★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

ウォーム・ボディーズ

2014年03月10日 | ★★★+

【WARM BODIES】 2013/09/21公開 アメリカ 98分
監督:ジョナサン・レヴィン
出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ロブ・コードリー、デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、ジョン・マルコヴィッチ

世界の終わりに、恋が襲ってきた。

[Story]
近未来の地球。街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていた。ゾンビの中には完全に感情や思考能力を失い、ひたすら獰猛な“ガイコツ”と呼ばれる種族も跋扈していたが、Rは、今はまだわずかに人間らしい意識を残すゾンビの青年。ある日、仲間のゾンビと食料を求めて人間狩りに出向いたRは、物資調達に来ていた人間たちを発見するが、思いがけず一人の女の子ジュリーに一目惚れしてしまう...
 

人気小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」の映画化。
人間の女の子に恋したゾンビ青年の禁断の恋の行方を描いた青春ゾンビ・ラブコメディ。
監督は『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン。

ゾンビ映画はあまり好んで観る方ではないので地元でも公開してたけどスルーした作品。それになんで、“ゾンビが恋する”んだ??
ゾンビは死んでで、感情がなくて、あるのは食欲だけのはず....などと、そんなに好きじゃないので言える立場ではないのだか.....

おっ、面白かった!!

素直に楽しめました。それに気持ち悪いヴァンパイアと人間との某恋愛映画より、ずっとずっと好感が持てて良かったよー。Rもジュリーも美男美女だったのも宜しいじゃぁありませんか。しかし、最初に喰われたジュリーの彼氏はかわいそうだったね。デイヴ・フランコく~ん残念っ。

ゾンビと言っても古典的なゾンビというものではなくて、どちらかというと何かに感染してゾンビ風になっちゃたみたいな感じでしたね。今風のゾンビの描き方ですな。
人間の脳みそを食べるとその人間の記憶が味わうことができるという....
そして、ゾンビとは別に心臓が動いていれば何でも食べてしまうガイコツたち。これが昔ながらのゾンビっぽい。

Rはジュリーと出会って少しずつ人間らしさを取り戻していくあたりは、ゾンビ病が快方に向かってる感じかな。こんな心優しい?ゾンビでイケメンだったら恋に落ちるかもね~。でも私はヴァンパイアのほうが断然いいけど。

はじめは“あ~”“う~”しか言わなかったのに、カタコトの言葉、だんだんぎこちないけど普通の会話ができるようになっていったので親しみやすくなりした。
Rの親友のおじさんもいい感じだった。

ゾンビ同士の会話に笑えたり、人間がゾンビ歩きすればやりすぎと言われたり、自分の彼氏かゾンビに喰われたのに喰った本人に恋をしたり.....んもーツッコミというより笑うしかない!!
何気にゾンビ版ロミオとジュリエットだったし、、、
もしやRは“Romeo”のR??

そのR役のニコラス・ホルトって誰だっけーと思ったら、『ジャックと天空の巨人』のジャックだった。わりと大作に出てるよね。ジャックよりRのほうが良いな。

ジュリーの父親がジョン・マルコヴィッチで、どうも『RED』のマーヴィンのイメージが強いので、何かしでかしそうと思っちゃうんだよね(汗)。普通の父親でした、、、

愛の力でゾンビの心まで変えられるとは....すごい。

★★★.8

 

ウォーム・ボディーズ [DVD]
ニコラス・ホルト,テリーサ・パーマー,ジョン・マルコヴィッチ,ロブ・コードリー,デイヴ・フランコ
KADOKAWA / 角川書店

 

ウォーム・ボディーズ [Blu-ray]
ニコラス・ホルト,テリーサ・パーマー,ジョン・マルコヴィッチ,ロブ・コードリー,デイヴ・フランコ
KADOKAWA / 角川書店
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL... | トップ | 3.11 »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かった~♪ (kira)
2014-03-10 20:59:57
このポスターの2人みたら、直ぐにスイッチonで、
あのちょっと明るいゾンビ音楽が今でも脳内に流れるわ~
ゾンビのくせに(笑)一生懸命慰めたり、気を引いたり~が、
人間に届いて、その世界を変えるって、
究極のロマンだったねー
yukarin☆ (mig)
2014-03-11 13:08:24
今から検査前。スタバ笑
私はこれ期待しすぎたかなぁ。
ゾンビじゃないだろこれって感じだった

でも面白いシーンもあったねー☆
主演の子二人もハマってたね。
ほどよいゾンビ加減 (ノルウェーまだ~む)
2014-03-11 13:15:01
yukarinさん☆
これ面白かったねー
ゾンビ加減もちょうどいいし(私もあまり観ないので)、ラブコメ加減もグー♪だったわ。
某トワイ・・・よりずっとね♪
そうかー、ロメオのRだったのかもね。
愛はゾンビも純粋・ど・ツボ (q うききっ♪だったね~)
2014-03-11 20:40:45
映画館で (。-∀-) ニヒ♪ ウケちゃってたもん
スポーツカーでソンビの街をかっ飛ばしちゃって
一応はゾンビ物なんだけど
実はそんなこと無いのが残念だったな~
単なる奥手ボーイの恋愛奮闘記・悶々ストーリーだったし
それにしても
「ロミオとジュリエット」のパロディーも
こういう描きにしてある方が 素敵に思えちゃうのは何故か
「50/50」の監督・ジョナサン・レヴィンって
みょーに 納得しちゃった♪
こんばんは! (ヒロ之)
2014-03-11 22:33:04
何時もながらTBが出来なくてすみません^^;
コメントのみで失礼します。

こういうゾンビものもアリでしょうね。
今まで色んなゾンビ映画を観てきましたが、こういったホッコリさせられるロマンス主体のゾンビ映画もたまには新鮮味があって悪くないなと思いました。
グロさもなく、そういうのが苦手な女性の人でも安心して見れる良質な作品でした。
Unknown (Nakaji)
2014-03-11 22:38:54
これすきだわ~面白かったよね。
よっぽどジャックよりかっこよかったよ!この子(笑)

ゾンビものでこういったちょっとひねった、
感じのもの好きだわ~すっごいロマンだわ!!!
kiraさんへ (yukarin)
2014-03-13 12:51:52
たしか観るものが多くて他のを優先しちゃったんだと思います。
そうそうゾンビのくせに(笑)
斬新なゾンビ映画で思いの外楽しめちゃいました!
migさんへ (yukarin)
2014-03-13 12:58:35
検査おつかれさまでしたーって返事おそいよね^^;
ゾンビもの好きなmigさんはどうかなーとおもってたけど...
主演の子たち良かったよね~
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2014-03-14 12:45:38
ゾンビものだからとスルーしたんですが、やはり観てみないとわかりないもんですね~面白かったです。
うんうんゾンビ加減がいい感じ?
某トワイ・・・ね?...(笑)
qちゃんへ (yukarin)
2014-03-14 12:51:13
意外や意外で面白かったわ。
恋愛ものはあまり観ないけどいいんじゃない?って感じだった。
「ロミオとジュリエット」のパロディはうまいなー。
「50/50」も面白かったしね。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2014-03-14 12:53:02
こんにちは♪
テンプレ変えてもダメなんですね...残念。
何がいけないんでしょ...すみません。

なかなか斬新なゾンビ映画でしたよね。
最初はツッコミまくりでしたが途中からどうでもよくなって楽しめてしまいました。
Nakajiさんへ (yukarin)
2014-03-14 12:54:07
うん、ジャックの時はなんとも思わなかったけどゾンビのほうがイケメン(笑)
斬新な設定だよね。こういう恋愛ものは好きだよ。
Unknown (ふじき78)
2014-03-19 02:18:17
一番、気分が上がったのは、プリティー・ウーマン。

あれと、ロッキーのテーマだけは使うだけでどんな映画でも場を一瞬で変えちゃう気がする。
ふじき78さんへ (yukarin)
2014-03-20 23:46:52
プリティー・ウーマンの所は笑ってしまった。
確かにロッキーのテーマは凄いですよね。
かなりテンション上がるし。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-04-02 23:53:53
ゾンビ映画もネタ切れ。「愛が世界を救う」映画もネタ切れ。
でもこの2つを合わせると見事な化学反応が!
こんな可愛らしいラブストーリーは久しぶりでしたよ。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-04-07 22:57:05
こんばんは♪
確かにゾンビ映画も数多く出てますしネタ切れ感もありますね。
最初はありえない!と思いましたが、意外にいいラブストーリーになってました。
こんにちは (maki)
2015-11-08 08:12:53
純粋なゾンビ映画ではなかったですけどね
まあまあ良かったです
一風変わったデートムービーですね
makiさんへ (yukarin)
2015-11-09 14:46:28
こんにちは。
意外に面白かったです。
ゾンビ映画はデートに向かないような気もしますがこれは大丈夫そうですね 笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウォーム・ボディーズ (あーうぃ だにぇっと)
ウォーム・ボディーズ@浅草公会堂
ウォーム・ボディーズ (だらだら無気力ブログ!)
個人的にはヒロインよりもヒロインの友達の方がタイプ。
ウォーム・ボディーズ (to Heart)
世界の終わりに、恋が襲ってきた。 原題 WARM BODIES 製作年度 2013年 上映時間 98分 原作 アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』(小学館刊) 脚本 監督ジョナサン・レヴィン 出演 ニコラス・ホルト/テリーサ・パーマー/ロブ・コードリー/デイ....
ウォーム・ボディーズ (佐藤秀の徒然幻視録)
Rとジュリー 公式サイト。原題:Warm Bodies。アイザック・マリオン原作、ジョナサン・レヴィン監督。ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリ ...
ウォーム・ボディーズ/ WARM BODIES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 全米初登場第1位に輝いた、ゾンビのラブコメ 「50/50 フィフティ・フィフティ」(記事消えちゃった) のジョナサン・レヴィン監督がアイザック・マリオンの同名小説を映画化。 ゾンビ好きとして、楽しみ...
ウォーム・ボディーズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ゾンビが恋をしたら人間に戻った。みたいな
ウォーム・ボディーズ/ニコラス・ホルト (カノンな日々)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が映画化した異色のゾンビ映画。なんとゾンビ化 ...
ウォーム・ボディーズ/ニコラス・ホルト (カノンな日々)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が映画化した異色のゾンビ映画。なんとゾンビ化 ...
ウォーム・ボディーズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を実写化した、異色のゾンビ作。ゾンビと人類が対峙(たいじ)する近未来を舞台に、人間の女性に心惹(ひ)かれてしまったゾンビ青年の恋の行方を追い掛けていく。主人公の恋するゾンビを、『シングルマ...
ウォーム・ボディーズ  ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ 新星ゾンビらぶ!要必観の事! (Said q winning)
お話 食べるつもりで襲った人間の女子に一目ぼれしてしまったゾンビ男子の恋を描く異色のゾンビラブコメディ。謎のウィルスにより人類の半分がゾンビ化した世界 で、生き残った人々は高い壁を築いて武装し、ゾンビから身を守りながら生活していた。廃墟となった空港に暮....
『ウォーム・ボディーズ』 2013年9月3日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォーム・ボディーズ』 を試写会で鑑賞しました。 恋するゾンビ映画という新ジャンル確立 【ストーリー】  ゾンビと人類が戦いを繰り広げる近未来。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、仲間と一緒に食糧である生きた人間を探しに街へと繰り出す。人間の一団と激闘す...
『ウォーム・ボディーズ』 2013年9月3日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォーム・ボディーズ』 を試写会で鑑賞しました。 恋するゾンビ映画という新ジャンル確立 【ストーリー】  ゾンビと人類が戦いを繰り広げる近未来。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、仲間と一緒に食糧である生きた人間を探しに街へと繰り出す。人間の一団と激闘す...
ウォーム・ボディーズ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウォーム・ボディーズ '13:米 ◆原題:WARM BODIES ◆監督:ジョナサン・レビン「50/50 フィフティ・フィフティ」 ◆主演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ロブ・コードリー、デイブ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、ジョン・マルコビ...
ウォーム・ボディーズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ゾンビの視点から描いた純愛映画?(笑)
ウォーム・ボディーズ (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 街にはゾンビがあふれ、生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていた。 ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、食糧を探しに街へと繰り出すと、ショットガンを向けた美少女ジュリー(テリーサ・パーマー)に心を奪われてしまう。 ゾンビの襲...
ウォーム・ボディーズ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。ゾンビ男子(のちにR)は、お腹を満たすためゾンビ仲間と一緒に人間を襲撃に行った先で、人間女子ジュリーに出会い一目惚れ。ゾンビから彼女を守ります。最初は怖がるジュリーでしたが、優しく純粋なRに心を開いていきます。二人の恋が始まった時...
ウォーム・ボディーズ (そーれりぽーと)
毎度毎度、ゾンビなんて死ねばいいのにと思ってる位にゾンビが大嫌いで、正統派のゾンビ映画を観られない私ですが、ゾンビと恋愛というわけのわからん組み合わせだけど面白いという評判を半年前位に聞いて気になってたキワモノ映画『ウォーム・ボディーズ』を観てきました...
『ウォーム・ボディーズ』 (時間の無駄と言わないで)
ヤック、デカルチャー!! そんなある意味で「マクロス」みたいな映画。 ゾンビが人間に一目惚れするまさかの設定のゾンビラブコメ(?)。 設定の斬新さ勝負の出オチ映画かと思いき ...
ショートレビュー「ウォーム・ボディーズ・・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
死体だって、恋はしたい。 なんとも意表を突く、終末世界のロミオとジュリエット。 世に歩く死者を描く映画は数あれど、なるほどこれは色々な意味で新しい。 何しろゾンビの青年“R”が、自らの視点で人間の女性とのラブストーリーをモノローグしてゆくのだ。 舞台...
『ウォーム・ボディーズ』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Warm Bodies 監督・脚本: ジョナサン・レヴィン 出演: ニコラス・ホルト 、テリーサ・パーマー 、ジョン・マルコヴィッチ 観賞劇場: 浅草公会堂 映画『ウォーム・ボディーズ』 公式サイトはこちら。 (2013年9月21日公開) したコメに初参加して...
『あの頃、君を追いかけた』『ウォーム・ボディーズ』をキネカ大森1で観て、ええ組み合わせやわふじき★★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『あの頃、君を追いかけた』 五つ星評価で【★★★★ミシェル・チェン可愛い】 こんなんだよ。 こんな青春映画が観たかったんだよ。 玉木宏みたいなクー・チェンドンはバ ...
『ウォーム・ボディーズ』 (こねたみっくす)
ゾンビが人間の女の子に恋をした純愛ラブストーリー。愛は本当に世界を変えちゃったよ! まさかゾンビが出てくる映画で感涙するとは思いもしませんでした。 どんな理由でそんな奇 ...
ウォーム・ボディーズ (いやいやえん)
【概略】 ある日、襲撃するはずの人間の女の子・ジュリーにひと目惚れしてしまったゾンビ男子・R。次第にジュリーも心を開き始めるが…。 ラブコメディ ゾンビ男子×人間女子のラブストーリーと言う異色のホラー・ラブロマンス。 ニコラス・ホルト君が主人公の...