蝶よはなこの日記

花が好き蝶を追っかけ そのひぐらしの日記です。

早いもので もう十二月

2018-12-02 20:35:49 | 日記

 

ハナミズキの紅葉 赤い実は野鳥の好物 花芽もつけています


ドウダンツツジの紅葉




ワサビ菜の苗 初めて育てています・・・生でサラダ 茹でて胡麻和え等 楽しみです 早く大きくなーれ

久しぶりの更新です
赤十字病院の人間ドックでした。昨年血糖値が高めだったので糖分制限などをして一年 今年の結果が心配でした。
結果は基準値内で 嬉しいことでした。

コメント (14)

秋祭り

2018-10-24 19:50:29 | 日記

日曜日は晴天 町内会の秋祭り


こどもみこしです 右上の親子 法被を着てねじり鉢巻き お父さんに抱っこで参加


太鼓を引く 叩く 押すこども・・・それを見守るお母さん


町内で最大の交差点で三台のこどもみこしが合流しました。


町内を巡回したみこしは公園に集まり 無事巡回終了 こども達が祭りを盛り上げました。
公園にはテントの出店・・・花苗や柿等を買い求めました。

広島は平野が少ないので 周囲の山を切り開いて住宅団地を造成してきた歴史があります。
はなこの住む団地も小高い山の上の造成地 町内会会報によると世帯数は現在533世帯
最近子育て中の若い世帯が増えてきたことをおみこし巡回を見ながら 嬉しく思いました。

コメント (12)

シュウメイギクが咲きました

2018-10-13 14:03:35 | 日記






後姿も見てください

シュウメイギク(秋明菊)白花です。桃色もありましたがいつの間にか消えてしまいました。
今年は背丈がグングン伸びて120㎝ほどになり 風に揺れる姿に秋の深まりを感じています。 

コメント (9)

花と蝶

2018-09-25 17:45:25 | 日記


お天気に誘われて 安芸の小富士が見える散歩道へ

満開のコスモスと安芸の小富士


ランタナとアゲハ蝶・・・銀色の糸は蜘蛛の糸でした


わが家にも蝶が来て喜んでいたら 柚子の木に 青虫が


プランターで九条葱・・・早速納豆に刻み葱 これ美味しいの!

今日9月25日は仲秋の名月と広島カープがリーグ優勝を決める日・・・になって欲しい 神様お願い!

コメント (16)

沖縄スズメウリの赤い実

2018-08-26 14:30:06 | 日記

沖縄スズメウリは元気です




実の色は青→黄色→赤へ 順調に成熟すればもっと鮮やかな赤になるそうで 楽しみです
  

ポーチャラカ


今年初めて植えた日日草 暑さに強い花です

今日も朝から暑い!

庭の花も暑さに悲鳴をあげています
鉢植えは木陰に移動したり
去年まで水遣りは夕方一回でしたが 
今年は二回の水遣りで暑さを凌いでいますが多くが枯れてしまい可哀想なことをしました。

家の中にいても エアコンが故障したのかと思うほどです。涼しい秋風を待ってます。

コメント (12)

一級河川太田川 高潮対策

2018-08-06 19:00:35 | 日記

太田川河川敷公園

 
夏の雲

蝉の声


公園の木にテープと赤や緑の札が・・・



アキニレは伐採



ヤマツバキは移植


太田川河川敷公園は私の散歩道 
春の桜・銀杏は若葉の頃から枯葉の落葉まで・モクレンの冬姿も素敵で四季折々に楽しみな公園です。
ポスターによると「7月中旬より高潮対策工事を行います」との予告でしたが未だ工事は始まっていません。

その間 ここ広島は豪雨に見舞われました7月6日~8日「西日本豪雨災害」です。
幸い 太田川は無事でしたが坂町では川が氾濫しました。町を流れる小川が突然氾濫する時代になったのですネ

コメント (12)

沖縄スズメウリ

2018-07-07 13:57:53 | 日記




沖縄スズメウリの雄花が咲いた


雌花の蕾(7月4日撮影)



生まれて三日目の赤ちゃん 緑地に白い縞模様(撮影7月7日)

沖縄スズメウリが元気に育っています
花が咲き始めて 毎日咲くのは雄花ばかり 一週間後に やっと雌花が一つ咲き・・・実がなり元気に育っています。

以前グリーンカーテンでゴーヤ等と一緒に沖縄スズメウリを育てたことがありますが 今年は単独でじっくり観察しようと
楽しみにしています。
観察 その①沖縄スズメウリの世界では花の数は ♂10対♀1 ほどの割合

昨日 7月6日広島は大雨ではなこが住む団地にも避難指示がでました。
ご心配をかけましたが庭が水浸しになった程度で済みほっとしています。

コメント (12)

プランターのトマト

2018-06-23 22:17:05 | 日記

プランターのミニトマトです


新聞を取りにでて・・・トマトを見るウフフ 朝の楽しみ


 庭の隅にレンガで築いた菜園の青紫蘇

この紫蘇 葉が大きいの(はがきくらい) 野菜サラダを紫蘇で包んで食しています。
トマトはその場で立ち食い これが美味しいの!

コメント (11)

梅雨の晴れ間

2018-06-14 17:07:47 | 日記

梅雨の晴れ間 河川敷公園を歩きました。


銀杏は今年も青い実をたくさんつけました


タチアオイの花

この地方では昔から タチアオイが下から咲き始めて てっぺんまで咲くと梅雨が明けると言います
写真のタチアオイを見ると梅雨明けが近いのかと・・・迷いますね

二か月のご無沙汰でした。パソコンが仕事の途中で突然画面が消えたり・・・悩ましいことです。

コメント (13)

ハナミズキが風にそよぐ・・・

2018-04-15 15:50:32 | 日記

天気予報は雨でしたが風

ハナミズキが咲いたので 風が止むのを待ってベランダから撮りました




紅花トキワマンサク


リボンのような花がゆらゆらと


チユーチップが咲いて・・・閉じて


毎朝咲いて 夕方5時頃閉じる・・・この咲き方を繰り返しています 残業はしない方針の様子

コメント (16)

萌え出づる春

2018-04-01 15:53:49 | 日記

  石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも(『万葉集』より志貴皇子の歌)


鉢植えの木の芽(朝倉山椒)・・・枯れ木のような状態で冬越しをし心配しました。
新芽が出て10日ほどでこんなに元気萌・萌! 早速葉を摘んで 手のひらで叩いていい香り 
おわんに浮かべて味わいました。


たけのこのようでしょう!三日前に芽を出したギボウシの新芽です。初夏に白い花を咲かせます。


鳴子ランの新芽 茎が50センチほどに伸びて鈴のような花を咲かせます。


シラン 新芽の時期は過ぎて早くも若葉が出始めています。可愛い新芽の時の写真を撮れなくて残念

『萌』は女の子の名前として最近使われるようになったと思っていました。
しかし 万葉の昔から 萌は歌われていたのですネ

岩波の広辞苑で『萌』は第7版に初めて収録されたのだそうです。

以下ネットより引用
2018年には岩波書店の国語事典『広辞苑』第7版にも俗語として収録された。
既に用法も定着し社会に浸透した言葉であるというのが選定理由である

コメント (14)

花屋が移転

2018-03-24 15:51:15 | 日記


JR駅前のビルの屋上で営業している花屋が三月末で閉店し 移転することになりました。
花の育て方を教えてもらったり お祝いの花を友人宅へ届けてもらったり 長年のお付き合いの花の専門店でした。

お店へ立ち寄り話し込んでいるうちに このクリスマスローズを勧められ・・・値段が高いので一瞬ためらいましたが
御餞別のつもりで購入 この時 マーガレットの花苗やパセリなどの野菜苗などをおまけで戴き得をした気分


クリスマスローズ 名前は氷の薔薇


クリスマスローズの株のねもとから新芽が出てきました


色が変わるマーガレット 咲き始めは白でこんな色になりました。(花屋からのおまけです)


わが家で冬越しをしたすみれ(紫式部) 春を告げる花です。

JR駅前の再開発計画でビルを取り壊すのだそうです。なじみの専門店が無くなるのは寂しいことです。 

コメント (10)

木蓮が咲いた

2018-03-14 16:43:37 | 日記

河川敷公園の白木蓮






白木蓮が咲いて 一気に初夏の陽気
ご無沙汰をしていましたが はなこも春眠から目覚めました。

コメント (14)

雪の朝 メジロがやって来た

2018-02-12 13:55:45 | 日記

雪の朝 

ガーデンシクラメンが雪を被ってます


クリスマスホーリーの赤い実


メジロがやって来た

竹串の位置が・・・写真 残念でした

この冬 三度目の雪の朝でした。

雪国の便りでは 今年は30年ぶりの豪雪とか・・・この程度の雪で「寒い! 道路が滑る!」と騒いでいるのが恥ずかしいです。

コメント (14)

縮景園の寒牡丹 2018年

2018-01-18 16:59:51 | 日記


縮景園の寒牡丹の情報 早速 出かけてきました。 

茶室 清風館前の寒牡丹


茶室を左に見て 菰巻きの寒牡丹が並んで お客を迎えます。









 
ここ縮景園では 結婚式の前撮りに出会うことがよくあります。
 
今日は白い綿帽子の花嫁に出会いました。日本庭園の風景の中に溶け込むような 花嫁と寒牡丹・・・日本の美を誇らしく
感じた一日でした。

縮景園の寒牡丹は前回2012.2.7 に初めて出会い あまりの美しさに つれて帰りたいほどと感動しました。
今回が二度目でした。雪が少ない広島ですが先週は雪が降り積もりました。雪の寒牡丹を見たかったのに残念なことをしました。

コメント (10)