新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

日が短くなった。六時過ぎには暗くなる。夏の去り行く夕暮れは、何となく感傷的になる。

2011-08-26 09:52:36 | 日記
 

   ●大夕焼一直線に飛行雲

   ○緑陰の止めし車を過ぎにけり

   ●秋立ちぬ閉店知らす墨書かな

   ○メロンの荷解けば飛び出す日の香り

   ●夕焼を見つめ帰らぬ鴉かな

   ○嫋にあめんぼ水輪岸に寄せ

   ●嬰児の目に白雲や空高し




     ☆燕の子母の顔まで食べんとす>>>朝日新聞朝刊(8.31)朝日文化俳壇
      鎌倉佐弓選にて入選しました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジムが休館なので、夕方一時間ほど堤を散歩する。蜻蛉、飛蝗、草花など日々秋への変化がある。

2011-08-19 10:25:40 | 日記
 

  ●走り穂の香りも供え盆支度

  ○裸子や猿の真似して踊りをり

  ●油蝉転がるように飛び来鳴く

  ○百年の木々の茂りや裏参道

  ●をちこちに天を睨みし蝉骸

  ○秋立つや髪の乾きし速さかな

  ●幼子の蝉数えをりいちにいさん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀に氷をやる。最初は口で突き威嚇していたが、冷たいのに驚く。最後は小さくなり無くなった氷に思案顔。

2011-08-12 17:39:41 | 日記


  ●行く夏や使い果たしたボールペン
  
  ○夕立来推敲にけりつけにけり

  ●おおきいかちちゃいか知らぬ亀泳ぐ
  
  ○大夕焼嘴突っ込む烏かな

  ●口笛が唇出ぬ炎暑かな

  ○草亀の目に光入る夜の雷

  ●炎昼や工事現場に溶接光
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合歓、夾竹桃、百日紅、夏の花が最盛期!赤、白、ピンク色も鮮やか。

2011-08-05 10:17:27 | 日記
 

   ●蓋閉じて天の収める猛暑かな

   ○さくらんぼ食べた数だけ種残り

   ●蝉時雨もつともつとと句推敲

   ○日焼け跡着たまま泳ぐ男居り

   ●柚子坊や葉食べ尽くし思案顔

   ○夕焼けをぽつんと眺む鴉かな

   ●亀しか居ぬ昼に飲みたるビールかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加