新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

雑木林の新緑が美しい。木によっていろいろな表情を見せてくれて癒される。

2011-04-22 10:22:07 | 日記


  ●咲きしまま椿大地に落ちにけり

  ○君子蘭葉の拡げ過ぎ切つちまをか

  ●勿忘草名付けし人のために咲く

  ○地の上のクリオネなるや紗雅の花

  ●芝に置く尻温かし花見かな

  ○土割れて鼻息吹かす春の亀

  ●朧夜や母の声する路地歩む
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余震の続く中、亀が冬眠から... | トップ | 五葉松の新芽摘みをした。五... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はじめちゃん)
2011-04-23 09:55:51
ご無沙汰しています。わたしも、咲いたまま落ちている椿を見やり、あたたかな芝の上でからだを休めて、静かに春を堪能しています。毎日という訳にはいきませんけれどね。これからも、情景が眼に浮かび、優しい気持ちを思い出させてくれる作句を期待しております。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事