八面山だより

八面山 神護寺からのお知らせ&日常

御中日

2017-03-21 07:41:25 | 日記
『あーあー。ひぃじい居たら大楽寺のオジイチャンとこに連れてってからー。ご飯食べに行くのにねー。この前ヒイジイーの食感したんよ。甘い香りで居るのわかった~。』

と昨日は母と妹の子供の初節句のお祝いを買いに出掛けた車中での会話です。


『食感でなく感触やろー?ヒイジイ食べんで〰』(笑)


昨日は御中日でヒイジイーの49日でもありました。

『ヒイジイーバイバイー。見守ってね~。と本堂で手をふりなさい』とパパに言われてたのですがー。

寂しいよね。


新たな命も産まれ喜ばしいけど…。ヒイジイー寂しいねえ。


といった感じですね。

ヒイジイーはこの初節句の曾孫には会えませんでしたが…。携帯からはビデオレターを亡くなる前の日に贈ったんですよ(笑)

本当に凄いですよね。

家の両親はとてもとても厳しくて『そんなに怒るなアキがかわいそうや。』とそばに居てくれた祖父。

祖父が居なかったチビッ子には甘甘だったヒイジイー。


先日チビッ子が『小さな子でも悲しいのは覚えてるよ。私はヒイーバアー亡くなったの覚えてるよ』と二歳の時の出来事を話して2才の再従兄弟を気遣ってるのをみて驚きました。


チビッ子は仏壇に手を合わせることがヒイジイーやヒイーバアーに逢える事だとわかってるようです。


最近は会ったことの無いヒイーバアーやヒイジイーの話を聞きたがるんです。


お供えをし祖先について話す事こそが先祖の供養(先祖を大切にすることにつながります。)


『お祖父ちゃんの御姉さんは貧乏で蝋燭を辛抱して夜に線香の明かりで勉強して学校の先生になったんだよ。』

など私が聞いた事を伝えて身近に感じて欲しいですからね。



皆さんは後2日の彼岸期間どう過ごされますか?

面白エピソードはしっかり覚えてるもんですよね。


どのご家庭にも面白エピソードありますよね。


うちは多いのかな?

それを伝えることも楽しいし大切ですよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のお彼岸法要おわりました。 | トップ | 4月20日はおせったい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む