しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■ブレードランナー2049

2017年10月29日 20時37分25秒 | 作品名(は行)
第439回「前作はこの続編を描くためにあったのではないか?」
「ブレードランナー」といえば、映画ファンであれば誰もが通る道だろう。作品の内容・評価はさておき、映画ファンを自負するのなら鑑賞しておくべき作品だと思う。かくいう私も幼い頃から幾度となく鑑賞してきだ。幾度となくというのは、この作品は公開後に、幾つものバージョンが存在する珍しい作品なのだ。劇場公開版、ディレクターズカット、ファイナルカットなど未公開シーンを加えたりして幾つものバージョンが存在する。その度に私は挑戦するのだが、結果は決まって負けるのだ。何に負けるのか?睡魔に・・・今回の作品は「ブレードランナー2049」です。

ここからの記述には物語の確信に触れる部分があります。個人的には知ったうえで鑑賞しても、全く問題ないと思うのですが、どうも公になっていないようなので、ご注意ください。


舞台は病気や貧困が蔓延し荒廃した、2049年のカルフォルニア。ロサンゼルス市警に所属しレプリカント(人造人間)を専門に追いかけるブレードランナーであるK。正式名称はKD9-3.7、そう彼自身もレプリカントなのだ。彼はとある任務で隠れ続けていた旧式レプリカントのサッパー・モートンが住む農場へとやってくる。抵抗する彼を「解任」し、上司に連絡をとるKだったが、彼が偵察させていたドローンが木の根元に埋まるコンテナを発見する。その中には30年ほど前に死んだと思われるレプリカントの骨格が納められていた。分析の結果、女性であり死因は出産の際に施した帝王切開が原因だとわかる。これは重大なことを意味していた。生殖能力の無いレプリカントが出産するはずはないのだ。もしそれが事実だとしたら、世界中を混乱に陥れることになる。Kはその謎を探るべく調査を開始するのだった。

書きたいことが多過ぎて、どこから話せばいいのか迷っている。前述したように「ブレードランナー」はもちろん観ています。しかし、劇中の独特な世界感。歪で陰湿な情景、不確かな会話劇により、私は睡魔に襲われ、しっかりと観た記憶がなかったのです。しかも今作の上映時間が2時間43分と聞いて、「これは無理かも・・」と思ったので、レイトショー前に昼寝をし、万全と思える態勢で、劇場へと赴きました。すでに睡魔に負けることを想定していました。ところが、あれほど魅力的に映らなかった前作とほぼ同じ情景なのにこの作品で私が睡魔に襲われることはありませんでした。

前作は人間とレプリカントの「禁断の恋」を描いた作品。今作はその後の2人に子供が出来たことで、人間側にとっては絶望の火種、レプリカント側にとっては解放となる希望の種を描いた作品。個人的には後者のほうが物語のテーマとしてずっと魅力的に映りました。そしてそのテーマをSFの世界観の中で見事に描いてくれました。久しぶりにこれは面白いと断言できる作品でした。

ネット上では賛否両論が渦巻いています。公開前にも本国アメリカでは興行的には失敗だという記事もありました。でも私はこの作品は傑作だと思います。前作は今作を描くために作られた前日譚だと言ってもいいくらいに思っています。そのくらいこの作品はSF映画の形を借りながら、とても壮大なテーマを描いているのです。

この作品で一番問題になるのが、レプリカント(人造人間)の定義についてです。前作で私もずっと悩んでいたのですが、多くのSF映画で人間に近い存在として、アンドロイドや人工知能(AI)、ロボット、クローンなどが描かれています。それらは人間に近いといっても、明らかに違いが存在します。しかし、今作に登場するレプリカントは限りなく人間だと思って観てください。だからこそ、人間との違いがほとんど無いのに、奴隷として扱われ、劣悪な環境で重労働を強いられ、さらには戦争の兵士となり消耗品のように扱われる。感情もあり、怒りや哀しみも感じる。なのに「人間もどき」と迫害される。なんだがどこかで聞いたことがある気がしませんか?数百年前まで同じ人間の間で起こっていたことが描かれているのです。個人的には前作で「恋愛」に焦点を当てることでそのテーマが少し解りにくかったのかもと思いました。今作は「家族」というテーマになったことで状況は複雑化したのですが、理解が容易になっていました。

ボロクソにこの作品を評価している人もいます。ですが、私の評価は★★★★★です。この作品は素晴らしい作品だと思います。いい映画の条件として鑑賞後にその映画について誰かに話したくなる。というのがありますが、この作品はまさにそれです。この作品を低評価している人に、「そこはこう考えたら?この表現はこうなんだよ。」と説明したくなる作品です。長い上映時間、独特な世界感、解りにくい設定。そんなところも含めて、私はこの作品を評価したいと思います。まだまだ残された謎や、伏線がいくつかありますが、安易に続編を作って欲しくないくらい素晴らしい作品でした。

最後にこの作品はあくまでSF映画です。人間を描き、家族を描き、人と人造人間の違いを描いていますが、サイエンス・フィクションです。それを楽しめるか否かが、この作品の評価の分かれ目なのかなと考えています。この作品を観て、つくづく私はSF映画が好きなんだと再認識させられました。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■猿の惑星:聖戦記(グレート... | トップ | マイティ・ソー バトルロイヤル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(は行)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

ブレードランナー 2049 (ネタバレ映画館)
開演前にトイレを済ませておきましょう。
ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電......
ブレードランナー2049 (もののはじめblog)
<THX方式>人造人間“レプリカント”は、その創造主たる人間に反旗する事件が多発する。 そんなレプリカントを「解任(処刑)」する任務を負うのが、警察の専任捜査官「ブレード......