きままに日記

日常の出来事やアウトドアなど、きままに書いていこうと思います

念願のネギ釣行

2017年04月25日 | 釣り

2年越しの希望がかなった。

この時期の楽しみは、貴重な行者ニンニクの採集です。
昨年は体調不良のため断念、今年にかけていました。

が しかし せっかくの釣行は、低気温と冷たい雨のダブルパンチ。

とりあえず 今日の目的はこれじゃ~!


かげまるさん さあ入渓です。


今回は入渓早々 泣き尺のニジマスがかかり、おもいっきりジャンプします。
TOKIさんが連続写真を撮ってくれました。


TOKIさんもチャレンジです。


しかしこの直後 先行者2人を発見。
残念ながらここはネギを諦めて移動です。



次に入った溪、ネギ採集にほぼ専念。
写真提供 かげまるさん。


しかし 収穫量的にやや不満で、それを察したTOKIさんが3ポイント目に案内してくれました。
かなり大きな支流です。


それでも あいかわらずネギ採集(^-^)
写真提供 TOKIさん


おかげで かなり収穫できました。
本日は これにて終了です。


今回もお2人に私のわがままを聞いていただき、ありがとうございました。
しかも 低気温と冷たい雨の中、本当に申し訳ありませんでした。

私は手がかじかんで指は動かず、顔はこわばり うまくしゃべれませんでした。
でも ネギ採集だけはしっかりやりました。

おかげで かげまるさん命名、 今日だけ メンタル八割 改め ネギ八割 となりました。
これ けっこう気にいっています(^_^)

できれば また来年も よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーリンク対策 2

2017年03月14日 | 釣り

さて 災害的な大雪も過ぎ、季節は巡り 雪解けも進んできた。

思い起こせば1年前の今頃 病院のベットの上で、激しい痛みに耐えていた。

それを思うと、今はなんと幸せなことか。

心臓も順調に動いている。

今年もこんな景色が見たいですね。







ここはいかにもポイントでしたが、お留守でした。



マタタビですね。
熊さんはこちらに注目して、私達は無視してほしいものです。



昨年は入院中で行けませんでしたが、今年もSMCの某爆釣王にお願いして
ぜひ アイヌネギ採取にお連れ願いたいと思います。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーリンク対策 1

2017年01月22日 | 釣り

今年もスポンサーリンク対策で、思い出の写真でも・・・。

まずはどこにでも生えているけど、私には見逃せない植物。
簡単に踏みつけて歩いてしまいそうですが、立派に生きています。



そして こんな小川にも、思わず目がいきます。
魚たちの産卵場になっていてくれると、いいのですが。



はて これは何キノコ?
きっと毒があるとは思うのですが、名前はさっぱりわかりません。




そして ここが私とかわせみさんとの、昨年の最大のイベントが起きた溪です。
2016年7月11日のブログにアップしてありますが、
あまりに衝撃的な出来事だったので、さらっとですが再度アップしたいと思います。

事件はここから100mくらいの所で起きました。
釣りが終わり、移動するためここから車をスタートさせて、すぐのことでした。
お~ 恐ろしや~;(^.^);
子熊を連れた母熊は強いということです。
こちらは車の中とはいえ、私の真正面 距離にして3~4m程のところで
こちらを向いて立ち上がった姿は、立派な体格でした。
続いて助手席の私をかすめるように斜面を斜めに登り、私の真横
やはり距離にして3~4m程のところで立ち止まり、じっとこちらを見ています。
かわせみさんが車をスタートさせると、斜面をこちらへ向かって斜めに必死に走り下ってきます。
道はカーブとなり母熊の姿は見えなくなり、ホッと一安心 放心状態です。
この次 チャンスがあったら、証拠写真にチャレンジしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここは ナニ川?

2016年10月16日 | アウトドア

ここは 私の大好きな溪です。

到着して、かわせみさんと2人で驚きました。

今年の大雨で渓相が変わっているのはわかっていましたが、
これ程までとは思っていませんでした。

何度も訪れて慣れ親しんでいる草や木が何もありません。
水の流れている場所が違います。
川底は茶色や緑の藻に覆われ、滑ります。
あの 宝石のような溪は、どこへ行ってしまったのでしょう。

ガッカリしていても、どうにもなりません。
さあ スタートしましょう。


今日はいい天気です。



いずれ 新しいポイントができるのでしょう。



20cm前後のが、そこそこ釣れます。
エサを追ってくるのが、よく見えます。



かわせみさんは、あと4匹でデカパン30匹です。



素晴らしい天気、もうこれでほとんど満足です。



きれいなヤマメが釣れました。
溪は破壊されても、たくさんのヤマメがいました。



紅葉がキレイですね(^-^)
しばし釣りの手を止めて、紅葉見物です。



水もキレイですが、水量は少なめです。
この頃には気温も上がりとても暖かく、朝とは大違いでした。




最後に大きいのが釣れましたが、サビが入っていました。
デカパンにあと一歩でしたが、いい引きでした。



紅葉を見ながら終了です。



今日はこれにて終わりです。

今年の釣りは諸般の事情にて、これで終了かもしれません。
来年も元気に溪に立てたらと思います。

かわせみさん 今年もありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ終盤戦

2016年10月03日 | 釣り

10月に入りました。

今回は今年最高の晴天と綺麗な水でのスタートとなりました。
私としては、これでもう目的の半分は達成されたも同然です。

今までの今年の大晴天の釣行は、車中とはいえクマとの超接近遭遇(2~3m)がありましたので、
今日もしクマに出合わなければ、今年最高の出来となります。

さあ到着、お~良い天気(^-^)



水もきれい。
しかしここにクマの足跡が多数あるのを見逃し、
後からかわせみさんに教えてもらいビックリしました。



早速 中パン君が来てくれました。



ここはイワナが多い渓です(40cm弱のも釣れました)。
どんどん進んで行きましょう。



キレイな水に、スーッと濁りが流れます。
ふと見ると、サクラマスが大型のヤマメとペアリングして
盛んに産卵床を掘っているところでした。
しばし見学です。
わかりずらいですが、2匹と産卵床(白っぽく丸い部分)が写っています。
帰りに見ると、もう魚はいなくなっていました。
無事 産卵したのかな(^_^)



そうこうしているうちに、ぎりぎりデカパン君が来ました。



さあ 次に移動です。
ここでは 水の力の恐ろしさを強く感じました。
前回の大水で地面の表層部分が持っていかれ、数m下の
岩盤部分がむき出しになっていました。
その様子を横目で見ながら、この方はいったい何をしているのでしょうか?
わたし的に簡潔に言わせてもらえば、
『たった今 会わせ切れし口にハリをつけたままのヤマメを、横に竿を置いたまま指竿釣法で魚を見ながら穴から釣ろうとしている釣り人』
といったところでしょうか(^-^)



さて 最後の溪にやってきました。
ここは某ベテラン釣り師の方から教えて頂いた場所です。
おっと 入渓ポイントにたくさんの鮭です。



遡行していくと、たくさんのサクラマスです。
先行者もおり、大型ヤマメは釣れませんでした。
でも いい天気でした。



本日はこれにて終了です。
今日はたくさんのサクラマスや鮭を見ました。
どうか たくさんの子孫を残してほしいものです。

天気は最後まで良く、クマにも出合わず、今年最高の釣りとなります。

かわせみさん 次回もよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加