自転車おやじのカリフォルニアゴールデン日記

ゴールデンレトリバーのジュリーのblogから、ロードバイクのブログへと衣替え。トライアスロンとサーフィンについても少し。

危ない波乗り、どうしよう...

2017-05-15 13:20:45 | サーフィン
ここ2週間ほど、南カリフォルニアのサーファーの中では、ある1つのことが話題になっています。それも、とても危険な話題です。


そうです。サメ、サメ、サメです。今年の初めから、Surflineという波情報のサイトが運営している、波乗りポイントのLive Cam(インターネットによるビデオ中継)に、海の上でイルカのように飛び跳ねているサメが映り、話題となっていました。


そして、とうとう2週間程前に、悲劇が起きてしまいました。それも、私が普段いつも行く、波乗りスポットで。サーファーの中に混ざって、ビーチ際で泳いでいた女性がサメに襲われたのです。その女性は、太腿の裏側をゴッソリ噛み千切られ、生死の境を漂っていたそうです。でも、サーフボードのリーシュコードで、出血を止めるという救急処置のお陰で、何とか命を取り留め、今は快方に向かっているようです。


その後も、この辺りのあちらこちらの海岸で、体長7-10メートルくらいのGreat White Shark(ホオジロザメでしょうか)が目撃されており、しょっちゅうニュースになっています。先週の水曜日には、私の行くスポットの隣町のビーチで、15匹ものGreat White Sharkがヘリコプターから確認され、スタンドアップパドルボードをやっていた人が、ヘリコプターから「ただちに浜に戻りなさい」と警告されたそうです。


‘You are paddleboarding next to approximately 15 great white sharks,’


「サメなんかに喰われる確率はものすごく低いので、そんなこと気にしない」とタカを括っていた私でも、さすがに、自分のいつも行くビーチで事故が起こり、これだけニュースになると、ちょっとビビってしまいます。


実は、きのうのバイクレースの帰りに、ちょうどいつも行くビーチの近くを通りかかったので、様子をチェックして来ました。


ビーチの入り口のゲートにいたPark Rangerのおじさんに、「サメのやつらはどうしてる?」と聞いたら、「うーん、いるねぇ。きのうも崖の上から見てたら、3~4匹泳いでいたよ」という答えが返って来ました。ちょっと、ギョギョギョですね。


そして、実際ビーチまで行って様子を見て来ました。土曜日で天気も良かったのに、人はまばらです。広いビーチなのですが、海に入っている人の数は余裕で数えれました。





全部で、15人も居なかったですね。そして、駐車場もこの状態。





この時期、普通なら駐車場に入り切れない車の列が続くというのに... サメの事件の影響は絶大ですね。


どうしたもんでしょうね。さすがに、サメの目撃情報が落ち着いて来るまでは、ちょっと様子見って感じですかね。何とか夏本番になる前には、サメ野郎たちが居なくなって欲しいもんです。


では。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今シーズンのレース2戦目 | トップ | Trek Madone 7 売却完了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL