動物も家族-ペット肖像画

犬、猫、うさぎなど動物の肖像画を紹介

ムシムシ大行進

2018-06-18 09:48:25 | 日記

今朝の大阪の地震、結構激しかったですね。

曽根崎警察署での朝稽古を追え、歩いて事務所へ向かう途中で、堂島アバンザの裏辺りを歩いていましたが、凄い音でかなり揺れました。

一瞬、南海何とかかと思いましたが、すぐに収まったので、そのまま事務所まで行きました。ビルはエレベータが止まってましたが、うちは4Fなので大したことはありません。

また”専門家”なる人達がTVでああでもない、こうでもないなどと論評するのでしょうね。

司馬遼太郎氏が「過去を振り返る時、人間は神になり得る」と言われていますが、まさにその通りですね!

 

さて、梅雨の時期ではありますが、昆虫が活動し始めています。

昔、「ムシムシ大行進」という名の子供向けテレビ番組が昔ありました。

私が中学生の頃でしたので、もう随分昔のことです。

こういう番組をもう少し企画すれば、虫に対する知識も深まり、虫が苦手だなどという男性も減るんじゃないかと思うのですがね。

家ではキリギリスのオスが早くも一匹成虫になりました。まだ6月半ばというのに、一か月ぐらい早いですよね。

自然界でもキリギリスが鳴き始めるのは7月半ば頃なんですけどね。

堂島川沿いの遊歩道にはいろいろと昆虫がいます。

これはアオドウガネ。コガネムシかな?

ハサミムシまでいました!

テントウムシもいろいろな種類がいます。

昆虫ではありませんが、カタツムリも沢山いますよ。

昨日は神戸の諏訪山公園へ虫捕りに出掛けました。

快晴で南仏のような気候。

池では亀が気持ち良さそうに泳いでいました。

ここは眺めが良く、神戸市内が綺麗に見えます。

私はこういう場所へ行くと、どんな昆虫に会えるかとわくわくしてしまいますね。

これから楽しみな季節です!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャマメゴンタロー換毛期

2018-06-12 08:06:52 | 日記

夏を前にチャマメゴンタローは換毛期を迎えています。

黒っぽいせいもあって、毛の生え代わりが分かり易いですね。

今までのうさちゃんは、ここまで鮮明ではなかった気がします。

剥けると一回り小さくなるのかな?

ベランダの昆虫も成長を続けており、ヤブキリも最初に成虫になったメスが一回り大きくなったように感じます。

オスは何匹か成虫になっていて、少しだけ鳴きました。

キリギリスはもう少しですね。

これから生餌を探しに行くのが大変です!

土曜日の夜、アールティ県庁前で食事した後、相楽園方面を歩くと壁の上の方にクワガタを発見。

大きく見えたのでヒラタクワガタかと思いきや、捕獲してみるとコクワガタでした。

昆虫ゼリーを気に入っているようです。

先週はハーバーランド、今週は北野界隈を散策。

モスクは賑わってましたが、ラマダンか何かあったのかな?

この一角はモスクやインド料理店、ハラル食品店などがあって、何となく外国っぽいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランスオクシタニーと愛知県のMOU

2018-06-06 11:53:14 | 日記

愛知県がフランスのオクシタニー地方とMOU(了解覚書)を署名することになったため、先週、今週と二度にわたり名古屋へ行って来ました!

先週は雨の日で、新幹線を降りる時に折り畳み傘を忘れてしまいましてね。すぐに気付いたのですが、戻るわけには行かず、忘れ物センターで手続きすることになってしまいました。

すぐに見つかったものの、送り返してもらうのに宅急便着払いで1260円も支払う羽目になりました。

で、先週も今週もキャッスルホテル(これがまた不便な場所で)でレセプションがありまして、司会進行とスピーチの通訳を愛知県より頼まれました。

司会進行は勿論日仏バイリンガルなので、両方の言語でやります。

余りこういうことに緊張しなくなったのは、年齢のせいでしょうかねー。私は自分の声が大嫌いなので、人前で喋るのは決して好きではないんですよ。

昔、フランス語を勉強し始めた時、こういう場で通訳する自分の姿に憧れたからでしょうか。

「ラ・セーヌの星」というアニメを見たのがフランス語を始めるきっかけとなりましたが、その時、こんな舞台で通訳をすることを自分自身に誓ったからで、それが現実になっている以上、ありがたいと思わないといけませんよね。

それにしてもこのアニメを見ていなかったら、恐らくフランス語など勉強しなかったことでしょう。

ラ・セーヌの星

 

これは先週のレセプションの写真。オクシタニー地域圏議会の副議長が企業視察団を伴って来日していました。

さすがキャッスルホテルだけあって、食べるものは美味しいのですが、役目柄余り食べられないので残念!

 

昨日は早く名古屋に着き過ぎたため、少し時間つぶしをしていたのですが、JPタワーに天空スターバックスを発見しました。

この場所なら数時間いても退屈しませんね。

テラス席もあって、方角によっては名古屋城も見えるかも知れません。

今週は再度キャッスルホテルでMOUの調印式とレセプションが行われました。

まずはオクシタニー地域圏政府のデルガ議長と愛知県の大村知事の懇談会。

私は知事の通訳として参加しましたが、デルガ議長についていた通訳者が下手で、あんなんじゃ、私一人で全部やった方が良かったでしょうに。

そしてまたレセプションで司会進行とスピーチの通訳、と先週と同じパターンでした。

知事と愛知県県議会議長の乾杯の挨拶は原稿をもらっていました。

私はこういう時、予め頭の中でフランス語に訳しておいて暗記してしまいます。そうすれば自分は原稿を見ることもなく、見ている人達は「あの人、見ずに訳している」と感嘆するからです。

まあ一種のパフォーマンスですね、これも。

それに原稿を見て、それを読むだけであれば、極端な話、誰にでもできることです。

今回も食べるものは美味しかったのですが、もう少し食べたかったですね!

ともあれ、フランスとの交流が活発になることは、私達の出番がふえるということでもあるので喜ばしいことです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーベの東

2018-06-04 09:02:36 | 日記

王子公園の少し東にあるSoweluのカフェに行って来ました。

実は看板犬のわんちゃんがいると聞いて行ったのですが、店はすぐに見つかりました。

店の名前と同じSowelu君がお出迎え。

私はほうれん草生パスタを注文。

なかなかクリームもほうれん草で美味しかったですよ。パンも美味しかったし、コーヒーのオーガニックとかで、なかなかでした。

本当は薬膳カレーなるものを食べてみたかったのですが、スジ肉が入っているというので止めました。”薬膳”という以上、肉は入れないで欲しいですね。

Sowelu君の似顔絵を描きました。

今度はもう少し大きめに描いて、お店に飾ってもらいましょうか。

もう少し近ければ、マンションのペットクラブの会合に使えるんですけどね~。

ランチの後、水道筋商店街を歩き、「あかちゃや」でデザート。

二年半前に一度行ったことのある和風甘味処です。

この辺りでは結構有名なようですよ。

入り口は少し狭いですが、奥には座敷席もあります。

コーヒーぜんざいを頂きました。

懐かしいレトロな柱時計が今も動いています。

水道筋(水道橋とは違いますよ)商店街には昭和を思わせる古い店が沢山あります。

なかなか神戸(三ノ宮)より東へ行くことが少ないのですが、たまたに気分転換にいいですね。

 

 

土曜の夜は久々にトアウェストの「順徳」で食事。

最近は「良友酒家」が多かったので、一年半ぶりぐらいかな?

春巻きと海鮮焼きそばを頂きました。

この海鮮焼きそば、野菜もたっぷりで美味しくてボリュームもあります。

しばし夜のハーバーランドを散策。

夜にこういう散歩ができるのは確かに贅沢ですよね。

考えてみれば、なかなかこういう場所は他にありません。

今は特に夜の散策に心地良い季節です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆虫日記

2018-06-01 11:26:33 | 日記

最近は男性でも虫が苦手、という人が多いようですね。

昔は掴めたけど、今はできないとか。。。私のような昆虫好きには理解しかねます。

まして男で虫が苦手なんて、、、、。ゴキブリのような衛生上に問題のある虫や、ハチやムカデのように毒のあるものはともかく、何が理由で虫嫌いになるのかわかりません。

小さな身体で一生懸命生きている姿は愛らしいと思うのですがね!

ベランダではヤブキリが早くも3匹、成虫になりました。しかもまだ5月ですよ。

メスが一匹とオス二匹ですが、自然界の成虫に比べると一回り小さいような気がします。

これは容器の中なので、その大きさに合わせてしか成長しないせいかも知れません。

とはいえ、自然界にも小さいのはいるので、実際にはよくわかりません。

まだ幼虫も数匹いるので、要観察ですね。

キリギリスはヤブキリよりも少し遅くデビューするため、まだ成虫になるには少し時間がかかりそうです。

 

全くの余談ですが、先週剣道仲間と大阪淀屋橋の近くにあるグリルモリタという老舗らしきレストランへランチに行きました。

割引クーポンがあるということで誘われたのですが、有名な高級フランス料理店だそうです。

平日の昼間でしたので、明らかに仕事していないようなおばさん達がほとんで、男性は他には誰もいませんでしたね。

確かに料理は美味しいです。

前菜は鶏肉の燻製。

カボチャのスープ。

魚料理。

私は肉がダメなので、鶏にしてもらいました。

そしてデザートと、半額クーポンだったようなので、本来ならこれで5000円ということかな?

高級フランス料理のフルコースですから、まあこんなものでしょう。

ただこの種のフランス料理店に共通して言えることは、パンをケチる傾向にあるのか、なかなか出してくれませんね。

一個一個、小さな切れ端を持って来るだけで、催促しないといけないこともよくあります。

この辺りが本場フランスとは決定的に違います。

もっと豪快にパンを出して欲しいものです。

そこへ行くと、東京人形町の「シェ・アンドレ・サクレクール」は大したものです!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加