Curse priest

Trigger Happy 出張所。D.Gray-manと青の祓魔師のネタバレ感想と進撃の巨人、アニメ感想を書いてます。

進撃の巨人 24話 「慈悲 ――ストヘス区急襲②――」

2013-09-22 22:02:04 | 進撃の巨人

いよいよ次回でラスト。
オリジナル市街戦が物凄い。
最終回を劇場で見られるのかぁぁ。ひゃほおおおおお!
出来ればこの24話も一緒にやって欲しい。
席がかなり前ですが、目が真っ赤になっても見てやるぜ!!

進撃の巨人 24話 「慈悲 ――ストヘス区急襲②――」

「慈悲」ってタイトルは何処からだろう?
むしろ次回って気もするが、恐らくラストがラストだから仕方ないか。

「私が賭けたのはここからだから!!」

巨人化していくアニの映像がマジ凄い。
いつも光ってよく解んなかったけど、こんな具合なのか。
大型はこうとして、小型は色々生えてきて肉に埋もれるって感じなのかな?
エレン、大型でよかったね(^▽^;)

エレン達を追ってくる巨人の手が怖い((((;゜Д゜))))
巨人の前だと人間はネズミみたいだね。
アニがヤケになって、トンネルをバンバン踏み抜き始めたので、2次作戦も失敗。
巨人の聴力って上がるのかな。
多分、2次作戦の人が叫んだので、その声を目当てに踏んだと思うけど。
エレンは巨人化しちゃえば復活出来るので、アニも容赦なし。

エレンは巨人化しようとするけどダメ。
アニが、104期の仲間が女型という理由が心理的な壁になってしまっている。
拳闘の師匠でもあるしね。
平和だろうと拳闘とかボクシングとか好きな人はいると思うけど、
今後戦っていくなら、エレンはもう少し戦い方を色々学んだ方がいい。
そこら辺も王家に規制されてる可能性はあるけどさ。
訓練兵時代も対人戦は各々勝手に好きになってーって感じで、ロクに教えてなかったし。

エレン向けに武器になるもの(鉄棒とか)を考えないと、手が壊れた、復帰待ち、足壊れた、復帰待ちじゃ
知性巨人が複数になった場合、非常にキツイ。
原作の展開じゃ今後ありえん事じゃないだろ。
人類の資源にそんだけの余力があればいいけどね。

アニメだと変化するアニをちょっと見ちゃったエレンだけど、数日前からアニが女型とは知らされていた。
アルミンの推理だけど、エレンはなかなか納得しない。
アニがマルコの立体起動装置を使ってたと聞かされても表情を鎮めてるジャンとは対照的。
(ジャンはちょっと覚悟してたのか、その前にアルミンに聞いてたのか解らない。
 原作じゃジャンは会議に参加してないし)

エレンは女型と戦った時、アニと解る「型」を見ていた。
だから、動きが止まり、そこでアニに頭を蹴り飛ばされたのだから。

気づいてはいる。
ただ、仲間を信じないと生き残っていけない世界で、仲間を疑うのはとてもキツイ。
エレンは軍隊に入って、すっかり仲間想いになったしね。
いきなり巨人になって、散々化物扱いされたからな。
信じてくれたアルミンやミカサ、その後も仲間として接してくれたジャン達の存在は大きい。
「仲間を守る」というのは「殺意」や「憎悪」に飲まれがちな巨人の本能からエレンの人間性を守ってくれる
重要なファクターなのだ。
だから、一見甘えのように見えてしまう。
仲間への思いを否定してしまうと、エレンの人としての拠り所が薄れてしまうのだ。
だから、エレンは迷わざるを得ない。

だから、ドンドン兵が死んでいくのを見ても、それが無意識の障壁になってしまう。
不甲斐ない旦那を「アニに特別な感情を持ってるから?」とガンガン責めるミカサさん。
ミカサちゃん、目つき怖ッ!!((((;゜Д゜))))
目がうさみちゃんだよ、ミカサちゃん。
巨人よかよっぽど怖い(笑)

しかし、巨人になる為とはいえ、手をガブガブ噛み千切るエレンは凄い。
なれないから余計痛そう。
アニみたいにちょっと指切るだけでなれるんだから、エレンも指輪とか持った方がいいんじゃない?
まぁ、手を噛む方が絵的にかっこええんだけど。

結局なれないし、アニの足も次第に近づいてくるので、作戦を考えたアルミン。
ミカサ達のやり取り聞いてたのに、どんだけ頭が回るんだ、アルミン。
アルミンとミカサがアニの開けた穴から同時に立体起動で飛び出し、アニがどちらかに気を取られた隙に
エレンが巨人化して戦うこと。
それじゃどっちかが殺されると危惧するエレンに、このままじゃ三人とも死ぬと返すアルミン。

「どうしてお前らは戦えるんだ!?」
「仕方ないでしょ、世界は残酷なんだから」

そう返して走り去るミカサ。
世界は残酷。
だが、とても美しい。
その美しさの為に彼らは命を懸けて戦ってる。

原作じゃ「そうだよな」とここで覚悟を決めるエレンだが、アニメはここで大きく分岐。
アニの足の方が速かった。
エレンはアニに踏み潰されてた瓦礫で潰されてしまうΣ(゜口゜;

アルミン達に気を取られて、アニはそれに気づかなかったが、作戦失敗に慌てるアルミン。
アニをエレンに近付けない為にミカサが奮闘してる間に瓦礫を何とかしようとするがとても一人じゃ無理。
いや、普通死ぬわ。長期入院だわ。
巨人でよかったねぇ、エレン。
けど、簡単に死ねないってコワイねぇ((((;゜Д゜))))

とにかくエレンが瀕死になったんで、後で回収できると思ったのか。
アニは街の中心部へ向かう。目指すは市庁舎?
調査兵団のアクロバット戦闘凄い。
しかし、それを物ともしないアニ、強ぇぇ。


巨人の出現に地響きや噴煙が見えるけど、イマイチ状況が掴めないので狼狽えてるだけの憲兵団。
自分達がまだ平和の中にいると思い込んでいる、いや、そう思い込みたいので、現実を受け入れたくないのね。
だから、エルヴィンが何かしたんだろー、王に刃向う反逆だと攻撃の方向をエルヴィンに向け、銃を突きつける。
リヴァイがお前らの脳はスカスカか?と問うが、彼らは頑なに受け付けない。

リヴァイは足を痛めてるので戦えないんだよなぁ。この作戦に参加出来ないのはツライね。
リヴァイ班もエレンと二人きりになってしまったし、妙に饒舌になったり、淋しいんだな、へいちょー(´;ω;`)

ジャンは囮の役は必要なくなったので、すぐに戦闘に合流。
調査兵団の兵士はエルヴィンの命令厳守ではあるが、個々に状況に応じて判断し、戦える。
女型が街で暴れてるのに、ボーっと見てるだけの憲兵団を横目に走る。
資質は憲兵団の方が上の筈なのに、前線にいるといないのではこうも違うのか。
のんびりしやがって。本当はあそこにいる筈だったのに。チクショウと思いつつも、走るジャン。
恐らく、もうジャンは憲兵団に行きたいと思わないだろう。
彼は兵士になったのだから。

本当にいいキャラに成長したね、ジャン。
アニメで最も成長したのはジャンだろう。
エレンがいきなり巨人化しちゃったから仕方ないけど。
3人組とは別に、見事なもう一人の主人公になったなぁ。

アニの事がブレーキになって巨人化できないとアルミンから聞き、
「以前、お前に言ったよな。
 俺達の命を、世界を、お前なんかに託さないといけない見返りがこれかよ!
 マルコは…マルコはなぁ…」
と、ジャンは涙目でエレンを激しく責める。

会議中はマルコの事を封印してたジャンがここで…(´;ω;`)
うう、泣けるぜ。

だが、女型の攻撃で破片がドンドン飛んでくるのでエレンを置いて、二人は戦闘に参加。
アルミンは一言だけエレンに言い残す。

「何も捨てる事の出来ない人は何も得る事は出来ないだろう」

アニへの未練を断ち切らないと勝てない。
その言葉に聞き入るエレン。
アルミンの言葉はいつもこの世界を動かす。
そして、アルミンはアニを挑発。

「今度こそ僕を殺さないとダメだよね」

いやぁ、アルミンはホントに肝が太い(^▽^;)
それを聞いて、初めて焦るアニ。
アルミン一人のせいで、アニは翻弄されてる。
戦闘では最強だけど、精神攻撃が効きますね。

彼らの挑発で、ハンジさんの捕獲罠に誘い込む事に成功。
エルヴィンは用意周到だねぇ。二手、三手先を考えておく。
無駄になったら、まぁそれはそれでいいしね。
ハンジさん、ノリノリ。はぁはぁ。
捕まったアニはエロい。
アニから情報を引き摺り出す気満々のハンジ、マッドサイエンティストまんま、こええええ。
仲間の仇でもあるから目が泳ぐほど、楽しそう(^▽^;)

だが、罠が不十分だった為、アニのキックが罠を粉砕し、アニは脱出に成功。
街の中心に向かって一直線。
エレン奪取だけでなく、この街の中枢もついでに壊す気らしい。

さて、アルミンにハッパかけられたエレン。
ようやく朦朧としていた意識を取り戻す。

「わかってる…俺は仲間やその絆に縋って失敗した。
 思い出せッ! 駆逐してやる…いや、殺すッ!!
 正しいかどうか考えてるヒマはない。
 そうだ…世界は残酷なんだッ!!」

エレン、覚醒。
凄まじい巨人化の金色の帆柱と衝撃が天を劈く。
アニの攻撃で傷ついたミカサも、全ての人がもう一体の巨人の出現を知る。
突風で窓ガラスを吹き飛ばしながら、エレンは走る。
女型に向かって、殺意と憤怒を漲らせて。

振り向いた女型にエレンは思い切り拳を放つ。
教会のドームを壊しながら倒れたアニに、エレンは急襲。

そして、最終回へ。

おおおおおおおお、あ、熱いぞおおおおおおおおおお!!!
エレン、へたれですが、こういう演出はやっぱり熱いですね。

覚醒のきっかけが、仲間の絆に縋らず、自分の怒りに任せて、初心に戻るって結論はどーじゃろなーと思うけども。
エレンが最初巨人化した時、調査兵団の下でこの巨人の力を使うのが最も効率的と言ったのが正しいと思うし、
感傷や未練を切り捨てなければ、この世界の現実と戦えないのが正解だろう。

ただ未熟なエレンが巨人化するには、野生に近い原初の怒りや衝動がまだまだ必要なようで、
その為には単純な感情に統一しないと、デリケートな部分を振りほどけないのだろう。

アニは熟練者なので、恐らく巨人化の教師がいただろうが、エレンは何もかも独力で学んでいかねばならない。
都合よく巨人の力を使えないのは仕方がないので、安定して巨人になれるようになるまでは激情に任せて全力出し切って、
その後は寝込むを繰り返すことになりそうだ。
巨人化中の感情は大分制御できるようになってきたから、兵団との連携は大丈夫だろう。

女型は本当に感情が表に出るようになったね。
こんなに強いのに、人類から狩られる恐怖や怯えが端々に見える。
森の中はあんなに強かったのに、今はたった一人で壁の中で追い込まれてしまったもんな。
しかも薄々罠だと気づいていたのに乗ってしまった。
だから、以前程エレン捕獲に執着してない。
むしろ、逃げ惑ってるような感じがする。
切ないね、アニ。
今度は誰にも助けは呼べないのだ。

ところで、今回何故他の104期生がこの作戦に参加してないかは理由があんだけど、それは最終回で描かれるのかな?

しかし、作画凄かった。
ホントにホントに凄かった!!!
これを映画館で観れるかと思うと感動です。
総集編でも充分見たいなと思う。
やってくんないかなぁ。
原作がある程度進んだら、2期は確定ですよね?
かなり先の話でしょうが、いつまでも待ってるぜ!!


コメント   この記事についてブログを書く
« 「進撃の巨人」第23話 あ... | トップ | Free! 最終回 「遥かなるフ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

進撃の巨人」カテゴリの最新記事