ちいさな幸せ

幸せの基準ってある?
それは自分の心の中にあると思う。
私は何時も陽だまりのような幸せの中に居た。

残り者

2017年03月20日 | 読みました


昨日はお彼岸の施餓鬼の日でしたので、お寺に行きました。3連休と
言うこともあってか、参拝者が多かった気がしました。

お参りした後は「巻き寿司」1本をくださいます。大方の方は、持って
帰えられるのですが、食べて帰りたい人のために、一部屋があって、
お茶が提供されます。私たちは何時も、ここで食べてから帰ります。

年寄りが多いから、座れない人が多くなったからでしょうか、何時の
ころカラ、テーブルに椅子に変わりました。昔は座る机だったのです
けれどね。

「春彼岸」「お盆」「秋彼岸」「大晦日」と4回お墓参りするのですが「大
晦日」を除いて、この接待を受けています。有難いと思っています。


    「残り者     朝井 まかて

     



 



この本を読んでいる時,NHKの歴史秘話ヒストリア で「愛と哀しみの
大奥物語」という番組が上映されました。それを見る事によって、この
本がより深く理解されました。又も偶然の幸いが重なったようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イカナゴのくぎ煮 | トップ | 教育勅語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。