新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

寒暖の差が大きすぎる。30度を超える真夏のような日があったり、今日のように20度に届かなかったり。体調に悪い。

2017-05-26 09:52:37 | 日記
  
  ○青柿の姿見えねど落ちてあり

  ●初物の枇杷から出でし種三つ

  ○入園を祝いてつばめ観閲す

  ●葭切の小さな体壮語する

  ○薫風にきりんは首を晒しをり

  ●玉虫や手肢も腹も光らせる

  ○夕立や蟻あきらめるディナーかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっという間に紫陽花の蕾が大きくなった。先月まではやっと葉が広がってきたばかりなのに。あと半月もすれば咲きだすか?

2017-05-19 09:51:42 | 日記

   ○息急きて吾子は虹の環潜り抜け

   ●雉鳩のくぐもる声す梅雨入りかな

   ○独り居に雷の光と音襲う

   ●雌の耳擽るように雄は鳴く

   ○とりあえず御玉杓子は尾で泳ぐ

   ●人間は泳ぎ続けて魚になる

   ○友がきの逝きし知らせや夏落葉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀は、一日中甲羅を干して寝ている。そして、夕方になると動き出して餌を食べ水槽で遊ぶ。完全に夜行性だ。

2017-05-12 10:05:29 | 日記

  ○春時雨上がり竹の子伸び出しぬ

   ●五月闇徘徊の母は夫を追う

   ○松手入れ匂い着せられ終えにけり

   ●葭切の夫婦喧嘩に割って入る

   ○筍の天辺支う節の節

   ●かさかさと路地徘徊す夏落葉

   ○白鷺は泥鰌食うとき首伸ばす
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松の剪定をやった。親父が育てた五葉松でもう80歳を越えている。毎年今頃手入れをしているが、風格がある。

2017-05-05 14:20:13 | 日記

   ○八重桜遅れて咲きて締めにけり

   ●ラッシュ時の人身事故か梅雨に入る

   ○新入生日ごと逞し柿若葉

   ●雑草と括られ悔し姫女苑

   ○藤の花見下ろしているきりんかな

   ●衣更ビートルズ着てジムに行く

   ○緑陰を少女ライダー駆けだしぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加