新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

クリスマスといっても夫婦二人。ケーキも無いささやかな夜だった。ただ、この年までの健康に感謝!

2009-12-26 10:48:06 | 日記
●木枯しや女医の一言薬なり

○煤払い同じ文庫が二冊出で

●降りおりる日矢に群がる寒雀

○平林寺朴の葉落ちて驚きぬ

●あるなしの風の日もあり帰り花

○短日や走り根跨ぎ歩みたり

●変哲の無き人生か妻の胼
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除が終わった。狭い家の割りに窓が多いので窓拭きとサッシ洗いが大変だったが、部屋中が明るくなった。

2009-12-19 09:49:26 | 日記
●我が十指煤払い確とやり遂げる

○冬座敷日の移り行く速さかな

●いっぱっしの主張あるらし寒鴉

○許すとは口噤むこと冬の夕

●旅人のごとく落葉はさまよいし

○短日や井戸端会議忙しき

●たわいない夫婦喧嘩す冬夕焼け

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の日が穏やかな町。人の気配がしない。子どもが巣立ち、年寄りが残った。ますます高齢の町になる。

2009-12-12 10:07:36 | 日記
●冬木の芽日の当たりなば膨らみぬ

○冬の景一番美し影の富士

●寒鴉飛び立ち幹は揺れにけり

○茶の花や葉陰より出ず角隠し

●焼き芋や香りも食しほつほつほ

○冬夕焼け夕ずつ既に輝きぬ

●枯れ木立つ間にわれの影入る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十二月がどんどん進んでいく。大掃除、賀状書き等やることは進まない。なんとも大変な毎日だ。

2009-12-05 09:30:51 | 日記
●朴落葉煎餅ごとくさやぎけり

○髪染める日当たる垣の忘れ花

●冬凪や大三角の真中立つ

○八つ手花青空向けてぱっぱっぱ

●茶の花や金襴蕊に角隠し

○ファーイト女生徒の声枯野を来

●寒鴉電線蹴りて飛び立ちぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加