今さらながら、中国産って危ない

これも久々、暴動。

まず続き物です。確か当ブログでは扱っていなかったと思い過去ログを見てみると、やはりスルーしていたので簡単に経緯を。

浙江省長興県にある浙江天能電池有限公司が、20年に渡って付近の環境を汚染し、200人の児童の健康を破壊されキレた村人600人が工場を襲撃し工場労働者1000人を人質にとり、工場はあえなく生産停止。村人は当局に改善を要求しました。

梅州の大興炭鉱と同じく、当局は「村民の行動はいささか過激すぎる」と地元の税収を支える企業寄り。話し合いが行われたものの、「国家環境局の基準を満たしている」と強気の姿勢を崩さない企業とどこまで折り合えるのか、というところで続報が途絶えました。(リンク

 工場汚染が衝突の引き金に 村民100名以上が負傷
http://the-sun.orisun.com/channels/news/20050822/20050822020416_0001.html

というところで約2ヶ月たったおととい。二週間にわたった汚染の調査後に企業側は生産を再開。恐らく村側の同意なしか満足な結果を出すことなくの強制再開でしょう。そこで、数百人の村人が工場へ抗議に向かい、工場の閉鎖か移転を求め抗議活動を再開しました。

工場の入り口までたどり着いたところ、完全防備の警備隊1000人超えと衝突し、村人は投擲と棍棒で応戦、警備隊は催涙弾で追い払おうとします。双方から数百人規模の負傷者が出て、一部は拘束されてました。工場は警備員をさらに動員し、守りを固めてるなど、また以前の緊張状態に逆戻り。一部不満を持つ村民が、夜半に地元政府の弁公室を破壊したと言っているそうです。

=====

もう一つ。こちらも環境汚染に耐える河南省のお話。

 汚水の残した遺恨 4年で100人死亡
http://orientaldaily.orisun.com/srch_result/498588_btm.html
 河川汚染で湖北にガン病村現る
http://hk.news.yahoo.com/050820/12/1fs0f.html

河南省襄樊市翟湾村は人口3000人。この村に流れる白河は、「黒河」になっているとは村人の証言です。原因は上流の工場が排出する汚染物質。川には魚などおらず、掘った土も異臭がして、ここ数年は川の水を使わなくなったものの井戸水を飲んでも腹を壊すとか。地下に染み込んでますね。

調査の結果、湖北省疾病コントロールセンターは川の水は当然飲用には使えず、井戸水にフェノールが基準の4,5倍含まれていたことが分かりました。フェノールは染料でしたっけ。

この村では、この4年で109人がガンで亡くなり、ウチ70数名がまだ30代から50代、10軒に1軒の割合でガン患者が存在するというかなり危ない村です。

白河は湖北と河南の両省の問題であるため協議がもたれましたが、具体的な結果は出なかったとなっています。また、河南省新野件環境保全局は「昨年原因となった製紙工場を閉鎖したが、まだ一部の工場が生産を続けている」「法律が弱く、企業の環境汚染を発見しても、すぐにやめさせられない」と話しています。

上流の新野県には汚水処理施設が存在せず、すべて「白河」、いや「黒河」に垂れ流されているとの事。おいおい。

=====

という2つの汚染事件を踏まえて、下の記事をご覧下さい。

 中国産ウナギ カリフォルニア州が全面回収
http://hk.news.yahoo.com/050820/12/1frwu.html

カリフォルニア州が中国から輸入したウナギから発がん性物質のマラカイトグリーンを発見し、回収したというニュースがありました。生産されているのは、福建、江西、安徽。実は私はウナギのその美味さを知らずにこれまで過ごしてきたのですが、食ってみると意外と美味いんですねえ。もちろん、食べたのは国産ですよ。

というわけで、土用の丑の日に中国産を食べたと思われる方はご自愛ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

浙江:工場汚染に外壁破壊

すっかり「今日の暴動ブログ」化してしまいましたが、まあいいか。

http://hk.news.yahoo.com/050719/12/1eof3.html
http://orientaldaily.com.hk/srch_result/490572_btm.html

明報はニューヨークタイムスとAP通信の報道としています。最近米国マスコミの影が農村で散見されますが、暗躍していますねえ。

浙江省新昌県のある村に存在する製薬工場が環境を汚染しているとして17日、15000人の村民が工場へ押し寄せました。

まずは4日、工場の操業停止と移転、そして医療費の負担を要求する村民に応えたのは、工場の保安。ぶん殴られました。さらに押し寄せた数百人の村民に、通報を受けて駆けつけた警察。もちろん衝突です。工場周囲の外壁を壊し、警備員の詰め所を破壊するなど被害が出ました。工場は事態の拡大を防ぐべく、当局の指導に従って操業停止。「農民は中の機械までは壊していかなかったから、被害は小さいよガッハッハ」と、工場側は笑ったとか笑わなかったとか。ともかくまだまだ余裕です。

14日、翌日から操業を再開する事を村民が知り抗議のデモ行進を開始。17日からは15000人がいたるところから工場へ向かい、待ち受けていた機動隊と衝突。一部が暴徒化して機動隊に投石、警察車両もいつものようにひっくり返されました。現在もにらみ合いが続いているようです。

匿名希望の当局者によれば、「そんな大勢でデモしてない。一部の暴徒だ。それも環境破壊に抗議したのではなく、社会の不公平に抗議したのだ」と。機動隊と衝突したのは一部ですが、デモ自体は15000人で間違いないようです。最後の意味がよく分かりませんが。

とは言いつつも2002年に完成する予定だった廃物処理場が3年経った今も未完成なのが、農民の不満を爆発させたのかも、とも話しております。垂れ流しですか。それが農地に…

農薬は洗えば大丈夫ですが、重金属は加熱しようが冷凍しようが残ったまま。製薬工場から流れ出た水で作った作物なんて、どうすれば食えるんでしょう。あ、食わなきゃ良いのか。

これも、雇用を生み出し金払いも良い工場に当局も強く出られず(出る気もなく)、やむなく地元民が実力行使に出たといういつものパターンなんでしょうか。



追記(07/21/08:01):騒動の元となった京新薬業ですが、上場企業のようです。襲撃で影響は無いと強調するため、中国証券サイトに事細かに説明されています。

汚水処理施設建設、節水や原料節約の徹底、二酸化炭素削減など、当社は環境にやさしく、地元還元に全力で取り組んでまーすという内容です。そっかー、新昌県の工場にはたまたま処理施設が無かっただけなのかー。たった3年遅れだもんねー。

まさか。この程度の企業意識だと、取得済みというISO9001もISO14001も金で買ったのでは。企業だけが悪いんじゃないとは思いますが。

=====

ところで、台風5号が福建省に上陸しましたね。このままだと内陸を突っ切るようですが、今年早くも各種災害で1億人弱が被災しているのに、犠牲者がなんと1000人にも達していないようです。本当なら見直しますが、あり得ますかね。黒龍江の洪水だけで200人強も亡くなっているのに。

不謹慎と言えば不謹慎ですが、台風の被害をどれほど抑えられるか。日本に起こる地震を天罰、沖縄は中国の領土とのたまうヤツらが、どういった反応を見せるか注目してみます。台風は昨年も直撃してますが、これは内陸にも向かいそう。温家宝がすでに指示を出していますがどうなりますか。

それにしても、援助の話が出てこないのは不思議。外交部はくれるなら貰う、と言ってたような。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

広東佛山:依然緊張の現場

前回のエントリーでレストランの行為が正反対になるような誤訳をしながら、某さんに指摘されるまで全く気付きませんでした。申し訳ありませんでした。前科者なので二度とやりません、と言っても説得力がありませんが、極力無くして行きますのでご勘弁を。

=====

広東省佛山南海区で続く村民と区政府との対峙ですが、動きがありました。

 佛山村民500名 土地強制収用に抗議継続
http://orientaldaily.com.hk/srch_result/488891_btm.html

11日午後、南海区政府が車両と人員40名を派遣し、工事のための地ならしを強硬に行ったため、それを知った村民500名が作業を阻止しようと現場に駆けつけました。

現場は非常に緊張していたとの事。それもそのはず、現場はヘリコプターが上空から監視を行い、地上は保安と機動隊が警戒するというなかの強制執行。午後10時まで睨み合いは続いたものの、大きな衝突は無かったようです。

もし地元政府が法律と中央の要求に従わずに強行するのなら、我々は徹底的に抵抗するとする村民。対話の場を持って話し合いたいとする当局ですが、今さら感あり。勝手に農地を更地にしておいて何を今さら。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

襲撃が流行りか

もう食傷気味とかいうレベルじゃないです。飽きた、もしくは慣れたと言うべきか。暴動も襲撃も、結局は「官」の横暴が原因で、違いはどっちが最初にキレたかだけなんですね。

定州の悪夢再びとばかりに、湖南省郴州でも武装集団に村民が襲われていました。事件発生は昨年の9月26日ですから、正確にはこっちの方が先なんですが。

http://orientaldaily.com.hk/srch_result/488152_btm.html
http://the-sun.com.hk/channels/news/20050710/20050710022820_0001.html

事件は、当地にあるオフィスビルを新しく建てようとした不動産業者が、一部が村の土地に引っ掛かることを知りながら勝手に売り出し、制止に出た廖炳山・石波潭村委主任をぶん殴ったことが発端でした。補償問題もなにもかもすっ飛ばしたこの対応を数百名の村民が知り、一気にエスカレート。何故か不動産屋が引き連れていた怖い人と衝突しました。

一旦は所持するビルの2階に逃げ込んだ怖い人たちですが、そこから村人に銃口を向け、掃射で約20名が負傷し、内1人が24発くらって重傷です。50セントか。狭い場所での銃撃で助かったのかもしれませんが、爆弾まで所持していたという用意の良さですから、計画的ですね。

さらに事件発生後、地元の宜章県公安は、一旦はその不動産屋を拘留しながらすぐに保釈され、実行犯である怖い人への追求もなしと事件は未解決のまま。「これは庇ってるな」と感づいた村人が何度か陳情に行っても公安の怒りを買うばかりか、陳情を行った廖・村委主任など3名が拘留されました。あ、この人も撃たれています。

有力者+地元公安VS村民

というお決まりの構図ですが、よく一人も死にませんでしたね。死んでようが死んでいまいが事件の本質は変わりませんが、毎度毎度でコメントするのも苦しみます。村民は選挙のボイコットで抵抗するのみ。

「中華民族の偉大な勝利」「東洋における反ファシズムの主戦場」と「世界への平和貢献」アピールに必死ですが、誰からもほめてもらえず、仕方なく過去の偉業を自賛する前に、自国の人民に貢献してみてはいかが。


追記(07/11/16:40):珍しく大陸でも後追いで報道されています。

湖南省郴州 不動産屋が村民に爆弾投げる
http://news.sohu.com/20050710/n226252774.shtml

不動産屋は「たった十数名の我々のところに、300人の村民が猟銃を持ってきた。自分たちで間違って撃ったんだ」など、一切を否定。だからカメラが必要なのです。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

広東でも民が襲撃されました

ニュースを追っている時間が取れません…前回のエントリーから3日、コメント欄でも書きましたが、週2日制になってますね。そんな制度にした覚えはないのに。

休んでいる間にも、中国国内では騒乱が続いています。ここ1ヶ月に発生した暴動をまとめました。

6月11日:河北定州 農地収用に絡み、農民が6人虐殺される
6月20日:甘粛張掖 水源に絡んで農民数十人がが襲撃される
6月25日:江西九江 大学側の「乱収」で学生4000人が暴徒化
6月26日:安徽池州 交通事故の処理を巡り、1万人が暴徒化
6月27日:山東?博 大学でウイグル族と漢族総勢500名が衝突
6月30日:浙江長興 地元工場の環境汚染で農民600人が工員を人質に

太字は当ブログで未紹介です。江西と山東の大学で起こった暴動ですが、香港太陽報経由で、産経が報じています。

江西の件は、大学が学生に何かと名目を付けては小銭をたかり続けた結果、学生がキレたため、慌てた大学側が一部を返還し、生活環境も改善されるとか。現在8人で住んでいる部屋が、6人部屋になったりするんでしょうか。

8人部屋といっても2段ベッド4台に部屋の半分を占領され、何とも住みにくい環境でした。私が見たのは新築間もない寮でしたから清潔感のカケラくらいはありましたけど。

山東の件はウイグル族と漢族がバスケットの試合中に起きたいざこざが原因で、ウイグル族が漢族を襲い、漢族が報復に出て総勢500名での大乱闘に発展し、ついには武装警察が出動して何とか収めたようです。

「中華民族」の幻想を打ち破るにふさわしい事件ですね。種族に分かれて試合をしていますが、仲がいいんですねえ。反撃に出た漢族が「新疆のブタは出て行け!」(新疆豚,滾回去!)と叫んでます。これって「日本人は釣魚島から出て行け!」スローガンと同じですが、つまり漢族はウイグル族をよそ者と見ている証拠でしょう。ウイグル族は漢族と別の宿舎に住んでいるようですし、お世辞にもいい仲とは言えませんです。

ところで、街中ではなく大学内の出来事ですから留学生が見ていたはずですが、留学生の方の目撃談お待ちしてます。

=====

もう暴動や官による襲撃はお腹いっぱいという方、たぶん半永久的に続きます。今度は広東省佛山市南海区三山港鎮で、農地収用に絡んで3日間にわたって流血事件があったようです。ていうか、現在進行形です。

http://the-sun.com.hk/channels/news/20050704/20050704014659_0001_1.html
http://the-sun.com.hk/channels/news/20050704/20050704014659_0001.html

ここは13年前から土地収用で揉めているようです。南海区村委9人の名が空欄になったままの土地徴収予定協議書にサインし、三山港鎮の12平方キロの土地権利書を南海区の国土管理部門所有に移していました。今年初めに当選した村の委員会が契約の違法性を指摘し、3月ごろから村民が土地の守備につきました。

同時に省政府や市政府などへ訴えましたが、回答は全く無し。6月中旬には、今回の徴用には必要な所有者である村民の同意が無いこと、などが書かれた嘆願書を中央にも送ったようです。

そんな村民の抵抗に対し、地元・南海市政府は5月31日、4000人の警官と工作機械をだして農作物と魚の養殖場を破壊、800万元の被害が出ています。ちなみに、夜討ち朝駆けです。村民によれば、あちらさんはクレーン車、消防車、救急車、ブルドーザーなど200台を出動させていたとか。農地は更地にされちゃいました。

当局は村民が事実を外に漏らせないよう通信手段を遮断、妨害電波を出す機材を積んだ車両まで投入。さらに外部に通じる橋などに人員を送り、反抗した村民に対しては「野蛮な方法」を使い外に出さないようにしています。また「工作隊」の一員と名乗る人間が、トラックなど農業用車両や農業施設40万元相当を持ち去り、売りさばいていると証言しています。

6月30日から当局と村民の衝突が始まり、4名が拘束。7月2日、数千の村民がスローガンを掲げ、抗議に向かっていた様子を撮影したエール大学の研究員(アメリカ人。記者という説もあり)が拘束されています。

当日の夜、数千の農民が派出所を包囲し村民と研究員の開放を要求。当局は600名の警官を出動させ、村民を強行的に排除させました。ある女性は警官に胸部を棍棒で殴られ、倒された後に蹴られ、激しく痛めつけられた後に、当局が連れ去ったとか。

ちなみに、アメリカ人研究員は米国領事館が本気を出して釈放させたようです。なんで現地にいたんでしょうか。

当局はすでに村民に強制退去を通知しており、また村民に武器を捨てるよう警告。「政府の土地法は、三山鎮にまでは及ばない」とうそぶいているとか。広東省の規定では土地を収用された者に対して、収入、住居、再就職に不備がないよう求めていますが、そんなものはお構いなし。さすがに見出しが「悪徳官吏」なだけはあります。

現在も数千の警官が当地を包囲しており、一触即発だそうです。未解決の現状に、ある村民は「定州縄油村のように何人か死なないと解決してくれないのか」と言ったとか。ああ、この事件はちゃんと伝わってるんですね。


追記(07/05/14:38):続報です。当地の南海区政府は最後通牒を出しました。今月20日から「正式」に収用を始めるそうです。すでに数十名の私服警官が村の入り口を固め、怪しい人物の出入りをチェックしています。

当地では衝突が発生した2日から少なくとも4度の衝突が起こり、数百人が組織して派出所や区政府に抗議へ向かい、2日に逮捕された村民の釈放を求めていますが、当局からの回答は無いまま抗議活動は継続中です。また、村の指導者には何度も脅迫電話がかかってきているとか。何度も使いましたが、「今、何時代ですか?」
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ