コモディイイダ駅伝部ブログ

昭和48年創部!コモディイイダ陸上競技部(旧名 飯田百貨店陸上競技)これからも地に足をつけて取り組んで参ります。

新入部員紹介~黒田選手、入寮~

2017-03-22 20:21:00 | 人物紹介
お疲れ様です!
昨日入寮し、新生活が始まりました!
1年目から仕事も競技も会社に貢献できるように尽くしていきます!
競技については自分は大学時代同好会で走っていました。
同好会から実業団というのは珍しいケースだと思いますが、結果を出してアピールできればと思います!
社会人になっても競技ができる環境が整っていることに感謝をし、頑張ります!!



※入社後、最初の本格的なポイント練習も今日、しっかりこなしました。同好会出身ですが、その分、伸びしろ充分!と考えています。
高校は國學院久我山出身。厳しい環境でもしっかりやってきた選手です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第4回国士舘競技会出場のお知らせ

2017-03-21 22:36:17 | ご連絡
3月26日に開催されます標記競技会10000メートルに新チームのスタートとして出場致します。
ご声援よろしくお願い致します。

出場選手と2016年記録

宮本甲斐選手 29分15秒
タイタスワロル選手 29分28秒
黒田雄紀選手 30分05秒
松枝啓太選手 30分06秒
佐藤晃章選手 30分09秒
五郎谷俊選手 30分12秒
児玉雄介選手 30分13秒
山田雄喜選手 30分38秒
渡邉克則選手 30分51秒
土田純選手 30分55秒
国吉諒選手 30分58秒
紺野勇樹選手 31分04秒

目標は全選手の29分台です。よろしくお願い致します。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第1回新潟ハーフマラソン結果報告

2017-03-20 15:24:01 | レース結果
日本陸連公認の第1回記念大会に、金子選手が出場致しましたので結果をご報告させて頂きます。

ハーフマラソンの部
11位 金子晃裕選手
66分17秒




本人のラップとコメント
1 2'56
2 3'07"
3 3'03"
4 3'08"
5 3'07"
6 3'02"
7 3'08"
8 3'08"
9 3'09"
10 3'03"
11 3'03"
12 3'06"
13 3'09"
14 3'12"
15 3'13"
16 3'29"
17 3'12"
18 3'11"
19 3'12"
20 3'13"
ラスト1km 2'58"
計66'17"
5km 15'22"
10km 30'54"
15km 46'40"
20km 63'00"

日本人先頭集団に4km地点で追いつき、9km位から石田さんがペースアップしついて行くものの12km位から再びペースアップし離されました。
14km位から脚が快調に動き出し3'12"のペースがピッタリとハマりました。意識ではずっと前を追っていましたが離され続けラスト3km位から落ちてきた選手との差が詰まり始めました。
集団に離されてから誰にも抜かれる事なくそしていつも課題であったラスト1kmで2'58"で走れたのは成長した点だと感じました。
コースはアップダウンも無く非常に走り易いコースであり、天候にも恵まれたので、このタイムが現時点の実力だと自覚しトレーニングして参ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回新潟ハーフマラソン出場のお知らせ

2017-03-18 09:14:25 | ご連絡
ご声援ありがとうございます。
3月20日に開催されます標記大会に長野マラソンへの調整レースとして、金子選手が出場します。

今大会は、金子選手一人、付き添い無しでむかいます!
こうした経験をつみ、自立した実業団選手へと成長してほしいと思います。


写真はチーム『東海』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸上競技競技部員~職場人事異動のお知らせ~

2017-03-16 21:57:19 | ご連絡
強化体制をすすめるため、3月16日付で人事異動を行いました。
ご来店の際は、ぜひお声をおかけください。

木田貴大選手
滝野川店食品部→新河岸店食品部へ

国吉涼選手
滝野川店食品部→上板橋店食品部へ

紺野勇樹選手
新河岸店食品部→滝野川店食品部へ

※強化 新入部員配属
宮本甲斐選手
朝霞店食品部

黒田雄紀選手
東新町店食品部

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

練習報告2017年3月14日 ホワイトデー

2017-03-14 20:56:29 | 練習報告
ホワイトデーの本日は、昨日とのセット練習。
短い競技場開放時間を活用し、ペース走をスパッと実施。
まとまりのある練習ができました。

ワロルも元気です。
明日はロングジョグを行います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第32回大山登山マラソン 五郎谷選手先頭でフィニッシュ!~長編~

2017-03-12 20:02:52 | レース結果
本日開催されました標記登山マラソンにご招待頂き、五郎谷選手が参加致しました。

招待選手のため、順位表彰はございませんでしたが、大会様のご要望もあり、歴代日本人記録を更新すべく、全力で走らせて頂きました。



結果
9キロの部
1着(順位なし)
時間39分58秒

調べられる範囲ですが、2008年に富士登山マラソン山頂の部、大会記録保持者でトレイルランのスター『宮原徹』選手の39分36秒以来の40分切り。今年、富士登山マラソンもご招待頂き、山頂の部で優勝を目指すには、宮原選手のこの記録は意識したいところです。

表彰はないかわりに、ゲストランナー、招待選手には、大会に貢献したということで『讃詞』なるものを授与して頂きました!

これはかなり貴重なものとのこと。
ありがとうございます!




しかし、この大会!何がすごいって、ゲストランナーが凄いんです!
世界陸上やオリンピックに日本代表として走られた美女選手がズラリ!どうしたらこんなに、揃うのか!!というレベルです。


そんな中に、男一人、五郎谷選手は、いじられていたようです。笑
五郎谷選手は、恐縮してカチコチだったようですが。


●レース模様について●

スタートは10時。交通規制の関係で最初の1キロ(国道246を通過するまで)は、3分30秒を切らないよう指示されていたため、先頭選手に並び3分37秒で通過。


そこからペースアップし、予定通り独走状態へ持ち込みました。
試走をしていなかったため、どこから本格的な登りがはじまるのかと思いなから7キロを通過。
かつてモグス選手が36分台で走ったということでしたが、あと2キロでゴールタイム36分は余裕では?と五郎谷選手。ここまでもっと飛ばしてくればよかったという生意気さが頭をよぎった7.5キロあたりから、恐ろしいほどの階段と急傾斜ののぼりがスタート!




これには腰は折れ曲がり、、、


手をつく場面も。ラストに向かうにつれ、さらに傾斜はきつくなっていくー。

ゴールまでは、最後1600段の階段!!

ここで、ふと思うのですが、このような道の1キロってどうやって計測するんだろう?!

ラスト1キロの以上な長さをなんとか耐え抜き、ゴールへ!


合宿から中1日。かなり追い込めました。

色々と取材もして頂きました!


番外編
私(会沢)も朝一で現地入り。ゴールで五郎谷選手を待つ予定でしたが、開会式で五郎谷選手の挨拶を撮影していたので、スタート20分前に、ジョグでスタート。ロードが続くので、結構よい練習になるな!と走っていました。5キロを過ぎる頃には、沿道の方に先頭と間違えられ、応援されながらの気持ちよいジョグ。
しかし、ラスト1キロは、走るより歩く方が速いレベル。
7.5キロで五郎谷選手に抜かれた後は、係員の方に『あとどれくらいですか?』という質問の繰り返し。
こたえは、『あと少し』だけでした。笑
そう言われながら、ラスト1キロは、10分以上かかり、60分でフィニッシュ。かなり呼吸もあがりました。
しかし、これで60分なら、50分ではいけるかな?と来年は出場してみようかと企んでます!


★さらに番外編!★
今大会には、伊勢原に近い座間市に住んでいる当社の経理部、板橋部長が出場!
経理部ですから、土田選手の上司でもあります。

スタート前!


ゴール前

手すりを持たないと厳しい状態。汗
明日、仕事大丈夫でしょうか?!



五郎谷選手は、山道にはいってから、うまく走れなかった悔しさから、このままでは富士登山マラソン優勝できないと、さらに練習意欲が湧いていました。

ご声援ありがとうございました!

わたしは、ファンだった坂本直子選手と写真が撮れなかったのが残念でなりません。
五郎谷選手がうらやましい!







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年レース結果~ニューイヤー駅伝へ~

2017-03-12 19:46:52 | レース結果
随時更新して参ります。
私たちのこれからの成長をともに感じて頂ければ幸いと存じます。

●3月20日
第1回新潟ハーフマラソン
第11位
金子晃裕選手
66分17秒

●3月12日
第32回大山登山マラソン
招待
1着
五郎谷俊選手
39分58秒

●2月26日
東京マラソン2017
男子総合順位
47位 
土田純選手   
2時間18分48秒

54位 
児玉雄介選手 
2時間20分18秒

107位
渡邊哲也選手
2時間26分49秒

139位
紺野勇樹選手
2時間30分49秒

218位
渡邊晋史選手
2時間34分34秒 PB


●2月19日
第51回青梅マラソン
20位
五郎谷俊選手
1時間39分23秒 PB
25位
山田雄喜選手
1時間40分28秒 PB
31位
渡邉克則選手
1時間42分44秒 PB
32位
佐藤晃章選手
1時間43分16秒 PB




●2月5日
nike discovery cross country
シニア10000m
タイタスワロル選手
29分50秒

第41回中日浜名湖一周駅伝ファイナル
全5区間51.5キロ
7位(敢闘賞)
2時間40分29秒

1区9.2キロ 松枝 区間8位
2区12.4キロ五郎谷 区間8位
3区9.2キロ 佐藤 区間7位
4区9.7キロ 克則 区間6位
5区11.0キロ児玉 区間5位

●1月29日
第65回全国勝田マラソン
総合6位
渡邊哲也選手
2時間27分43秒
セカンドベスト

第15回奥むさし駅伝
総合5位
コモディイイダA
1時間58秒00秒
イイダ新記録
1区松枝 区間8位
2区佐藤 区間4位 通過5位
3区五郎谷 区間2位 通過4位
4区西山 区間24位 通過7位
5区金子 区間5位 通過7位
6区晋史 区間7位 結果5位

コモディイイダB
1時間58分26秒
1区黒田 区間11位
2区児玉 区間12位 通過9位
3区紺野 区間13位 通過12位
4区国吉 区間10位 通過9位
5区克則 区間7位 通過9位
6区土田 区間8位 結果8位

※昨年は総合4位
1時間58分9秒

●1月15日
日本陸連公認
東京赤羽ハーフマラソン

3位 松枝啓太 65分22秒 PB
5位 木田貴大 65分43秒
6位 五郎谷俊 65分55秒
7位 金子晃裕 66分07秒セカンドベスト
8位 土田純 66分34秒
9位 児玉雄介 66分38秒
10位佐藤晃章 66分41秒 PB
14位渡邊晋史 68分37秒
16位渡邉克則 69分00秒
20位紺野勇樹 69分18秒
24位渡邊哲也 70分10秒
28位国吉諒 70分54秒

※昨年は66分台二人。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年第2次選抜強化合宿 報告

2017-03-11 19:39:14 | 練習報告
3月7日~10日まで2017年第2次合宿を行いました。

参加選手は

児玉、土田、渡邉(克)、木田、佐藤、金子、五郎谷、松枝、渡邊(晋)、山田、黒田、

選抜の11名でした。

今回は自衛隊体育学校さんの施設を利用しての練習となりました。(寝泊まりはコモディイイダ寮)


4日間で3回のポイント練習、1日3部練習に加え、ポイント練習のない日は厳しいフィジカル
トレーニングを実施し、ハードな合宿となりました。

幸い故障者を新たに出すことはなく、充実した日程を消化することができました。

自衛隊というピンと張りつめた空気の中で、選手たちも気持ちを引き締めることができ、いつも以上に
集中した練習ができたため、プラスαの効果を得られたのではないかと思います。


普段ライバルチームと走る機会が中々得られない為、自衛隊の選手と走ったことは、とても刺激となりました。
その中でも初日の練習で、自衛隊エースの石田亮選手にコモディイイダの全選手が引き離されてしまい、皆悔しい思いをしました。
全員が悔しさを口に出していたので、これから飛躍する上で良い経験になったはずです。

またトレーナー指導の下、自衛隊の最新鋭の施設・器具を利用したフィジカルトレーニングも行いました。

サーキットとTRXと呼ばれる器具を利用したトレーニングで、翌日全員が全身筋肉痛になるほど、徹底的に体をいじめ抜きました。ポイント練習より厳しいと話したり、数万円するTRXの購入を決めた選手もいました。

今回の合宿は、心身ともにしっかり鍛えることができた4日間となりました。
会沢監督は会社業務のため、ほとんど参加できませんでしたが、選手各々が自ら考え行動できる、たくましさも身につけることが出来ました。
寮から3分程にある自衛隊ですが、寮合宿では得ることができない経験がたくさんできました。また
自衛隊体育学校陸上班の谷末コーチには大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。

次回のレースは、3月26日。国士舘大学記録会1万mです。
ここで全員が結果を残し、トラックシーズンのスタートダッシュができるように努力する所存です。

コモディイイダ陸上競技部 主将 児玉雄介


※ワロル選手は外国籍で自衛隊に入場できないため、SEVスポーツのサイラス選手とともに練習を行いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺産認定記念 第32回大山登山マラソン出場のおしらせ

2017-03-11 14:56:05 | ご連絡
3月12日に開催されます標記大会に五郎谷俊選手が招待選手として出場させていただきます。
当日は最初の部となります男子50歳・60歳以上の部の10時スタートに合せてスタートし、ゴールとなる山頂で出場される選手の皆様のゴールをお待ちさせていただければと思っています。負けた時はご了承ください・・・汗


大会終了後は、地元商店街のイベントに参加させて頂く予定です。

3月10日まで合宿、11日は5時間店舗勤務をしてから、先ほど、現地入りしたという連絡を本人からもらいました。
明日は登山レースで体をいじめぬき、強化練習の〆として全力で登ります!!

ご声援よろしくお願い致します。

五郎谷俊選手
23歳
主な実績
全国高校駅伝1区 高校2年時に区間11位
箱根駅伝2015・2016年5区出場
2016年は23.2kmの5区、歴代9位の記録

コモディイイダ入社後

富士登山マラソン5合目の部
優勝(34年ぶりの大会新記録)
今年は招待選手として山頂の部出場予定

富士吉田火祭りロードレース
ハーフマラソンの部 優勝
川内優輝選手の記録を7年ぶりに破る大会新記録

十和田八幡平全国駅伝5区 区間賞
14kmながら箱根の山よりも勾配のきついコース
歴代の箱根駅伝5区走者も多く走る区間です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★今夜の夕食 哲也、紺野、国吉選手197★

2017-03-10 20:39:39 | 人物紹介
練習を終え、お腹いっぱい食べてます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テルレポNo.51 短期合宿最終日

2017-03-10 20:38:49 | 選手からのメッセージ
こんばんは!
上半身が筋肉痛のさとちゃんです😌✋

今日3月10日はごろにちなんで「佐藤の日」らしいです😅
全国の佐藤さん、今日は何か良いことありましたか?笑

そんなさとちゃんは短期合宿最終日を迎えました。最後のポイント練習は400m×12を行いました。
上半身の筋肉痛がえげつないことになっており、腕振りに若干の影響がありましたがなんとかこなす事が出来ました🙇

4日間を通して陸上だけに集中させていただいたことに本当に感謝しております。
お陰様で良い練習が出来、充実した4日間を送れました。

トラックシーズン初戦に向けて徐々に仕上げいきたいと思います\(^o^)/

また明日から業務の方も頑張っていきたいと思います😤💪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだま日記vol.705

2017-03-09 21:50:28 | 選手からのメッセージ
こんばんは(●´ω`●)
こだまです。

合宿3日目。
今日も自衛隊で練習だ。

jogはそこそこにサーキットトレーニングで身体をいじめ抜いた。



あまり伝わらないかもしれないが、とてもキツかった。自分の体幹の筋力のなさを痛感した。
ただ今まで専門的なフィジカルトレーニングはほとんどしたことがなかった。それでここまではタイムを伸ばせているので、体幹力をつければもっと記録を更新できるということだろう。
物事は考えようである。こだまはいつもポジティブだ。

明日は筋肉痛確定だ。もしかしたら起き上がれないかもしれないが、合宿最終日はほふく前進をしてでも練習を完遂したい。

おまけ

床に這いつくばっているわけではない。これは腕立て伏せのキツさ倍増バージョンを行っている途中の五郎谷選手だ。

※写真撮影は施設の許可を取っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テルレポNo.50 短期合宿3日目

2017-03-09 21:29:25 | 選手からのメッセージ
こんばんは!
さとちゃんです✌️

記念すべきテルレポ50回目を迎えました😌👍🎵
こだま日記に比べたら、更新率も桁違いに悪いですが100回目指して頑張りたいと思います🙇

短期合宿3日目は走る練習より筋トレや体感トレーニングを中心に行いました。
様々な種目を短時間で凝縮したサーキットトレーニングや、TRXという自衛隊だけがやっているであろう器具を使ったトレーニングまでさせていただきました。
やり慣れてないせいか、かなりキツかったですが、これを普段やれるようになれれば体つきも変わってくるだろうな〜と感じました。

明日起きたら筋肉痛が凄いと思うと、寝るのが怖くなってきました😨

明日が最終日なので気を引き締めて1日を過ごしたいと思います😌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだま日記vol.704

2017-03-08 21:40:54 | 選手からのメッセージ
こんばんは(●´ω`●)
こだまです。

今日も自衛隊朝霞駐屯地で練習を行った。
相変わらずモモ裏の張りは取れないが走り自体は良かった。集中して走ることができた。
東京マラソン前より調子が良くなっている。

やっぱり自衛隊のタータンは良い。あの柔らかい感触とグリップ力がこだまに力を与えてくれる。※あくまでも個人の感想です。効果には個人差があります。
同じタータンでも、競技場によって全く違う。表面がツルッツルで滑ってしまうような所もある。自衛隊で記録会をやってくれたら好記録が出せそうだ。

あと2日、故障なく終えたい。

さて、昨日、五郎谷選手にとって自衛隊はパワースポットと書いたが、自分にとってパワーを感じるところはどこだろうと考えてみた。

まず、東京ドームは外せない。

生まれる前からジャイアンツファンのこだまとしては当然だろう。外観からパワーを受け取り、中に入りエナジーを浴びる。
ドームなら何処でも良いというわけではない。京セラドームにも行ったことがあるが、大きい球場の一つという感想以外は特に感想は持たなかった。
東京ドームは自宅から40分で行ける、手軽なパワースポットだ。中に入ることがなくても、外観を見るだけでテンションが上がる。フォルムが好きなのだ。
大学時代は丸の内線に乗っていたので、毎日ワクワクした気持ちになっていたものだ。
今年は何回行けるだろうか。

2つめはタワーマンションだ。

どこのということはない。どんなタワマンでもOKで、近くても遠目でもパワーを感じる。胸が踊るといった感じだろうか。住みたいという願望はないのだが、外観圧倒的な存在感に魅力がある。東京マラソンで豊洲がコースだった時は、あの辺はタワマンの宝庫なので『すごいな~』『でかいな~』『いっぱいあるな~』と思いながら走っていたものだ。
ちなみに高層ビルを見ても何も思わない。

観光地的なパワースポットと言うよりは、自分にとって身近な所で考えてみた。
パワーを感じたり、テンションが上がる場所があれば、それはどんな所でもパワースポットと言えるとこだまは思っている。そんな場所を増やせたら、人生を豊かにしていけることだろう。

P.S.タワーマンションに住みたい願望はないと書いたが、宝くじが当たったら、東京ドームに程近いタワーマンションを購入したいと考えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加