新型インフルエンザ・ウォッチング日記〜渡航医学のブログ〜

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

国境なき医師団がtotally out of controlとコメント出した現状(エボラ出血熱)

2014-06-21 12:24:15 | エボラ出血熱 EVD エボラ

ギニアからはじまった今回のエボラ出血熱流行、これまで対策の中心にいた国境なき医師団が、「もう限界までやっている。totally out of controlだ」とコメント。

  • 国境なき医師団、すでに限界まで 反応しており(medical group is stretched to the limit in responding)もはやまったく制御困難だ("totally out of control," )とコメント出しています。すでに第二波に突入している。
  • 今回の流行は、世界でももっとも貧困な地域に発生していて、公衆衛生システムが元々脆弱である。
  • また、今回特に難しいのは、移動が多く、ギニアやリベリアの首都など、人口密集地で流行していることだ。従来の流行では、隔絶された遠い村で発生することが多く、これほど容易には広がらなかった。
  • 唯一の対策は、調子が悪ければ名乗り出ていただくことと、患者や遺体にさわらないことを人々に説得することしかない。

う〜ん、エボラ出血熱といえば、致死率高く経過早く、そんなには(地理的に)拡がらなくて、そんなには患者数も増えない疾患というのが、イメージでした。しかしどうやら、スーダンもコンゴもガボンも、これまで単に運が良かっただけということのようです。

遠く離れた村ではなくて、交通の行き来の多い人口密集地帯で今回初めて起こってみたら、国(保健当局)はお手上げ、先進国のメジャーNGOもこのようなコメントを出し、国境を越えてじわじざ拡がりということになってしまいました。出来ることは、人々の行動変容をうながし、行動範囲を制限することだけですが、それを可能にならしめるような警察力もなく・・・という事になれば。。。

次は「軍の動員」だとか強権的なことが必要な段階にはいりつつあるのでしょうか。

ソースはAP
http://bigstory.ap.org/article/ebola-out-control-doctors-without-borders

Doctors Without Borders: Ebola 'out of control'

Jun. 20, 2014 4:21 PM EDT
 
ソースの魚拓
http://megalodon.jp/2014-0623-1749-14/bigstory.ap.org/article/ebola-out-control-doctors-without-borders
 
 
『アフリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月20日(金)のつぶやき | トップ | 6月21日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。