博客 金烏工房

中国史に関する書籍・映画・テレビ番組の感想などをつれづれに語るブログです。

『人民的名義』その1

2017年04月30日 | 中国近現代ドラマ
『射鵰英雄伝』は少しお休みして、今話題の反腐敗ドラマ『人民的名義』を見始めました。タイムスリップ物でもSF的な作品でもなく、おそらくこのドラマで初めての完全な現代物です (^_^;) 今回は第1~5話まで鑑賞。

漢東省京州市(架空の省と都市ですが、南京がモデルの模様)の炭坑開発の認可をめぐって、京州市副市長・丁義珍の汚職が発覚。北京(中央)の反貪総局偵査処長・侯亮平と、現地漢東省の反貪総局局長・陳海とがそれぞれの地盤で二元捜査を行うことに。


主人公の侯亮平を演じるのは、新版『三国』の孔明役でお馴染み陸毅。あだ名は氏姓をもじった「猴子」(サル)。猪八戒から「猴哥」と呼ばれたりする孫悟空になぞらえられているのでしょう。陳海とは大学の同級生同士で、ともに漢東省委員会副書記・高育良が漢東大学政法系で教鞭を執って時の教え子です。


侯亮平が標的とするのは、丁義珍から多額の賄賂を受け取って炭坑を認可したらしい北京の役人・趙徳漢。彼を演じるのは『レッドクリフ』の魯粛、『大秦帝国』の秦の孝公でお馴染み侯勇。この趙徳漢が侯亮平の追求をのらりくらりとかわしつつ、時に彼を恫喝すらしますが、別宅の存在を暴露されて遂に観念。


で、その別宅にいろんな人から貰った賄賂の百元札の束を冷蔵庫やら壁面の裏やらベッドのマットの下やらにため込んでいたことがバレるの図www この趙徳漢、「車で自宅から別宅に行こう」という侯亮平の言葉に対し「自転車で行くわ」と返したり(逃走を図っているのが見え見え…)、「女房が厳しいので故郷の農村に暮らす母親に月300元(日本の金銭感だと3万円ぐらいに相当すると思います)しか仕送りできない」と言い出したり、「現金じゃなくて美術品で賄賂を貰えば良かったのに?」という侯亮平の嫌味に対して「美術品は真贋を見抜けないからダメだ( ・`ω・´)」と答えたり、言ってることがイチイチおかしいのです (^_^;)

しかし京州市では、丁義珍の身柄捕縛をめぐって陳海が市や省のお偉いさんと折衝している間に、現場で丁を見張っていた陳海の部下・陸亦可らのチームが丁を逃がしてしまいます。携帯で何者かの通知を受けた丁義珍は行方をくらまし、妹が暮らすというロサンゼルスへと高飛びを決行。

何だか煮え切らないまま、事件は次のステージへ。京州市では女社長・高小琴率いる山水集団による、大風服飾厰の用地買収と立ち退きが問題に大風厰の工場員たちが立ち退きに強行に反対し、京州市委員会書記の李達康とつながりがある山水集団側が地上げ屋を動員して、偽警官隊を派遣して立ち退きを強行させようとします。それでもらちがあかないと見るや、夜間にブルドーザーを動員して工場への突撃を図りますが、強制的に立ち退かされるぐらいなら工場を炎上させるぐらいの覚悟で臨もうと、門前に積み上げた土嚢に石油を染みこませており、たいまつの火の粉が散って土嚢に飛び火し、本当に炎上……

その様子を工場員の一人がスマホで撮影して動画サイトで中継しており、それを見た侯亮平と陳海が動き出し……というところで次回へ。いやあこのドラマ、めっちゃ面白いじゃないですかw ただ、細かい部分はちゃんと把握できているか正直心許ないですね。この記事でも色々誤解している部分があるかもしれません。『シンゴジラ』のように誰か登場人物が出てくるたびに「漢東省省委副書記」みたいな所属とか役職のテロップが出てくるのですが、『シンゴジラ』の方がこけおどして的な演出という側面が強いのに対し、こちらはガチでそういう補足情報が必要な状態です……
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年版『射鵰英雄伝』その4

2017年04月23日 | 武侠ドラマ
2017年版『射鵰英雄伝』第19~24話まで見ました。

トゥルイとジェベに、負傷したコジンを託され、黄蓉と看病することになった郭靖ですが、郭靖とコジンが許嫁同士であることを知った黄蓉はショックから郭靖のもとを去り、郭靖と黄蓉の関係を知ったコジンも同じく行方をくらませます。金庸作品は本当にリア充に厳しいですね……

そして黄蓉を連れ戻すべく決死の覚悟で桃花島を訪れた郭靖は、そこで「老頑童」周伯通と出会い、義兄弟であった「中神通」王重陽との思い出話を聞かされます。


回想シーンで出てくる王重陽を演じるのは、古装でお馴染み韓棟。

一方、楊康と穆念慈は父母の故郷牛家村に来訪し、慎ましくても互いの愛情に溢れた生活を期待する穆念慈ですが、楊康は長年父としてきた完顔洪烈の「私が李淵となればお前は李世民だ」という言葉に動かされ、密かに彼の息子の座に舞い戻って岳飛の残した『武穆遺書』捜索をサポートすることになります。

そして過去の女性経験から何やかやと郭靖の恋路を邪魔しようとする周伯通ですが(饅頭に仕込んだ黄蓉からの手紙をひったくって食べちゃったりする)、郭靖と黄蓉は無事再会を果たします。ここで何だかよくわからないうちに郭靖が周伯通と義兄弟の契りを結び、また周伯通の陰謀で「不通真経」と称して、梅超風の持っていた『九陰真経』下巻を暗誦させられたりしています。しかしそこへ「西毒」欧陽鋒が甥の欧陽克を引き連れて桃花島に到来。


今回の欧陽鋒。やはり張P版に比べるとイマイチ……

欧陽鋒は黄蓉と欧陽克との婚約を求めてやって来たのですが、真の狙いは黄薬師の持つ『九陰真経』です。更に郭靖の求めに応じて洪七公も到来し、こちらは郭靖の庇護者としてやはり黄蓉との婚約を求めます。で、郭靖と欧陽克は黄蓉の婚約者の座をめぐって三番勝負をすることになり、2勝1敗で郭靖の勝利かと思われましたが、ここで郭靖が梅超風から『九陰真経』下巻を奪って我が物にしたという疑いをかけられ(事実は二師父の朱聡が梅超風から掏り取ったものをそれと知らずに郭靖が所持し、更に周伯通がそれを『九陰真経』と気付いて、郭靖を騙して暗誦させたのですが)、桃花島を追われることに。

今回は郭靖・周伯通・洪七公の乗った船が沈没し、欧陽鋒・欧陽克の船に救出され、郭靖が暗記している『九陰真経』を紙に書き写せと迫られるあたりまで。周伯通が黄蓉の手紙を食べちゃったり、欧陽鋒が欧陽克に、実は彼が自分の息子なのだと告白しようとして躊躇する場面など、ちょこちょことアレンジが加わっていますね。しかし海のシーンで合成がモロバレなのはもう少し何とかならないものでしょうか……

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年版『射鵰英雄伝』その3

2017年04月16日 | 武侠ドラマ
2017年版『射鵰英雄伝』第13~18話まで見ました。

郭靖との結婚が取り沙汰されているということで穆念慈に色々嫌がらせというか意地悪をする黄蓉ですが、実は本人に郭靖と結婚する気がないということで、一転して仲良しになる二人。そう言えば郭靖と穆念慈、お互いに「穆世姐」「郭世弟」と呼び合ってるので、穆念慈の方が年上なんですねえ。

そして洪七公と分かれた郭靖・黄蓉は太湖で「帰雲荘」の主・陸乗風と出会い、しばらく厄介になることに。実はこの陸乗風、黄蓉の父・黄薬師のかつての弟子で、また太湖の湖賊の親玉なのでありました。その陸乗風の手下に楊康が捕らえられ、彼を助けるために梅超風が襲来し、その梅超風と仇敵同士の江南七怪も郭靖を追って帰雲荘に到来し……といった具合にあっという間に修羅場へと化していきます。

そして梅超風を見守り、密かに支援する謎のマスクマン。その正体は「東邪」黄薬師でした。


今回の黄薬師はイケおじです。


そして帰雲荘に紛れ込んでいた段天徳の口から父母の死の真相が明らかにされ、頑なに楊鉄心を自分の父と認めようとしなかった楊康も、自ら姓名を完顔康から楊康へと改め、父の仇である完顔洪烈を自ら討ち果たすと宣言、郭靖と義兄弟の契りを結びます。

郭靖と楊康は二人で仇討ちの旅へと出ますが、楊康は自分が金の貴公子としての身分を捨てざるを得なくなった一方で、武芸の素質は自分より劣るのに、洪七公から降龍十八掌を授けられ、将来は黄薬師の婿の座が約束されと順風満帆なのに嫉妬を隠せません。金庸作品にはイケメンとかリア充をちゃんと爆発させてくれるやさしさがありますね。

その間、郭靖は父親とともに桃花島に帰ったはずの黄蓉と再会し、欧陽克の魔の手から程瑶迦を救ったりしています。欧陽克、すっかり郭靖の降龍十八掌の練習台と化していますね……

楊康は自分を探していた完顔洪烈と再会し、「お前は父の仇だ!」と糾弾する一方で、これまで実の父子と信じてともに暮らしてきたことを思うと、彼に手を下せず、密かに逃してしまいますが、その様子を穆念慈が目撃しており……というところで次回へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『グレートウォール』 「壁の国」の先輩からトランプ大統領へのメッセージ

2017年04月14日 | 映画
『グレートウォール』(原題:『長城』)

※ 最初にお断りしておきますが、ネタバレあります ※

万里の長城は、実は60年に一度中国内地へと襲来する未知の怪物「饕餮」の侵攻を防ぐためのものだった!「ブラック・パウダー」(黒火薬)を求めてはるばる西欧から渡来したマット・デイモン演じる弓の名手ウィリアムと相棒トバールも、「饕餮」との戦いに巻き込まれ、張涵予演じる元帥、景甜演じる女将軍、アンディ・ラウ演じる王軍師らとともに「饕餮」と対峙することに……

張芸謀監督、マット・デイモン主演ということで、「どーせゲーム・オブ・スローンズの中国版みたいなのを作りたかっただけやろ?」(ゲーム・オブ・スローンズでは、やはり万里の長城を模した「壁」が登場し、未知の存在の侵攻を阻むために立てられたという設定になっている)と大して期待もせず見に行ったのですが、正直この作品を舐めすぎでしたね。『グレートウォール』(長城)なんてタイトルを付けておいて、まさか終盤で長城が無用の長物になる展開になるとは……

まじめに、万里の長城を立てた「壁の国」の先輩である中国から、トランプ政権への「一所懸命メキシコとの国境付近に長城なんて作っても無駄やで?m9(^Д^)」というメッセージが込められているのではないかと思ってしまいます。思えば実際の歴史でも、万里の長城があってもモンゴルや清朝の侵攻は阻めなかったわけで……

そして中国人キャストの中で、男性陣はまず張涵予が何だかよくわからない経緯で早々に退場し、アンディ・ラウは長城を守る禁軍の軍師という何だかよくわからない役回り、林更新(ケニー・リン)らイケメンも大して印象に残らない中で、景甜は出番が多く見せ場もあり、女優でありがちなお飾り的な扱いではまったくなく、彼女のハリウッド・デビューを強く印象づける作品になっています。景甜のハリウッド進出を見届けるぐらいの気持ちで見に行けば楽しめるのではないかと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年版『射鵰英雄伝』その2

2017年04月08日 | 武侠ドラマ
2017年版『射鵰英雄伝』第7~12話まで見ました。

郭靖は趙王府で霊知上人の毒砂掌にやられた全真教の王処一を助けるため、薬材を探し求めますが、ここで黄蓉と再会し、彼女が実は女性であったことを明かされます。


李一桐演じる黄蓉。ネットでは「史上最も美しい黄蓉」という評価も見られます。于正の『半妖傾城』ではポテンシャルを無駄に消費させられている感があったので、本作で報われて本当に良かったです。

街中の薬材は楊康に買い占められたということで、薬材を盗み出すために二人して夜な夜な趙王府に潜入。ここでも黄蓉が完顔洪烈に雇われた黄河四鬼や欧陽克、はたまた王府に潜伏していた姉弟子の梅超風を散々に振り回し、小悪魔っぷりを発揮します。美しいというよりはかわいい彼女の立ち居振る舞いを見ていると、同じ金庸ドラマでも、ヒロインが脚本家でなければ主演男優しか得をしないキャスティングだった于正の『笑傲江湖』とか『神雕侠侶』は一体何だったのだろうかという気になってきます……

そして趙王府では楊康によって穆易(=楊鉄心)と穆念慈も監禁されており、楊鉄心は自分が死んだと思い込まされて完顔洪烈の王妃となっていた包惜弱と再会。楊康は二人から、この楊鉄心が実の父親であると知らされますが、到底信じる気になれません。楊・包の夫婦は一旦は王府から逃れますが、完顔洪烈の追っ手に包囲され、ともに自害の道を選びます。2008年の胡歌版はここでしばらく楊康が楊鉄心や郭靖らと共同生活を送るオリジナルエピソードを挿入していましたが、今回は原作通りあっさり二人を死なせています。

楊夫妻の葬儀を終えた後、江南七怪と丘処機らは楊鉄心の養女であった穆念慈と郭靖とを結婚させようとしますが、郭靖が自分は黄蓉と結婚すると宣言して柯鎮悪の怒りを買い、納屋のような所に監禁されてしまいます。ここで事態を知った黄蓉が髭面の易者に変装したりして、あの手この手で郭靖を解放させようというオリジナルエピソードが挿入されます。まさか柯鎮悪も数年後にこの「小妖女」とともに桃花島で暮らすことになるとは想像もしなかったでしょうw

モンゴルから連れて来た小紅馬に乗って郭靖と黄蓉は師匠のもとから逃れ、そこで「北丐」洪七公と出会います。


今回の洪七公は大物感に欠けるのが残念……

この洪七公から降龍十八掌の数手を教わることになった郭靖ですが、洪七公に「亢龍有悔の四字の中で最も重要なのはどれだ?」と聞かれて、取り敢えず上から順番に「亢」「龍」「有」と答えて外していき、「あ、わかった!悔だ!」と喜々として答える郭靖のアホさ加減が愛おしいです (^_^;)

で、三人が黄蓉を追ってきた欧陽克に絡まれたあたりで次回へ。今作はここまでほぼ原作に忠実に話を進めていますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加