Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

100% Song

2017-02-20 | Weblog




いやぁ~。
パンチありますねぇ。

他所を見て作業していたのだけれど、TVからこの娘の声が流れてきて、思わず振り返って魅入っちゃったよ。
いい声だなぁ~。

女子の甲高いだけの声とか、嫌いなんすよ。
Miwaとか、西野カナとか。
So empty.
空っぽ。

この女子高生は鈴木瑛美さんという方らしいですが。
プロにせんと。こういう子は。

いい声だねぇ。
アテクシは好きだよ。

欲を言えば、前髪をぱっつんに眉毛の上まで切った方が良かった。
長さもショートボブくらいにしても良かったかな。
本当に個性がある子って言うのは、「ショート」の方が存在感が「増す。」
でも、その芋っぽさが却ってCMとしては良いのか。
100%国産芋(笑)。


湖池屋はポテトチップスの元祖ですからね。
今のところ、カルビーにお株を奪われている感はあるけれど、この100%湖池屋は買ってみようかなと。
つい、CM見ていたら、思ってしまったアルヨ。

それぐらい、パンチのあるCM。

この子はお買い得だと思うよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついでに

2017-02-18 | Weblog

もう一つ死活問題。

そろそろミネラルウォーターが切れるなぁということで、買おうかしらん?と思っていたら。
やってくれました。

アスクルの物流倉庫火事!

普段Lohacoから買っているもので~。
関東の注文、受付不可~~~~。
どひゃ~。

まぁ、しょうがないよなぁ。

改めて、そうか、ロハコってアスクルだったんだと(笑)(←今更か)

しかし、倉庫で火事なんて起きるもんかね~?
しかも朝に。

当分無理そうなので、別の店で注文するしかないだろうけれど。(重いから配達して欲しいのよね)
スーパーでも頼めるのだが、結構な買い物をしないと無料宅配にならないんだよねぇ。
貧乏人だからつい無料で配達しもらえないかなと思ってしまうのです。
配達する方たちは地獄の大変さらしいのだけれど。ありがたく思っていますよ、普段から。

だから、アテクシ。
注文する時も結構気を遣ってしまうんですよ。
うち、エレベータとかないので、お兄さんたちが運んでこれる量をある程度計算して、量を押さえて注文しとるです。だってね、辛いよ。
2Lボトル×6個×2個、つうたら。それだけでも24㎏。
他にも買ったら、簡単に30㎏越え。
申し訳ないっすよ。

感謝しています。

水、どうしようかなぁ~?
うん、考えよう。
でも、そこまで緊急じゃないし。

ドンキも近いし。
最悪、水道水でもいいし(←おい)。
雑な人間です~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地獄シーズン到来

2017-02-18 | Weblog
あ~、またこのシーズンがきたよぉ…。

確定申告

め、めんどうくせぇ…。


しかし、宅は医療費が膨大なのでこれをやらんと還付されないことよ。
はーっ、めんどいなぁ。
お金の計算、ほんとに嫌い…。

今はネットでフォーマットが手に入って入力すればいいだけだから、そこそこ便利っちゃ便利なんだけれど。
一番めんどうくさい医療費控除の詳細に関しては、やっぱりひたすら面倒だもんねー。マメに記入していればいいんだろうけれど、やらないよなぁ。

一番最後になっちゃうゎ、やっぱり。
あとの項目は書類があれば入力すればいいだけだからどうにかなるけれど。

ちなみに本年度から始まった「セルフメディケーション税制」これもうちにとってはなんもいいことないんだよねぇ。(ただ、適用は来年の確定申告分からだよね)市販薬を買った分、年間12,000円を超えれば還付してもらえるという制度だが、この制度、実は従来の医療費控除とは「併用」ができないらしい。

今までの医療費控除には市販薬の購入代金も計上できたし、通院の交通費なども計上できた。
そうすると市販薬代を医療費控除に含めなくなるってことかしらん?
ちょっとその辺りのことが分からん。今度聞いてみよう。入れられないとなると、うちにとっては単純に市販薬代が「ロス」になるだけなので、ちっともいいことない。

そもそもセルフメディケーションを使うには、前提として定期的に「健康診断」や「予防接種」を受けていることを証明しないといけないらしい。これも面倒だわいなぁ。ま、でも悪用する人がいるからね。外国人とかこれで大量に薬買って、海外に転売とかしそう(笑)。

あとは医療費控除分の計算を残すだけだが、ちょっともう疲れたので、今日はやらん。
半分くらい終わったから、よしとする。
とりかかっただけ、えらいぞ、私。

あぁ、外はどんよりと曇っている。
雨、降りそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

為せば成る

2017-02-12 | Weblog

えぇ。
諦めちゃ、いかんですね。
何事も…。

死にそうな、あるいは死にかけな、歌丸さんの寄席が近々あるというので、数ヶ月前からカレンダーに発売日を記しておいた。

本日から発売開始であったのだが、すっかり忘れていて日用品の買い物なぞに行っていたので(寒くって買い物に行くのが延び延びになっていて、肉や魚がほぼ底をつきはじめていたので行かざるを得なかったのだよ。炭水化物ばっかりじゃねぇ…。よって、発売日であったことに気づいたのはその日の午後であった。)

チケットサイトをチェックしてみたが、軒並み『売り切れ。』
あちゃ~、残念。

まぁ、歌丸さん始め大御所が連なる結構な面子で。
なかなか席も取れんのも頷ける。

あーあ、逃しちゃったか。
近場だと思って結構前から狙っていたのに。

事前にも買えたんだよ?
余分にお金を払えば。
でもさ、それって結局「定価」じゃないよね?
発売日より早めに買うために、余分にお金を払わなきゃいけない。
なんかさー、公平じゃないよなと思っちゃうんだよね。そういうの。
「定価」じゃないじゃん、と。
結局、お金に余裕がある人の方が得をするようになっているよね。

諦めようと思ったが、どこぞ「悔しい。」
悔しさ紛れに、会場となる会館のホームページをチェック。
オンラインでチケット購入ができるようだ。

チェック、チェック!

あら?
まだ、数席残席があるじゃん?

ひゃっほ~~~♪

わざわざ会員登録して(面倒だけど)、ちょっと送料とか余分にかかるけれど、即行買いましたさ♪

Yesっ!

なんつーか。
人間、諦めちゃいけないなぁ。
ジタバタすると、どうにかなることも、あるんだねぇ…。

一人で落語。
最近落語にも興味をもち始めたピンキーちゃんを誘おうかと思ったけれど、連絡するのが面倒で(苦笑)。


即断、即決ができるので、一人って楽なんだよなぁ(笑)。


哀しみから喜びへ、一転よ。

わ~い♪
歌さん♪

あと3ヶ月。
死なないでね♪(←ひでぇ)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

翌日

2017-01-30 | Weblog

植えたブルーデイジーの蕾は、すっかりとうなだれていた。
枝を植えて根がつくまでには、1ヶ月はかかるそうであるが。
たぶん、これは無理だろうなぁ。

それでも。

よく頑張ったね、と。
そう、送り出したい。


君は、おそらく。
全力を尽くしたのだ。

よく、頑張った。
ほんとに、そう思うよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一縷

2017-01-29 | Weblog
(photo by Bob Benson)


イチルの望みである。

昨日、風でブチ切れちゃったブルーデイジーの枝。
まさか、枝が切れるほどの風になるとは思わなかったもんよ。

切れた枝についていた蕾は、コンクリートの上でしなだれていた。
半日くらいその状態であったのだろうから、しょうがないよな。
あぁ、無理だろうなぁ。
そう思ったけれど。

コップに水を張って、枝を再度切り戻してつけてみた。
無理だろうなぁ、うん。
でもさ…。

まるで、スズランのように蕾は垂れてしまっている。

半ばあきらめてその処理を施したのだが。

翌朝。
Wow!

水を吸い上げて、蕾がピンっと張り直している♪嬉しい♪泣きそう~。
すごいねぇ、植物。

ブルーデイジーは「挿し芽」ができるのだろうかとネットで調べてみる。
あら、できるみたい。

とは言え、冬はそのシーズンではない。暖かい生育期に挿し芽するのが王道。
だから難しいだろうなぁとは思うけれど。

もう千切れてしまった枝だから。
他にどうしようもない。

短めに切りそろえて、小さな植木鉢に植えてみた。

運が良ければ。
そう、君らの『生命力』が勝てば。

ひょっとしたら、根がつくかもしれない。
Survive!


Fingers crossed.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セキレイ

2017-01-28 | Weblog

ほぼほぼ暴風。
なんだ、今日は。

洗濯物も干せないくらいに暴風。

(余談だが、帰宅したらブルーデイジーの枝が風でいくつもちょん切れて、ベランダに散らばっていたよ(涙)。蕾もついていたのに~。ぐすん。蕾から花弁がこぼれ始めているくらいだったのに)

ぐるんぐるん、風に吹きまわされながら、バスを待つ。

青空。バス停前の公園では木々が狂ったように枝を揺らしている。

ふと気づくと、数メートル先の地面に鶺鴒が舞い降りてきた。
白地の身体に背中が黒い。
たぶん、白鶺鴒ね。長い尾をピコピコ上下に揺らしている。

とてとてと。
地面を歩いて。
溝に溜まった草や葉をついばみながら。

数メートル先にいたのに、どんどん近づいてくる。
のんびりと。

あらま。
随分、警戒心のない子だね?
大丈夫かい?

ほんの2歩先くらいの地面まで寄ってきて。
下手したら、手乗りになるんじゃねぇか、こいつみたいな(笑)。

その時。

バスがやってきて。

「ピピピ!」

と鶺鴒君は叫んで、風に煽られて斜めって飛んでいった。
公園の木々の方へ。

飛んでいった方を見上げると、そこには毎年咲くソメイヨシノの木があって。
気づけば、少しずつ蕾が膨らみ始めているのだった。

嗚呼、そうか。
寒風吹けども、少しずつ。

春へと向かっているのであった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手首痛いョ~

2017-01-17 | Weblog

文字通りである。
手首が痛いのだ。

年賀状の時期も過ぎた今頃、アテクシはしこしこと「寒中見舞い」などをしたためている。

父宛ての年賀状。
返事をしていなかったので。
病気療養中につき、本年をもって年始のご挨拶をご遠慮申し上げます、という趣旨の。
要するに別名、「もうめんどいから、年賀状やめるゎ」通達。

本人がなんもできないので、こういうものもアテクシがやらねばならんのよねー。
あぁ、めんどい。

それでも、一時は100通近くきていたであろう年賀状も年々減り、ここ数年、お返事も書いていなかったので今年は20通そこそこくらいであった。正しく「去る者は日々に疎し」ですなぁ。切ないねぇ。

宛名も差出人も手書きで、一言添えて。
結構ちかれたよ。

あちき、手首が痛いよ。
(だって、リウマチだもん。)

見ず知らずの人にさぁ、お世話になりましたって代筆するのって、本当に変な気分よね。
最近、直筆で字を書くことがないから、字が汚いなぁ。情ないなぁ。
相手、知らんのにね。
知らんけど、これで「さようなら」なわけだしね。
父はお世話になった方なのだろうし。少なくとも、人生の1ページに、どこかで交わった方だからね。
転勤の多かった父だから、日本全国、津々浦々ですなぁ。
父、頑張って働いていたんだなぁ。

せめて手書きでって思うよね。
そこは「人」として。

しかし、一言の手書きもなく年賀状送ってくる人ってなんなんだろうね?
それだったら、いらないよね?

お元気ですか?の一言でも、せめて手書きであればと思うよ。
ま、相手も皆、高齢なので致し方ないところなのだろうけれど。
事情は分からんもんね。

「終い支度」だよね。
人が老いて死んでいくって、ほんと大変。

楽じゃないゎ。

アテクシは、なるべく他人様に迷惑かけないように、早めに身じまいを始めないとな。
今から少しずつ始めようと思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PNSP~ んっ?

2017-01-17 | Weblog





あははは♪
国立劇場の邦楽師の面々が、けっこうな本気でPPAPならぬPNSPを披露。

本気だ(笑)。

クオリティ、半端ない(笑)。

三方、欲しいなぁ。(←そこ?)
塗りもいいけど、白木の(たぶん檜だよね)もいいよなぁ…。(←だから、そこなのか?)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エンジェルはどこへ?

2017-01-15 | Weblog

昨年末にプランタン銀座が閉館したそうな。
数えるほどしか行ったことがないけれど。

むか~しね、あそこでアテクシ白いレースの手袋を買ったんですよ。
「どこで使うの?」っていうような品ですよね。
買ったものの、使う機会なんて一度もなかった(笑)。何十年も放置していましたよね。
ひょっとしたら、いまだにどこかにあるかも?
でも、一目惚れしたんですよね。
使うこともないフランスの貴婦人のようなレースの手袋を売っていたのが「プランタン銀座」ってとこだったのですよ(笑)。

あと、1Fの鮮やかな傘売り場の様子をなんとなく記憶している。
懐かしいな。

プランタンに入っていた洋菓子の「アンジェリーナ」の「モンブラン」は結構好きだった。

一番下の砂糖の塊みたいなベースはちと甘すぎるのだが。
上の栗のクリームはとっても美味いよね。

プランタンが閉館して。
「アンジェリーナ」はどこへ行ってしまうのだろうか。
無くなっちゃうのかな?

それだけが、気がかり。

アテクシは基本的に和菓子派だが、あのモンブランのクリームは美味いと思ったんだよなぁ。(洋菓子のバターとかクリームがアテクシには重いの)
欧州の栗の風味って、日本のものとちょっと違うよね。香ばしいというか、コクがあるというか。
「欧州だなぁ」って感じの味がする(笑)。
閉店で食べられなくなってしまうのだったら、哀しい。
どこかへ移転してくれまいか。

和菓子派だが。
たまには、食べたいョ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加