思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

美しいもの・よいものへの憧れを抱き続ける思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は、日本の伝統!?みな真っ赤なウソです。

2016-01-08 | 学芸

初詣は伝統?
神前結婚式は伝統?
見合い結婚は伝統?
天皇現人神は伝統?

いいえ、み~~~んな明治以降のお話です。

いまのような初詣が始まったのは、ようやく明治も中期からですし、
神前結婚も明治30年代以降のことですし、
見合い結婚は、明治政府が、恋愛を邪なものとして明治中期から「見合い結婚」を強力に推進したもの。それまでの長~~~い日本の伝統は、ずっと恋愛結婚(男女の結び付きの自由)でした。
もちろん、天皇現人神などという思想は、江戸の後期国学や水戸学の思想で、一部の特殊な人のものでしかなく、ぜんぜん伝統などではありません。
靖国神社は、政府がつくった施設で、神社ですらありません(明治2年に明治政府がつくった「東京招魂社」を10年後に神社と改名)。古来
の神社ではなく、明治政府のつくった新興宗教=政府神道の施設なのです。

みな、明治維新を成し遂げた志士たちが、自らの権力を正当化する必要から拵えた代物でしかないのです。


こういう類の話は、歴史家に聞けば山のようにあり、大論文になってしまいますが、
肝心なことは、安倍首相の一派や日本会議にあつまる人々の言う日本の伝統なる話は、元からデタラメで、みな明治維新政府の作成でしかない、という歴然たる事実を明晰に自覚することです。

ついでに言えば、大安とか仏滅などとカレンダーに書いてあるのは、カレンダーの制作者=販売者が、どうしたら売れるかを考えてつくり出した代物で(これは明治ではなく戦後のことですが)、無根拠です。満点大笑いの話(=バカげた迷信)でしかないのですが、お菓子会社の「バレンタインデー」創造と同じです。

考えることなく従う、というのは、これまた明治維新以後の日本人の特徴ですが、
われわれ日本人も、そろそろ自分で考える=根拠を知るという脳作業を始めたいもの、と思います。


 
「戦前思想」の代表者
=岸信介と東条英機


武田康弘

 

コメント
山田 勝義
 
山田 勝義シェアしました。
 
 
保田 猛
保田 猛こういう書き方、いいですね!ブログへシェアさせていただきます。
 
 
前田 誠一
前田 誠一シェアします。な〜も考えないで周りがしているから・・・民主主義って何だ!
 
 
黒田 宗之
黒田 宗之ブログで読んだこと本当にその通りと思います。特に何も考えない無関心層が多いのは教育の敗北なのか日本人の民度が低いのか、、、両方でしょうか?
 
 
武田 康弘
武田 康弘北欧やオランダなどとは対極にある教育(学習への考え方と方法)は、人間的な個人の内面世界を育てませんが、これは実に深く大きな問題と思います。
 
 
高城 久
高城 久本論とは少しずれますが、幕末維新の歴史小説の影響も大きい気がしてなりません。
特に維新賛美の流れは司馬遼太郎の作風で司馬史観なる見方もあり、ノンフィクションのように受け入れている人も多いのではないでしょうか?
 
 
武田 康弘
武田 康弘
ノンフィクションとして見ているのは間違いないと思いますが、そもそも歴史とは何か、という問い自体がないので、歴史を「事実」の集まりとしてしか意識できない人が多数でしょう。
 
 
 
染谷博美
染谷博美タケセン、強烈!わかりやすい!ともかくシェア大公開ー!後ほどコメントさせていただきます。
 
 
武田 康弘
武田 康弘柔軟で豊かな心ではなく、固い自我=自己感情を絶対化する心だと、大きな力や組織の言うことを鵜呑みにし、従ってしまう傾向をもつようです。
自分の目で見、自分の頭で考え、自分の心身で感じる人でないと、現実をよく知ることはできないでしょう。
理論に頼り、権威に頼り、ではなく、自分で調べ、自分で考える自由な人として生きたいですよね~~~
 
高木 道郎
高木 道郎つまり、日本会議が取り戻そうとしている「美しい日本」は明治以降の作り物であり、それを取り戻すことは明治以前の「日本」を封殺もしくは削除することになりますね。本気で「日本の伝統」を守るつもりなら「取り戻す」ことを拒否しなければなりませんね。ややこしい話ですが。
 
武田 康弘
武田 康弘まったくです(笑)
 
 
門脇 尚人
門脇 尚人現代人は江戸時代を封建的で身分制度が重苦しい時代であったと考えがちですが、実は江戸時代は内需型の経済でおおらかな社会であったと考えられます。鎖国というのはある意味優れた経済システムでしたが、明治以降日本は輸出入を通じて世界的な資本主義のシステムに取り込まれていきます。それを近代というのなら確かにそうでしょうがそれにより全ての国民が幸せになったかはまた別の話です。明治政府は富国強兵をする必要性を大いに感じていましたがその為に天皇制を利用したことは確かです。古来からの神道信仰と国家神道は別物と考えるべきで、現人神という極めて特異な国家的宗教を作り上げてしまいました。
 
 
武田 康弘ええ、同意見です。
 
 
武田 康弘
武田 康弘簡単に書いたBlogでしたが、多くの方にシェアをして頂き、感謝です。読み返して、少し加筆しました。
 
 
染谷博美
染谷博美このデタラメ驚がくー 正当化の為って明治維新政府と今の政府同んなじみたい。大安と仏滅のこと知らなかった(笑)ほんと大笑い、って笑ってばかりもいられないけど。それにしても個人のプライバシーまで国が管理って酷い。恋愛が邪なものって意味がわからない、とても自然なことだと私は思うけど。 窮屈な世界なんて私は嫌だー!
 
武田 康弘
武田 康弘仏が滅した日が6日に一回!!??(笑)。
そもそも仏教とは何の関係もない一部の俗信で、意味も違うのです。
何かが終わり、新しい始まり、という意味だったようですので、
これは最高の日ということになりますね(笑笑笑)。

カレンダーの新しいウリとして俗信を使おう!6日ごとだと毎年変わるので、カレンダーの売り上げアップという案が出て、ヒットした、というのが事の真相ですが、あんまりバカバカしいので、怒るより笑うしかありません(笑)

仏教の僧侶は怒っています(笑)仏が滅したとかわけのわからぬ日をつくられて大迷惑~~~~~(笑笑)
おバカな国民は幸せかな?(満点大笑)
 
 
武田 康弘
 
武田 康弘
シェアされた先から、安倍首相の敬愛する祖父ー岸信介についてのコメントがありましたので、
以下にご紹介します。

『法学館憲法研究所』のホームページから。

“昭和の妖怪”岸信介―戦前との連続性

H.T.記

 1957年は、東条内閣の重要閣僚として日米開戦の詔勅に署名し、戦後A級戦犯として逮捕された岸信介が首相になり、戦争の指導層が戦後も引き続いて日本の指導層となった象徴的な年となりました。特殊日本的な「戦前との連続性」です。ナチズムを生んだドイツでは、戦後に旧ナチの幹部が政界の指導者として復活することは決してありえないことでした。戦争国家体制と民主主義・人権の抑圧は不可分の関係にあります(治安維持法体制)。この体制の責任者が日本の指導者となったことは、現在に至るまで日本のあり方に多大な影響を与えています。

 岸は山口県の官吏の家に生まれ、大資産家である実家・岸家の養子となりました。島根県令などの要職を務めた政治家である曽祖父の残像が幼い頃から色濃く刻み込まれたと言われます。東大時代は、当時の右翼のトップリーダーだった北一輝や大川周明に面会を申し入れ、深い影響を受けました。天皇制絶対主義を唱える憲法学者・上杉慎吉に見込まれ後継者にと誘われましたが、当時の農商務省に入り、戦時統制経済を立案・推進した「革新官僚」を代表する存在となります。間もなく、東条らと共に満州国の5大幹部の1人として植民地経営を指導、軍・財・官界にまたがる広範な人脈を作り、政治家としての活動の基礎を築きます。東条内閣では商工相、軍需次官を歴任し戦時経済を指導しました。

 45年9月、岸はA級戦犯容疑者として逮捕され、巣鴨拘置所に収監されました。しかし、アメリカの対日政策が大きく転換(逆コース)、多くの戦犯と共に不起訴となり釈放されます。さらに、52年4月、単独講和条約の発効に伴って公職追放解除になりました。直後に復古的な「自主憲法制定」を最大の目標に掲げることを主導して「日本再建連盟」を設立、翌年には衆議院議員になりました。56年の自民党総裁選では巨額の資金をばらまき、金権総裁戦の原型を作りました。首相は60年の安保国会後に退陣しましたが、以後も田中角栄と並ぶキングメーカーとして、89年に90歳で没するまで政界に隠然たる影響力を及ぼし、「昭和の妖怪」と呼ばれました。岸の政治の最終的な目標は最初から最後まで「自主憲法の制定」でした。
 
 岸は晩年のインタビューで語っています。「大東亜共栄圏は随分と批判があったけど、根本の考え方は間違っていません。日本が非常に野心を持ってナニしたように思われるけど、そうではなく…」(塩田潮著「『昭和の怪物』岸信介の真実」)。
 戦前との連続性は今、戦争を知らない世代によって「日本の伝統・文化・歴史の尊重」というスローガンで語られています。

  岸に代表される政治家については、①戦前との連続性の他、②戦前はファシズムに傾倒して国民を「鬼畜米英」に誘導したことと対照的に戦後は民主主義を標榜しアメリカへの従属を推進した無節操(非連続)、及び③戦争責任が話題になりました。日本国憲法については「押付け」が論じられています。しかし、GHQによる「逆コース」の支配(「逆押付け」)がなく、日本の民主化が促進されていたならば、戦争を指導・推進して内外に天文学的な犠牲者を出した政治家・官僚の政治的・道義的な免責はあり得たのか、問題となるところです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィロソフィの営みのない昆虫人... | トップ | ヤンソンスのショスタコーヴィチ... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とろ)
2016-01-08 21:05:23
お見合いもそうなんだっと思ったんですが、
こんな話もあるようです。
http://www.bdeai.net/omiai/2.html

昔の日本は恋愛というより野合だったんじゃないかなぁ。女性の地位は低い時代ですからね。

バレンタインデーはありますよね、
創造したのはお菓子の方で、さすがにそれは知っていると思いますよ。
とろさんへ (武田康弘)
2016-01-08 23:21:19
政略結婚としての見合いはありましたが、

見合いが主流になったのは、明治の半ば以降のことです。富国強兵路線を固めた明治政府が政策として見合い結婚を強力に勧めたことは、風俗の歴史としても有名です。

バレンタインデーは、まったく意味の違う話で、日本では女性から男性へのチョコレートの日になりました(笑)。
Unknown (とろ)
2016-01-09 06:28:18
風俗の歴史としても有名なんですか?
知りませんでした。
http://www.be-takumi.jp/kae_oonishi_column/8
これにもあるんですが、盛んになったのは明治以降で、それ以前にも庶民の間でお見合い自体はありました・・というのしか見つかりませんでした。
興味あるので、参考にした文献とかあったら教えて頂きたいのですが、あと明治政府が強力に勧めたって何か通達とかあったんでしょうか?

バレンタインデーはチョコレート会社うまくやりましたよね~。
お応え (武田康弘)
2016-01-09 12:41:38
放送大学でも講座がありましたが、とろさんがひかれたURLにも以下のように記載されています。

「高砂業(たかさごぎょう)」と呼ばれる「仲人業」があらわれたのは明治時代で、

1880年(明治13年)に山口吉兵衛が大阪で始めた「養子女婿嫁妻妾縁組中媒取扱所」がその元祖と言われ、1884年(明治17年)には、東京、日本橋に「渡辺結婚媒介所」が誕生しています。(『日本婚姻史』中山太郎著、『明治大正史・世相編』柳田邦男偏)
・・・・・・・・
そして1933年(昭和8)には、東京市に公立の結婚相談所が設けられました。

そして、戦前の日本では「お見合い結婚」が、一般的に行われるようになったのです。

当時、人口問題研究所が行った結婚調査によると、約70%の人がお見合いで結婚をしたという記録が残っています。

ーーーーーー

明治政府によ結婚をはじめとする個人生活への介入=強力な誘導は、枚挙に暇がありません。具体的には、岩波や小学館の「近代日本の歴史」や民俗学の書をお読みください。


なお、見合い結婚の勧めは、男女の個人間の性的自由の抑圧とセットです。性という人間性の根源領域への国家管理としての「見合い結婚」という意味です。

夫婦同姓もそうですね (きたろう)
2016-01-09 17:51:34
夫婦同姓は日本の伝統だという人がいますが、そもそも、苗字のない人もいたわけですね。豊臣秀吉の正室は、ねね、おね、北政所などと呼ばれていたのかもしれませんが、羽柴姓を名乗っていたのか疑問です。北条政子は源政子ではないし、日野富子は足利政子ではありませんね。
恋知っていいですね (タイムエンジニア)
2016-01-10 16:23:34
愛知ではなく、恋知という言い方に感心しました。
愛は人工物、恋は自然物だと思います。
そして、人工物は創作者に都合よく作られているが自然物は(存在するとして)神の意図の下に造られているのでは、ないかと思います。
Unknown (手塚 克典)
2016-01-10 19:15:19
あー、ヤダヤダ。革命?テロみたいな活動して薩長が強引に作った明治政府。その後の富国強兵とか、戦争イケイケ格差ゴーゴーで最低や。
そーいや、現人神だなんて… 古墳を調べるれば、科学的にちゃんと解るのになぁ~。困る連中がいるのかなU+2047
貴重なお話、ありがとうございます!
Unknown (かとち)
2016-01-12 08:46:00
古来からの伝統じゃないってのはわかった。
だから何?
初詣するなって事?見合い結婚はいけないの?
考えずに従うのは明治以降の日本人の傾向?
日本の礎となって命を落としたご先祖様達に頭を下げるのに、何でそんな解釈になるの?
魅力あるよい人間に。 (武田康弘)
2016-01-12 12:19:46
「伝統だから」、という考え方=言い方で、盲目的になると、レベルの低い日本人になってしまいます。

よく事実を知り、なぜそういう風習ができたのかも知り、その上で、普遍性のある優れた判断ができる人間になることが、自他の徳と得を生むのです。

個々人が豊かで優れた人、魅力ある人になってはじめて、その社会ー国もよいものになります。

そういう話です。
Unknown (佐藤光裕)
2016-01-16 22:44:34
 これ、私がよく言ってる論と同じで嬉しくなりました。他にもいくらでもあります。

「伝統は一世代、三十年で作られる」

 私はただの歴史好きのノンポリですが、保守系右側の人が「伝統を守れ!」と‟何も知らず考えずに主張している時(特に「‟女性”天皇に反対。なぜなら天皇=男性は、日本古来の伝統だから」とTVで堂々と言い放った、街角インタビューに答えた50代のサラリーマン風の男性には恐れ入りました(笑))、このような「現代、あるいは戦後からの‟新興伝統”の例を挙げ」

 「御存じのように、あなたたちの大嫌いな韓国は、『伝統は三十年で作られる』を実行する名手ですけどね。」と(笑)

 まあ、これはリベラル左側の人も同じですけどね。

 SEALDSの若い子たちとか、かつて左翼運動していた万年青年のジジババに煽られ、現実も理論も知らず考えないまま、青年らしい「己が個人的ルサンチマンの解消」に無意識に動かされ、さかりが来た動物のように騒いでただけに見えなくもないですし。
(ある意味、彼らは古代から続く「村落共同体のハレの日の祭り」「集団内の内輪盛り上がり(外部世界の現実と向き合わない)」と同じで、‟最も保守的”であったと言えるかもしれません)
Unknown (佐藤 光裕)
2016-01-16 22:58:21
 まあ、fact(=感情に逆らう「冷酷な現実)を目の前に提示する者は、良くて「カッサンドラー」として無視され、悪ければ「悪魔・鬼」として異端審問で吊し上げられ、ラディカリストはイエスのように、十字架にかけられる

 これが、原始社会から我々がシッカリと先祖から受け継ぎ守ってきた「人類の伝統」です(笑)
Unknown (Unknown)
2016-01-18 09:38:40
馬鹿らしい。もし日本人なら、もう少し勉強しなさい。
天皇原理主義って知ってますか? (Slice)
2016-02-10 11:44:55
当方、日本の右翼の正体=天皇原理主義を定義し批判している者です。もし興味がありましたらTwitter で slice または天皇原理主義を検索してみてください。
ここでも天皇原理主義者が釣れているようですが、共有出来る情報もあろうかと思います。
まんざら、嘘でもない。 (藤田伊織)
2016-02-12 11:58:41
六曜が中国から日本に伝来したのは、14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて、とされる。その名称や解釈・順序も少しずつ変えられ、現在では赤口以外は全て名称が変わっている。19世紀初頭の文化年間に現在の形になった。幕末頃には、民間の暦にさかんに記載されるようになった。
明治時代に入って、吉凶付きの暦注は迷信であるとして、政府はこれらを一切禁止した。当然のこととして政府が発行する官暦となった神宮暦も、新暦(太陽暦)と天文・地理現象の他は国家神道の行事等のみを載せ、吉凶の暦注は一切排されるはずであった。実際、本暦の本体からは全て消えたが、六曜と旧暦を必要とする要望を政府も押し切ることができず、略本暦に附すという形で存続した。第二次世界大戦後はそういった政府による統制もなくなったため占いの類は氾濫するようになり現在に至る。
恐ろしい明治政府のイデオロギー (武田康弘)
2016-02-12 14:15:31
まさに、その通りで、
「国家神道の行事等のみを載せ、吉凶の暦注は一切排されるはずであった。」
明治維新政府の「天皇現人神」の思想=政府神道を徹底させようとしたのでした。
しかし、100パーセントは実現できず、俗信が残ったわけです。
核心点は、明治政府のイデオロギー=靖国思想=政府神道=天皇現人神による全国民の洗脳ですね。
すさまじいことをしたものです。世界に例を見ないスゴイこと、さすがニッポン(笑笑)
国家神道にサヨナラを (Kei-Mad)
2016-02-14 16:21:26
神道家は日本人劣化プログラムである歴史修正主義に手を貸すべきでありません!
日本と日本人だけが良ければそれでいいというのは完全な独善で利己主義そのもので、それこそが国家神道の本質にあるものです。
そこには愛善というものがないのです。必然的に死者の御霊への慰霊もしない。(靖国は慰霊の施設ではないby靖国職員有志の会)

靖国神社とは人造の道真・将門をつくりその御霊を国家守護のガーディアン、霊的兵装とするための施設です。
一々の戦死者の御霊は大高忍の漫画マギのマグノシュタットの五層民の如く靖国の英霊を造る材料、贄とされただけで慰霊もされず悪想念の檻に囚われたままです。
靖国とはそんなふうにイメージするのが最も相応しい神社だと思っています。

国家神道の本質は天皇を政治権力で現人神の地位に置き、総ての神々を天皇の元に支配しようとする政治的プロパガンダで、神道からすれば不敬の極そのもので、神霊への謙虚畏敬が欠片もない異物です。

「直く・潔く・赤く」という神道の精神を見失い外国(トツクニ)の邪神(帝国主義)に憑りつかれた神道で、こんなものを有難がっている輩はすべからく人間としての徳性が麻痺します。
靖国の後始末
靖国には祓戸の大神を正式召還しての大祓がまず必要です。次に境内に伊勢・出雲・熊野・三輪の4第霊地からの神々を召還して祭り靖国を日本神道の正系に包摂します。そして何百万と抱え込んでいる御霊を産土神に返還する手継ぎと慰霊を事とする神社として生れ変わればいいのです。

私はそう思っています。
騙されて いる時にこそ 幸せを (野原芳孝)
2016-02-23 01:46:40
敬語文化は?
元々は敬語は美しい文化のように思ってました。誇りにも!
中国で4~5年暮していましたが、 誰と話しても 上下関係を意識させるような印象は無く、友達同士のようでした。
私は敬語こそが 最悪の文化と思うようになりました。

礼儀にも 問題ありと感じてます。
中国だと客に無愛想、商品も金銭も ほかって渡す。
全く、拝金的ではありません。

ほかって渡しても おまけしてくれたりするのですから、悪いイメージを彼らが持っているわけではないのです。

50年前の体育系部活では 第一に礼儀と敬語を厳しく仕込まれます。

老子か孔子さんも 礼とは争いの始まりだといっていたような!

このへんも明治からの文化ではないでしょうか?

眠いけど 幸せから目覚める時かも?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。