救民のすすめ

政治に今必要な視点は「救民」です
これは大塩事件のときの大塩軍の旗印であり
偉大なる先人へのリスペクトゆえ掲げます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

靖国を分祀をせよという維新の会。自民の見解とは違っています

2019-07-18 17:21:13 | 政治(国政)

毎度の「自称自民支持、けど維新に投票」の皆さまへ今回の記事はお届けしたい。

 

維新の会の橋下元代表や、浅田均・参議院議員など維新が最近靖国神社の分祀をすべきであると声高に訴えています。

 

浅田均・参議院議員

「憲法改正は靖国分祀が前提だ」

 


これは自民党、および安倍総理の見解とは違う考え方です。
自民党は明確に、別の追悼施設を新たに作る考え方には否定的です。

 

 

この浅田参議院の維新マニフェストへの考え方に対し反対の声があがりますが

これを擁護する形で橋下元代表が自身のTwitterで連投します。

 

 

 

 

極めて靖国神社について、戦没者追悼の現状について、不勉強と言わざるを得ません。
詳しく今回指摘していきたく思います。

 

 

●靖国神社は戦後、一民間の宗教法人である

靖国神社はあくまで一民間の宗教法人であり、その信仰に国家が介入するような類のことではありません。

 

小泉政権時代に、民主党の野田議員からの質問があり、このあたりの政府答弁があり大変この問題の参考になるため紹介したく思います。

平成十七年十月十七日提出
「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書 野田佳彦
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm

上記質問に対する政府答弁 内閣総理大臣 小泉純一郎
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b163021.htm

 

靖国神社の行う合祀は、宗教法人である靖国神社の宗教上の事項であるから、政府としては、合祀についていかなる問題があるのかお答えする立場にない
靖国神社に内閣総理大臣が参拝することにいかなる問題があるかとのお尋ねについては、法的な観点から申し上げれば、かねて述べているとおり、
内閣総理大臣の地位にある者であっても、私人の立場で靖国神社に参拝することは憲法との関係で問題を生じることはないと考える。
また、内閣総理大臣の靖国神社への公式参拝(内閣総理大臣が公的な資格で行う靖国神社への参拝をいう。)についても、
国民や遺族の多くが、靖国神社を我が国における戦没者追悼の中心的施設であるとし、靖国神社において国を代表する立場にある者が追悼を行うことを望んでいるという事情を踏まえて、
専ら戦没者の追悼という宗教とは関係のない目的で行うものであり、かつ、その際、追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、
神道儀式によることなく追悼行為としてふさわしい方式によって追悼の意を表することによって、
宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合には、憲法第二十条第三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはないと考える。

 

 

 

●靖国神社には位牌があるわけでも遺骨を祀っているのでもない


神道の思想では「御霊」(みたま)を祀るのであり、遺骨を祀るのではなく、分祀もなにも切り分けるような具体的な「物」があるわけではないのです。
このあたりが分かってないかたが多く、具体的な何かがあって、それを切り分けるようなことを言われることが多いです。

そこにあるのは宗教上の信仰のみであり、そこを民間宗教法人である靖国神社にも、信奉しお参りする個々人にも国家は強要しえない話ではないでしょうか。
つまり「分祀」といっても、そこにあるのは思想のみであり、それを奉じる人々が祀ればそのままで、分祀など思想の強要はできようもない話なのです。
靖国神社側や、参拝者は合祀を良しとしているのでしょうから、そこを心の自由に介入し、思想統制しないかぎり合祀はされ続けます。

 

 

●別の祭祀施設を作るのは自由です


靖国神社が嫌ならば、別に別途祭祀することはそれぞれに自由な信仰であるはずです。
橋下氏や維新の会が靖国神社が気に入らないのであれば、彼らは別の祭祀施設を作ることは自由な話のはずです。既に述べたように靖国神社は一民間の宗教法人なのですから。

そこで靖国神社の信仰にああしろこうしろと介入するのは信教の自由の侵害にもなり、おかしなことであります。
それならばなぜ作らないのですか?

靖国の信仰の好き嫌いは当然みなさんあるでしょう。でしたら何も具体的なモノを祀ってる話ではないのですから別途作ればよいはなしで、この問題を理解できていないのではないでしょうか。

 

 

●東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑の存在を無視


戦没者追悼を考える人々は全国の軍墓地を知らないなどということは無いですし何を根拠に言っているのか分かりません。
皇居のすぐ隣に、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑という国立の戦没者を祭祀する施設はあり、例年国家として戦没者追悼の式典が行われています。
無視しているのか知らないのか、まず、この大前提が抜け落ちています。
むしろ戦没者祭祀の現実を知らないのは維新のみなさんでは?

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
http://www.boen.or.jp/




●A級とかB級とかC級は罪の重さの差ではない


連合国により裁かれた位置づけであるA級戦犯という位置づけですが、よく誤解されがちなのですが、
これは罪の重さの大小でA>B>Cということではないのです。
これはその罪状の種類の差を区分したものです。
極東軍事裁判における区分としては、A項「平和に対する罪」、B項「通例の戦争犯罪」、C項「人道に対する罪」と区分がなされています。
A級だけを区別する理由はなんなのでしょうか?
分かっておっしゃってるならばいいのですが、ここをミスリードしかねない物言いにも見えます。

なお、日本の主権回復後、国内法上は、拘束、受刑期間に亡くなった人々は「公務死」として、逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として定義されることになっていることも付け加えておきます。


 

以上のように、戦没者供養の現実問題を理解浅いままに勇み足を今回維新はしているように思えます。
不勉強なまま、いたずらにこの問題を紛糾させることは国益にかないません。
国際問題にもなりかねず、まともに説明できるだけの現状認識の知識もなく、政争の具にするようなものではありません。
遺族にも大変失礼なことであると思えます。

 

 

 

 

コメント (184)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私が足立康史(大阪9区)を落選させるべきと考える理由

2017-10-21 09:39:07 | 政治(国政)
議会で暴言を繰り返し、注意を受け続ける日本維新の会の衆議院議員・足立康史を国会に送るべき人物ではないと考えている。
結論から言えば、このかたはとにかく全く事実無根、真逆の嘘をしょっちゅう言う。
嘘の検証は広まらないことを知っていて、悪意でそれを意図的にやっているという議員以前に人間として終わっている人物である。





彼は人気取りに「保守しぐさ」をしているだけであって、全く保守政治家ではありません。
民進党叩きをすれば人気が得られると知って、それを得意になってやってるだけで、民進党バッシングすれば「保守でござい」なんてものではなく
彼のような紛い物を保守視する向きにはほとほと呆れる。


JC関係の飲みの場で、自民党関係者も居るのを知らず、取り巻きどもの前で「俺は有権者騙して政治家やっとるんや!ガハハ」と笑って有権者を馬鹿にしていたのを聞いている。
彼は有権者を簡単に釣れるバカとしか思っていない。バカな連中が喜ぶこと言っておれば有権者なんか簡単に釣れると思っている。


そういう彼の人となりを周辺から伝え聞くので、大阪では「足立はアカン」という保守関係者が多いのである。(そもそも国会で民進党叩きパフォーマンスしてるだけで、保守っぽい理念や行動はほとんど実際はしてないが)
よその「保守しぐさ」の人気取りだけしか知らない人らが釣られていることは本当に残念。
本物と紛い物を見抜く目を持って欲しい。



●これまでの代表的な不祥事の数々



事務員へのパワハラ
ペットボトルの水をかけられたり、「小選挙区で落ちたのはお前のせいだ」「あほ、殺すぞ」といった暴言を吐かれたりするパワハラ
「このハゲー!」の豊田議員レベルの話なのだが、みなさん忘れていないか?

残業代未払いを国会で開き直った維新・足立議員を元事務員が提訴したのだけれどパワハラまでやっていたらしい
http://www.union4u.org/blog/topic/残業代未払いを国会で開き直った維新・足立議員を元事務員が提訴したのだけれどパワハラまでやっていたらしい/




事務員への残業代未払い
未払いの残業代など計約2300万円の支払いを求める訴訟を起こされる

国会でこのとき足立はこんなひどい発言をさらに重ねる。


維新の党の足立康史衆院議員(比例近畿)は25日の衆院厚生労働委員会で質問に立ち、元私設秘書から未払いの残業代700万円を請求されたことを明かし「払うことはできない。私たち政治家の事務所は、残業代をきっちりと労働基準法に沿って払えるような態勢かと問題提起したい」と述べ、未払いを正当化した。
毎日新聞 2015年03月25日




足立氏は「私は24時間365日仕事をする。そういう中、秘書だけ法に沿って残業代を支払うことはできない」と持論を展開。元秘書からの請求に対しては「ふざけるなと思う」と強弁した。
毎日新聞 2015年03月25日



維新・足立衆院議員の残業代不払い宣言が痛すぎてヤバイ
http://www.union4u.org/blog/topic/維新・足立衆院議員の残業代不払い宣言が痛すぎてヤバイ/



足立康史・衆院議員、元秘書から残業代700万円支払い求められ「ふざけるな」(発言要旨)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/26/adahi-yasushi-zangyodai_n_6952478.html



この件は結局こうなりました。実質敗訴です
http://www.union4u.org/blog/topic/国会で残業代不払い宣言した維新・足立議員が裁判で謝罪させられた/



議会での不祥事連発。委員会を無断欠席など。

議会から厳重注意や懲罰動議を出されるなどしてきている。

史上最低の暴言議員・足立康史の悪行
https://matome.naver.jp/odai/2147964537237438101




政治とカネの問題
文書通信交通滞在費を議員宿舎「(月額)10万2298円」の出費などに充てたり
本来個人で払うべきなのに、政治資金から青年会議所会費(14万2500円)を支払いなど、目的外使用が発覚


公職選挙法違反
金を払ってたとして買収で3人が逮捕。











●デマを平気で言う倫理観の欠如した人間性


彼のデマについては過去当サイトでも取り上げた、彼が取り仕切った茨木市議選での、維新がやったデマ選挙、有権者馬鹿にした選挙を思い出そう。


維新の木本市長が、身内に徴税で便宜を図り、百条委員会開かれ刑事告訴などの事態になり、再選断念。
そんななかでの市議選であった。


しかし市議の新人候補者に「きもと」名の人間が。
なんと市長の甥であるという

身内への便宜と言う汚職が争点となっていた選挙で、市長の身内を立候補させるこの馬鹿にしよう。

維新会派は木本市長の百条委員会や刑事告訴に妨害し続けた。それ自体馬鹿にした行いであるが、そのうえ市長身内の出馬。






そしてこのとき足立が取り仕切り街頭でもビラでもやりまくったデマが「自民と共産が共闘」というレッテル。
維新市長の汚職批判に、自民も共産もあるか!って話である。

またその理由が酷い
「自民の発行物と共産の発行物がともに木本市長批判の内容。共にピンクである」

まず、汚職市長批判は擁護し隠蔽を図る維新がおかしいのであって、市長批判などどの党であれ当然だ!
またチラシがピンクもいちゃもんが過ぎる。自民にチラシはフルカラー印刷。共産のそれは淡色印刷のもの。
自民のチラシの見出し部分に一部ピンクのインクが使われていることと、ピンクインクの淡色印刷の共産のチラシを一緒だと言ってるのである。馬鹿じゃん。



そして、足立の嘘体質の真骨頂が、この維新の発行物(パネルにして街頭でも頻繁に使用)にある「公開の百条委員会を求めた維新と、秘密会に拘った自共!」という酷いデマ。
維新は百条委員会を公開にして情報公開を求めたが、自民と共産が秘密会にしろ!と隠蔽を図ったというのである。


しかしこれは真逆。
地方自治法の規制により、公開では今件の根幹である徴税情報を開示できないとなって、真相究明のためにこそ秘密会での百条委員会開催が必要な場面だったのである。
公開の百条委員会こそ、木本市長親族の徴税情報という、汚職の根幹を隠蔽できるのである。維新はこの隠ぺいを求めた側なのだ。
逆に自民や共産などの他の会派こそが、汚職事件の真相究明を求めた側なのである。




これを延々やり続けた。
完全に大嘘で、相手を嘘で貶めるレッテル選挙が行われたのだ。



過去記事を参照されたい

茨木市議選でまたデマ拡散で選挙をする大阪維新
http://blog.goo.ne.jp/akira45/e/9ba9702eeaf75fe2e957847697859927



余談であるが、この市議選では、元共産党市議が維新公認で出馬当選している。

このかたは不倫で共産党をクビになったかたであり、それまで足立はこのかたに対し「隠れ共産党!」とバッシングしてきたのである。
にも拘らず、立候補させ、維新として応援しているのである。


彼の言う反共だのなんだのってのが、単なる選挙目当てのパフォーマンスであることが分かる。


https://twitter.com/haradaryo_net/status/818777351848751106



元共産党を揶揄し、隠れ維新だ!とバッシングしていたではないか。
なのにそんな足立曰く、政党偽装して有権者騙そうとするような人間を足立は立候補させるわけであり、そこにポリシーなんてない。












彼の大嘘はいくつも事例がある。
Twitterにおいて、元維新の上西小百合との間で、足立と森友学園の籠池家との近い関係を指摘され、論争。
足立は、籠池の次男を事務所スタッフに請うて雇ったと籠池次男から明かされている。
なのに、足立はこのとき上西小百合に対し「全く籠池を知らない」と言い放ち
Twitterの足立信者の人達は「足立さんさすが!上西はデマを言うな!と留飲を下げた。

ところが、この数日後、足立はテレビ番組に出演。その際「籠池のことは実は知っている。つい知らないと言ってしまった」という趣旨を述べている。
つまり、さすが元維新の当時インサイダーであり、上西の言っていることこそ事実で、足立は見え透いた嘘を付いたのである。

しかしそんなことまで追ってる人間はそうは多くなく、「足立が上西のデマを否定した」」という真逆の構図の認識で終わっているだろう。
そうやって嘘で足立はファンを集めてきた極めて悪質な政治屋なのだ。



上西とのあいだでは、電話してこいという話になって上西は電話したと言うが、足立は電話は入ってないと完全否定。
上西が狂言ということにされてしまった。
しかし足立のこれまでの行動を知ってる側としては、足立がまた嘘ついて逃げおったな…としか思えません。
上西との直接討論の機会を避けたのでありましょう。




似たような事例は、原田りょう大阪府議とのバトルでも見られる。


上記の元共産党を維新として公認し出馬させたとき、原田りょう府議から指摘されバトルになったが
その際に、原田府議に対し自民の原田けんじ衆議院議員から足立とのバトルについて「注意したが言うことを聞かない」とあたかも原田りょう府議と原田けんじ衆院議員が仲たがいし、足立側の言を言ってるいるかのようなツイート。

しかし原田りょう府議からは「本日も会っていたが、(足立とのバトルについて)一言も言われていない。逆に足立への苦情だけしか聞いていない」と返される。

https://twitter.com/haradaryo_net/status/819215503692427264



どちらかが大嘘を付いていることになるが、これまでの行状から察するに、足立がまーた真逆の嘘を言って、相手を貶め、足立ファンのフォロワーを誤認させようとしているのであろう
。原田けんじ議員が、原田りょうより、他党のライバルである足立なんかに付いて肩持つわけないだろ、とちょっと考えれば分かる嘘でも、こうまで堂々言うと、まさかそこまでの悪党が議員してるとは思わないので、信じる人間もいるのです。







先月の堺の選挙でも足立のデマは炸裂した。


保守も保守、ド保守のホンモノ、西村眞悟氏に「共産党と共闘している」とレッテルを貼りだしたのである。
この府議補選で、西村氏の子息の西村ひかる氏が自民党・日本のこころ推薦で出馬していた。

しかし、対立候補として、民進党と共産が推す、後給すずな氏が出馬しており、完全に対立候補の関係である。
事実に基づかないデマであり、非常に悪質。


西村眞悟氏の維新評などを語っていただいたインタビューを見れば、本物の保守とはなんぞや?足立なんてのが紛いものであることは賢明なかたには理解できることだろう。
足立のそれはただの「保守しぐさ」である。票にそちらがなると見ればリベラルしぐさでもなんでもしうる。所詮有権者なんて騙してなんぼが彼、足立康史です。

【堺市長選&補選2017】西村眞悟独占インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=3DolezHkrR8




●足立の嘘つき体質は橋下本をマネての意図的なものか



この足立のデマ体質は何か?と考えると、橋下のタレント時代に書いた著書の議論術を、ただのエンタメ本なのに、大真面目に実行している可能性が考えられる。


「私は、交渉の過程で〝うそ〟も含めた言い訳が必要になる場合もあると考えている。自身のミスから窮地に陥ってしまった状況では特にそうだ。正直に自分の過ちを認めたところで、何のプラスにもならない」 
橋下徹・著『図説 心理戦で絶対負けない交渉術』


「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。…自分の権力欲、名誉欲を達成する手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなければならないわけよ」「ウソをつけない奴は政治家と弁護士にはなれないよ! ウソつきは政治家と弁護士の始まりなのっ!」
橋下徹・著『まっとう勝負』
https://twitter.com/ishincheck/status/822790007576367104



橋下信者の足立は、橋下の劣化クローンを自身ではやっているつもりなのである。
だから意図的に平然と事実と180度異なる大嘘を平気で連発する。(橋下徹はそんなことはしない。もっとうまくやる)
そしてそれがバレても橋下本の教えに基づき、訂正はせず、嘘をゴリ押し&話をわやにして押し通して、フォロワーを騙して通す。


こういう人間のやる「保守っぽい発言」を信じるほうも信じるほうで、彼は議席のためには嘘を平気でやることが、(橋下の教え的に)正しい行いと信じてやってるのだ。
いくらでも口先で言いますし、本物を見抜く見識は保守を自認する各人は持っていただきたい。


言葉ではなく実際に成してきた行動が本質を示すとは先の西村眞悟氏がインタビューで述べた言で、本質を突いている。
詐欺師ほど言葉を語らせたらうまいこと言うのだ。そのうわっつらの言葉でなく本質を見抜かねばならない。

足立康史はこの点において「紛いもの」である。
みんなの党くずれの橋下信者の詐欺師である。保守を人気取りに使ってるだけの輩である。





有権者のみなさま、保守を自認する皆様にお願い


今回の衆院選、自民・原田賢治氏を落選させ、足立康史を選挙区で当選させるようでは、該当地域の保守層のみなさんは全国に恥をさらすことになります。
いいかげんメッキははがれているはずです。
当選させてはいけない議員です。保守以前に、代議士をやっていい人種ではない。

該当選挙区(大阪9区)の有権者に、足立康史の真実を知るきっかけとなって欲しいと、今回まとめさせていただいた。
賢明な選択をお願いしたい。いいかげんフェイク保守に終わりをもたらしましょう。




コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

原爆投下について、日本はアメリカに謝罪要求をすべきである

2016-05-27 17:39:22 | 政治(国政)
オバマがアメリカの大統領として初の広島訪問というので話題ですが、日本側は謝罪を求めないとかそういう話になっている。
しかし筋論から言えば、これは謝罪求めねばならないことであると考える。
もちろん外交関係もあるし、一里塚としては大変意義あることであろうし、政府としての今回の対応としては理解するのであるが、ここで日本は原爆投下についてアメリカに謝罪を求めないというのは全く別の話であるのは、「ためはためでも日本のため」の価値観を持つ正しい保守の立場としては理解していただきたいと思う。

今回、オバマに対して、左派筋なんかは謝罪求めてデモとかしそうですが、右翼系はやらないのだろうか?
俺はやるべきものだと思います。


アメリカは東京裁判において、「人道に対する罪」なる概念を事後法的に持ち出し一方的に裁いたのであるが
広島長崎への原爆投下は、まさに「人道に対する罪」に他ならない。(大都市への焼夷弾大量爆撃による市街地焦土化作戦もね)
アメリカが原爆投下に触れることを嫌うのは、まさにこの欺瞞が明らかになるからである。
「人道に対する罪」でトルーマンは戦犯になっていなければならないのである。日本だけを一方的に悪者とする論理矛盾が露呈してしまう。


ゆえに、左派がアメリカ批判するだけでなく、保守こそが批判すべきであり、聞き分けいいようでは困る。
保守こそがアメリカに「謝罪せよ!これこそ人道に対する罪ではないか!」と断罪せねばならない。
それが「ためはためでも日本のため」ということであり、昨今保守と媚米を区別できないペラい保守が増えているが、
おかしいもんはおかしい!と日本の立場をきちんとアメリカ批判して述べる必要がある。


今回米国に対する「謝罪せよ!」みたいなデモが起こらないことは、アメリカを勘違いさせる。よろしくない。
米大使館囲んでデモやればいいんじゃないかと思う。保守こそが。

ほんとは安倍総理が「これ人道に対する罪ちゃうの?」と言えばいいんだけど、TPPの変節見ても分かるけど、アメポチが過ぎる安倍政権ではそれは無理であろう。
だからこそ、保守系民間団体などが聞き分けのいいことをやっているようではいけないと思うのである。
日本国民の怒りを表明しておくことこそがのちに繋がると思う。
聞きわけよくなんでもかんでもニコニコしてたらアメリカなんてズケズケ来るんだから、きちんと主張できうることはやっとかないとダメです。それが外交というもの。
各国メディア集まってるんだから、東京裁判の欺瞞モロのこの原爆投下について論理的に示せば、国際世論の日本悪玉論を是正しうるし、それは国連における敵国条項撤廃の動きにも寄与するであろうし、格好の機会を逃している。

この観点においては、反原爆の左派筋も、東京裁判批判の保守筋も、「ためはためでも日本のため」の観点で、アメリカへの怒りの表明で共闘できうるように思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

民主党代表選で海江田氏が選出される異常性

2012-12-27 08:34:24 | 政治(国政)
2012年衆院選の大敗を受けての民主党の代表選挙ですが…
海江田さん(鳩山グループ)が支持集めて圧勝してしまう民主党の異常性を感じずにはおれません。

だって小選挙区で彼は落選、比例復活ですよ?
つまり、有権者からNOと烙印押された人物。それを代表に選出しようっていうのだから、いかに国民の声無視かというはなしです。
どこが「民主」なんでしょう?

小選挙区で勝ってきた、衆議院議員ってのが最低条件というのが常識的感覚です。
海江田さんというのはさすがに無いわ…


なにやら民主党内に残る小沢・鳩山の残党が力取り戻してるようですが、今回の選挙で小選挙区で勝って戻ってきた多くは野田執行部の側で、
小沢の未来の「誰も入れてないやん!」みたいな得票数ばかりの現状を見れば、国民に支持されてるのがどういう側か分からないのかな。
民主党を再生させて、生き残らせようとするなら、おかしな売国系を排除して、保守寄りの側で再生すべきかと。
外国人参政権だ人権擁護法案だと、おかしな政策ゴリ押ししてる筋が選択的に落ちているかんがあり、
完全に国民の声を見誤っている。

野田前総理の電撃解散のおかげで、維新グループの選挙区調整が間に合わず、潰すことに成功、かろうじで腐っても野党第一党を死守したのであって
輿石幹事長にしきられて来年までずるずるいってたら、もっと惨敗してたと思います。
ここで「負けたのは野田のせいだ!鳩山小沢筋になれば勝てた!」という発想になるあたりが病気です。



----
ちなみに海江田氏。
2011年10月29日赤旗で、
パチンコチェーンストア協会から、分かっているだけで2005年以降パチンコ業界から220万円政治献金を受けている事実を報じられています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-29/2011102901_04_1.html

で。



経済産業省海江田大臣 節電対象690業界団体から、パチンコだけを外す
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/2210403/
>3月16日、民主党の経済産業省海江田大臣は、「省エネルギーに向けた協力依頼」節電要請を690の業界団体に行った。
>しかし、この中でパチンコ団体の13団体を外していたことが明らかになった。
>要請を受けたほとんどの団体は、本業のビジネスを犠牲にして節電に協力しているのに、
>パチンコ店はフル営業を続けている。「娯楽施設がなぜ優遇されるのか」と民主党の対応に批判が高まっている。
>海江田経産大臣はパチンコチェーンストア協会の政治アドバイザーを務めており、また民主党は政治資金を「パチンコ協会、消費者金融などから貰っている」
>節電対象からパチンコ団体を外したと批判の声が上がっている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

共産党の志位さん

2004-07-30 14:48:03 | 政治(国政)
志位さんは実は凄く切れる。
ごっつい政策通で詳しいし有能な人間。
小泉政権の年金改革で野党が質問攻撃責めしてたが
実は一番理屈でビシっと完璧に論破して、対案もばっちり出せていたのは
志位さんであった。

しかしマスコミ的、愚民的には民主党の口汚く罵ったり、揚げ足取るようなやりとりのほうを
見事に小泉さんをやりこめた!っつーことになるようで
管さんを持ち上げまくりで、さっぱり志位さんは取り上げられず。
でも国会中継をちゃんと見てた人なら、実は語り口がなんかおっとりしてるからあれだが(たぶんいい人なんだろう)、
志位さんが一番キレル男だというのは分かったはずだ。

管さんと小泉さんのやりとりは、口喧嘩でどうこうで、アレを持ち上げるのは…
口喧嘩の天才の小泉さんは、あれ利いてないでしょう。
いつも答えに窮してたのは、数字や資料を用いて理屈でやってくる志位さんでした。けど悲しいかな、語り口が「優しい」。印象で損してます。

人がいいのかなんなのか。インパクト薄いよなあ。
一般ウケしないよねえ。

あとおもろかったのが、安倍晋三が自民の幹事長になって
若手の大抜擢!世代交代!みたいに騒いでたとき
志位さんが「僕も同い年なんです!ともにがんばりましょう!」と言って
記者全員驚愕したという事件だな笑

うーんおいしいキャラだ
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする