水彩画は楽しい!!

趣味で描く水彩画などを公開
IKUO MOCHIGI

「 オペラハウスとレストラン 」

2018年06月27日 08時58分26秒 | 水彩画
ヴェネツィアを中心に北イタリアの都市13日間のスケッチ旅からスケッチや写真をもとに描き始めた。

<2日目> 

運河でスケッチした後、フェニーチェ歌劇場までぶらぶら歩いてみた。すぐ前に目に鮮やかなカラーの外壁で広いオープンテラスを持ったレストラン・テアトロ(Riatorante Al Theatro)があり、スタッフの呼び込みに誘われるままオープンテラスで昼食することにした。そんなレストランを歌劇場前から1枚描いてみた。


#2018044
北イタリア スケッチ旅 16 「 オペラハウスとレストラン 」ヴェネツィア
North Italy sketch travel 16 " Restaurants in front of the opera house " Venezia
透明水彩(watercolor on paper)VIFART紙 F4


鉛筆で下描き後、空から着色を始めた


全体の建物を陰影に気をつけファーストウォッシュ後、路面を着彩


更に建物を描きこみ、手前と右奥(ここでランチ)のテラス風景を描きこんだ


右の建物と街灯・路面の表情を描きこみ、細部と陰影をチェックして完成






コメント

「 小運河 1 」

2018年06月26日 09時10分51秒 | 水彩画
ヴェネツィアを中心に北イタリアの都市13日間のスケッチ旅からスケッチや写真をもとに描き始めた。

<2日目> 

溜息の橋の後、サンマルコ広場から「ヘミングウェイの散歩道」を抜けてフェニーチ歌劇場近くの運河でスケッチタイム。小運河に架かる個人向けのような小さな石橋の上から1枚描いてみた。



#2018043
北イタリア スケッチ旅 15 「 小運河 1 」ヴェネツィア
North Italy sketch travel 15 " Small canal 1 " Venezia
透明水彩(watercolor on paper)FABRIANO紙 SM


鉛筆で下描き後、運河水面を着色


全体をその部位の基本色でファーストウォッシュ、そして窓や水面の映り込みなどを着色


運河の両サイドの建物と水面の映り込みを描きこむ


ゴンドラを描きこみ、全体に細かい部分を修整して完成



コメント

「 溜息橋の運河 「

2018年06月25日 10時37分35秒 | 水彩画
ヴェネツィアを中心に北イタリアの都市13日間のスケッチ旅からスケッチや写真をもとに描き始めた。

<2日目> 

ため息橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色であった。独房に入れられる前に窓の外からヴェネツィアの美しい景色を見られるのは最後であるというので囚人がため息をつくというところからその名がついたようだ。

ドゥカーレ宮殿のそばで海側のバリア橋(Ponte.Paglia)がため息橋を眺めるスポットだが、橋の周囲は保存のための工事で下の写真の有様、以前に行った時撮った写真を参考に1枚描いてみた



#2018042
北イタリア スケッチ旅 14 「 溜息橋の運河 」ヴェネツィア
North Italy sketch travel 14 " The Bridge Of Sigh " Venezia
透明水彩(watercolor on paper)ARCHES紙 F8変形

保存工事中の溜息の橋


鉛筆で下描き後、空と運河を着色


両サイド(左:ドゥカーレ宮殿、右:古い牢獄)の建物と遠景の橋を描きこむ


囚人が左から右へ渡る溜息の橋を描きこむ


運河の水面と杭・係留中のボート・ゴンドラを描きこんで完成






コメント

「 リアルトのゴンドリエーレ 」

2018年06月23日 12時15分16秒 | 水彩画
「 リアルトのゴンドリエーレ 」
 2015年 水彩 Montval CANSON紙 300g/㎡ F6

右手の建物は「カメルレンギ(財政監理官)の館」、1528年に完成した3階建ての建物で財政を司る諸委員会と牢獄があったようです。この建物にも地盤が柔らかいベネチアではよくみられる外壁の窓を多くして建築物の重量を軽減する工夫がみられます。アクア・アルタ(高潮)の時には建物の土台のようにみえる部分も海水につかるようです。再掲


鉛筆での下描き後、全体にその光景の基本色で着色。


背景の建物とリアルト橋を着色し仕上げた。


背景の建物を水洗いして少し薄く、リアルト橋の上のアーチ型支柱を少し太めに修整。そして右側石造りの屋敷と、運河の水面、ゴンドラの人々を着色し完成
コメント

「 昼下がりのビーチ 」

2018年06月21日 10時09分11秒 | 水彩画
2年前の作品。
絵の仲間5人で取材に行った沖縄から、宿泊した三ツ星ホテル(沖縄国際海洋博覧会に合わせ1975年にオープンした沖縄県では老舗のリゾートホテル)の白砂プライベイトビーチを横目に描いてみた。三ツ星と言っても航空費・レンタカー・朝夕食事付がセットの格安旅である。再掲


「 昼下がりのビーチ 」- 沖縄
" Afternoon of the beach " - Okinawa , Japan
透明水彩 DALER ROWNEY紙 300g/㎡ F-4
watercolor on paper 30cm×23cm


鉛筆で下描きの後、ヤシの葉をマスキング。そして空・海・建物・グリーンの順に着色。


空と海の識別がないので海の色をターコイズブルー系で重ね塗り。ヤシの葉のマスキングを剥がし着色。そして花壇のグリーンを塗り、テラスのパラソルや床・家具を着色し最後に陰影をつけてた。全体のディテールな部分を修整し完成とした。
コメント