新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

天気予報に傘マークが続くようになった。梅雨が近いという事か。紫陽花の蕾が急ピッチで膨らむ。

2011-05-26 10:20:50 | 日記
 
 ●青梅や露の千切れて落ちにけり

 ○雀の鉄砲花引き抜きて吹きにけり

 ●黄緑の紋浮き出でし梅雨の亀

 ○五月闇猫のひとみに射られけり

 ●被災地のニュースで鳴くや雀の子

 ○地に落ちて咲くを知らせる柿の花

 ●あげはちよう心電図のごと飛びにけり



☆鵯たちが連翹の黄を啄ばめる>>>NHK学園俳句実習
   勝俣比とし先生B評価句
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一ヶ月前手入れをした松に枯れ葉が目立つ。やりすぎたか?と心配だが新芽が出ている。大丈夫。

2011-05-19 23:23:03 | 日記

  ●余震くる親烏首かしげをり

  ○てんとむし羽音が先に飛び立ちぬ

  ●芥子の花揺れる所に子犬をり

  ○夏つばめ大河の上でひるがえり

  ●勿忘草ときめきし日々有りにけり

  ○気が付けば花の繚乱ひめじおん

  ●刻々と影を移すや時計草


   ☆余震くる眠れぬ夜の猫の恋>>>NHK学園「俳句実作」
    勝俣比とし先生A評価句
 


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を詳細に見ると、みな高貴だ。著莪の花は紫の斑が何とも神秘的。神が作った花だ!

2011-05-12 10:37:42 | 日記
 
  
   ●著莪の花白片といえ紫のほのか

   ○蛇苺フォンテヌブロ派姉妹かな

   ●クレマチス散らないほどに揺れにけり

   ○桐の花四方八方散りにけり

   ●卯の花やHキーボード汚れをり

   ○チューリップ母子手帳見る娘かな

   ●蚕豆や一部屋空けて実りたり  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮き石を鉢に寄せて、鉢の上に登る我が家の亀。何と道具を使う動物なのです!

2011-05-06 10:21:22 | 日記

 ●捩子花や蟻の子出でて消えにけり

 ○ありなしの緑纏いぬ柿若葉

 ●踏まれたる明日咲き立つ花車前草
 
 ○触れたらば感電するや鉄線花

 ●さきたまに海無けれども浦島草

 ○まつすぐ来墓石飛び越す初の蝶

 ●巣立ち鳥開きし口に黄筋有り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加