hotman7's World

尺山女魚を求めて幾千渓

0618 思惑が

2016-06-19 21:33:43 | 渓流釣り

前夜、何処へ行こうかと思った時に電話からかわせみさんの声。

とりあえず、出掛ける方向と集合時間だけを決めた。

あれこれと考えていたら、とうとう一睡も出来ずに現地に到着。

予想が的中した。

水量は多めだが、このくらいなら釣りにはなる。

ただ、お目当ての山女魚の数は少ない。

かわせみさんが1・2匹山女魚を釣っただろうか?

此処は虹鱒が付いているのだが、今日はどうだろう?

やはり、虹鱒君のお出ましだった。

しかし、流芯からや瀬尻からではなく流れの画像では一番奥の木の幹下辺りの緩い流れからだ。

前日に80mm近く降雨があれば当然、魚は岸に寄るし緩い所に避難する。

此処では岸際からお目当ての山女魚が釣れた。

此処は緩くなった流芯から

最後は予想もしなかった尺ヤマベのリリースの瞬間。

かわせみさんから良い1ショットを頂いた。

尺虹かと思ったらかわせみさんが「尺ヤマベ」と叫んでいた。

ランディングネットに取り込むとバラシそうだったので岸へずり上げた。

スケールを伸ばすと丁度303mm。

かわせみさん、有り難う御座いました。

今日は釣りが出来れば良いなくらいの気持ちでした。

思惑の通り渓の選定はバッチリでした、水量の多いことと濁りのあることを除けば。

しかし、シェルパのGも尺ヤマベまでは・・・・・・・(^^;)

6月ではあまり考えられないことが起きた一日でした。

かわせみさん、今度はアソコで尺ヤマベを狙ってみたいものです。

また、お誘い下さい。 m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0611 天気晴朗なれど・・・

2016-06-12 21:16:25 | 渓流釣り

デカパンはいずこ・・・・(?_?)

今日も天気は最高。

渓のコンディションも良さそうだ、この渓にいるだろうと思っているのだが・・・・・

まだ、6月だ。

昨年はBOSEを喰らっていたかな・・・・・(^^;)

入渓直後の鉄板ポイントで昨年末に購入した新竿に魂が入った。

ここぞというポイントからは1発で虹鱒君が飛び出して来る。

型はそれなりである。

しかし、虹鱒君は何処までも大きくなってもヤマベにはなれない。

此処でもそうだ。

1投目はそれなりの虹鱒君。

流れの尻で思春期の純子ちゃん。

夏には一目惚れするような、抜群の姿になってくれるといいのだが・・・(^^;)

此処は虹鱒君しかいたことがない。

随分と浅くなってしまっている。

虹鱒君が飛び出して来る。

午前中に別のへ出掛けていたので、午後も2時を過ぎてしまった。

今日はここで打ち止めとしたい。

尺ヤマベの鉄板ポイントなのだが、此処も虹鱒君だと思う。

案の定、虹鱒君だった。

流れに乗り走り回ってくれたので、竿がしなり放っしだった。

竿は シマノ 渓峰テンカラLLS3.3  とても良く仕上がっている。

4号のレベルライン3.3mにバカ1.0mでもそこそこ飛んで行く。

竿も十分にパワーがある。

欠点がない訳でもないが・・・(^^;)

新竿の入魂も終わったので、明日のことも考え上がり仕舞いとした。

車に戻ると馬平さんから電話があったようだ。

デカパンはいずこにおわす。(^^;)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0605 解禁

2016-06-06 23:03:44 | 渓流釣り

三途の川の渡し賃が、用意出来ていないシェルパのGです。

馬平さんとシェルパのG、USペアの山女魚解禁です。

二人とも満身創痍の身でありますが、新緑の渓から英気を貰っております。

此処は水量によって釣果が非常に左右されやすい渓。

水量はそこそこあるのですが、極めて水温が低い。

入渓後、やや暫くしてドライに反応してくれた今期の初物デカパンでした。

前日の降雨で弱い笹濁りの状態ですが、やる気のある純子さんもおりました。

馬平さんは、MMZでそれなりに釣っているのですが渋い釣りのようです。

小虹君やチビ山君は釣れるのですが・・・・・・

このポイントでも5~6回は毛鉤を打ち返し他でしょうか・・・・?

やっと、反応してくれました。

なかなか、水温が上がらないので本当に渋い釣りをしております。

夏に向かって釣果が期待が持てると感じております。

大きく育って、シェルパのGに会いに来て貰いたいものです。

水量も減って来たので、そろそろ脱渓のようです。

帰り道の林道は3Kmコース。

何か脚を用意しなくてはと思案する、馬平&シェルパのGコンビでした。

次回お会いしましょう。

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サンズ 0529

2016-05-31 22:53:59 | 渓流釣り

二週間振りの釣行だが、2日前まではベッドの上に居た。

かみさんは、私がこのまま死んでしまうと思い病院に息子を呼び寄せていた。

どうやら、病院中大騒ぎになっていたらしい。

シェルパのGは、つまらない武勇伝を作ってしまったようだ。 (-_-;)

三途の川に通じるゲートはどうやら閉まっていたらしい。

ゲートの鍵番号は常に入手しているが、私は未だに三途の川の渡し賃の六文銭を準備をしていないのが良かったのだろうと思う。

そんな馬鹿なことを考えながら歩く初夏の渓は気持ち良い、風が渓を吹き抜け鳥達の囀りも一際華やかに聞こえる。

「生きていて、良かった」と思う瞬間。 !(^^)!

この素晴らしき渓から「気」を貰って身体を癒やさねば。(^-^)

極端に水量が落ちているので、渓魚の反応も酷く渋い。

素晴らしい天候なのに、ドライへの反応はほとんどない。 (*_*)

思い切って伝承毛鉤に替える。

やっと、それなりの禁魚と数匹の虹鱒と遊んだ。

人生、いつ何処でどうなるか解らないので悔いのない釣りをしておきたいものだ。

さしずめ、明日は山女魚解禁だが二週間も仕事をしていないので「釣りに行きます」とは口が裂けても言えない。

週末は上の孫の運動会。

6/5がシェルパのGの山女魚解禁日となりそうです。 (^_-)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

0503 東方の渓Ⅲ

2016-05-05 12:27:12 | 渓流釣り

全道的に山女魚禁漁なので、虹鱒君を釣りにやって来ました。

久々の登場である馬平さん。

身体の調子も幾分回復傾向にあるようで、春と共にやはり身体がうずくようです。

昨年、9月6日以来のUSペアでの釣りですね。

車中は色々な話で盛り上がる、今年の釣りの展望を語り合う。

此処は3年振りの訪問になるだろうか?

いきなり山岳渓流を思わせるポイントが続き、胸躍らせてくれるのだが魚影は薄い。

開けたプールが現れたので静かに釣り上がる。

やはり、居てくれた。

虹鱒君が主役のこの渓、時々小さな禁魚が釣れたことを思い出した。

良いポイントが巡って来たので、此処は馬平さんに先に探って貰うことに。

やや暫くして何か釣れたようだ。

なんと素晴らしい型の禁魚。

馬平さんは「今日は此で満足だ~」と叫んでおりました。

シェルパのGは次に巡って来たポイントで型物を掛け損ねてしまう。

その後、馬平さんにもう一度チャレンジして貰うが反応無し。・・・・・・型物禁魚だったかも知れない。

距離的には1.5km程釣り上がっただろうか、もうそろそろ引き上げ時と感じてこの渓を後にした。

次回の訪問は未定だが、大雨後の渓としては面白いかも知れない。

この後、シェルパのGだけが調査で別の渓を歩く。

今年、密かに尺ヤマベを期待している渓だが水量に左右され易い渓だけにどうなることか?

解禁以降にその一端をご紹介することにして、また、次回にお会いしましょう。

m(_ _)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サンズ 0501

2016-05-01 23:32:02 | 渓流釣り

全道がすべて山女魚禁漁ということになりました。

山女魚フリークのシェルパのGとしては、気分的に優れない5月です。

いわゆる、5月病になりそうです。・・・・・・・(~o~)

しかし、そんな憂鬱な5月も楽しまなくてはいけません。

救いの手をさしのべて下さる、諸先輩に感謝です。

何処もかしこも生命力に満ちております。

 禁魚の純子さんさえも飛び出して来る始末。・・・・・(^^;) 狙っては居ませんよ~願ってはおりますが!!

春は本当に良い。・・・・・・・!(^^)! 

後、半月もすると木々の緑も濃くなる。

 この所、産卵で忙しかった虹君もペナントレースに戻って来た感じです。

一線級が顔をだして来ております。

ライズも頻繁にあり、それを狙って仕留める楽しさも戻って来ましたね。

 喜んでばかり居られないのはシェルパのGだけです。

体中からMgが抜けて行き、非常に手足が痙り安い状態にあります。

困った物ですが、だましだまし釣りを続行です。

遅れを取りましたが、これくらいならすぐに追いつけるでしょう。

復りはtomaTさんの良いパパが待っているので、手足も最後まで保ってくれるでしょう。

tomaTさん、釣野さん 本当にいつも御馳走様です。 m(_ _)m

Kさん、いつも優しい笑顔を有り難う御座います。 m(_ _)m 

次回も皆さん宜しくお願い致します。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

0424 東方の渓Ⅱ

2016-04-24 19:23:10 | 渓流釣り

かわせみさんから「明日の予定は?」

何処も決めてません~なので、かわせみさんにお任せコースとなりました。

一年に2度くらいは来ることがあるが、春先は初めての訪問。

水量がそこそこあり期待がもてそうなのです。

水温の低さを心配して居たのですが申し分ありません。

180~200mmくらいの純子さんがそこそこ釣れて来ます。

かわせみさんというと小さいのに悩ませられているようです。

私はなるべく小さいの掛けないようにしながら釣り上がります。

 此処は絶対に居るでしょうね。

3度目のトレースで本日最大の230mm純子さん。

この渓のポテンシャルはある程度理解していたが、春先の状況は今まで一切情報がなかった。

今回、結構釣り上がったし水量のある時期ならばそこそこ楽しめるのも解った。

渓は途中、山岳渓流のような渓相となりその区間には良型の山女魚も結構居た。

他の釣り人の空の餌箱が落ちていたり、林道には大型のプーサンのテリトリー看板もあり驚いたが

気持ち良く楽しめた。

かわせみさんは型物を連発していた。

かわせみさんの利き腕の痛みがなければもっと釣れて居たはず。

来年の春は万全の体調で臨みたいものですね、お互い!!

此は少々小さいが240mmはあったのです。

この後の「かわせみ劇場」は『かわせみ』のやまべ釣り日記をご覧下さい。 m(_ _)m

それではまたお会いしましょう。 

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0416 東方の渓

2016-04-18 23:55:51 | 渓流釣り

一年振りになります。

この渓は非常に釣行のタイミングが難しい渓なので、今回は遅すぎたと思いましたが来ました。 (~o~)

しかし、以外にも水量があるようです。

問題は純子さんがいるかどうかです。

最初のポイントであっさりと20歳前後の純子さんが釣れて来ました。

その直後には、目印に執拗に食らいつく純子さんがいるではありませんか? (@_@)

すぐにテンカラモードに変更。

面白いように釣れます。 

此処だろうという所に毛鉤を打ち込むと、純子さんが釣れてくるのです。

それも20歳前後のプロポーションの純子さんばかり、途中でカメラに収めるのを止めました。

型物が欲しくなって来ます。 (^^;)

やっと、深場から飛び出して来た尺物は虹鱒君は痛恨のバラシ。

そんな状況でも純子さんは,微笑んでくれました。

中パン23歳の純子さんを掛けた後はどうしようか迷ったのですが、一区切りつく落ち込みまで目と鼻の先なので此処で脱渓することに。

落ち込みの開きで定位する型物純子さんは、毛鉤には関心がなかったのですが色気より喰い気の純子さんのお出ましです。

26歳純子さん。(^^)/~~~

新しい偏光レンズは遠近両用のせいか、水中の魚体が実際より大きく見えるようです。

一瞬、尺ヤマベかと見間違えるような大きさでした。

実測260mmです、今日はこれ以上言うことありません。

毛鉤は3本程ボロボロになりましたが、掛けた数は全く覚えておりません。 (^o^)

数年に一度のチャンスに恵まれるました。

まさにテンカラ天国と言った、山女魚釣りを心ゆくまで堪能させて頂きました。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンズ 0410

2016-04-12 22:51:05 | 渓流釣り

 颯爽と立ち込んでポイントを攻めるKさん。

そうでうす、シェルパのGは連日サンズ詣であります。

本日は馬平さん・釣野さん・Kさんに同行させて頂きました。

体中にキネシオテーピングが施されております。

ポイントではKさんを筆頭にワークショップを開いております。

tomaTさんは足取りも軽く木暮サーカース団を思わせる動き。

この後、シェルパのGも真似をするのですが一つ間違えば水もしたたる親父になるところでした。

 

本当に良い流れだ。

気持ちが良くなるのは当たり前ですね。

この日は本当に元気の良い出方をする虹鱒君達の多いこと。 (^o^)

 一週間後にはもっと楽に愉しめると思う。

天候の良いことを祈らずにはいられない。

では、また、来週。(^^)/~~~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンズ 0409

2016-04-12 22:36:27 | 渓流釣り

久々にBianchi君から連絡があり、本当は東へ走る予定だったが急遽サンズへ転進。

天候が少し気にはなったのだが、日中は気温が上がりそれなり楽しんだ。

風が強いことと魚影が思いの他薄いことを除けば上出来の釣りだった。

ユニクロの安いダウンパーカーがこの冬は随分と活躍してくれた。

春先も此で日中は十分に暖かい、ややもすると汗ばむこともある。

前回、釣野さんが魚に走られたポイントに到着。

此処はただでは通り過ぎる訳には行かない。

画像を処理するのを忘れた!!

狙って釣った確信犯だが、いつも狙った所に禁魚がいる訳でもない。

良い子の釣り人は真似をしないように、缶ビールなんぞを片手に釣りをするといつかバチが当たるかもね。(^^;)

何はともあれ、午後から強くなった風をものともせずよく遊びました。

Bianchi君、お疲れ様でした。

5月にまた遊ぼう。 (^^)/~~~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加