティバルホール
3年連続抽選に当たっています。しかも去年は3公演、一昨年は2公演、その前5年間はハズレで
その前は2公演。  今年は欲張らずに1公演だけにしました。

もう素晴らしいの一言でした。
6+7日もオスモカラーヌリヌリ、
7日の夜は飲み会、
8日は近くのマンションリノベ現場に納品。

この現場は問題な住人がいるのでマンションの管理人さんや工事関係者はピリピリしています。
内容は書けません。

フローリング娘のサンプル送付依頼が3件
なんか忙しい忙しい ありがたい ありがたい

今日は朝から京都市左京区のマンション現場に「なら120Nフローリング娘」を30ケース届けました。


コメント

バンコクから連れて帰りました。

2019年04月26日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、滑止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

今回のパンコク出張のメインビジネスは大人の都合でまだ紹介できませんが
あまり馴染みの無いオブジェのルートを作ってきました。

今後のビジネスになるかどうかは分かりませんが、なんだか面白そうなので1個購入してきました。



真鍮で出来たドリアンのオブジェです。
衝動買いなので、トランクに入らなかったら嫌なので↓小さいのを1個買いました。

日本に戻り数人に見せたら、「なんに使うの?」と皆口を揃えて言います。
使う用途なんて無いよ置物だよ。残念ですね、使用目的がはっきりしてないと日本では受け入れられないです。


コメント

この時期のバンコクは暑い!

2019年04月25日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、滑止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
熊本県でインテリアコーディネート業を営んでいる清嶋くんと「STYLE April 2018」視察と
DEESAWAT社顔出し、次期輸入アイテム探しにバンコクに行きました。

バンコクとの関わりを持って、はや12年になります。もう何回パンコクに行ったことやら
しかし、今回は暑かった。日本は4月と言えば新緑で心地やすいですがバンコクは一年で最も暑い時期なんです。
毎日気温が37度程度でクラクラ、室内や電車内はエアコン効きすぎて寒い。


ありましたよ、先日輸出のお手伝いをしました「京の伝統工藝」です。


商品では無く、技術を見せるアイテムなので万人受けはしませんが
いかにもインテリア系の人だとわかる方々がじっくりと見ていました。

コメント

春を感じさせる休日でした。

2019年02月25日 | 日々の話
オスモカラー塗装フローリング、滑止めイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク
今週からフローリング娘のオスモカラー化粧が始まるので、昨日はワンコ達のトリミングの間に「恵文社」に行きました。
いつ行ってもマニアックで面白そうな書籍が沢山あります。しかし、店内が少し暗いので私には本が探し辛かったです。
そんな店内で気になる冊子を見つけてしまい、ニヤニヤしながら購入しました。
 
Hato Pressと言うロンドンで製本された薄いイラスト集です。


京都の方、学生時代に京都におられた方なら「恵文社」はご存知だと思いますがHPを掲載しておきます。

恵文社のすぐ近くの美味しそうな「pan nochi hare」と言うパン屋さんが気になり

食パンと惣菜パンをいくつか買って帰りました。
一乗寺界隈は決してオシャレじゃないですか、良い雰囲気の文化の香りがする町です。
コメント

パレットやクレートの処分

2019年01月31日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、滑止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

輸入商社から届くフローリングは必ずパレット積みされているのです。
それらの殆どは中国の大連で作られた、そりゃもうお粗末な代物です。
使い回しができないので、運送会社さんに持って帰ってもらったり
引き取りに行った時に廃バレット置き場に降ろして帰っていました。
DEESAWATからの荷物に使われているパレットは荷物の量に合わせた
サイズで仕上がり、とても頑丈に作られていますが、何枚も要らないです。

しかし、いつまでもそんな事は出来ないので数年前から産業廃棄物センターに
お世話になっています。
今回はパレット2枚とパレット1枚を解体した材、クレート材、ベニア板を積んで
産廃業者さんに向かいました。
重量260キログラム 処分費用16.848円
もっと安い処もありますが、1トン以下の材では相手にしてもらえ無いのでしょうがないです。
コメント

才能は凄い

2019年01月30日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、滑止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》
知り合いのイラストレーターが、ちょいちょいと描いてほいってくれました。

なんだか上手いね、髪の薄さなんてバッチリですょ。
良い具合にふっくらしています。(本当はもう少しスリムなんだけど)
私も、ずっと昔は絵が上手かったのに・・・・
絵心が欲しい
コメント

悩む価値があるモDEESAWATモザイクフローリング

2018年12月07日 | 日々の話
《オスモカラー塗装フローリング、滑止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク》

先日ヘリンボーンフローリングの確認に来られましたお客さんの話です。
DEESAWATのミャンマーチークヘリンボーンフローリングを見るなり「このサイズのヘリンボーンを探していたんです!」と
喜びの声を頂きました。このお客さんはよく知っておられ、一般に流通しているヘリンボーンフローリングの1ピースが
大きくてバランスが悪いので普通に使えるサイズを探されていた様です。

私の扱うDEESAWAT社のヘリンボーンフローリングは1ピースあたり巾40mm長さ303mmで、左右7枚つづ14枚で1組になり
1組が460mm×640mmの1枚で構成されています。
と言うことは施行が非常に簡単なんです。一般的なヘリンボーンフローリングは熟練技術が必要で理屈がわからないと
綺麗に敷き詰めることが出来ません。だから施行手間もかなり高価になっています。

憧れのヘリンボーンを採用することで進んでいたのですが、六角形のCUBICフローリングが目に止まり、そこから
CUBICが気になって気になって、時間があるのでゆっくり生活スタイルをイメージしてくださいとなり
チークウッドのHERRINGBONE FLOORING とCUBIC FLOORINGの現物を1枚づつお持ち帰りいただきました。

悩んでいる時も楽しいです。


コメント