新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

寒いので、飼い亀が起きて来るのを違えたかな?という態度。それでもおなかが空いたらしく食欲旺盛。

2016-03-25 22:06:01 | 日記


  ○菜畑は安全地帯ちょうちょ飛ぶ

  ●春の水光りて樹影映せずに

  ○繁縷撫で小さき風の過ぎりけり

  ●なまけもの春眠中も笑いをり

  ○水遣りの間にチューリップ咲きにけり

  ●眠らむとせば連翹のまなうらに

  ○蜜蜂や花粉団子も土産なり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かくはなったが、どうもすっきりとしない。それに合わせたように体調が今一つだ。

2016-03-18 21:34:49 | 日記


   ○眠らんとせばまなうらに連翹かな

   ●句もあまた生まれる春の動物園

   ○老杉に快楽あるや花粉吹く

   ●頭だけ巣箱に入りぬ小鳥かな

   ○補助輪を外し我が子は春風に

   ●蝶来るあらいきなりの降下かな

   ○嬰児のよちよち歩きちょうちょかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真冬に戻ってしまった。これでは飼い亀の冬眠明けは、遅れるだろう。

2016-03-11 11:17:27 | 日記


  ○あらスルメ足が踊るよ寒造

  ●春雷や小鳥を闇に散らしたり

  ○春の日や蜂は五つの目を持ちぬ

  ●春の山裾に一筋霞置く

  ○春光や四十雀とはすぐ判る

  ●春昼や蝶は突然失速す

  ○老杉や枝を揺りて花粉蒔く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のような陽気なのにダウンを着て都内の病院へ。久しぶりの外出でおのぼり丸だし。

2016-03-04 21:08:33 | 日記


   ○後継ぎの心配はなし葱坊主

   ●連翹は眩しからずやサングラス

   ○永き日やポストの仕事三時まで

   ●満作の花咲き満ちてこがらかり

   ○故郷に顔は照準白鳥帰る

   ●物の芽を手荒にほぐす春一番

   ○春昼や麒麟ないしょと舌見せる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加