やおよろずの神々の棲む国でⅡ

〝世界に貢献する誇りある日本″の実現を願いつつ、生きること、ことば、子育て、政治・経済などについて考えつづけます。

【中学歴史教科書8社を比べる】99 ⒁ 「元寇」の描き方の大ちがい <その9:③「神風」、④他の侵攻>

2017年02月22日 | 中学歴史教科書8社を比べる(h28-31年度使用)

③ 「神風」についての描き方 ※言及は3社のみ

【育鵬社】

 

【自由社】

 

【帝国書院】

 

■考察 

 「大風=神風説」が日本中で唱えられたり、積極的に紹介されたりしたのは事実。

 それは、少なくとも、鎌倉時代と、大東亜戦争敗戦直前の昭和18(1943)の国定教科書記載からの半世紀ほどの間。

 

 ※帝国書院の「神国思想」が、はたして《日本の優位思想(=「朝鮮よりも日本のことを高く考える思想」》の原因かどうかは・・・???
 ところで、「高く考える」という日本語表現はおかしく(=こなれていないと)感じるが? いさぎよく、「優位に思う」と書くべきでは? 
 もしかしたら、帝国書院は「朝鮮を差別する思想が・・・」と言いたいのだろうか? 

 

④ 両役以外の蒙古侵攻について ※言及は2社のみ

【帝国書院】

 

【学び】

 

■考察 

・琉球…民族的には日本民族だし、明治以降は日本国。

・樺太・台湾…どちらも昔の一時期は日本国。

 したがって、日本史のなかで言及することはおかしいことではない。

 

※少数民族や、いわゆる「マイノリティ」の描き方については、本シリーズの最後あたりで、通史的に比べる予定。

 「アイヌ」「被差別民」「在日朝鮮人」を予定しているが、「琉球」については【琉球・沖縄の描き方】として、次次回から連載する。

 

~次回、元寇の総まとめ~ 

<全リンク⇒> 元寇(蒙古襲来)<919293949596979899100(この項終り)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中学歴史教科書8社を比べる... | トップ | 【中学歴史教科書8社を比べる... »

コメントを投稿

中学歴史教科書8社を比べる(h28-31年度使用)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。