蝶よはなこの日記

花が好き蝶を追っかけ そのひぐらしの日記です。

富士山が世界遺産に

2013-06-23 13:27:21 | 日記

おめでとう! 富士山が世界遺産

梅雨の晴れ間の青空 タチアオイの花が咲いて お祝い気分!



わが家のグリーンカーテン 今年の新入生 トケイソウです。


朝咲いて夜には落ちる 一日花・・・はかない命


明日咲くために準備中の蕾です。


プランターのミニトマト 去年は一株 今年は二株で食べきれないほどです。

富士山が世界遺産に新聞の一面記事を見ながら お祝いを!
庭に出て抹茶に羊羹で乾杯!漫画のようなトケイソウが笑っています。 

コメント (16)

佐渡の旅 5 長谷寺のぼたん

2013-06-20 22:09:30 | デジブック


佐渡の金山
1601年佐渡相川で金鉱がみつかり 江戸時代には幕府の金山として金や銀 銅などが掘り出され 平成元年に
閉山」するまで400年の歴史を誇った佐渡金山 国内最大の産出量を誇る金銀山です。


金山跡は当時の採掘の様子を等身大の人形で観光客に見せる仕掛けでした。
薄暗く寒い坑内で人形が動くのを見ていると おばけ屋敷のようで気分が悪くなり 早々に引き揚げました。


佐渡は金・銀・銅の宝の山ですが 赤玉石も出るのです。赤は魔除けになるそうで庭石や床の間の飾り等に
加工販売していました。お値段を見てビックリ・・・貴重品なんですネ 


佐渡北端弾崎灯台と映画「喜びも悲しみも幾年月」の銅像です 
銅像の左脇の装置はボタンを押すと歌が流れてくる装置で 一緒に主題歌を歌い わが青春時代を懐かしく思いました。

喜びも悲しみも幾歳月 木下忠司作詞・作曲
俺ら岬の 灯台守は
妻と二人で 沖行く船の
無事を祈って 灯をかざす
灯をかざす

 映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となったことで知られる弾崎灯台は、大正四年、北海道に向かう貨物船「松島丸」
の海難事故(三十余名の命を失う事故)を期に設置された。
 映画は有沢四郎(佐田啓二)、妻きよ子(高峰秀子)による昭和初期の一灯台守と妻の生き様をつづった名画
原作・脚本・監督は木下恵介。昭和32年松竹映画製作。

 
長谷寺のぼたんです。
長谷寺は807年に創建され 大和の初瀬にある真言宗豊山派の総本山長谷寺について 堂塔伽藍の配置まで
模して築かれた寺とのこと。

今回の旅は参加者が14名で添乗員なしで佐渡へ渡りました。島へ着いてからは「おけさ観光タクシー」の
運転手兼ガイドが3日間 一人で案内してくれました。

私達はカンゾウの花が未だ蕾でがっかりしていましたが ガイドが「長谷寺へ行きましょう ぼたんが見ごろです 拝観料も無料だし・・・」
とタブレット端末の画面を見せながら勧めてくれました。

灯台と長谷寺は予定の観光地には入っていない所で 予定外の「おまけ」の場所でした。 
同行の友人は灯台が一番良かったと言っていました 私は長谷寺です 
グリコのおまけで育ったためか おまけに弱いのです。いいガイドに出会った いい旅でした。
 
デジブックにしたので見てください。
デジブック 『佐渡 長谷寺のぼたん』

 
コメント (12)

佐渡の旅4 流人の島

2013-06-12 21:59:20 | 日記


中世の鎌倉・室町時代には 順徳天皇や僧の日蓮 能役者の世阿弥などが罪人としてこの島に流されました。


真野御陵

順徳天皇御火葬塚 
承久の変で罪人として佐渡へ流された天皇は在島22年 46歳で島の御座所で崩御され真野山で火葬されました。


妙宣寺(日蓮宗)の五重塔
日光東照宮の塔を模した県内唯一の五重塔(国重文)
開基は順徳上皇に供奉した遠藤為盛と伝えられ 流された日蓮に厚くつかえたという。

島には世阿弥をしのぶ能舞台があり 毎年7月の最終日曜日には定例能が催されています。

流人がもたらした貴族文化・商人や船乗りたちが運んだ町人文化・金山の発展で奉行や役人が
江戸から持ち込んだ武家文化などが混然一体となって佐渡文化を形成していると言われています。 

都へ帰る日を待ちながら この島で生涯を終えた流人の足跡をたどる旅でした。

コメント (12)

佐渡3 トキの森公園とカンゾウの花

2013-06-10 22:11:20 | 日記




写真左は佐渡の旅へ出かける前 旅行会社から送られた 「観光マップ『トキのいる島 佐渡』」黄色い花はカンゾウ
写真右は佐渡のホテルの「トキまで2センチ」の情報


この時期にしか見れない100万もの「カンゾウ」の花が咲く 佐渡島最北端「大野亀」へ行ってきました。
カンゾウの花を探しましたがほとんど蕾 今年は開花が2週間ほど遅れているとのことでした。
眼を閉じて100万の黄色い花が一面に咲いたら・・・と想像しました。


トキの森公園です。
平成25年3月30日 トキふれあいプラザがオープン「トキまで2センチ」を合言葉に大型ゲージ内に 
より自然に近い環境で飼育されているトキの生態を間近に観察することができる施設です。


ゲージの中で飼育されているトキ クロトキもいます。




なかなかピントが合いません。

トキのヒナが誕生したとのテレビ報道を見て 佐渡旅行へ応募することを決めました。
今回は飛んでいるトキに会うことは叶いませんでしたが 大空をトキ色の翼を広げて飛んでいるトキを夢にみています。

旅行の疲れの回復に時間がかかり 自分でも驚いています。佐渡の旅未だ続きが残っています 賞味期限がきれそう!

資料をネットから引用:
2003年10月 日本最後のトキ 『キン』が死亡 2013年4月現在日本で飼育されているトキは180羽

現在トキが飼育されている施設
日本の旗 日本(180羽 - 2013年4月)

略年表[編集]

 日本朝鮮半島中国ロシア
1910年代        
1920年代 消息が途絶える      
1930年代 再発見      
1940年代        
1950年代        
1960年代     消息が途絶える 消息が途絶える
1970年代   消息が途絶える    
1980年代 全鳥捕獲   再発見
人工繁殖に成功
 
1990年代 中国から2羽を貰い受ける
人工繁殖に成功
     
2000年代 最後の日本産トキが死亡
佐渡島で放鳥開始
中国から2羽を貰い受ける
人工繁殖に成功
   
2010年代 佐渡島で放鳥トキの繁殖に成功

 

コメント (10)

佐渡の旅2 かぶせ温泉の朝

2013-06-01 22:21:20 | デジブック


旅の初日 朝6時に自宅を出て 佐渡・相川かぶせ温泉のホテルへ着いたのは夕方 日没前17:30 ・・・外国へ行くのかと思うほど遠い所でした。


ホテルの前は日本海・・・早起きをして 朝日が昇るのを待ちました。
すばらしい日の出 はるばる来た甲斐がありました。デジブックにしたので見てください。 

デジブック 『佐渡 鹿伏温泉の朝』

コメント (20)