黎明の廃人日記

最近はやや更新が途切れがち、斜めに流し読み。
貴方にも私にも人生の役には立ちません。

少しは減りました

2017年05月22日 22時01分52秒 | Weblog
5月22日分。

 毎度。どうもここ一ヶ月くらいずっと、日曜日と平日は正直言ってあまり調子が芳しくありません。幽霊です。いやな感触が続いてるなぁとは思いつつ、とりあえず最低限の仕事だけはこなしつつ、後は何とか誤魔化しごまかしで流している感。あと二段くらい悪い状態が慢性的に続くようだと、ちょっとまた考えないとイカンかなぁという注意信号を感じている段階です。
 強引に「回せる」手段を一つ確保はしていて、数回使ってみましたが、まあその間は何とかなるんですけどね。ただ、終わった後に結局元に戻ってしまうので、根本的なところで解消される訳ではないんだよな、と。当たり前のことですが、それを把握したところです。案外揺り戻しはどうにかなる模様ですが、結局長期間揺り戻されて今の不調なのでは……という可能性もあるにはあるか。

 ともあれ。部屋の整理はゆっくり進行中で、差し当たって本棚から百冊ほど売却に回しました。まだまだここからごっそり減らしたいところなのですが、残り数百冊くらいはこれもう、値段が付かないレベルの古い本ばかりなのですよね。
 正味、既にもう未練は無いのですが、単純に数が多すぎて捨てに出すのが正直かったるい……。まあちまちまと毎週出していくしかないのかなーとは思いつつ、古本を箱に全部詰めて発送して買い取って貰うスタイルのところへ投げる方が楽かもしれませんね。値段が付くかどうかはもうこの際どうでもいいという感覚なので、「実質無料」で引き取ってくれる業者という扱いになりそうですが。
 しかしまあ、未練を廃して冷淡にコレはまだ読む、もう要らないと判別していくと、思いの外ほとんど残らないなぁという印象です。本棚が終わり次第、洋服類やら、雑貨類にも判別の手が及ぶことになるでしょう。踏み切ったところでバッサリいかないと、次にいつやる気になるか分かりませんからね。できうる限り、身は軽くしておきたいものです。


 たまにはということで、拾いものネタ。
 「キッズウィークの効果、疑問視する声多数 サービス業で働く人は「忙しい日が増えるだけ」」
 「“プレ金”二の舞い?新大型連休「キッズウイーク」創設へ 荻原氏「うまくいくわけがない」」
 ……とまあいった感じで、政府が「キッズウィーク」なる大型連休の創設を考えている模様? はて、この話は、今日の時点ではまだ政府から公式発表にはなっていないものかしら。24日に発表という情報を見かけましたが、さてはて。本当に実施されるのかどうなのかよく分かりませんが、大人に対しては「企業に強く求め」という程度であり、「義務化」ではないようです。
 ひとまず、主旨としてはおおよそ把握の出来るところですし、プレミアムフライデーと違って「連休」の創設になることから、プレ金よりは効果を出せるかも? ただ、コレに関しては結局、企業側がどこまで応じるか次第になりそうですけれども。子供だけが休みになっても、お金を出す側の大人(親)が休みにならないことには、景気刺激にはなりませんからね。

 方向性としては賛成なのですが、企業側に対して「強く求める」程度では、実際の効果はかなり限定的になるのではないか、とも感じます。やるのならば「義務化」まで持っていかないといけないのでは。うっかりすると、両親共働きでどっちも結局企業側が求めに応じずに休み無し、子供だけが休みで家に残される……状態が起こりそうな気がするのですけれども。
 また、年間の就業日数を固定している企業もそれなりにあるでしょうから、キッズウィーク分の休日を、他の日から振り替えるだけで、トータルの就業日数は減らないオチが多々ありそうな。その辺りを考えると、むしろ今存在している休日を遵守させる(休日出勤を禁止する)方向でやる方が、結果的にはまだ効果が出るんじゃないかなぁという気もするのですが。
 ……そしてまあ、世知辛い話として。せっかく連休が実際に増えたとしても、外へ遊びに出かける、旅行に出かける、ショッピングをする、その元手は? という困った問題に行き着くことになり、結局カネがなきゃどーもできねーよというオチが見えないでもない。何か書いてて空しくなってきましたなぁ、いやはやこの話はここまで。


 ……あー、どうも書いてる間に、更に一段か二段テンションが落ちてきた感覚が。余り宜しくない感覚に見舞われつつあるようなので、今日はここらで切り上げます。寝よう。

 ではでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整頓中

2017年05月15日 21時46分36秒 | Weblog
5月15日分。

 毎度。連休明けから決算に突っ込んで、とりあえずピークは抜けているものの……今一つメンタルの状態が改善してきません。幽霊です。底辺状態は抜けていますが、吹き上がってこないなぁと。まあ、あまり無理に吹かすと後でまた反動が出てがくっと落ちるのですが、もうちょっと定常的にやや高い位置を維持出来ると良いんですけどね……。

 さておきまして。あまり一気に手を付けられているわけでもないのですが、部屋の整頓に、ほんの少しずつですが着手し始めています。今日はあっちこっちに転がっていたペットボトルやら、缶やら瓶やらの資源ゴミ系をかき集めて集積所へポイしてきました。よくもまあこんだけ貯め込んだなぁと、我ながらそんなことを思うくらい分量が出てきてビックリです。
 未だに開いていない引っ越しのときの段ボールやら、実質的にもう読まないけど本棚に自己満足で飾ってる本が結構あり、この辺に着手する必要もあるなぁと眺めているところ。本は多分、本気で減らしにかかれば、今の手持ちの2割くらいしか残らないかもしれません。後で何かしら資料にするかなと思って取っておいたりしたのですが、結局二度目は読まないんですよね。
 そう考えるとまあもう、ごっそり飛ばしてしまって構わないな、という踏ん切りが付きつつあります。恐らく、本棚から数百冊単位のオーダーで本がごそっと減ることになる筈。売却出来るものは売りますが、古い本の方が多いので、古紙回収行きになる分が過半になりそうです。

 正味、整頓や「削除」に移行し始めているのは、部屋の整理が全く追いつかなくなっているため。正直、かなり今の状態はヒドイ。割とずっとメンタルが低空飛行気味だったり、動画編集に時間を使っていたりと理由は色々あるのですが。
 突き詰めて考えれば、つまりは「自分の管理しきれる分量を超えて物が多い」から片付かないのだ、という結論になりました。これでも持ち物が少ない方だと思ってはいるのですが、それでも整理が出来ないということは、まだまだ自分の制御出来る物量にまで落とせていないということ。であればもう、この際ごっそり吹っ飛ばすことにしようかな、と。
 ゴリッと減らして、「あ、やっぱりアレは必要だった」ということになれば改めて買えば良い。今持っている古いものよりは、新しく買う方が恐らく安く、性能も上がっているでしょうから。何のかんの、使わないのに持っている物がまだまだたくさんありそうだなぁ、と部屋を今見回してみて思います。多分ですが、一気に減らしても不都合はほとんど無いでしょう。

 差し当たっては、コレを更新し終えたら、本棚の中で本当に残す本に当たりを付けておこうかなと。残そうと本気で思える本というのは、結局は100冊も無いような気がしています。既に、本棚に入れていたこと自体忘れている本がかなりある筈。置いておくだけじゃ意味が無いんだよなぁ……。

 ではでは。ひゅう、どろん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うん、だいぶ放置してましたが

2017年05月07日 20時32分14秒 | Weblog
5月7日分。

 毎度。気が付いたら半月程度更新が飛んでおりましたが、とりあえず普通に生存しております。幽霊です。実家帰省からの動画編集コンボでゴリゴリ作業をしていたら、こっちの更新が完全放置になっていた模様。完全に創作発信系のメインが動画側になってますなー。
 ……あ、一応実家帰省中の写真を2枚ばかり、ご両親様からデータで貰ったので貼り付けをば。

  

 一枚目、いつぞや作業していた竹狩り作業に今年も投入されており、その途中で見かけたシャガの花です。調べてみたら、シャガはアヤメ科アヤメ属とのことで、つまりはハナショウブやカキツバタ、アヤメと同じお仲間ということになるようで。確かにまあ、見た目、よく似てるんですよね。
 なお、これは初めて知りましたが、日本のシャガはかなり古くに入ってきたもので、三倍体であるため種子が発生しないとのこと。つまりヒガンバナと同じような状態で、日本に存在するシャガは全て同一の遺伝子をもつ、とのこと。とすると、この写真のシャガも人為的に植えたのかしら……結構密生してたんですよねコレ。去年も見かけた記憶があるので、同じ所に咲いているのはまあ分かるんですけどね。

  

 次、たくあんコーラ……。えー、道の駅みたいなところで見かけまして、まあね、ネタとして購入したものだったのですけれども。ちなみにこれ、ニュース記事になっていたことがあるらしく、「白米に合う!?「たくあんコーラ」から香る大根風味がリアル」だそうで。
 なお、この記事の感想は割と正しくたくあんコーラの味を伝えておりまして、実際に飲んでみた私自身の感想と、巻き添えにした母親殿の曰くが一致しており、「たくあんの汁に炭酸ぶちこんだ味」そのまんまでした。微妙な味というかもう、うん、正直に言うとまっずい……。というかこれ、いつぞやに見かけたカレーラムネの製造元かいな。
 ただ飲み物として飲んだのでマズイ……という感想に終始しましたが、確かにまあご飯と一緒に、という方がまだマシかもしれません。少なくとも、飲み物として単品で飲むことはお勧めしかねます、はい。


 あー、4月中は決算でどったんばったん大騒ぎし続け、動画を作り、実家に帰省して、更にその後で動画を作っていたらGWももうおしまい。そんな状態でろくに情報を仕入れていなかったので、気が付けば『幼女戦記』のコミックス版の4巻が随分前に出ており、5巻ももう発売になった模様で。ふむ、これは明日明後日くらいのお楽しみが増えました。
 「かんぱに☆ガールズ」の方も一日一回フル回転させる程度しか動かせない状態だったため、いくつか情報が抜けていたりで苦笑い。とりあえず、プリズマイリヤコラボの3人組は確保済み、専用武器とクマ+3も獲得が済んでいるため、後はクロの確定封筒を1枚追加で取って覚醒を3枠までは埋めておきたいかなぁという程度に。英霊クエストでのドロップを直に見てみたいのですが、そっちは正直確率が低そうだなぁ……という感。
 まあとりあえず、ソシャゲ周辺に関しては基本運営の総勝ちであり、親の総取りであり、確率に終始することから数万ぶち込んでも目的のものが出ないというのはあり得る話。ついでに、本来の感覚からすれば「自分の財産にも資産にもならない」データに数万ぶち込むというのは、基本的には狂気の沙汰の類いであって、その感覚自体は忘れてはイカンのだろうなぁと自分の中の思考バランスを無理矢理に引き戻す方向へ自己誘導しておきます。
 なおピンク色のポストガチャに関しては、40k叩き込んでやっとという人もいれば、12回回して割と早く出た人(私自身)、妖精封筒で全部揃ったという方もいる(真偽は不明)ので……。まあ確率系のものってのは偏るよな、ということだけはよく分かる結果であります。


 非常にどーでもいい話。実家から自室へ戻ってきて思うのですが、いい加減この部屋に引っ越してきて結構経過しているのに、未だ開けていない段ボールがあるのは……うーん。つまり、開けなくとも困らない(中身が丸一年以上必要とされなかった)箱があった、ということなのですよね。
 割と要らないものを大量に持ってしまっているのだなぁ、と微妙に残念な気分になっておりますが。まあちょうど部屋が片付かないなぁと思っていたところではありまして、コレを機会としてゴリゴリものを減らしていく方向に振ってしまって良さそうだな、と方針が何となく決まってきました。
 一定の方針がしっかり固まれば動き出すことも出来るので、これはこれで良しかなーとか。しかしまあ、「コレはその内使うかも知れない」と残しておいたものというのは、実際にはほとんど使わないままになるなーと苦笑いしております。実際には、もし必要になるケースがあったとしてもかなり後のコトが多く、かつそのときにはもう最新のものを買う方が良かったりする。そもメンテせずに放置かしまい込みなので、いざ使おうにもすぐは使えないことが多い……と。
 基本この考え方で、この際ごそっと減らしても良さそうだなぁと思う今日この頃。連休中に処分に踏み切り損ねたのは失敗でしたが、まあ動画作るのを優先したからね、シカタナイネ。案外、あれこれ減らしてみても問題無かったりするんだろうなぁ、と自分の生活を見返してみてふと思う。何せ、ほぼほぼ同じことしかしませんからね、平素。

 ではでは。ひゅう、どろん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと髪が切れた

2017年04月23日 22時53分21秒 | Weblog
4月23日分。

 毎度。デスマーチな仕事日程も終えて、ようやく体力も戻ってきたため、髪を切るついでに書店を回って本を探してきました。幽霊です。ただ、どうもまだメンタルが本調子ではないらしく、少し行動量が落ちたままにはなっている気もしますけれども……。多少は仕方ないですね、無理をかけた後なので。
 外出時間も今回は短めで、ついでに髪を切るときにほとんど待ち時間が無かったという幸運もあって、割と早々に帰ってきた感。本も買うものを最初から決め打ちしていたため、あまり今回は時間のかかる要因がほとんど無かったからかもしれません。
 なお、行き先は新宿でしたが、紀伊國屋書店の一階にある茶屋を初めて利用しました。若干暑かったので抹茶ソフトでもまあ良かったのですが、あまり体温を下げたくなかったので、結局はホットの抹茶入り玄米茶をすすっておりました。冬場には重宝しそうな熱さのお茶が出てきたので、時期次第では利用することがあるかもしれません。若干混みがちなのが難点ですね、あそこは……。


 先日に無人レジもといセルフレジの話を引っ張りましたが、「「販売員の接客は超高級店だけ」な時代の到来!?」といった話を見かけまして。この話、ベースになっているのは日経の、「ロボットと仕事競えますか 日本は5割代替、主要国最大」といった記事のようです。元記事の方は有料会員限定になってしまっているため、正味私も全部を読めないという状態ですが。
 正味、記事中でも指摘がある通りで、「代替出来ない業務」とされているものにも、ある程度の内容の制限さえすればロボットで可能な業務が結構あります。実際、「人と関わる業務」については代替不能という側にされてはいますが、詳細なというか、きめ細やかなという部分を期待しなくて良いのであれば、「マニュアル通りの返答をAIが行う」ということは充分可能になっていくでしょう。
 記事のシメとして「生身の人間が接客してくれる」というのが高級店のサービスになる時代が来るかも? という部分がありますが、これはそうなっていく流れかな、と私自身も思います。人件費って結構お高いものですし、決まり切った買い物だけならネット注文で済んでしまうことも多い。そう考えると、わざわざリアルの店舗に出向くということ自体減る方向になるのかも。

 個人的に一度行ってみたいのは、その方向を現状恐らく体現したひとつ、「変なホテル」なんですよね。あれはスタッフさんがゼロというわけではないのですが、人数自体は一桁で、大半の労働力はロボット……と外注さんにお任せしているようで。なお、食事はナシになっているようですが。
 最低限の用を果たせれば良いという程度であれば、人間が親切丁寧に接客をする必要が無い、ということもあるでしょう。ただ、全く人がいないというのでは不安がありますので、必要があれば対応してくれるという用意自体はしないといけないのでしょう。完全にロボットだけにしてしまうと、何かしらトラブルが出たときに対応出来ない可能性があるのと、「頭を下げる人」というのはやはり必要でしょうし。
 ただ、そうではなく最初から人が表に出て、前に立って接客に対応するというのは、やはりこの先は減っていく形になるのやも。もしくは、価格帯でバッサリ両極端にいって、安いところは自販機的な形かネット通販形式、高級さを売りとして前に出す場合には人件費分の費用を背負いつつで対人対面販売になるのかなーとか。
 少なくとも、人の手を直接かけることに付加価値が付く、という方向性にはなるんだろうなと見ています。ヤマト運輸さんに限った話でもなく、宅急便なり運送業に限ったことでもなく。日本のロボットでの代替率が主要国でも最大と言われるのは、それだけ従来が人手に極端に頼りすぎだということ。逆に言えば効率化の余地が多くある、という言い方も出来るでしょうし、代替してくれれば過労死案件も減る……かもしれません。


 さて、一方でまだ今のところは人力で手をかけざるを得ない動画編集ですが……。尺の半分程度までを埋める分のネタは集まってきたので、編集作業にまた着手しています。結局4月は忙しくてあまり動画を作れなかったな……と思っていたのですが、ショートな手抜き編集動画まで含めるなら、投稿日基準で何のかんの3本既に作っていたことが判明。
 編集作業の進行から考えても、ショート一本と従来通りを一本ずつ作っているので、まあ相当忙しかった割にはやれるだけやったんだなぁと。生放送も始めるようになりましたので、動画は減りましたが、そっちで多少フォロは出来ているようには思います。ただ、やはり生放送では出来ないことというのがあるもので、そこら辺は動画で作っていくことになろうかな、とも。
 生放送にも良いところはありますが、動画にもまだ私個人は価値を見いだしています。現状では、動画・生放送・ブロマガと3媒体で相互に補いつつかな、といったところ。案外、一個の媒体だけで全部はこなせないもので、複数を合わせて使うことで全体としての出来ることを増やしていきたいなと。

 ではでは。ひゅう、どろん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何か疲れが取れない罠

2017年04月18日 21時00分47秒 | Weblog
4月18日分。

 毎度。仕事のデスマーチは終わったのですが、どうにもなかなか疲れが取れず……。困ったもんだなぁと苦笑いしつつの幽霊です。まあ、この土日は休むというより、動画編集に叩き込んで無理矢理に一本仕上げるという動きをしていたついでに、日曜の夕方から手帳やら本やら買いに出かけたので、余計それで疲れたような気はします。
 とりあえず、手帳は一応ちゃんと使い始めております。あればあったで、使うには使う模様。ただ、問題はそれがちゃんと続くかどうかなんですけどね。道具は無いと困ってしまいますが、道具だけあっても使いこなせなければ意味が無いわけで、と。
 しかし、今時にアナログな紙の手帳かよと思わんでもないのですが、ただ、未だやっぱりアナログの方が良い部分もあります。パソコン使いつつ、その脇に電卓を置いてぽちぽち叩いてることもしばしばで、特にお仕事の方では電卓を叩かない日が無いというくらい。エクセルだけではやりにくい場面もあるんですよねぇ。


 ……とはいえ、デジタルで処理出来るところは、その方が楽で速いよね、ということで「コンビニ大手5社が37年までにセルフレジを導入」といった辺りが今日の拾いものネタです。スーパーでセルフレジというのはたまに見かけるようになりましたが、より簡易化して、全商品に電子タグを取り付けて、カゴをぽんと置けば良い形にしよう、ということらしい。
 まあしかし、平成37年までにとなると、今が平成29年ですから、割と先だなぁ。恐らく都内の特定店舗から導入していくような動きになりそうですが……はて。もう少し短期間にやるのかと思ったのですが、まあこれは設備投資が結構必要になってきますから、「全国で」と考えるとそれなりの期間を取らざるを得ないのだろうと思われます。

 セルフレジというと、スーパーの一つ一つバーコードを自分で読み込ませるタイプのものと、後は上野駅だったような気がしますが、駅ナカのキオスクでSuica専用セルフレジは使ったことがあります。あとは、近所のオリジンが、値段の計算は店員さんがやって、料金精算はセルフというタイプのレジですね。手前側に料金投入口とおつりの排出口があって、こちらがお金を入れ終えてから店員さんがワンクリックする感じ。
 私自身は割とすぐ馴染んだのですが、うちの近所はどうしても年配の方がかなり多いので、お金の支払い方などを店員さんに聞いている場面をよく見かけます。まあ、ガソリンスタンドのセルフよりは安全なのかなぁと思いますが、定着するまではちと時間がかかるかもしれませんし、結局は有人のところとの使い分けにはなるでしょうね。
 この手の理想的な形としては、商品に電子タグがついていて、料金決済はスマホのお財布ケータイ機能で。出口のゲート通過時にタグをばっと読み込んで、お財布ケータイから自動的に引き落としとか。レジを通るという過程も省略して、出口のゲート通過時に商品認識と精算処理を済ませる形になっていくのかなぁという気はします。
 その内、「おつりの渡し方で揉めてた時代があったんだよ」というのが、笑い話になる時代がくるのかも。もしくは、そも「公衆電話って何? テレホンカードって何?」という今現在の状況と同じような扱いになる、のかもしれませんね。ただ、全てを無人にするとは書いていませんし、実際問題結局有人にしとかないとイカンのだろうなーとは思いますが。

 余談ですが。宅急便の配達員さんの苦労が諸々ニュースになっていますが、実際問題としてコンビニの店員さんもまた、今はかなり大変な仕事になってるなぁと見ていて思います。自室のすぐ近くにコンビニがあるので頻繁に利用するのですが、今のコンビニは非常に多機能になっただけに、そのオペレーションを数人で回すことになる店員さんは相当覚えることも広範囲になっている様子。
 正味、そういった状態なだけにレジを一つ二つ無人で出来るようにしておいて、そちらで済ませられる人は是非そっちでやってくれ……という意図なのかとは思います。どのみち、宅急便の受け付けやら、店内機器のトラブル対応等々、店員さんが表に出ていない状態には出来ないのが現状でしょうし。レジ打ちの時間を削減することで少しは楽になる……といいのですけれども。


 話としては一旦切りますが、上に絡んだ余談をもう一つ。元ネタにしている記事には、「機械化によって人間の労働が奪われていく」といった主旨のコメントが多く寄せられているようで。表面上は確かにその通りで、今の時点では人間が労働をするのが当たり前という状態だからこそ、過渡期としての現象としてはそういった側面が出てくるだろうとは思います。
 ただ、「過労死」やら何やら言われている現状が良いとはお世辞にも言えないわけですし、トータルとしては「人間の労働が減る」方向に進んでいくのが、技術の使い方としては正しい方向かと。人間は労働のために生まれるわけでもありませんし、労働のために40年50年を費やすのが果たして正しいのか? 成長、労働の美徳は言われますが、それは詰まるところは「労働の正当化」のための話であり、ソレが絶対の真実でも、正義でもありません。
 考え方としては、機械に労苦の部分を代替して貰うことで人間はより上位の事柄に専念できるようになるという考え方がまず一つ。もしくは、結局の所、蒸気機関の発明による産業革命や、IT革命もあった割に、今でも世の中「過労死」が発生している通りで、別の所でまた労働が発生してきてトータルでは大して減らない、むしろ増える可能性すらあるという考え方がもう一つ。

 個人的には、人間という種は現状数が多すぎるのであり、この先の方向としては総数を減らしていくことになるのだろうと考えています。先進国では既にその傾向に切り替わりつつあり、いずれ今の途上国もこの方向に追いついていくか、もしくは発展を待たずに衰退していくか……ということになるのではないかな、とぼんやり予測していたりもします。それなりに長い期間(100年単位まで見て)での話、ということにはなるでしょうが。
 ちとペシミズム過ぎるかなぁという気もしますが、ただ、ハッキリ言って今の途上国の人口全てが、たとえば今の日本の水準にまで豊かな生活をおくることが出来るか? ……ということを考えると、実質的に無理ではないかと思うのです。豊かな生活を享受している側の自分が言うのもなんですが、日本の今の生活というのは相当なエネルギーその他の消費の上で成り立っています。今の途上国人口全てがこの水準に来たら、さすがに諸々持続不可能でしょう。
 きっぱりといえば、「口減らし」が必要になる時期が来る。食糧でも、水でも、レアメタル等の資源でも、電力等のエネルギー消費という意味でもです。それが世界大戦という形になるのか、内戦になるのか、それとも宇宙移民という形になるのか……さて、読めないところですけれども。いずれどこかで吹き飛ぶことになろうなーと、そんなことを思っていたりするのでした。

 ではでは。今日はこの辺で、ひゅう、どろん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加