新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

亀が岩から降りない。空気の方が水より暖かいのだろう。人間にもこたえる寒暖の差の毎日!

2013-03-30 09:48:09 | 日記

  ●海牛の踊るごときの春衣装

  ○咲き急ぎすこし白めの桜かな

  ●かめのえさと言うフードを子亀食ぶ

  ○軽鴨の潜りて見せる足まぶし

  ●パンジーの微笑み人を優しくす

  ○地下鉄の地上に出でて花あかり

  ●朧夜の猫の鈴音来て消えぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の開花の次の日、亀が冬眠から覚めた。亀の体内時計はコンピューターより精巧だ!

2013-03-23 10:28:03 | 日記
  

   ●春昼やあくびしながら猫の行く

   ○亀めざむ二十五回の冬重ね

   ●春はやて二国の砂塵撒き散らす

   ○うららかや猫を撫ぜれば目を閉じぬ

   ●芽あじさい色の楽しみ育てをり

   ○芹摘みや妻と離れてしまいけり

   ●三月は三月の香やじんちょうげ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連翹が咲き出した。蕾は黄色と思っていたが少し緑がかっている。今日の暖かさでたくさん咲くだろう。

2013-03-16 10:07:10 | 日記
 

    ●春の蚊のミロの絵から飛び立ちぬ

    ○永き日や炊飯ボタンあわておす

    ●さくら咲くたび思い出の人増えし

    ○茎や立ついざ葉牡丹よ花咲かせ

    ●何ごとも無きが幸せ春入日

    ○永日の母の繰り言聴きをりぬ

    ●てんと虫葉の縁まで来戻りけり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈丁花が一週間遅れで咲き出した。甘い臭いが漂ってくる。沈丁花はやはり香りの花だ!

2013-03-09 08:48:15 | 日記
  

   ○啓蟄やミロの絵過ぎり蚊の飛びぬ

   ●朧月かぐや姫去る気配かな

   ○茎立やいま花咲かす時きたる

   ●新社員あしおと空に響かせて

   ○日本を咲き継ぐさくら美しき

   ●口ばかり騒いでをりぬ雀の子

   ○花粉症ティッシュのごとくマスク買う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日俳壇と朝日埼玉文化に入選した。驚いた!交通事故に合わぬよう気を付けよう。

2013-03-02 09:29:39 | 日記


  ●春一番自転車ドミノしたりけり

  ○さくらそう三日見ぬまの二段咲き

  ●かるがもの哀れ足だけ綺麗なり

  ○蛇穴を出て振り向かず進みけり

  ●冬川に議員候補の顔ポスタ

  ○皹の手で妻はだまつて林檎剥く

  ●梅の蕊ふくいくたる香吹きてをり

   
   ★俳壇入選 片栗の一花寂しと群れて咲く(長谷川 櫂選)

   ★文化入選 日のうましおおいぬふぐり騒立ちぬ (鎌倉佐弓選)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加