しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

世界侵略:ロサンゼルス決戦

2011年09月18日 21時20分48秒 | 作品名(さ行)
第237回「それはSF映画ではなく、戦争映画でした。」
今回の映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」はもう半年以上前から公開をとても楽しみにしていた作品でした。しかし、東日本大震災の影響で公開が先送りになり、いつになるのかと首を長くしていた作品だけに公開日にワクワクしながら劇場に足を運びました。人間VSエイリアンの極上なSF映画が観られるのを期待して・・・

2011年8月、彼らは忽然と現れた。4時間前に探知された飛行物体はその全てが大都市の沿岸に着水し、中から現れたエイリアンは人類に対し攻撃を仕掛けてきた。そしてロサンゼルス沿岸も例外ではなかった。
かつて戦場で部下を死なせたことで心に傷を負ったマイケル・ナンツ二等軍曹はその前日に除隊を決意したばかりだった。急きょ上官に呼び出された彼に与えられた任務は、若いマルティネス中尉のサポートに入り、ロサンゼルス沿岸にある警察署に取り残された民間人を救い出し、3時間後に行われる掃討攻撃までに基地に帰還すること。敵が何者なのか、どの程度の兵力なのか。なにもかも不明なまま任務に当たることになった。

この作品を観ているうちに私は「これはSF映画じゃない、戦争映画だ。」と思い始めていました。確かにエイリアンは登場します。ですが相手もまた統制された軍事行動を行っていたのです。それはかつてのハリウッド映画の中で繰り返されてきた多くの戦争映画と同じように。ハリウッド映画はつねにその時の政治状況に合わせるかのように「敵」を設定してきました。冷戦下においてはソビエトを、湾岸戦争時にはイラクなど中東を、最近ではテロ組織を。そして、ソ連が崩壊し、中東などの独裁政権が崩壊した今、とうとう地球上に敵はいなくなったようです。この映画では敵を地球外に求めたのでした。映画を観ているうちに私はそんなふうにこの作品を観るようになっていました。

そして、完全にSF映画だと思って劇場に足を運んだ人の評価はおそらく低くなるだろうとも思っていました。この作品の楽しみ方は、戦争映画(軍隊映画)を楽しめる人でないと面白くないかも知れません。例えば、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」や「プライベート・ライアン」など戦争を真正面から捉えた映画が好きな人にはオススメです。

でもただそれだけの作品ではありません。主人公であるナンツ二曹の部下を失ったトラウマや、年下の上官であるマルティネス中尉との関係、亡くした部下の弟との確執など、人間ドラマも上手に織り込んでいます。

点数は★★★★☆です。戦争そのものについては目を背けたくなるほど否定的ですが、敵が好戦的なエイリアンとなれば、人間側を応援してしまうというもの。これは新たな戦争映画の形を見つけたのかも。なんて思ってしまいました。この新たな手法が許せるかどうかで評価が分かれるところでしょう。個人的には人間VSエイリアンの侵略戦争にのめり込んでしまいました。

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]
アーロン・エッカート,ミシェル・ロドリゲス,ラモン・ロドリゲス,ブリジット・モイナハン,Ne-Yo
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーン・ランタン | トップ | 探偵はBARにいる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (LOVE Cinemas 調布)
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Battle: Los Angeles - 映画ポスター - 27 x 40海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画。延々と続く戦闘シーンに圧倒される。1942年、 ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。人が血を流して死ぬ描写や...
大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES) ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。 【あらすじ】 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとら...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 World Invasion: Battle LA(2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』これは単なるエイリアン映画ではない! (映画をもっと楽しく![シネマポスト])
映画の評価(5点満点) ★★★☆☆ 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』。このタイトルを聞いて「B級映画ですか?」という人もいたが、この作品は、最近よくある単なるエイリアンSF物に終わっていないのが秀逸だ。 この映画、エイリアンとの戦闘に投入された海兵隊の現場...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
今年6月公開の「スカイライン」とよく似た設定のエイリアン地球大侵略ムービー。イオンシネマのレイトで観てきた。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ