新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

先日学生時代の友人と会食した。もう50年の間柄だ。それぞれ何らかの病を抱えているが、年の割に元気だった。

2017-09-29 09:22:59 | 日記


   ○稔り穂の刈られ田広し鰯雲


   ●生検の結果を待てば小鳥来る


   ○梨剥けば刃先に当たる秋気かな


   ●木犀の香りに杖を突かず入る


   ○吾亦紅文字に書けない色をして

   
   ●鬼やんま寄るな危険の模様して


   ○大根引き地球に穴を残しけり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先月落した携帯が見つかったとの連絡があった。ある警察署まで受け取りに行かなければならないが、日本人て偉い!

2017-09-22 21:27:53 | 日記
 
   ○子は親を違えず群れる稲雀


   ●南天の赤を深める時雨かな


   ○瓜坊の縞を真似をりからすうり


   ●ジョギングの妻と並走秋の風


   ○我欲しや眼鏡に替る蜻蛉の目


   ○稔田にローターの風オスプレイ


   ●夕焼けに溶け始めたる烏瓜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉簾の白い花があちこちで咲きだした。環境も違うのに、一斉に咲きだすのは何か生命の神秘を感じる。

2017-09-15 09:45:41 | 日記
  
   
   ○木犀の香りに杖を立て掛ける


   ●運動会応援に来る赤とんぼ


   ○ジョキングの妻のあと追う秋の風


   ●無花果は蜂、虻、蟻を招きをり


   ○秋うらら自転車忘れ帰宅せり


   ●路地曲がる度に咲いてる玉簾


   ○我欲しや眼鏡に替る蜻蛉の目
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯を無くした。手を尽くしたが見つからなかった。新しいのを買ったが、設定がややこしくて悪戦苦闘!

2017-09-08 08:50:55 | 日記
  
   ○口が枡迎えに行くや今年酒


   ●銀杏を拾う度胸は無かりけり


   ○木犀の香りに杖を立て掛ける


   ●雨降れど命を惜しみ蝉の鳴く


   ○冷奴絹と木綿を半々に


   ●虫の声聞きて寝るたび齢増す


   ○吾子の描く花火画用紙飛び出しぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から九月だ。この夏は曇りや雨の日が多かったから、実感として夏を通過してきた気がしない。

2017-09-01 08:59:28 | 日記
  
   ○虫の声聞きて寝るたび年加う

   ●肩車されたる吾子に飛蝗来る

   ○秋めくや井戸端会議再開す

   ●包む手を蝗の足が蹴りにけり

   ○地獄出で天使になるやうすばかげろう

   ●虫の声突然止みて闇残る

   ○秋澄みてメタセコイアは空に入る

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加