木春菊の雑記帳

2005年6月開設の徒然日記。その時みたマーガレット(木春菊)が名前の由来です。

西郷どんと桜

2018-02-24 18:20:07 | 東京
今年は鹿児島に行きたいという
希望はありますが
実現できるか難しいところ
その前にこの銅像の前に
立ちました。

ツン
だけでなくて
西郷どん

夫人が「全く似ていない」と
おっしゃったという逸話のある像
そうはいっても上野のシンボルです。

近くの居酒屋には
ランチタイムに提供するメニューの一つに
西郷丼」なる
ものがあります。

薩摩芋・薩摩揚げ・薩摩黒豚など
鹿児島ゆかりの7品を乗せた丼
こちらは「さいごうどん」と読みますが
今年限定で「せごどん」にしてくれたら
面白いのに。
試しに「せごどん一つ」と注文したら
案の定訂正されました。

さて、上野といえば桜
さすがに見ごろは先ですが
早咲きの桜は咲いていました。

開花していたのはこの木だけでしたが
東京に春が近いことを思わせました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童心に帰った2時間

2018-02-24 11:35:49 | 東京
近くを通ることはあっても
敬遠してきた
上野動物園
パンダブームに肖って
小学生以来の訪問

8時10分に正門前に並び
9時30分の開場直後に整理券配布場へ直行
10時10分の回の整理券を獲得しました。
そして10時10分にパンダ舎の前へ。
その時すでに、整理券配布場は
15時40分の回のものを配っていました。
パンダ人気を実感しました。

シャンシャンは見学時間30秒のため
撮影は一回が精一杯。
しかし、両親は上手く撮影できました。


とりわけ、昼寝中のリーリーに
カメラマンが殺到。

パンダ以外にも
まるで間寛平師匠のような
ホッキョクグマ

至近距離に姿を見せてくれた
ゴリラ

大きな猫であることを
実感させるライオンなど

癒される姿ばかり
11:30の退場まで
童心に帰りました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洋にして和のテイスト

2018-02-23 16:54:14 | 東京
国内外のランが一堂に会した
世界ラン展
東京ドームで2月17日から開催された
イベントはこの日が最終日
プレミアムフライデーの特別価格で
通常2,200円のところ
15:30より800円で入場できるとあって
多くのひとだかり。
そしてカメラを手にする人多数

最も多くの注目を集めたのがこちら
今回の最優秀賞

まるで巨大な王冠
派手な色はないけれど
貫禄があふれていました。

でも、個人的な一番はこちら。

兼六園をモチーフにした作品。
洋の花なのに日本の風景に溶け込める
不思議な魅力がありました。

また、こちらも見事

ナイアガラの滝を表現したもの。
石で水を表現する枯山水
それに通ずるものがありました。

こちらは茶道と華道の合作とも
いえる作品。

和洋折衷極まれり。

会場には芸術品だけでなく
販売用としてのランもありました。
割引はしていましたが
さすがに高価なものばかり
「高値の花」なので
自分には「高嶺の花」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際的美少女

2018-02-23 14:44:22 | 東京
乃木坂の国立新美術館で開催中の
至上の印象派
ビュールレ・コレクション展


印象派の作品
とりわけルノワールの色彩に
憧れた中学生時代。
11月に同美術館を訪問した際
この展覧会が行われると知り
再訪しました。


現実の初恋の前に
この少女に恋しました
可愛いイレーヌ嬢
中学生当時、モデルの少女は
10代後半から20代と思っていました。
が、8歳であることをここで知りました。
当時の自分に伝えてあげたいです。

とはいえ、この作品の素晴らしさは
変わりません。
展示物のなかで最も多くが
足を止めていました。

作品は撮影禁止ですが
唯一可能だったのがこちら
モネの睡蓮

撮影用の複製ですが
それでも綺麗です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三つ子の勝利

2018-02-21 22:30:48 | ニュース
女子団体追い抜き 日本は五輪新で金 高木美は日本女子初の金銀銅獲得

女子団体追い抜き
金メダル

3人一組のレース
高木菜那・美帆選手は姉妹ですが
双子ではありません。
他の2選手、佐藤・菊池選手は
血縁関係すらありません。

でも一糸乱れぬレース運びは
まるで三つ子
解説者の比喩表現がぴったりです。

バンクーバーで2位だった時は
3分30秒程
それから8年後の今大会
2分53秒の五輪記録で優勝

30秒程の短縮は
共同生活の成果。
優勝本命の前評判通りとなりました。

とはいえその差1秒58
中盤はオランダがリード
その白熱した展開の末の決着
テレビの前で選手とともに
拳を天に突き上げました。

熱戦の模様は記録には残りません。
でも記憶に残りそうな名勝負でした。
ライバルのオランダにも
拍手を送りたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加