自転車おやじのカリフォルニアゴールデン日記

ゴールデンレトリバーのジュリーのblogから、ロードバイクのブログへと衣替え。トライアスロンとサーフィンについても少し。

リタイヤ後にバイクショップのオーナー

2017-03-25 13:10:24 | サイクリング
2日前の水曜日、仕事が終わってから、G2 Bike Shopというバイクショップのショップライドに行って来ました。





実は、去年の年末に、私のバイク仲間の1人がこのバイクショップのオーナーになったのです。彼は、30年以上アメリカの大企業に勤めて、営業の仕事をしていました。去年60歳になったのを機に、彼は思い切ってその大企業を退職し、このバイクショップの権利を買い取り、オーナーになったのです。


話を聞いていると、朝は毎日自転車に乗り、その後ショップに出勤し、一日中、お客さん、メカニックの人達、自転車に囲まれて過ごしているようです。この話を聞いて、「それって、理想のリタイアメント生活だね」と思わず言ってしまいました。彼も、「そうだろ。楽しいよ。」と言っていました。


はっきり言って、バイクショップというのはそれほど儲かる商売ではありません。最近はみんなインターネットで買い物するし、店で買う人もかなりのディスカウントをしないと、買ってくれません。


でも、彼のように経済的な余裕があり、必死で頑張らなくてもバイクショップを経営して行けるなら、これは楽しい仕事ですね。私自身も、今後の身の振り方を考える時に、参考にしようと思ってしまいました。


ライドの後は、お楽しみのパーティータイム。





ビールを飲みながら、バイク談義、レース談議で盛り上がりました。


さて、Julie子。きのうは昼間に、近所に住むさっちゃん、ひなちゃんのおかあさんから、ビーフジャーキーの差し入れが届いていました。そのお礼のご挨拶がてら、夜の散歩の途中に、さっちゃん、ひなちゃんのお宅にお邪魔して来ました。





Julieは、このお家が大好き。さっちゃん、ひなちゃんともすごくウマが合うようです(イヌですが...)。うちが留守する時に何度も預かったもらっていたこともあり、すごく居心地がいいようです。


きのうは、さっちゃん、ひなちゃんから、たくさん元気をもらった気がします。Julie、もらった元気で、いっぱい頑張ってくれよ!


では。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は山登り

2017-03-20 13:20:07 | サイクリング
今日は、うちのチームの主要メンバーで、私をチームに誘ってくれた自転車仲間の送別ライドでした。仕事の都合で、ずっと住み慣れたカリフォルニアを離れ、オレゴン州のポートランドに引っ越すそうです。


彼は、私が3年前に鎖骨を骨折した時も、わざわざER(Emergency Room)まで様子を見に来てくれたりする、本当のナイスガイです。ちょっと寂しいですが、オレゴンでも、仕事にサイクリングに頑張って欲しいものです。


今日は、彼の思い出になるようにということで、「思いっ切り苦しい」さよならライドをすることになりました。そこで選ばれたのが、この辺りでは有名な山岳ルートです。





このルートを走るのは、私は今日で3回目。過去2回、いずれも苦しかったですね。さて、今日はどうですかね。


漕ぎだしは快調、快調。みんなでワイワイ言いながら順調に登って行きます。





40分位登った後、今度は長い下りに入ります。みんな速いですね。遅れないように付いて行くのが大変でした。この下りの後、約14マイルの長い、長い登りに入ります。平均斜度は6%程度でしょうか。この頃から、みんなの口数が少なくなります。そして、グループがばらけて来ます。


この長い登り。登っても、登っても頂上に到達しません。そして、コギコギすること約2時間15分。やっと目的地のCrystal Lake Cafeという山小屋に到着。いや~、苦しかったけど、到着した後の達成感は何とも言えないものがあります。一休みして栄養補給した後、みんなで記念撮影。





これから、お楽しみの下りが始まります。これほど苦しんだから、後は楽させてもらわないと。でも、それほど楽ではありません。みんな、下りが上手いので、油断していると差が開いてしまいます。体勢を思いっきり低くして、何とか付いて行きます。私も以前にくらべると下りが上達したかなと思っていたのですが、まだまだ修行が足りませんね。

そして約100㎞を走り終え、みんな無事に出発地点に戻って来ました。今日のサマリーはこんな感じ。





いや~、よく登りました。今回は、思ったよりPR(Personal Record)がたくさん出ました。それもほとんど下りでです。最高スピードは51mph=82km/h。ヘルメットだけの生身で、このスピードを出していると思うと、ちょっとこわいですね。まあ、プロは100km/h以上のスピードで走るんだから流石ですね。今後も、あまり無理せずに下りの上達に励みたいと思います。


さて、家に帰って来ると、庭で日向ぼっこしていたJulieが迎えてくれました。





Julieは、汗でしょっぱくなった私の腕や脚を舐めるのが大好き。おいおい、そんな風に塩分を取り過ぎると、成人病になるぞ!


疲れて帰って来て、Julieに出迎えてもらい、とても嬉しい気持ちになった飼い主でした。


では。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワーメーター装着完了

2017-03-14 12:40:01 | サイクリング
以前書いたように、パワーメーターをインストールしてもらうために、左のクランクアームをメーカーのパイオニアに送ったのですが、それが先週の金曜日にやっと帰って来ました。





それにしても3週間もかかるとはちょっとねぇ。7~10日でインストールは完了し、発送出来ると書いてあったんですけどねぇ。カスタマーサポートに電話しても、「あっ、それはマネージャーのXXXが管理しているからボイスメールに転送します」と言われ、ボイスメールにメッセージを残しても全く返答無し。


メールを送っても完全に無視。はっきり言って、ここまで対応の悪いカスタマーサポートは経験したことがありません。もともとは日本の会社なのに、ちょっと残念ですね。今後、問題が生じた時の対応を考えると、ちょっと頭が痛いですね。


日本でも、急にサイクリング関係のWebサービスが中止になるというメールが、急に送られて来たという話を聞きます。もうちょっと顧客のことを考えて頑張って欲しいですね、パイオニアさん。


パワーメーター自体は調子いいです。パワーの数字も納得出来るものだし、Stages Power Meterのように、走行中にパワー、ケーデンスの数字が表示されなくなるということも、今のところはありません。造りも、Stagesよりしっかりしている気がします。今後、長期に渡って、問題なく動いてくれるといいのですがねぇ。


2日間、再びパワーメーターを使ってみて思ったのですが、やっぱり走行中に、パワーとケーデンスの数字が表示されるというのは、自分のペダリングをコントロールするために非常に重要ですね。


グループライドで、先頭集団がスピードアップし、それに付いて行こうとする時など、パワーが500W、600Wを越える時があります。でも、このパワーを維持出来ないことは自分で分かっているので、スピードダウンし、自分のスレッシュホールド値に近い、パワーを300Wくらいに落とします。300Wくらいだとかなりの時間維持出来ます。そして、頑張って漕いでいると、先頭集団も疲れて来て、スピードダウンします。そして、最終的には追い付くことが出来ます。


自分の出しているパワーが分からないと、勘で行くしかないので、どうしてもオーバーパワーになってしまうんですよね。やっぱりパワーメーターは必須だと実感した週末でした。


さて、Julie子。きのうは、永福町大勝軒の絶品ラーメンのお裾分けをもらいました。








飼い主に似て、Julieは本当にラーメンが好きです。でも、Julieは結構贅沢です。麺を茹でたお鍋の中に、麺が残っていたので、喜ぶかなと思い、Julieに差し出しました。でも、顔を背けます。


どうやら、「あだじ、あじのないらーめんはたべまぜん」ということらしいです。この贅沢犬め!


では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は休息日 - こんな日はラーメンレポート

2017-03-07 14:10:10 | サイクリング
先週の火曜日から、6日連続で自転車に乗っていたので、今日は休息日にしました。やっぱり、古くなって来たエンジンは時々休ませないとだめですからね。


というわけで、今日はバイクネタはなし。こんな日は、やはりラーメンレポートでも書かなくては。


私の住む南カリフォルニアでも、おいしいラーメン屋が結構増えて来たとは言え、本当においしい日本のラーメン屋に比べると、まだまだ差がありますね。実はきのう、嬉しいサプライズがありました。日本に出張に行ったお友達が、これをお土産にくれたのです。





かの有名店、永福町大勝軒のお持ち帰りセットです。私は東池袋の大勝軒本店のラーメンが好きで、日本へ帰った時に2~3回わざわざ足を延ばしたことがあります。大勝軒の魚介の風味が効いたシンプルな醤油スープが大好きなのです。


永福町の大勝軒はまだ行ったことがないのですが、「これまで食べたどのラーメンよりおいしい」とか「東池袋本店よりおいしい」とかいう話を聞いたことがあります。


このラーメンお持ち帰りセットの凄いところは、お湯で薄めなくてもいいスープが細長いプラスチックの容器にそのまま入っているところです。このプラスチックの容器を湯せんして温め、麺を茹でて器に入れて出来上がりです。





さてさて、味はどうでしょう? いや~、大勝軒の味を忠実に再現しています。ストレートの魚介のスープが、醤油だれに絶妙にマッチしていて、何ともいい味わい。これまでに食べたお持ち帰りラーメンの中では、ダントツの1位ですね。


昔は、ラーメンを食べる時は、必ずスープを飲み干すことにしていたのですが、最近は塩分を制限するために、あえてスープを残すことにしています。でも、この大勝軒のラーメンのスープはあまりにも美味しかったので、ついつい誘惑に負けてスープを飲み干してしまいました。


このラーメン、本当に、本当に美味しかった。今度日本へ帰った時は、是非永福町まで足を延ばし、永福町大勝軒に行ってみたいと思います。この重いお土産を日本からわざわざ持ち帰って来てくれたお友達には、本当に感謝、感謝です。



さて、Julie子。再び週末のショットから。





まだまだJulieは頑張ってくれそうな気がする飼い主でした。


では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイクメンテにはトルクレンチが必須

2017-03-06 14:40:06 | サイクリング
バイクの部品というのは結構デリケートです。特にカーボンフレームは、詳細にネジの締め付けのトルクが指定されて、指定トルクより緩いと、締め付けが緩んでしまうし、指定トルクを上回って締め付けると、フレームや部品の破損につながります。


指定トルク通りにネジを締め付けるのに必要になって来るのが、トルクレンチ。私は最初にカーボンバイクを買った7年ほど前に、このトルクレンチを購入しました。





これまで、このトルクレンチで、全てのバイク部品のネジの締め付けは事足りていました。ところが、今回導入した新車のクランクアームの締め付けだけは、40Nm(ニュートンメーター)という、バイク部品の締め付けのとしては、非常に高いトルクで締める必要があります。上のトルクレンチの最大締め付けトルクは24Nmなので、全然トルクが足りません。


まあ、毎回クランクアームを着脱する時に、バイクショップにバイクを持ち込んでもいいのですが、それも面倒です。というわけで、今回、もっと高トルクで締め付けが可能なトルクレンチを購入しました。





このトルクレンチ、100Nm少しまでのトルクが出せます。さて、大きさを比較してみましょう。





長さは約2倍です。まさにテコの原理ですね。


早速このトルクレンチを使って、40Nmのトルクでクランクアームを取り付けてみました。





40Nmというのは相当なトルクです。自分の体重をかなりかけないと、40Nmは出せません。女性の力ではちょっと難しいかもしれません。でも、まあこれで、全てのバイクのメンテが自分で出来るようになったので、ちょっと安心ですね。



さて、Julie子ですが、きのうもJulieの大好きな公園に再び行って来ました。





きのうは、天気のいい昼間に行ったので、Julieはとてもリラックスしています。


おっ、飼い主も相当リラックスしてますね。





こんな気持ち良さそうなJulieの表情を見ていると、こっちも本当に幸せな気分になります。Julie、幸せを一杯くれて、ありがとうな!


では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Small ring day!

2017-03-04 15:10:00 | サイクリング
今日、金曜日は、私の好きな朝のグループライドがある日です。目覚まし時計をセットしなくても、ちゃんと5時前には目が覚めます。ところが、今日は何か気が乗りません。昨日まで3日間、結構ハードに乗ったからでしょうかねぇ。


というわけで、二度寝をすることに決定。まあ、朝の早い時間から会議があったので、ちょうど良かったかな。


今朝は、朝から会議づくめ。午後一でも会議があり、やっと解放されたのが2時半。こういう日は、やっぱりライドに出かけるしかないですね。金曜日だし。


日本では、「プレミアムフライデー」というのが始まったようですが、アメリカでは毎週金曜日がプレミアムフライデーみたいなもんですね。朝誰かに会うと、"How are you? It's Friday!"とみんなもう朝から週末モードです。みんな金曜日は帰るのが早い、早い。大体、4時くらいにはみんな帰りますね。6時過ぎまで会社にいるのはごく僅かです。


今日は、朝、ちょっと疲労が蓄積気味かなと思ったので、午後のライドはリラックスモードで行くことにしました。前のギアを、小さいリングに入れ、なるべく脚に負担がかからないようにコギコギします。"Small Ring Day!"ですね。





海沿いの道を北上し、Hungtington BeachのPierに到着。Pierの上を少し散策して仕事に戻るために帰路に着きます。





非常にゆっくりとしたリラックスペースのライドでした。たまには、このようなライドも必要ですね。暖かく天気も良かったので、本当に気持ち良かった。


さて、夜はうちの次男の高校のローラーホッケーのプレーオフの試合です。このホッケーリンクの近くに、Julieの大好きな公園があるので、久しぶりにJulieを連れて行って来ました。


Julieは自分で歩けなくても、大喜び。





ここは、夜でも野球やソフトボールの試合をしているので、ナイター照明がついていて、この通りの明るさです。そして、Julieが一番好きなスポットでJulieをカートから降ろし、ほんの少しだけお散歩。



Julieは本当に嬉しそうでした。これから何回来れるか分からないですけど、出来るだけたくさん、Julieをこの公園に連れて来てやりたいですね。


では。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン初レース - Rosena Ranch Circuit Race

2017-02-27 12:37:45 | サイクリング
きのうは、私にとっては今シーズン初のバイクレースに参加して来ました。ロードバイクのレースには、主に次の3種類のレースがあります。

1. ロードレース
2. クリテリアム
3. サーキットレース

ロードレースは、比較的登り下りが多い、大体1周15-30kmくらいのコースを2~3周します。プロのレースでは、交通を完全に止めてレースを行いますが、我々のようなアマチュアのレースの場合には、片側だけを通行止めにしてレースを開催することが多いです。長いコースを確保する必要があるので、ロードレースは基本的に辺鄙な場所で行われます。そして、交通規制が大変なため、レース開催の許可を取るのが難しく、開催されるロードレースの数は多くありません。


クリテリアム(通称クリット)は、通常、週末には人通りがほとんどない、インダストリアルパークで交通を完全にシャットアウトして行います。インダストリアルパークというのは、まあ日本で言うと、郊外のオフィス街っていう感じです。コースは短く、1-2kmくらいのコースをひたすらクルクル10~20周します。コースは完全に平坦です。オフィス街と言う比較的狭いエリアの交通規制だけで済むので、クリテリアムはバイクレースの中で一番開催がしやすく、最も頻繁に開催されます。


そして、サーキットレースは、ロードレースとクリテリアムの中間のようなもの。ロードレース程ではないもの、少しアップアンドダウンのある、3~4kmのコースを10~20周くらいします。


クリテリアムは、コースが完全に平坦なため、集団がばらけずに、狭いオフィス街の道路を高速で走ります。また、タイトなコーナーが多いため、落車事故が頻繁に発生します。まあ、1レースに、大体1回くらいは落車事故が発生します。私も、何回かクリテリアムに参加しましたが、あまりにもリスクが多いので、クリテリアムには出ないことに決めました。


きのう参加したのは、3のサーキットレースという種類のレースです。往復3kmちょっとのコースを13周します。コースは、ひたすら緩やかな登りと下りの繰り返しです。こんな感じで。





去年もこのレースに参加しましたが、去年参加したのは30歳以上のカテゴリー4とカテゴリー5の混合レースです。ところが、今年はこれと同じレースがありませんでした。今年は、30歳以上カテゴリー3とカテゴリー4の混合に変わっていました。カテゴリー4/5とカテゴリー3/4では、レベルが全然違います。


これ以外に私が出場出来たのは、年齢制限なしのカテゴリー4レースです。ランチタイムに一緒に練習している26歳の若者が、このカテゴリー4に出場すると言うので、私もこのカテゴリー4レースに出場することにしました。そして、折角車を1時間以上運転して行くのだからということで、無謀にも30+ Cat3/4にも登録しました。1日で2レースに出るのは初めてです。はてさて、どうなることやら。


まず、Cat4の開始です。人数はざっと見たところ、60-70人といったところでしょうか。レースが始まってすぐに気付いたのが、去年出場した30+ Cat4/5よりは、かなりスピードが速いということです。





1周目を終えた時点で、「これはかなり苦しいレースになるぞ」と思いました。でも、頑張って集団に遅れないように付いて行きます。ゴール地点にある、あと何周かを示す電光掲示板が、「8,7,6,...」と減って行きます。それと同時に、だんだん体力も消耗して行きます。


そして最終ラップ。最後のUターンを終え、短い登りを登り切った地点から、勝負が始まります。ここから下りのスプリントが始まり、ゴールの手前300mくらいの地点で、緩い登りに変わります。ここから本当のスプリントが始まります。でも、私はこの最後の登りのスプリントが始まった直後に、心臓も脚も売り切れ。全速でゴールを駆け抜けることが出来ませんでした。去年は、何とか最後まで頑張れたのに...


多分、ペースが去年と比べて速かったこと、そして、去年は、コーチに付いてやっていたトレーニングのピーク(5月中旬)で参加したこと、が大きな違いだったような気がします。平均速度は、去年が35.5km/h、今年が37.2km/g。この1.7km/hの違いが体力と脚を消耗させたのだと思います。もっともっと高速走行を持続出来るようにならないと。まあ、今後の課題ですね。


てなわけで、このCat4のレースが終わった時点で、もうクタクタ。もう1つの30+ Cat3/4のレースは、DNS(Do Not Start)にしようと思いました。ところが、このレースに参加するために、チームメートが4人ほど来ていて、「そんなこと言わずに出ようぜ、出ようぜ」と言います。この言葉に乗せられて、2つ目のレースにもとりあえず参加することにしました。


2つ目のレース直後は、体、脚とも疲れていましたが、「何だ。思ったより漕げるな」という感じです。でも、3周、4周と周を重ねるごとに、どんどん脚が疲れてくるのが分かります。結局、7周目の途中で集団から遅れてしまい、8周目を終えた時点でDNF(Did Not Finish)。まあ、もともと無謀な計画だったので、よしとしたいと思います。


今回のレース、私自身の評価は、100点満点中60点中くらいってところでしょうか。マイナス要素は、最後のスプリントで力尽きてしまったこと。そして、2レース目を完走出来なかったことですね。次回頑張りたいと思います。



さて、Julie子。金曜日に病院に行って来ました。Julieお気に入りのカートに乗って。





このカート大活躍です。トイレに行くのにも、これに乗って、いつも行っていた公園に行くと、キチンとトイレが出来ます。何より、Julieはこのカートに乗って出かけるのが大好きなようです。このカートを見ると、不自由な後ろ足を引きずって、頑張って歩いて来ます。


今回ドクターは、Julieの脚の状態を見て、今後抗がん剤治療を行わないという決定を下しました。多分、ガンが後ろ足に転移して歩けなくなっているのだろうと。でも、骨をスキャンして精密検査をしたとしても、何の処置も出来ないので、治療はもうやめましょうとのことです。


これからはJulieの生命力に頼りたいと思います。Julieが気持ち良く生活が出来る限り、Julieの面倒を見てやるつもりです。頑張れJulie!


では。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は久々のジテツウ

2017-02-21 14:24:42 | サイクリング
今日は、本当に久しぶりのジテツウ(自転車通勤)でした。アメリカは、今日はPresident Day。アメリカの初代大統領ジョージワシントンの誕生日を祝う休日です。ところが、お客さんの案件で、少々問題が生じており、今日は出勤せざるを得ない状況になってしまいました。


でも、せっかくの休日なので、久しぶりに自転車で出勤することにしました。行きは、思いっ切り遠回りして、会社までの距離の4倍ほど走ってからの出勤です。問題が生じているのに、何と緊張感のないことでしょう。まあ、本当は休日なのでよしとしましょう。


そして、会社ではバイクウエアのまま仕事。誰も居なかったので、全く問題なし。とは言え、バイクウエアのまま数時間会社で仕事するのは、何とも気持ちのよくないものだということに気が付きました。バイクのサドルに座っている時はいいのですが、バイクパンツというのは、海パンにおむつが付いているような代物です。これで会社の椅子に座るというのは、ちょっと...でした。


さて、前回のブログでもチラッと書きましたが、先週の水曜日から、うちの可愛い姪っ子2人が遊びに来ていて、今日まで滞在していました。





彼女たち2人は、私にとっては永遠に8歳と6歳という感覚なのですが、気が付けば2人とも大学生。私も歳取るわけですね。


お客さん好きのJulieは、それはそれは大喜び。2人からたくさんの元気をもらった気がします。





彼女たちは、同年代のうちの息子達と色んな所に出かけてとても楽しそうでした。いや~、賑やかな家っていいですね。あと2人くらい、娘を持つべくもう少し頑張るべきだった(何をや!)と思わせる、あっと言う間の5日間でした。


おーい、娘たち。また遊びに来いよ~!


では。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SRAM eTAPとShimano Di2の切り換えは簡単に行くか?

2017-02-20 13:10:56 | サイクリング
先日の記事で書いたように、パワーメーターはPioneerのものに決定しました。ということで、左のクランクをはずし、Pioneerにパワーメーターをインストールしてもらうために発送しました。





てなわけで、左クランクが帰って来るまで、新車には乗れません。新車投入を決めた時は、Madoneは新車のSupersixのバックアップ用に乗る予定でした。今日はまさに、そのバックアップとしてMadoneが登場の日です。唯一想定外は、新車がSRAMのeTAPになったこと。当初の予定では、旧車はUltegra di2、新車はDura Ace di2で、全く問題なしのはずでした。


ところが、新車をSRAM eTAPに急遽変更したため、2つの違った変速方式を切り替える必要があります。今日は、2週間SRAMに乗った後の、久々のShimano。ダウンシフト(ギアを重くする方向)は全く問題ないのですが、アップシフトは左のシフターを操作しようとしてしまいます。


右でアップシフト出来るように、再びShimanoに体を慣らすまで、30分くらいかかりました。その後は、昔の感覚が戻り、全く問題ありませんでした。


今後、SRAMとShimanoを使い分けるためには、この「助走期間」が必要みたいです。まあ、普段のライドでは、「あっ、間違えた」で済みますが、レースなのでは、そういうわけにも行かないので、レース当日の2~3日前に、レースに使うバイクに乗り換えて、体を慣らす必要がありそうです。


レースと言えば、今シーズンは、当初出る予定にしていたレースがキャンセルになったり、先週は、Julieとかあさんの件でバタバタしていて不参加となってしまいました。来週末は、レースに出場する予定ですが、ちょっと体調を崩し気味。といっても、ワインを飲みながらこれを書いていますがねぇ。



さて、Julie子。実は、先週の水曜日から、日本で大学に通う姪っ子2人がうちに滞在しており、お客さん好きのJulieは大喜び。そして、今日はJulieのために秘密兵器をゲット。





これは、例えば、キャンプに行った時に、キャンプ用品を運んだり、子供のスポーツのためにスポーツ用品を運んだりする万能カートです。これにJulieを乗せてもいいんではないかい?ということで、早速ゲットして来ました。


最初は、ちょっと怖がっていたJulieもすぐに慣れ、「あだじこれでおざんぽいぎます」状態になりました。





そして、いつも散歩で行っていた公園まで行って、Julieを降ろすと、いつもの場所できちんと大も小も出来ました。


歩けなくなってから、外の空気を吸う機会が減っていたJulieですが、これで「お散歩」にも行けそうです。そして、Julieと同じくらい喜んでいるのが、飼い主。やっぱりJulieと散歩に行くのは楽しいんで。


では。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新車はほぼ最終形

2017-02-14 13:10:20 | サイクリング
新車のSupersixを乗り始めて、1週間が経ちました。新車に慣れるまで、ハンドルの高さを調節出来るように、ステアチューブのステムの上の部分を少し残してくれるようにバイクショップに頼んでいました。現在のポシションで完璧だということが分かったので、この余分な部分をカットしてもらい、私の新車はほぼ最終形となりました。





ハンドルの上に突き出た部分がないと、スッキリ見えるし、落車した時にも突き出た部分でケガする可能性が減るので、ポジションが固まれば余分な部分をカットするのが賢明です。


これで「ほぼ最終形」と書いたのは、あともうひと仕事だけ残っているからです。それはパワーメーターの導入です。このCannondaleのクランクセットに装着出来るパワーメーターは、非常に限られています。候補としては3つしかありません。いずれも左のクランクベースのパワーメーターです。


1) Pioneer
2) Stages
3) 4iiii

現在私がTrekのMadoneで使っているのは、2)のStagesです。このパワーメーター、左クランクオンリーのものでは、多分一番広く使われていると思います。カスタマーサポートの対応もいいのですが、雨の時に乗ると水が入ったり、バッテリーの接触が悪かったりと、いくつかトラブルにも遭遇しました。だから今回は除外。


残る候補は、Pioneerか4iiiiです。先週まで、4iiiiにしようと思っていたのですが、このメーカー、カナダにあります。問題が生じた時に、対応に時間がかかりそうな気がしたので、結局Pioneerのものにすることに決定しました。


私が選んだのは、左クランクがパワーメーター付きで送られてくるものではなく、自分の左クランクを送ってインストールしてもらうというオプションです。ちょっと面倒くさいですが、私が買った超軽量クランクアームをそのまま使えるので、このPioneerのものにしました。おそらく10日後くらいには、送り返してもらったパワーメーターがバイクに装着出来るのではないかと思います。


まあ、パワーメーターを装着すると速くなれるわけではないですが、約2年間パワーメーターを使って来たので、ないとかなり不便を感じます。



さて、歩けなくなったJulie子。朝晩のトイレ以外は、基本的に家のカーペットの上で横になっています。きのうは、昼間とても気持ちが良かったので、うちのフロントヤードで日なたぼっこをしました。








歩けなくても外に出るとすごく気持ち良さそうです。天気が悪い時以外は、出来るだけJulieを外に連れ出してやりたいなと思っています。彼女にとって、穏やかな日々が続くことを祈る今日この頃です。


では。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加