渓流IN北海道

釣り歩いた北海道の渓流を画像と共に語りたいと思います 環境を破壊し生態系をも変えてしまうムダな河川工事を無くしましょう 

パパさん最終日

2016-07-19 | 環境

あだむすパパさん北海道遠征最終日

この日の釣行は他のエリアに行く予定だったが

前日パパさんの意向を聞くと

「ニジマス」

ということなので前日と同じ川の違う流域に入ることにした

水量はやや少なめ

水はクリア

私的には良い条件ではない

パパさんもフライとはいえ

比較的接近戦のアウトリガー

ベスト条件ではないはず・・・

それでも40UPを含めちらほらとニジマスが姿を見せる

天気はほぼ快晴

景色面では素晴らしくキレイだ


そんなフィールドの中を闊歩できるのにはとても幸せを感じる

しかし腰の不調のせいもあるが

連日深夜までウィンブルドンを観戦していたせいもあって

眠い

予定ではこの日は川通しの釣行

気温が上がってくるとついに眠さの限界となり

パパさんには申し訳なかったが

木の木っ端を枕に河原で睡眠に入った

20分くらい寝ただろうか


川で寝ると必ずと言っていいほど夢を見る

今回も何かの夢を見て何かの物音で目が覚めた


パパさんは単独で上流へ向かったが

時間の約束もしてあるのでそれほど上流までは行っていないはず

かといって頑張ってパパさんに追いついた上で一緒に下ってくるほど

元気いっぱいではない


なので寝ていた場所に



というメッセージを残しゆっくり下りながら竿を出す

するとさっきまで何の反応もなかった場所から結構アタリがある

まもなく下って追いついてきたパパさんも同じ状況だった



あだむすパパさん5日間お疲れ様でした

来年もお待ちしています

全然釣れねえ川探しておきますので
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

急遽出撃

2016-07-14 | 環境

この日は午前中仕事

5日間のあだむすパパさんの北海道釣行4日目のパートナーが

決まっていないということなのでお昼からの出撃


「でかいやつ」というあだむすパパさんの希望だが

そればっかりはタイミングとか運とかが絡んでくる

とりあえず大きい魚の可能性がある場所へ向かった



入渓地点でいきなり二人で3~4尾釣ったが



その後が沈黙


懐かしいあだむすパパさんの秘技「ドロドロ」

昔、一緒に行った某半島の有名河川の支流の支流で見て以来だ

しかしこの日はドロドロが収まった後であだむすパパさんが良型をHIT

そこから数百m釣り上がったところであだむすパパさんが40UPをGET

時間的にそこで引き返すことにして

少し下りさっき大きい魚に簡単にラインブレイクされた場所を再度探っていると

あだむすパパさんが上流にネットを忘れたということで

取りに行ってくる間ずっとその同じ場所で粘っていたら再度大きいアタリ


立派な50UPだったがさっきぶっちぎって行ったヤツではなかった

しかしあだむすパパさんがネットを上流に忘れなければ

この50UPはGETできませんでした

あだむすパパさんありがとうございました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

予定通り

2016-07-07 | 環境

yamameさんとかげまるさんとの釣行

私は前日に引き続きほぼ寝てない状態でかげまるさんを迎えに行く
かげまるさんも早朝から深夜に及ぶ仕事で更に少し酔いも入っている

yamameさん宅に遅れて着いてyamameさんの車に乗り込むと
早々に2人とも撃沈
yamameさんゴメンナサイ
行きの1人運転は以前某パパさんとかげまるさんに食らったことがあり
いろいろ話したくても話せずさびしいものでした

現地近くなってから
これはヤバイと目が覚める


他の釣り人達の車も結構来ている
yamameさんに指定された場所から入渓
最初に釣れたのはヤマメ

そしてそれなりの型のニジマスがところどころでHIT

季節的なものかここのニジマスのヒキは強烈だ

それと先日も釣り糸を忘れ大変なおもいをしたのに
この日もまた忘れた

途中までは前回使ったそのままの仕掛けでごまかしながらやっていたが
大きいのが掛かりつなぎ目ではないところからちぎられた


仕方がないので釣り針の余った糸をつなぎ合わせ
10連結仕掛けを作る

しかしこれが案外丈夫だった...

魚の数が多いわけではないがこの日40UPが六尾

十分すぎる釣果だ

後半は予定通り雨に濡れながら歩いた

でも濡れたこともそれほど気にならないくらい
楽しい釣行だった
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり

2016-07-03 | 環境

ここに来るのはもう7~8年ぶりだろうか
一時期はよく来たものだった

この日はノースアングラーズの男女お二人と
プルッチさんとの4人釣行

現地近くで待ち合わせて
2台で長めの林道を走り目的地到着

ノースアングラーズの方々は一般的ではない釣り方に挑戦
女性が釣り男性が撮影するスタイル

プルッチさんと私はノーマル
基本的に私は最後方から釣り上がる

やはりヤマメの方がスピードがあるのだろう
プルッチさんにはヤマメ
私はイワナ


この女性はノースアングラーズにいつも写真が載っていて
顔は私もよく知っている

とてもチャーミングな方でいろいろなフィールドで様々な釣りをしていて経験豊富だが
渓流は少しだけ苦手らしい
それに加えて変わった釣り方だけに最初は多少苦労していたものの
徐々にコツをつかんできた様子

この渓はほとんど決まった場所から入渓するが
実は今迄釣り下りがメインで
上流へは数百mしか行ったことがなかった

この日は釣り上がり

途中から初めて見る景色となる


タマにはヤマメも釣れた

後半になってからは変わった釣り方もほぼ完成形
ヤマメやイワナをビシバシしている
内容は近々ノースアングラーズの記事になる予定

この日は天気も良かったし自分的には魚釣りより
景色を楽しむことに重点を置こうと思っていて
実際にそれを実現できた
昼くらいまでの釣行だったがじゅうぶん満足

ノースアングラーズのお二方
プルッチさん
お付き合いありがとうございました
ここの上流部へはなかなか一人では行く気になりません・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず

2016-06-13 | 環境

かげまるさんとの釣行
まだ暗いうちから気合を入れて出発
いつものように車中あれこれ妄想しながら現地到着

やや水量が多いが水の色はいい感じ

いきなりニジマスが釣れる

いままで釣りをしてきていきなり釣れた場合
だいたい後が続かない

今回も渋~い感じだ

腰が相変わらず痛いのでこういう流れは遡行がキツい
10年くらい前だと走るようにジャブジャブ行ってたはずだが・・・


こういうところは遡行が楽
カーブの流れがきつい場所も無理に渡らず
藪をこいで行くようになった
しかしかげまるさんはこの日何度も敢えて難しいハードな場所を
遡行していた
そうありたいと思っても爆弾かかえてるから
機嫌をとりながらいかなきゃならないのが悔しい

まだ雪があった

天気が良く
景色もきれいだが魚は3尾

もう少し上流へ行く予定ではあったが
かげまるさんがクマの足跡を発見し
うなり声らしいのを聞いたというので
大事をとって引き返す

下流へ移動しそこでこの日一番の44

しかし下流域はその1尾のみ

この川は難しいが良い条件になると爆発することもあるから
なかなか魅力的

また行ってみます
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加