博客 金烏工房

中国史に関する書籍・映画・テレビ番組の感想などをつれづれに語るブログです。

『かなづかい入門』

2008年08月06日 | 日本史書籍
白石良夫『かなづかい入門 歴史的仮名遣VS現代仮名遣』(平凡社新書、2008年6月)

『かなづかい入門』とありますが、内容的には今なお現代仮名遣より歴史的仮名遣の方が優れていると主張する文化人たちへの批判がかなりの部分を占めているので、タイトルはむしろ主題と副題とが逆の方がしっくりくるような気がします。

本書では全国民の表記の規範としての歴史的仮名遣は歴史が意外と浅く、もともとが明治政府によって政策的につくられたもので、終戦の時点までで100年の歴史すら持っていなかったこと、しかも歴史的仮名遣や、漢字の音読みを示す字音仮名遣は使う側にとって複雑すぎてかなり無理のあるもので、既に明治20年前後に表音式仮名遣いを要求する世論がおこっていたことなどを指摘し、現代仮名遣を毛嫌いし、歴史的仮名遣を称揚する向きに対して批判をしています。

その批判の舌鋒はかなり熱く、私自身ももっともだと思う所が多いのですが、そこまで批判をしなくちゃいけないほど口うるさい歴史的仮名遣愛好家が今の日本にどの位いるものなのかと疑問に思ったり……

更に著者は終盤で古文を現代仮名遣で表記してもいいじゃないかと主張していますが、これは確かにその通りで、中国史の分野でもチョコチョコと漢文の書き下し文を現代仮名遣で表記している論文を見掛けますね。私自身は何となく歴史的仮名遣で表記していますが(^^;)

以下、それ以外で気になった点について。

○南北朝期(ママ)の『徒然草』には係り結びの法則が崩れている箇所があるが、教科書に掲載される際にそれを間違いと見なして正しい用法に修正される。
……ええっ、そうなの!?つーか、そういうことをしちゃっていいの?というのが正直なところ……

○著者は国語の教科書検定に従事してきたが、自分では確信を持っていても、教科書の執筆者が納得しない考え方を無理には押しつけられない。それが教科書検定のシステムであるという。
……教科書検定については、今まで検定する側の意見を一方通行で教科書会社や執筆者に押しつけているようなイメージがあるので、意外でした。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『功夫之王』 | トップ | 北京オリンピック開会式 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いまが大事 (飯香幻)
2008-08-06 23:10:54
なにかと持ち出される皇室典範も、旧版新版合わせても100年位の歴史しかないんだよなあ、てことは置いといて。

「かふ(甲)」「くわう(光)」「こう(功)」とか、古い中国語の漢字音と関係してたりする、て聞いたことあるけどねえ。ま、でも日常生活で正確に使え!となると、大きなお世話以外の何モンでもないわなあ。
Unknown (川魚@景美渓)
2008-08-06 23:32:15
現代仮名遣いには、ちょっとだけ抵抗があって、

「一個づつ食べる」

とか書いてます(^^;

三日月は、「みかづき」ですよね、「みかずき」では堪らん気がします。

因に、海外の日語教育では、「ぢゃ、ぢゅ、ぢょ」の
拗音三つは、既に無いことになってたりする場合が多いです。

困るのは、昔のまんがの猪熊なんとか爺さんと、
チャーリー浜くらいなんで、別にええかな、と。。
Unknown (さとうしん)
2008-08-08 00:51:26
>飯香幻さま
>「かふ(甲)」「くわう(光)」「こう(功)」とか、古い中国語の漢字音と関係してたりする、て聞いたことあるけどねえ。

いわゆる字音仮名遣というやつですね。
『大漢和辞典』なんかは現代仮名遣いではなくこちらで熟語が配列されているのですが、正直、大概引きにくいです……

>川魚さま
「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の書き分けについては現代仮名遣の最大の問題のひとつということなんですが、「一個づつ」の場合は「ずつ」と書いても「づつ」と書いても、どちらでも良いみたいです(^^;)

コメントを投稿

日本史書籍」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。