りんたろうのきときと日記

『きときと』=富山弁で「生き生きとした」「若々しい」「新鮮な」「混じりけのない」・・・そんなBlog☆

「ゲド戦記」試写会観てきました♪

2006年07月03日 00時29分26秒 | 映画
☆「ゲド戦記」
監督:宮崎吾朗
声の出演:岡田准一、 手嶌葵 、菅原文太 、 田中裕子、香川照之、風吹ジュン

原作を読んでいない僕は「果たして内容わかるかな?」と心配だったのですが、上映開始を待っている間、一緒に行った「ゲド戦記」の熱狂的なファンの友達からレクチャーを受ける事に(笑)
ジブリだけど宮崎駿じゃないし、どうなんだろう?と思って観たのですが、これが意外と面白かった♪
声も皆良かったのですが、特にゲド役の菅原文太と、クモ役の田中裕子(クモって男だったのね!?今知りました(笑))と、ウサギ役の香川照之がイイ!
ジブリの作品は声優さんではなく、役者さんを使う事が多いですがぜんぜん違和感がないのがすごい0(^_^)0
「真の名前って?名前を知られたらどうなるの?」「ゲドって誰?」などなど原作読んでなければわからない事があり少々説明不足のところもありますが、それでもわかりやすく子供でも十分に楽しめる作品です。
話は結構暗めなんですが、嫌な暗さではないので(^_^;
手嶌葵の歌もイイ!少し涙してしまいました(^_^;
サントラ欲しいです♪

ただどうしても宮崎駿の2番せんじという感じがつきまとってしまいます・・・
まぁ僕の観方の問題なんですけど(^_^;

自分の影に怯えるアレン・・・人間だれもが持つ光りと闇・・・今現在僕は闇の方が多い・・・最近特に思います。映画を観ながら少し考えさせられるものがありました・・・

終わってから「ハウル」が観たくなり借りて帰りました♪



それにしてもさすがジブリ作品、子供がいっぱいいました。
今の子供はみんな任天堂DSを持っているのね(^_^;(笑)
上映中あっちこっちで子供のすすり泣く声が・・・
「怖い〜」って。
結構ダークだったんで子供にとっては怖いんだろうなぁ(^_^;
「三鷹の森ジブリ美術館」で短編映画「メイとネコバス」(これは最高でした♪)を観た時もネコバス見て「怖い〜」って泣いてる子いたなぁ(笑)
僕も幼い頃観た「妖怪人間ベム」や「ゲゲゲの鬼太郎」、祖母が何を思って買ったのか「アパッチ野球団」の枕・・・今でもトラウマになっています(^_^;(笑)



『映画』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期間限定のチョコクロ♪ | トップ | ピリ辛坦々麺とプリンのような杏... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わーーわーーー!!! (おーほ)
2006-07-03 00:31:48
試写会、観に行ったんだーー!!

超うらやまひぃ(>_
連続投稿ごめんw(続き) (おーほ)
2006-07-03 00:32:36
私も応募したんだけど、どうやら当たらなかったみたい(泣)

にしてもりんちゃんは試写会スゴイ勢いで

行ってるけど、当たるコツでもあるのかしら!?あるなら伝授お願いひます(笑)
すみません (りんたろう)
2006-07-03 08:21:00
僕にもわからんです(^_^;

僕も前に某出版社雑誌のプレゼントの当選者を当てるバイトをやっていたのですが、選ぶ人のその時の気分です(笑)

運ですね。

わたしも (sasha)
2006-07-03 15:32:28
短編「メイとこねこバス」見ました〜!!

確かに、あのすっごい体の長いおばあちゃん(?)ネコバスは気味悪いかも・・・。ムカデみたいで(笑)

ネコバスコーナーは子供(とお母さん)しか入れなくって残念でした;将来子供できたら便乗して入ります(笑)
確かに(笑) (りんたろう)
2006-07-03 23:00:25
あの長さとねこバスの大群はインパクトありますものね(笑)

屋上に立っているラピュタの巨大なロボット兵にはちょっと感動(>_<)もちろん写真撮りました♪

ネコバスコーナーは係員がいない隙に絶対中に入ってやると意気込んでいったのですが、あれはムリですね(^_^;残念
ちょっと〜 (ナミ)
2006-07-03 23:56:20
もう観たの?

いいなぁ〜

私も早く観たい!

楽しみ♪
Unknown (りんたろう)
2006-07-04 00:58:40
観ちゃった・・・(^_^;

でももう一度劇場で観ようと。

ジブリ作品って2回目から面白くなるのが多くて
ふっふっふっ (マリー)
2006-07-04 02:46:06
私も昨日友達とゲド戦記の試写会観ちゃった♪

嫌いじゃないけど、やっぱり宮崎駿の方が好きだな。

ラストの貞子みたいなクモはちょっとね・・・(^_~;



おっ (りんたろう)
2006-07-04 05:35:37
マリーも観たんだ。

ホント肩幅広い貞子みたい(笑)

俺もラストのクモはどうかと思う。

違和感あったなぁ。

あそこだけなんか別ものみたいで、ひと昔前のアニメみてるみたいだった(^_^;





Unknown (今日子)
2006-07-04 22:30:34
ゲド戦記公開楽しみ♪

私はジブリ美術館まだ行った事がないよ.

ロボット兵と一緒に写メとりたい(>_
Unknown (りんたろう)
2006-07-05 03:51:08
ロボット兵結構大きくて、ちゃんと体に雑草まではえてたよ(笑)

オススメ♪
ご訪問ありがとうです! (ドスコイ)
2006-07-31 16:31:42
私もTBさせていただきました〜!



ジブリの次回作もまた楽しみですね!
はじめまして (りんたろう)
2006-07-31 17:36:39
ドスコイさん、コメントありがとうございます。

なんだかんだ言ってもジブリ作品は観てしまいます(^0^)

次回はどんな作品をアニメ化するんでしょうね?

楽しみです♪
はじめまして! (スイ)
2006-08-01 22:31:04
トラバありがとうございます!



>>上映中あっちこっちで子供のすすり泣く声が・・・



全体的に静かな映画でしたし、敵もそうですが、

闇に取り付かれているアレンが怖かったですね(笑)



ハウルとトトロは先日の地上派で観たし、

久しぶりにもののけ姫見たくなってきました!
はじめまして (りんたろう)
2006-08-02 01:27:04
スイさん、コメントありがとうございます。

子供は怖いでしょうね(^−^;

僕もナウシカを観た時、巨神兵がどろどろく朽ち果てていくシーンがすごく怖かった記憶があります。



僕も家にあった「紅の豚」と「魔女の宅急便」を観てしまいました(^0^)
アニメイコール子供向けではないnoni (よろ川長TOM)
2006-08-02 13:27:47
すみません、二度トラバしてしまいました。

あちこちのご意見の中によく「子供にはわかりにくい」等の発言があるのですが、アニメだからなのでしょうかねえ。大人でも分からない人には解らないし、子供でも感じるものはかならずあるはずだと思うのですが。

世界最高レベルのアニメを産み出す国において未だにアニメが子供向けだと考える人がおられるのは不思議な気がします。
はじめまして (りんたろう)
2006-08-02 18:06:52
よろ川長TOMさん、コメントありがとうございます。

原作読んでる人は違和感あるんでしょうね。

その気持ちもわからないではないです。

アニメにしても特撮にしても最近は大人の鑑賞にも十分たえうる作品が多くなりましたね。

うれしい事です♪

僕が小学校の頃にちょうど「オタク」という言葉ができ、その頃はまだアニメ=子供の見るもでした。

僕の住んでた世田谷赤堤あたりではまったくそんな事がなかったのですが、他の地域ではアニメファンは結構肩身の狭い思いをしていたみたいです。

今は以前ほどではないですが、世間ではまだアニメ=子供のものという考え方は完全に腐食されてはいないのでしょうね。
TBありがとうございます☆ (unipen)
2006-08-02 18:44:50
りんたろうさんの記事を読んでクモは男だと知りました(笑)女だと思ってました!

私は「シュナの旅」を読んでいたので似ているなと思うところがありました。
TB有難うございました (パピのママ)
2006-08-02 21:33:30
こんばんは!、クモは男なんですか?・・・あはは、全然知らないで観ていました。

原作も読まなくちゃ〜ね。吉祥寺にある「ジブリ美術館」見に行きましたよ!。猫のバスの大きなぬいぐるみ、絵コンテを描いている部屋とか、屋上にある天空のラピタでしたっけ、あの大きな鉄で出来ているロボットの前で、写真とって来ました。偉大なる父の背中を見て育った息子さん、次に期待しましょう!。





はじめまして (りんたろう)
2006-08-02 22:46:05
unipenさん、コメントありがとうございます。

僕もクモは女だと思っていたのですが、帰ってチラシをみたら男と書いてあって驚きました(笑)

unipenさんと同じで僕もジブリは「もののけ姫」以前の作品の方が好きですね。

とくに「ととろ」は試写会で観た時感動し、当時幼稚園だった弟に絶対観せたいと思った記憶があります。



「シュナの旅」僕はまだ読んだ事がないです。

今度探してみます♪
はじめまして (りんたろう)
2006-08-02 23:02:45
パピのママさん、コメントありがとうございます。

「ジブリ美術館」僕も巨大なロボット兵の前で写真撮りました♪

さすがにねこバスはガードが厳重で遊べませんでしたが(^−^;(笑)



父が偉大なだけに宮崎吾朗監督のプレッシャーはそうとうなものだと思います。

芝居の世界、僕のまわりでも二世の人とよく出会う事があります。

世間でよく言うダメダメな奴は如何し様もなく本当に甘ちゃん坊やなんですが、一生懸命取り組んでいる人は僕なんかにはわからない重圧と戦いながら芝居やっているんだろうなぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画:ゲド戦記 試写会 (駒吉の日記)
ゲド戦記 試写会@一ツ橋ホール 「こころを何にたとえよう」 手嶌葵さんの『テルーの唄』が頭から離れない〜 劇中アカペラで歌うシーンは珍しいくらい長い。童謡のような懐かしいかんじの曲で高すぎない声でじんわりしみこんできました。 人と竜と魔法 ...
ゲド戦記みてきました! (CUSTOM 〜ドースル?)
やはり、監督が違うとなんか雰囲気もかわりますねー テーマははっきりしていたけど、やっぱり原作を読まないと、??? なまんまなとこありましたが。 で。 ナウシカっぽい雰囲気と、ラピュタっぽい雰囲気がありましたけど、なんか、ちょっとやっぱり違いました ...
ゲド戦記 (神近まり 歌うたいのBlog 〜Mari Kamichika Singer's Blog〜)
宮崎吾朗さんデビュー作の「ゲド戦記」初日の7/29の土曜日に観てきました。ネタバレしないよ。感想を書くと超〜長くなるから5つだけ。面白かった。 怖がりの私にはちょい怖いところも。 (ちなみに私は”もののけ姫”も”アキラ”も ”ムーミン”さえも怖いと ...
ゲド戦記 (Akira's VOICE)
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。
ゲド戦記 アレンはイマドキの少年Aという気も・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ゲド戦記 Tales from Earthsea 見て来ました。ちなみに私は原作を読んでいません。映画を見た方の評判が、かなり悪かったので、全く期待しないで見に行きました。私は、まあこんなものかな?そこまで0点付けるとか、怒り
映画「ゲド戦記」 (スイの気まぐれ日記。)
いつの間にか、今日から8月。 すっかり忘れてました、暑中見舞い。 さて、この間の日曜に「ゲド戦記」観てきました。 自分の感想を書く前に、ちょいと検索してみたんですが、 何とまぁ!ジブリ作品とは思えないほどの酷評の数々。 賛否両論だとは聞いてましたが ...
『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ... (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。
『ゲド戦記』映画残念賞 (オン・ザ・ブリッジ)
『ゲド戦記』映画残念賞NO.4  宮崎駿の息子が監督を務めたことや豪華な声優陣で話題のスタジオジブリの最新作『ゲド戦記』がついに今週公開となりました。『ゲド戦記』は『指輪物語』『ナルニア国物語』と並んで世界三大ファンタジー小説の一つといわれている作品 ...
『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ... (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。
『ゲド戦記』 (日々感動!)
見に行ってきました 1日ということで一人1000円で見られますしね〜 『ゲド戦記』ジブリ作品 いいね〜 声の出演者も豪華! 岡田准一くんもはまってたし、文太もかっこいい〜ワ 田中裕子の魔女クモ うんまいね〜 それと悪役の魔女の手下になるのが「ウサギ」 ...
一応合格点?「ゲド戦記」酷評に負けるな! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「ダビンチコード」並みの 不評が話題の? 宮崎吾朗第1回監督作品 「ゲド戦記」 まずは 第1回監督作品としては 合格ではないでしょうか? 父「ハウルの動く城」のレベルと 同じぐらいでは? 「千尋」や「ハウル」に比べたら キャラクター的には落ちますが キ ...
ゲド戦記 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。 監督は、宮崎吾朗。『ゲド戦記』の企画に際しては、自ら絵コンテを執筆す ...
『ゲド戦記』2006・7・30に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は ...
ゲド戦記・・・・・・・宮崎吾朗監督 (ぷち てんてん)
ゲド見てきました。午後からの上映時間に行ったせいか、お客もいっぱいでしたね〜。ところで「笑止」という言葉。「笑止千万」などと使われますね。笑止:1ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。2気の毒に思うこと。また、そのさま。 3困っている ...
「ゲド戦記」 (しんのすけの イッツマイライフ)
「ゲド戦記」、 アニメ作品として制作されたのですから、 もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな〜というのが本音でした。
ゲド戦記 (PLANET OF THE BLUE)
夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 監督  宮崎 吾朗 声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之    風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫 ...