新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

今年は燕が多い。朝早くから夕方までジュジュジュジュと飛んでいる。食べる虫が多いと言う事だろうか?

2011-07-29 17:44:53 | 日記


  ●もろこしの下ももろこし特売日

  ○パラソルや母と子同じ足捌き

  ●炎昼や仕事としての留守居番

  ○咲き上がる花追う茄子の忙しき

  ●はぐろ蜻蛉影に入りて消えにけり

  ○外反の膨らみ見たりプール際

  ●がさがさと枕騒がし熱帯夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治神宮の清正井は都心に有るとは思えぬ泉だ!冷たい清水が懇々と湧いている。

2011-07-22 09:55:10 | 日記

 ●燕声や燕来たると見上げたり

 ○雲の峰まことに白く輝きぬ

 ●蓮の露こぼれぬように纏まりぬ

 ○かにかくに水遣り忙し大暑かな

 ●じつと鳴きさつと飛び去る油蝉

 ○清正井涼風呼ぶや都心かな

 ●糸蜻蛉水面に影を吸い取られ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日から、ジムに32度の日に行けばポイント印が貰える。既に8印。焼け死ぬ。

2011-07-14 10:08:54 | 日記
 

  ●炎昼やフックしの字で垂れ下がり

  ○手花火の玉の落ちれば闇深し

  ●夕立や運び遅れし蟻の餌

  ○サルビアに近づく虫よ火傷すな

  ●にいにいの蝉歩きつつ鳴きてをり

  ○片蔭の間黒猫横切りぬ

  ●蝉飛び来壁に当たりて落にけり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日から、ジムに32度の日に行けばポイント印が貰える。既に7印。焼け死ぬ。

2011-07-14 10:08:54 | 日記
 

  ●炎昼やクレ-ンフックのしの字かな

  ○手花火の玉の落ちれば闇深し

  ●夕立や運び遅れし蟻の餌

  ○サルビアに近づく虫よ火傷すな

  ●にいにいの蝉歩きつつ鳴きにけり

  ○片蔭の間黒猫横切りぬ

  ●蝉飛び来壁に当たりて落にけり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二羽の子鳩が巣立ちを待たず、猫に殺された。親鳩が子の居ぬ巣を見て鳴いている。哀れ!!

2011-07-07 11:42:37 | 日記


 ●炎昼や山鳩子居ぬ巣を見つむ

 ○摘み取りし茄子手に填り重軽し

 ●青田波畦道越えて押し寄せる

 ○燕の子親の顔まで食べんとす

 ●炎昼や骨壷満たぬ母の逝く

 ○地に落ちし蝉を摑めば鳴き騒ぐ

 ●片蔭はオブジェとなりて路の上

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加