思考の7割と収入の3割を旅に注ぐ旅人の日々

一般的には遊び(趣味)と見下されがちな「旅」も、人生のなかでやるべき「仕事」である、という気概で旅する旅人の主張と報告。

光が丘公園と雑司が谷で2週連続出店

2009-09-06 03:39:45 | その他趣味
春に続いてまた東京23区内でなのだが、今月13日と20日に日曜日に2週連続で出店することにした。

まず13日は、昨年から利用しているNPO法人フリーマーケット主催団体協議会が主催するフリーマーケットで、場所は練馬区の光が丘公園。
ここでの出店は昨年12月と今年4月も申し込んでいたが、前者は雨天中止、後者は「放浪書房」絡みの千葉県・津田沼での出店への変更でキャンセル、となった。仕切り直して3度目の正直。
出店数が200区画と規模は比較的大きめの会場だから、出店さえすればそこそこの売り上げは期待できるのではないかと踏んでいるが、果たして。

で、これはふつうのフリマなので出品は本類以外のモノが主だが、拙著『沖縄人力紀行』(彩図社刊)をはじめ、ほかの出店ではいつも出品している旅関連の本も適当に見繕って持って行くつもり。ただ、古本市のときよりはその数は減らして(重くて運搬が大変だから)、フリマでは本よりも売れる一般の雑貨類を確実に売り捌きたい。僕の経済的にも今年のなかでも今月が最大の危機で、今回は特に本気で儲けが欲しいからなあ。
なお、このフリマは開催時間は10~15時で、雨天中止。

次に、20日に豊島区は雑司が谷の鬼子母神界隈で。
ここでは元々、新宿区北部と豊島区南部の早稲田・目白・雑司が谷の頭文字を取って“わめぞ”と呼称する地域にも古書店が多いことから(特に早稲田大学と鬼子母神の近所は多い)、その地域の店と人がまとまり、雑司が谷の「古書往来座」という古書店で一昨年あたりから「外市」という名称で古本市を不定期で続けている。僕も過去に2回覗きに行ったことはある。
また“わめぞ”には、台東区・文京区の谷根千は不忍ブックストリートの一箱古本市の関係者も多く(というかその人たちが“わめぞ”と名付けた)、それに影響を受けて地域活性化の一環としてやっていこう、という意図もあるのだろう。昨年6月の東京メトロ・雑司が谷駅の開業によって、交通の利便性が増したおかげで活性化を期待できるようになったし。

さらに今春からは、「外市」よりも多くの人を巻き込むという意図もあるのだろうが、池袋からも徒歩15~20分ほどと近い雑司が谷・鬼子母神そばの商店街の各所を借りて新たに「みちくさ市」という販売物は古本主体のフリーマーケットのような催しが始まった。「ような」というのは、出店者の参加条件として最低基準は出品物のなかに古本が20冊以上あることで、あとは飲食物以外は何を売ってもよいらしく、そうなるとフリマに近い感覚か。今年は4回開催で、来年以降は2か月おきに年5回開催と定期的に開催するそうで。

で、20日にその3回目が行なわれると知り、出店を決めた。一応、1回目からその動向は掴んでいて知人も出店していたりしたが、僕は1回目・2回目ともに他所での出店と日程がかぶって行けなかったので、今回ようやく出店が実現して嬉しい。実は雑司が谷は僕の身内も古くから縁がある場所で、僕も普段から散歩で数限りなく訪れていて、出店予定の商店街も数回歩いている。平日・休日ともにこの界隈の雰囲気はよく知っていて、谷根千よりも土地勘があって馴染み深い。
こちらは開催時間は10~16時で、雨天は翌21日(月祝)に順延となる。

「みちくさ市」では先着順による申し込み直後に出店場所が割り振られて、僕は都電荒川線の鬼子母神前停留場(路面電車だから厳密には「駅」ではないのか)の直近の駐車場となった。
ちなみに、今回の屋号は「人力旅人の本箱 番外編」とした。その屋号のとおりに毎春の不忍と同様に「人力」の旅に特化した本類を販売するが、この市では1店あたりの出店場所をもうちょい広く取れるので、ほかにも旅とはほとんど関係ない分野の本も出品しようかと。例えば映画関連とかマンガとか。だから「番外編」と。詳細はこれから詰めるが、出品物は旅と旅以外の半々くらいになりそう。また衣類や雑貨は出品せず、あくまで出版・映像関連のモノに限る予定。

それから、できれば「みちくさ市」のブログで僕の出店場所を確認していただきたいのだが(写真と屋号付きで紹介された出店場所番号は15)、そのついでに僕と同じその場所で出店する店も注目かと。どんな店なのかは、そこに張られたリンクを辿ればわかるから。というか僕が出店を誘ったのよね。そのため当然ながら『野宿魂』と『野宿塊』も販売するつもりで、先月の台東区谷中の「はらっぱフリマ」のように相乗効果を期待したい。最近では雑誌『ヤマケイJOY 2009秋号』(山と溪谷社刊)の50~51ページになぜか登場している野宿御大にも、出店の旨は告知済み。でも当人は95%以上の確率で来ないだろうけど。

両日ともに、タイミング悪く台風は来ないで晴れるといいなあ。20日は鬼子母神境内でも催しがあるらしく、それによる集客増も見込めるからなあ。今回も真剣で切実な出店なのですよ。
では特に東京近郊の方、東京都交通か東京メトロの一日乗車券も活用のうえ、よろしくー。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽登山における「三種の神器」考 | トップ | 特に東京都民と東京近郊住民... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。