新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

日が短くなった。六時過ぎには暗くなる。夏の去り行く夕暮れは、何となく感傷的になる。

2011-08-26 09:52:36 | 日記
 

   ●大夕焼一直線に飛行雲

   ○緑陰の止めし車を過ぎにけり

   ●秋立ちぬ閉店知らす墨書かな

   ○メロンの荷解けば飛び出す日の香り

   ●夕焼を見つめ帰らぬ鴉かな

   ○嫋にあめんぼ水輪岸に寄せ

   ●嬰児の目に白雲や空高し




     ☆燕の子母の顔まで食べんとす>>>朝日新聞朝刊(8.31)朝日文化俳壇
      鎌倉佐弓選にて入選しました。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジムが休館なので、夕方一時... | トップ | 気が付けば蟋蟀が鳴き出した... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はじめちゃん)
2011-08-27 20:02:25
本当に日が短くなりましたね。これからが作句の題材が豊富な季節、楽しみにしています。
事後報告で申し訳ないのですが、先週の蝉の句、拙ブログに無断転載してしまいました。寛大な心でお許しを。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事