新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

大寒に合わせたように寒波が来た。降った雪もまだ溶けない。窓が凍った!今年は寒い。

2012-01-27 10:06:18 | 日記
  



    ●侘助の散らぬ一日過ぎにけり

    ○故郷の山下りるごと林檎剥く

    ●空風や噴き上ぐ水を断ち切りぬ
  
    ○冬晴や道を横切るオブジェかな

    ●つくしんぼ関東平野歩き出す

    ○隙間風あつもりの湯気乱したり

    ●冬目白ないしょ話をしてをりぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は大寒。それを裏付けるように、雪が降って寒い。乾燥が続いていたので、良いお湿りだけど。

2012-01-20 10:55:11 | 日記


  ●蝋梅の溶けないほどの暖かさ

  ○大根を貰いて両手ふさがりぬ

  ●冬の蝿追い払わずに部屋を貸す

  ○冬うらら鈴を鳴らして園児駆け

  ●侘助の花傷つかぬやう開き

  ○初雪や影のない人行き交いぬ

  ●大冬木枝のすべてを晒したり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭にペアのめじろが来る。姿の美しさ、それにも増して鳴き声の上品さ。心を癒してくれる。

2012-01-13 10:24:25 | 日記
  

     ●焼き芋の香も食べてほっほっほ

     ○年酒の銚子の形に収まりぬ

     ●大根の葉は大根を育てけり

     ○寒雀囀り過ぎぞ喉傷む

     ●寒茜抜けて夕筒出でにけり

     ○背伸びして白菜を切る妻支う

     ●靴下の五本の指と格闘す

     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連翹の帰り花がいくつか咲いた。金色の花が眩しい。でも、何で咲き出したか不思議だ。

2012-01-06 10:44:55 | 日記


     ●ひよどりや赤き実咥え囀れず

     ○寒鴉去りはぐれ雲流れ来る

     ●プランタの繁縷も入りし七日粥

     ○空っ風止みて犬の声近し

     ●賀状読む目の隅過るあぶらむし
 
     ○今年また泥鰌太らせ年を越す

     ●空湿るごと蒲団干す四温の日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加