自転車おやじのカリフォルニアゴールデン日記

ゴールデンレトリバーのジュリーのblogから、ロードバイクのブログへと衣替え。トライアスロンとサーフィンについても少し。

Trek Madone 7 売却完了

2017-05-18 13:30:50 | サイクリング
以前、私の前の愛車Trek Madone 7を売りに出そうかなと思っている、という記事を書きましたが、きのうeBayで売れました。


最初は、売れれば儲けものという感じで、かなり高めの値段で"Buy It Now"(日本語で言うと「即決」というやつですね)方式で出品しました。ただし、"or Best Offer"オプションを付けて。これは、提示した価格で売りに出すけど、買い手はそれより安い値段を打診出来るというオプションです。


この最初の"Buy It Now"で買い手がどれくらいの値段であれば、買う気があるかというのを見極めます。いくつか、私の希望価格に近いOfferがあったのですが、別に急いでいないので、Offerは全てDecline(拒否)し、もう少し様子を見ることに決めました。


そして、この"Buy It Now"の出品の期限が切れた後、希望価格の少し上の価格で、30日間という長めの期間を設定し、再度出品しました。ただし、今度は"Best Offer"のオプション無しで。


eBayはどのくらいの数の買い手が興味を持っているかという情報を提供してくれるので、比較的長い期間で出品していると、出品した品物が売れそうかどうかが分かります。このMadoneの場合は、かなりの数の買い手が"Watching"していたので、値段さえ下げれば売れることが分かっていました。


問題は、いつ、どれだけ値段を下げるかです。あまり早く値段を下げ過ぎると、買い手は、「売り手はあせっているな。もっと値段が下がるぞ。」と思い、さらに値段が下がるのを待ちます。今回は、出品期間が残り7日になった時点で、$100値段を下げました。すると、1日以内で買い手が付きました。


今回は、売却作戦が思った通りに進んだので、なかなか気持ちがいいです。ちょっとしたeBayの売却のコツですが、もしもeBayで何か売ろうとしておられる方がおられましたら、試して下さい。成功するとは保証出来ませんが。


「どうやってそんな方法を思い付いたのか」って? それは、私がeBayの買い手でもあるからです。色んな失敗と成功を繰り返して、学んだという感じですね。失敗したケースの方が多かったような気もしますが。


さて、売れた後は、Shippingです。Sellerとしてのいい評価を得るためには、出来るだけ早く発送しなければなりません。バイクが売れることを想定して、行きつけのバイクショップで、予めShipping Boxをもらっておきました。


ホイール、ハンドル、サドルをはずし、傷が付かないようにBubble Wrap(いわゆるビニールのプチプチですね)でプロテクトします。





そして、これをShipping Boxに丁寧に押し込み、緩衝材をたくさん入れて、梱包完了。





あとは、eBayでプリントしておいたShipping Labelを箱に張り付けて、FedExのオフィスに持って行くだけです。


小さい品物はUSPS(郵便)の方が安いですが、ある程度大きな物を発送する時は、FedExの方が安いですね。



とても気に入っていて、大切にしていたバイクなので、売ってしまうと名残惜しい気持ちがするのかなと思っていました。でも、いざ売ってしまうと、不思議と「ああ、売ってしまった」という寂しい気持ちにはなりませんでした。


このバイクは、ここ3カ月ほどガレージの肥やしになっていましたが、新しいオーナーの元で、再び頑張って走ってもらいたいですね。


では。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危ない波乗り、どうしよう... | トップ | 私のTrek Madoneは日本で買わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL