しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■ラ・ラ・ランド

2017年03月05日 23時54分05秒 | 作品名(ら行)
第421回「やっぱり苦手なのかもね・・・」
以前から公言していますが、「私はミュージカルが苦手です。」いきなり登場人物が歌いだすというあの不可思議な状況をどう理解すればいいのか?歌のシーンはファンタジーと考えればいいのか?どのように解釈すればいいのか?と色々と考えてしまうのです。おそらくミュージカル好きの人から言わせれば、そんな難しいことは考えずにただ楽しめばいいんだよ。と言われるでしょうが・・・そんな私が今回鑑賞したのは「ラ・ラ・ランド」です。

映画会社のスタジオ内にあるカフェで女優を夢見て働いているミアは、数多くのオーディションを受け続けているが、なかなか女優として芽が出ないでいた。ある日、オーディションに落ち、落ち込んでいるミアを元気付けようと友人たちと言ったパーティーだったが、さらに落ち込んで1人帰路について、夜道を歩くミアの耳にとあるバーからピアノの音色が聞こえてきた。それに導かれるようにミアは店内へと入った。そこで、ピアニストのセバスチャンと出会うが、彼は店長のいう通りの曲を弾かずにクビになり店を出ていくのだった。そんな2人が再び出会う。とあるパーティーでバンドに交じりキーボードを弾くセバスチャンにミアが声をかけた。2人は導かれるかのように恋に落ちた。

ミュージカル映画には2つのシーンがある。それは正にミュージカルシーンと通常シーンの2つである。私が苦手なのは通常シーンが突如としてミュージカルシーンとなり、再び通常シーンに戻るところだ。ミュージカルシーンをどう捉えればいいのかで困惑する。あくまでファンタジーだと捉えれば、そのシーン内で起こったことはあくまでイメージとなり、あまり重要ではなくなってしまう。逆だと考えると、あまりに不自然だ。そこを見事に作品としたのは「レ・ミゼラブル」だった。あの作品は通常シーンはほとんどなく、ほぼ全てのシーンが素晴らしい楽曲でお話が進んで行った。その事が苦手なミュージカル映画もすんなりと世界観に入り込むことができた。しかしこの「ラ・ラ・ランド」という作品はそうではなかった。

しかし、それでもアカデミー賞で歌曲賞を受賞したメインテーマを筆頭にどの楽曲もとても耳に残る印象的な曲ばかりだったし、あえて原色を使った人物の衣装もとても綺麗で作品にいい影響を与えていたことは事実です。だからこそ今年度のアカデミー賞を5部門の受賞となったのでしょう。

では私の評価はどうなのか?それは★★★☆☆です。残念ながらお話そのものは取り立てて評価を上げるような出来ではありませんでした。よくある普通の恋愛物語です。(500)日のサマーが普通の恋愛を時間軸を動かすことで、魅力的に見せたように、この作品も普通の恋愛をミュージカル仕立てにすることで、見事に描いて見せました。おそらくミュージカル映画好きな人が見たのなら満足する作品だったのかも知れません。それでもオープニングのシーンなど、素晴らしいシーンはいくつもありました。見ておいて損な作品では無いと思います。

それにしてもJ・K・シモンズは名優なのに作品を選ばずに、色んな作品に顔を出しますよね。「ターミネーター」やつい先だってみた「ザ・コンサルタント」など最近やけに目に付く役者さんの1人です。この作品でもチョイ役でいい味を出してます。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断

2017年02月19日 22時35分34秒 | 作品名(あ行)
第420回「相棒の相棒による相棒ファンのための映画」
2000年から放映が開始され、すでに15シーズンが作られ、毎シーズンの放送を楽しみにしているドラマ「相棒」ですが、当初は見ていなかった私も相棒が変わったあたりから見始め、すっかりハマってしまっています。そんな私が迷わず今回の作品「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」を選んだのは必然というべきでしょうか。

2009年、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織「バーズ」によって誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は“高度な政治的判断”によって、人質を見捨て、その誘拐事件を闇に葬ったのだった。それから7年。国際犯罪組織「バーズ」のリーダー=レイブンを長年追ってきた国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウが、日本にレイブンが潜伏しているという情報を得て香港から来日。特命係の杉下右京と冠城亘は、社美彌子からの指示で、案内役としてそのリュウに同行していた。その矢先、リュウの部下が、「天谷克則という男を調べてくれ」というメッセージを残し、首に黒い羽のタトゥーを入れた“黒衣の男”に殺害された。さらに「バーズ」は外務省のホームページをハッキングし、7年前に誘拐した少女=鷺沢瑛里佳の現在の姿を動画で公開した。「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろう」というメッセージと約9億円の身代金を要求した。かつての誘拐事件の全貌が明らかになり、騒然とするマスコミ。特命係の2人は捜査一課の面々、元鑑識の米沢守、警察庁の神戸尊らを巻き込みながら、事件解決へと独自に動き出す。

ファンとして突っ込みたいところが幾つかあります。今回の事件の時系列は2016年の夏に始まって、国際競技大会(オリンピック)の選手団のパレードが行われた10月初旬が舞台になっているはず。なのに事件が始まった夏頃にはすでに冠城亘が警視庁にいること。(冒頭の冠城亘が歩くシーンで印象的にセミの鳴き声を入れていた。)警察学校に4月に入学したのなら、卒業は9月のはず。夏にはまだ学校に在学中のはずである。
ウィキペディアでは、15シーズンの2話と3話の間の出来事と書いてあったが、であるならば、サイバー対策室の青木を登場させてもいいはず。映画ではわざわざ米沢さんを登場させている。

さらには犯人の動機と犯行計画について。ネタバレを避けて書くので、なにを言っているのかは映画を観た人しかわからないかもですが、世界を又にかける犯罪グループの主犯が仕掛けた計画にしては、余りにも拙い計画でアッサリと予想がついてしまいました。彼の正体がわかってからは、さらにあの事件は必要だったのか?最終目的があれならば、もっといい方法があっただろうに?と色々な点が気になってしまいました。右京さんの言葉を借りるのであれば「細かい事が気になってしまう。僕の悪い癖。」といったところでしょうか。

そんな文句を言いつつも最後まで観られてしまったし、久しぶりに登場した神戸尊にもワクワクしてしまいました。(場面がかなり少なかったのですが。)でも、この作品はあくまで相棒をこよなく愛している人に向けた作品であって、新規でここから相棒に興味を持った人には全く向いていない映画であることは間違いありません。それでもそのコアなファンに向けて作られたはずなのに、あれだけ興行収入を上げられてしまうのは、改めてこの作品の凄さを感じたのでした。

作品の点数としては★★★★☆です。テレビシリーズのほうで映画に向けての前日譚を2週に渡って描いたわりには、まったく意味を持っていなかったので、マイナス1です。ファンでない人が見たら、さらにマイナス1だったかも。ここのところ脚本家陣がガラッと変わって、少し脚本に無理を感じるエピソードが多い気がします。古沢良太さんや戸田山雅司さん、輿水泰弘さんなど、安定して相棒の世界を描いてくれる先輩を見習ってほしいと思っています。今後も続いてほしい作品なので・・・

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

■ザ・コンサルタント

2017年02月05日 23時14分34秒 | 作品名(さ行)
第419回「最高の作品に出会い、最悪の映画体験をする。」
正直、まったく期待はしていませんでした。公開前のメディアでもそれほど大々的に宣伝していませんでしたし、公開後もそれほど興行成績がいいという話は聞かなかったので、わざわざ観なくてもいいかな?と思っていました。それでも興味はあったので、いつもとは違う映画館だけど、まあいいかくらいの軽い気持ちで足を運びました。今回の作品は「ザ・コンサルタント」です。

シカゴ郊外の田舎町で小さな会計事務所を営んでいる会計士クリスチャン・ウルフ。彼の元には田舎の老夫婦などが税金の相談に訪れる程度の仕事があるだけだった。ある日、リビング・ロボ社という大企業から財務調査依頼が舞い込んだ。会計担当の事務員が使途不明金の存在を見つけ騒ぎ出したからだ。彼は15年分にも及ぶ会計資料を用意させ、一晩で会社の不明となった金の流れを見つけ出した。すると翌日には犯人と思われたCFO(最高財務責任者)だった人物が自殺してしまう。彼の死によって調査は途中で打ち切られることになる。釈然としないまま依頼は終わったかに思えた。ところがある日、突如として彼の前に殺し屋が現れた。しかし、彼はアッサリと二人の殺し屋を始末してしまう。実は彼には隠されたもう1つの顔があった。彼は世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあった。天才的な頭脳、卓越した格闘術、抜群の狙撃テクニック。それらを駆使し、裏社会での仕事をしていたのだ。さらに彼には多くの秘密があった。

綿密に練られた脚本、緻密なキャラクター設定、散りばめられた多くの伏線。テンポ良く進むストーリー。ヒット作の続編でもなく、豪華キャストが登場するわけでもない、オリジナル脚本でここまで面白い作品を観たのは久しぶりかもしれません。高機能自閉症である主人公の生い立ち、素性、性格、状況を無理なく脚本に織り込み、回想シーンや財務省のシークエンスを見事に交えて、それでいて見事なアクションシーンで飽きさせない。これほど見事な作品は珍しいと思います。

キャストも主演のベン・アフレックに、相手役のアナ・ケンドリック、財務省長官のJ・K・シモンズ、殺し屋役のジョン・バーンサル。名前と顔が一致したのはこの4人だけ。それでもこれほど面白い作品になるのは、とにかく脚本だと思います。散りばめられた伏線が回収されていく様は、見事としか言いようがありません。最後に登場する彼女の正体は続編を意識すれば、明かされなくても文句は言えないかもしれませんが、それも見事に回収する辺りは素晴らしかった。これこそ秀作と呼ぶべき作品だと思います。

点数は文句なく★★★★★です。親友であるマット・デイモンがジェイソン・ボーンで最強の暗殺者を演じていますが、ベン・アフレックも近しいキャラクターを演じるとは運命的なものを感じてしまいますね。是非ともシリーズ化して欲しい作品ですが、安直な脚本ではなく、今作のような見事な脚本による続編を期待しています。今作は邦題に主人公の名前を付けなくて正解でした(笑)

【最悪の映画体験について】
真横に座った男性が、映画が始まった瞬間から高いびきをかいて寝始めたのです。同伴の女性が起こすものの、何度も何度もいびきをかく始末。イライラしながらの鑑賞となりました。鑑賞前にはその女性とイチャイチャ会話。映画を鑑賞するつもりが無いのなら、来ないでほしいと思いました。映画館側も席に余裕があるのなら、間を空けて席を指定してほしいものです。


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

■ドクター・ストレンジ

2017年01月29日 23時23分36秒 | 作品名(た行)
第418回「久しぶりに1800円で映画を観たよ。」
2017年最初の映画鑑賞が月末になってしまうというのは、どうしてだろうと考えてみた。ちょっと前から続いている意欲の減退もそうだし、ブログを書くのに面白い作品で書きたいという思いからだろうか?そんな私が2017年最初に選んだ作品は、もちろん「ドクター・ストレンジ」です。フェーズ3に入ったマーベル映画の中心人物になると噂のドクター・ストレンジを最初に選んだのは必然とでもいうべきでしょう。

ニューヨークのとある病院に勤務するスティーブン・ストレンジは高慢な性格ながらも、その天才的な手腕で数々の手術を成功させてきた外科医。そんな彼はある日、交通事故で瀕死の重傷を負う。一命を取り留めたものの彼が目を覚ました時、彼の商売道具でもある両腕は、そのほとんどの機能を失っていた。多くの医者を訪ね、あらゆる治療法を試したが、彼を治せる医者はいなかった。外科医としての自信を失った彼はその人生までをも投げ出そうとしていた。ある日、いつものようにリハビリをしていた彼は、かつて下半身不随で彼も治療を諦めた患者が今は何事も無かったかのように歩いて暮らしているという話を耳にする。彼は藁にもすがる気持ちでその元患者を訪ねると、確かに何事も無かったかのように生活していた。彼から「カーマ・タージ」という場所へ行ったと聞いた彼はすぐに旅立った。そこはネパール・カトマンズ。必死で探しあてた寺院カーマ・タージにはエンシェント・ワンと名乗る人物がいた。そこで彼は魔術を目にし、魔術師になるべく厳しい修行を始める事となる。時を同じくし、かつてカーマ・タージで修練していたカエシリウスが闇の魔術を使い、世界を暗黒次元に陥れようと画策していた。

作品の評価としては、面白い作品に仕上がっていると思います。しかし、それはこの先の「マイティ・ソー/ラグナロク」や「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと続くための1つの作品として見た時の評価であって、単独作品として見るとちょっと説明不足な部分が多くある作品だったと思います。

私がブログでよく書く、エピソード0を描く難しさと魅力的な悪役については、ひとまずは合格点だったと思います。医者だった彼が魔術師としての道を選ぶ過程も無理なく描けていたし、まだ一人前にはなれていない描写もいい意味で今後の作品への期待となりました。もう一つの要素である悪役に関してはマッツ・ミケルセンが演じたカエシリウスは残念ながら、魅力的な悪役にはなりきれませんでした。要素は持っていたのですが、もう1人いた為に、魅力を出し切れなかったような気がします。その悪役は今作では登場はしないのですが・・・

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。ストレンジも魅力的なキャラクターですが、脇を固めるキャラクターがとても魅力的でした。そして今後の活躍が楽しみになる伏線をたくさん残した作品でした。(いつものエンディングも含めて)この後にストレンジがどのように成長し、アベンジャーズの面々とどのように絡んでいくのか?とても楽しみになる作品でした。単独作品としはちょっと物足りなさがありましたが・・・

吹替え版と字幕版の上映方法について、吹替え声優についてなど、言いたいことがいっぱいあるのですが、長くなりそうなので止めておきます。(笑)

本年もよろしくお願いいたします。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■バイオハザード:ザ・ファイナル

2016年12月31日 18時06分41秒 | 作品名(は行)
第417回「ようやく終わったみたいだけど・・・」
以前からゾンビ映画好きを公言し、幾つものゾンビ映画をみてきていますが、正直このシリーズをゾンビ物と表現していいのか?は悩むところです。それでも日本のゲームが原作ですし、大ヒットシリーズとしてのファイナルですので、しっかりと見届けさせてもらおうと劇場へ向かいました。今回の作品は「バイオハザード:ザ・ファイナル」です。

Tウイルスの蔓延によって、人類滅亡が目前に迫った世界。幾多の死闘を繰り広げてきたアリスとアンブレラ社の戦いは最終局面を迎えようとしていた。ウェスカーの呼びかけによってワシントンに集まったアリスをはじめとする精鋭部隊だったが、ウェスカーの裏切りによって多くの仲間達は死んでしまった。なんとか生き残ったアリスは1人ラクーンシティを目指していた。それはこの混乱を終わらせるカギがかつてアンブレラ社のあったハイブにあると人工知能レッドクイーンが教えてくれたのだ。アンブレラ社によって作られたレッドクイーンは会社を裏切ることは出来ない。そこでアリスにアンブレラ社を潰させる為のヒントを与えたのだ。残された時間は48時間。アリスはかつて訪れたハイブのあるラクーンシティへ向けてバイクを飛ばすのだった。

この作品は今作を含めて6本作られていますが、個人的にゾンビ映画として面白かったのは最初の2本くらいで、あとは広げた大風呂敷を回収できずに、次作の冒頭でリセットを繰り返してなんとか体裁を整えてきました。今作もそれは健在です。前作のラストでホワイトハウスの上で「いよいよ最終決戦か?」みたいな煽りで終了しましたが、今作の冒頭では案の定ウェスカーに騙されて、レジスタンスは壊滅状態。挙句の果てに良くある「残り48時間」などという安易なカウントダウン設定。ゾンビは出てくるものの特にストーリーには絡まない。今まで活躍してきたキャラクターもクレアが登場するのみと、正直褒めるところが見つかりません。

それでも最後まで睡魔に襲われることなく鑑賞できたのは、一定レベル以上のストーリーとアクションを見せてくれたからだと思います。この作品はもはやゾンビ映画ではなく、アクション映画だと思ってください。そう考えれば一定のクオリティを保った面白い作品だと思います。最後に基本に戻りハイブのあの閉鎖的な空間を使ったのも、納得できます。

点数は★★★☆☆です。ずっと見てきたファンであれば観てもいいと思いますが、特に思い入れが無いのであれば、地上波を待てば十分だと思います。日本への敬意の表れなのかローラが主要キャストに起用などと騒がれていますが、かなりのチョイ役です。セリフがあっただけ幸せです。前作の中島美嘉よりもアッサリとした退場でした。派手さばかりが目立つアクション映画となってしまいましたが、地味でもゾンビ映画としてもっと面白い作品になれたような気がしてとても残念です。

これで2016年のブログは最後ですが。来年はどんな作品に出会えるのでしょう。マーベルシリーズはまだまだ広がりを見せていきそうだし、今後も期待しながら2016年のブログを終わりにしたいと思います。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加